怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食をほとんど食べなくなり、義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら今日も行き抜いてやるぞっ

米びつ、欲しいかも

2013年07月11日 | 物品
ドイツの「無印良品」で見つけた。
急いで撮影したので、肝心の価格が見えない。確か13ユーロ(約1500円)くらいだったか。
今使っている米びつ代わりのタッパー(タッパーウェア社の)は4キロほど入るもので使い勝手がよい。
ところが蓋に裂け目ができはじめていて、そろそろ次の代用品を探さなくてはならないと考えていたところなのだ。
この無印の商品、手に取ったり撫でたり蓋を開けたり閉めたりにおいをかいだり舐めてみたり(ウソ)したのだが結局、買わなかった。
う~ん、どうしよう。




ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ
日本アマゾンで検索したらぞろぞろと魅惑的な米びつが~。ああ、物資購入はやはり日本だなぁ。
『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« カレーラザニア | トップ | 正座と日傘 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えっ (pau pau)
2013-07-16 05:57:08
何これ~~~?
ってか、無印良品がドイツにあるの?
ひょっとしたら M市でみつけたのかな?
炊飯器でご飯を炊かない人に、上の計量カップは必要なんだろうか
一合って、180mlだし。
日本語だけでなく、英語かドイツ語の説明も付いてるの~???
欲しいかも (らくだのせなかことnomuaki)
2013-07-17 23:57:48
米びつ、私も欲しいかも・・・。

うちは、何種類か米を取りそろえていて、それぞれ1kgずつのパックを買うので、日本にあるような大きい米びつは邪魔なんです。
秋に州都に行こうかと思っているので、その時に買おうかしら???

でも、日本の価格が700円かあ・・・・。こっちで13ユーロ50セント(に見えます)くらいってことは、倍以上ですねえ。

秋に母が来るときに、持ってきて貰おうかな。
ミュンヘン。 (pau pauさま、)
2013-07-19 02:24:03
そうです、M市に行ってきました。
いまさらM市だなんて隠さなくてもいいのですけどね、うほほ。夫は私がブログを書いているのを知っていますが読んでみよう(見て)みようとは思わない様子です。

ここでラップケースを買ったのですが、中に入っていた簡単な解説は日本語のみでした。
日本市場向けのものをそのまま売っているようです。(中には外国市場向けに作られたものと思われるものあり)
で、炊飯に無いドイツ人にはこの180ミリリットルの計量カップの意味がわからないでしょうね。(こちらで販売されている炊飯器には180ミリリットルのカップが付いているので炊飯する人にはわかるかも)
日本からの方が・・・ (らくだのせなかことnomuakiさま、)
2013-07-19 14:52:29
ほぉ~、いろいろな種類の米をそろえるには非常に便利かもしれません。
私は結構米の消費量が多いので2キロだと小さすぎるかもしれません。
このタイプの米びつは各社が出しているようなので、検索して気に入ったものをお母様に持ってきていただくのが一番だと思います。

コメントを投稿