名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(1089);雁木対矢倉(丸田祐三)

2018-12-04 | 大山将棋研究
今日の棋譜20181204
平成4年2月、丸田祐三先生と第18期棋王戦です。

どちらが振るかという出だしで、大山先生が62銀、振り飛車を譲ったら丸田先生も居飛車になり

雁木と矢倉の対抗になりました。

この形は雁木でカンガンですね。この将棋がルーツでしょうか。

74歩には55歩というのも書いてありました。

さすがに大山先生は簡単にはつぶされません。64歩と反発して、丸田先生は銀を使います。

後は45歩から攻めれば十分ですが

大山先生は堂々と桂頭を攻め

丸田先生は桂銀交換に成功しましたが

38飛と守るのでは大成功ではないです。大山先生は駒損なのでどんどん動いていきます。55歩を打てば銀交換になり

37銀から54金。後手玉は薄いのですが局面は難しくなっていきます。

丸田先生は銀を追って

銀を打って54金に働きかけます。

大山先生は上から押さえつけられてはいけないので玉を移動します。

丸田先生が金を捨てたのは微妙ですが

香を取って馬を作るのもまあまあ。悪い取引ではないようです。ただし駒の損得はほぼなくなりました。

77桂は55金に12銀(32玉21銀不成同金55馬)ということなのでしょう。大山先生は と金を作り

丸田先生は金を取って12金。12同金に21馬で取り返せると。

大山先生は放置して27と、22金同飛ではいかにも危なさそうです。


丸田先生は飛車を取って寄せに行きます。これは一目寄りですが

大山先生の44角打もしぶといです。丸田先生に1歩あれば55歩同角57香ですね。ということは55桂でもよさそうです。

55桂を逃して57香から43金。これでも悪くはなさそう。

駒を取りながら寄せられるのでまだ丸田先生が優勢のはず。

さて71金で粘られました。91馬82歩では馬が働きません。ということは45馬か。あるいは44竜同銀71馬もありそうです。こういう時は悩みそうで

71同馬同角77桂。これはおかしいですね。銀で守られて切れてしまったようです。

大山先生は反撃に出て

丸田先生は継桂で反撃しましたが

ここまで。

相居飛車でも大山先生の中段玉が見られました。ちゃんと調べれば丸田先生にいくつか勝ちがあるはずなのですが、うまくごまかされました。
雁木は私が全国大会の出た時に、優勝したKさんにぼろぼろに負かされた戦型です。雁木でカンガンという本はその後で知りました。雁木自体は江戸時代からあったと聞きますが、こんなところにルーツがあったとは思いませんでした。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
開始日時:1992/02/27 9:00:00
棋戦:棋王戦
戦型:その他の戦型
持ち時間:3時間
場所:東京「将棋会館」
手合割:平手  
先手:丸田祐三
後手:大山康晴
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 6六歩(67)
4 5四歩(53)
5 6八銀(79)
6 4二銀(31)
7 5六歩(57)
8 4四歩(43)
9 6七銀(68)
10 6二銀(71)
11 2六歩(27)
12 5二金(61)
13 4八銀(39)
14 8四歩(83)
15 5七銀(48)
16 3三銀(42)
17 7八金(69)
18 4三金(52)
19 6九玉(59)
20 8五歩(84)
21 5八金(49)
22 8六歩(85)
23 同 歩(87)
24 同 飛(82)
25 8七歩打
26 8二飛(86)
27 3六歩(37)
28 3一角(22)
29 4六歩(47)
30 3二金(41)
31 6五歩(66)
32 4一玉(51)
33 4八飛(28)
34 7四歩(73)
35 5五歩(56)
36 6四歩(63)
37 5六銀(57)
38 5五歩(54)
39 同 角(88)
40 5三銀(62)
41 3七桂(29)
42 5四銀(53)
43 7七角(55)
44 3五歩(34)
45 2五桂(37)
46 3六歩(35)
47 3三桂(25)
48 同 金(32)
49 3八飛(48)
50 5五歩打
51 同 銀(56)
52 同 銀(54)
53 同 角(77)
54 3七銀打
55 1八飛(38)
56 5四金(43)
57 7七角(55)
58 4六銀(37)
59 4七歩打
60 3五銀(46)
61 5五銀打
62 6五金(54)
63 5四銀(55)
64 3二玉(41)
65 3四歩打
66 4三金(33)
67 同 銀成(54)
68 同 玉(32)
69 4五金打
70 同 歩(44)
71 1一角成(77)
72 2二金打
73 7七桂(89)
74 3七歩成(36)
75 6五桂(77)
76 同 歩(64)
77 1二金打
78 2七と(37)
79 2二金(12)
80 同 飛(82)
81 同 馬(11)
82 同 角(31)
83 4一飛打
84 4二桂打
85 5四銀打
86 同 玉(43)
87 4二飛成(41)
88 4四角打
89 5七香打
90 5五歩打
91 4三金打
92 1八と(27)
93 4四金(43)
94 同 角(22)
95 7二角打
96 6四玉(54)
97 8一角成(72)
98 8九飛打
99 7九桂打
100 7一金打
101 同 馬(81)
102 同 角(44)
103 7七桂打
104 5四銀打
105 7二龍(42)
106 4四角(71)
107 6一龍(72)
108 6三金打
109 2一龍(61)
110 6六桂打
111 同 銀(67)
112 同 歩(65)
113 4八桂打
114 6七銀打
115 同 金(78)
116 同 歩成(66)
117 5六桂打
118 7三玉(64)
119 8五桂(77)
120 8二玉(73)
121 8三金打
122 同 玉(82)
123 8一龍(21)
124 8二歩打
125 投了
まで124手で後手の勝ち



ジャンル:
レトロゲーム
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 20181204今日の一手(その790... | トップ | 大山将棋問題集 20181204 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこ)
2018-12-04 21:01:15
相掛かり雁木は若い頃の大山先生の得意戦法でしたね。
本局の指し回し、鍛えの入った相居飛車はまさしく大山将棋でした。
大山先生は矢倉系(雁木含む)相居飛車が一番強いと思ってます。
コメントありがとうございます。 (関)
2018-12-04 21:09:00
ねこさんへ
コメントありがとうございます。
まだ大山先生の若いころの棋譜を見ていないので楽しみにしておきます。

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事