飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

◉連合と共産党のかみ合わない空中戦/政界地獄耳

2019年09月28日 19時22分19秒 | ●YAMACHANの雑記帳

政界地獄耳

政界地獄耳

政治の世界では日々どんなことが起きているのでしょう。表面だけではわからない政界の裏の裏まで情報を集めて、問題点に切り込む文字通り「地獄耳」のコラム。けして一般紙では読むことができません。きょうも話題騒然です。(文中は敬称略)

********************************

連合と共産党のかみ合わない空中戦/政界地獄耳

★野党の大半は文句を言いながら統一会派でまとまりつつあるが、組織というのは理屈でない理屈が支配する場合がある。今その巨大組織の使い方を持て余しているのが連合と共産党だ。連合会長・神津里季生が「共産党とは目指す国家像異なる」との報道を訂正するような形で「一言でいえば、私たちの目指すべきは『北欧型の福祉国家』」と定義、「このヨーロッパの社会民主主義とは共産党が目指す共産主義の前段階として位置づけられている社会主義とは全く異なります。共産党の方々はどちらも同じようなものだとして括られるのかもしれませんが、私たちはそういうわけにはいきません」と説明した。

★また結びには「共産党にはその綱領と党名を改めて、福祉国家を『究極の』目標とする輪に入っていただきたいと切望します。『民主集中制』の名のもとに将来的な独裁国家が暗示されている限り、協力して選挙をたたかうということにはなり得ません」とまとめ連立政権参加の条件として記した。一方、共産党委員長・志位和夫は「共産主義は旧ソ連や中国のような国かと思うと近寄りがたい」という問いに「資本主義の社会で手にしている自由や民主主義は一歩たりとも後退させない。旧ソ連の人間抑圧型の社会、中国のような一党制は絶対に取らない。すべての自由で全面的な発展を保証する社会を目指す」と答えている。

★このかみ合わない空中戦をやっている双方の幹部たちは極めて物分かりがいいが、現場は激しいつばぜり合いを展開している。目指すものが同じかどうかより、直近の選挙で力を合わせるかどうかを国民は見ていることに応えてこそ国民が望む将来の国家像が見えてくるのではないか。(K)※敬称略


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ◉【横田一の現場直撃】れいわ... | トップ | ◉「グローバル気候マーチ」が... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
北欧型の福祉国家は日本の国情に合わない―福祉国家への道を一時中断すべき立憲民主党 (箒川 兵庫助)
2019-09-28 21:52:25
 神津里季生連合会長が「共産党とは目指す国家像異なる」との報道を訂正するような形で「一言でいえば、私たちの目指すべきは『北欧型の福祉国家』」と,定義したそうだが,国民性も人口も経済構造も異なるのに日本を北欧型にするという構想はどこから出てくるのか。
 旧民主党の知恵袋の一人,高野孟氏はご自分の講演会で「消費税廃止は考えておらず」,「北欧型の福祉社会」を目指している旨のお話をされていた。消費税廃止を考えていない点で両者とも「れいわ新選組」の『8つの緊急政策』と相容れない,事は明らかであり,この溝は容易には埋まらないだろう。したがって山本太郎氏は立憲民主党に遠慮する必要はないだろう。
 北欧は外需中心で内需中心の日本とは
経済の中身は異なるという。この見方,考え方はこれから広まっていくと推測するが,連合は日本を北欧型の社会に変えていくという道筋を示すべきである。
 しかしその前に,デフレ不況20年間の政策で,子ども食堂が増え,多くの貧困家庭や貯蓄ゼロの若者が増えて来たが,彼らや奨学金返済で苦しむ学生や卒業生約555万人を救うことの方が先ではないのか。
 またこの50年間に少子化が進んだがこれに歯止めを掛け「増子化」へ政策を転換するために立憲はどんな政策を持ち合わせているのか。しかし結婚もできない若者や「失われた世代(ロス・ジェネ)」が結婚できなくてもいいのか。ここは北欧型の福祉国家を目指すことを中断してもいいのではないだろうか。自公政権が続く限りこのままでは少子化は続くであろう。
 そこでれいわの『8つの緊急政策』を採用し,少子化傾向が歯止めがかかり増子化傾向が見えてきたら,それこそ北欧型を目指せばよい。
 法人税や富裕層への課税が消費課税より高い比率を占める北欧型の福祉国家と真逆の方向に進んでいる日本と国民の多くは救われない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事