梅様のその日暮らし日記

その日その日感じた事や世間で話題の事について自分なりの感想や考えを書いていきます。

「ヘイト・スピーチ」から考えた

2014-12-29 14:43:56 | 日記
   Kさん、コメント有難うございます。まさか引退した某女子選手のように、結弦君がコーチと愛人関係にあったなどということはないと思うのですが・・・。

   さて、話変わって、今年一部の世界で話題になった、ヘイト・スピーチについて考えてみました。在日韓国人の特権を考える会、略して在特会のリーダーと大阪市長橋本氏の対決はあまりの下らなさが見物でしたねえ。
あの時は、橋本氏が「在特会のリーダーを市庁に呼びつけて、対談を求めた。」という形式上だったと思われたのですが・・・。

   冒頭、在特会のリーダーは、「ヘイト・スピーチ」とはどういうものかという定義づけを橋本氏に求めました。対談する双方が、この日のテーマであるヘイト・スピーチについて、全く違った認識を持ったまま議論しても無益なことですから、これは極めて冷静で論理的で正しい問いかけであったとおもいます。しかし橋本氏は最初から喧嘩腰で、「大阪であんなことやるなっつってんだよ!」と、ほとんど子供の喧嘩と変わらない言葉遣いで最初からつっかけたのでした。

   こんな人に冷静な議論ができるはずははりません。リーダー氏もこの無礼極まりない態度には一発でぶち切れ、「そっちが来いと言うから来てやったのにその態度は何だ!」と、つかみ合い、殴りあいになる勢いでした。いや、あのまま放置しておけば間違いなく殴り合いになったと思うので、そのまま止めたりせずに全国中継をすれば良かったと思うのですが、残念ながらその場は取りなされてしまい、単なる罵り合いのまま幕切れを迎えました。

   この出来事は、橋本氏が話し合いというものが出来ない、本当に幼稚なおバカさんであることを証明したようなものですが、おかげで在特会のありのままの姿や、在日韓国人に対するヘイト・スピーチの実態が明らかにされないまま終わってしまったのは少々残念でした。

    私は心情的には在特会の皆さんに近いものがあります。韓国では在特会など問題にならないくらい日本に対するヘイト・スピーチが横行しており、それは民間のみならず国政レベルにおいても行われているものです。中には靖国神社の池に放尿したり神社に放火したりする韓国人までいるのですから、少々のことを言われてもしかたがないと思っています。

    そんな状態で、日本在住とはいえ韓国籍である皆さんに対して、、出ていけという怒声が浴びせかけられるのは人間心理として自然なことです。私はこれを一概に否定できません。これは事の善悪とか理非とは別の次元の問題です。在日韓国人は、多くの人たちが誤解しているような、強制的な拉致の結果日本に在住しているのではなく、より豊かな生活や、韓国内での迫害を逃れて、自分の足で日本に渡って来た人ばかりです。戦後も帰国したければ帰国できましたし、現に北朝鮮には何千人という規模で帰国しています。韓国でこんなに非道な反日が叫ばれているのだから、お前たち韓国人はみんな韓国に帰れ!と言われるのは、ある意味で心情的に仕方のないことなのです。現にベトナムでは中国人に対する暴行や、中国資本の工場に対する破壊行為が行われたではありませんか。そんな過激な行動に出ない温厚な日本人の方が、世界標準からはずれているのです。

    問題は、在特会のような人々に対する、進歩的を装う人々の欺瞞性です。彼らは在特会に対して厳しい非難を浴びせかけますが、韓国や中国で行われている日本車の焼き討ちや、日本人に対する暴行、日本人に対するヘイト・スピーチに対しては口をつぐんで一言も抗議の声を上げたりはしません。本来なら、韓国に対して、韓国内で日本と日本人に対する過激な言動がまかり通るなら、在日韓国人に対して報復処置がなされる恐れがあるから言動を控えるようにというアピールを、盛大に行うのが筋というものなのです。

   さも平和主義者で理性的に見せかけている「進歩的」な人たちは、ほぼ全員韓国語ができません。韓国と韓国人に対する知識もありません。短なる無知で愚かな烏合の集に過ぎないのです。韓国語が出来たり、韓国に対して(アイドルに精通しているだけの人は別として)それなりの知識を持っている人たちは、そうあっさりと事を割り切ることはできないはずです。私がこれまでに書いてきたような事実を、相当程度認識しているからです。

   私は、自分には韓国人に対する差別意識はないと思っています。ただ彼らの持つ欠点をありのままに批判しているだけです。しかし「進歩的」な人々の中には、明らかに韓国人に対する差別意識が潜在しています。韓国人が程度の低い反日に走るのは仕方がないことだ・・・・(彼らはそういうレベルの民族なのだから)。彼らは本音のところでは(  )内のような意識を隠し持っています。一方在特会の人たちは、韓国人のやり方に対して同じレベルまで下がって対決しています。在特会は韓国人を差別しているのではなく、対等な立場で喧嘩を売っているように見えるのです。

   皆さん、私の考えは歪んでいるのでしょうか。
   

   

  
コメント