怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食をほとんど食べなくなり、義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら今日も行き抜いてやるぞっ

クリスマスマーケット情報求む!

2018年11月17日 | おいしいもの
先日の記事「夜には何を食べているのか」に以下のようなコメントをいただいた。

真ん中の二行に質問が書かれてある。ご夫婦でドイツへ観光旅行だったのだろうか、クリスマスマーケットでマッシュルームの煮物をおいしそうに食べていたのを見たのだそう。あれは一体なんだろう、という内容だ。

義両親たちとの食事で、外出時にはほとんど食欲を感じず、クリスマスマーケットでも飲み物だけしか口にしない10年だった。
一度、駐在員妻さんにステーキを丸パンに挟んだものをごちそうになったのと、ニュルンベルク在住日本人仲間たちと細長いニョッキのようなものを酸っぱい味に煮込んだものを食べた思い出がある。どちらも素晴らしくおいしかった、というより食べた経験ができてよかった、と思った。
そういうわけで、そのマッシュルーム煮物が一体何なのだかさっぱりわからない。
ドイツは地方色が非常に強いらしく、例えばここではごく普通に見られるブレッツェとよばれる丸くねじったパンが、ハンブルク辺りに行くとあまり売られていないらしい。
もしかしたらこの周辺にはクリスマスマーケットでのマッシュルーム煮物はないかもしれないぞ。
そこでお願いだ。
そのマッシュルーム煮物情報をいただきたい。私も試してみたくなったぞ。

インゴルシュタットのクリスマスマーケット開始まであと二週間ほどだが、徐々に街中のクリスマス飾り付けがなされてきている。
以下は近所のショッピングモールだ。

平日日中でちょいと閑散とした印象。

飾りつけもいまひとつぱっとしない。これからもっと増えるのかもしれない。

もっと暗く、もっと寒くならないとクリスマスらしくないな。
・・・なんて、ドイツにいかにも慣れています、って調子で自慢げに書いてはいけない、アハハハハ!
コメント (5)