梅様のその日暮らし日記

その日その日感じた事や世間で話題の事について自分なりの感想や考えを書いていきます。

KARA・少女時代 のち、LOVELYZさんへ返信

2019-01-15 16:13:53 | 日記
  一か月も登校をさぼっておりましたのに即座に見つけて下さり、ありがとうございます。音楽的素養に深い解説をいつも有り難く勉強させて頂いております。

  私はと言えば高校で3校に渡り女子ダンス部の顧問を引き受けておりましたので、どうしてもダンスに目が行ってしまいます。そこで今回もAprilのダンスにおける顕著な進歩について思に感想を述べさせていただきました。

  まだ海の物とも山の物とも見当がつかない駆け出しの時代からAprilを見守って来ましたが、決して無駄な時間ではなかったと感じております。

  後はいつブレイクしてくれるかですね。案外日本でのブレイクの方が早いかもしれません。何しろ日本には堅固なKARAファンがまだ健在で、その方々がAprirlを応援している気配がありありと感じられます。

  在日韓国人の娘さんたちの支持もかなりありそうです。たとえばジンソルに対する呼びかけに、時折り「ジンソラ!」という声が混じります。呼びかけの際には「ジンソル}ではなく「ジンソラ」が正しいので、恐らくは在日韓国人の皆さんが相当数詰めかけていたのだと思います。日本人のオッサンと思しき方々はみな「ジンソル」と呼びかけていました。

  ただ、KARAのコアなファンには独特の、良く言えば庶民性、悪く言えばガラの悪さが伴いますので、開場の雰囲気に対しては、大きく好みが割れる所だと思います。酔っ払いが見てるのか?と思ってしまうほどです。LOVELYZファンにはそういう品の悪さはありませんね。

  実はAprilに先だって、ニコルの公演にも行って来ました。あまり多くは歌わず、顔見せ的な要素が強かったのですが、未だ健在であることだけはわかりました。更にボイス・トレーニングを積んだらしく、発生も歌唱法も別人のように進歩していました。ダンスについてはいうまでもありません。

  しかし、どうしても残る不完全燃焼感は、何なのでしょう。日本語歌詞の曲も印象に残るものではなく、せっかくの努力も身体能力も、今のままでは宝の持ち腐れです。昨年は2か月半もヨーロッパ一人旅をしたそうですが、つまりそれだけ仕事がなかったということですね。
コメント (1)

Aprilを見た

2019-01-13 13:41:29 | 日記
 1か月ぶりの投稿です。間が空いたにも関わらずまたKpop関係の投稿で、アマチュア評論家にでもなったかのような形ですが、興味をお持ちの方はお読みください。

  今週、Aprilの公演に行って来ました。Kpop・・と言ってもかなりえり好みがありますが・・のお陰で都内あちこち、今まで知らなかった場所へ行くことができ、軽い刺激にもなっています。今回はZepp DiverCity(Tokyo)。

  April、確か去年の夏以来で、前回は品川でした。今回はゆりかもめに乗って、私的にははるばるやって来ましたという印象ですが、電車に乗っていたのは実質1時間程度。ただ、いろいろな乗り換えを経験できるので、軽い知的刺激になります。

  席は最前列の中央やや右。頭をもたげて舞台を見上げなければなりませんが、近くで見られるのは悪いことではありません。ただ、隣席の客に恵まれず、左側の中年の男性が、熱狂的に振る舞うので、はなはだ迷惑しました。メンバーの名前をコールするのも本気度が異様に高く、ライトを振る手がガンガン私に当たり続けます。

  しばらくは我慢していたものの、それとなくでは理解しなかったので、きっちりと腕を押しのけたら、気が付きました。しかし、幼児のように腕を振り回し、しまいには私の頭にひじ打ちを食らわせておきながら、「あ」としか言わないので、思わず殴りたくなってしまいました。

  今回受けた印象は、事務所がいよいよAprilの本格的売り出しに取り掛かったな、ということでした。これまでは持ち歌も少なく、ファン・ミーティングに毛の生えたようなことしか出来なかったのですが、毎度おなじみの日本人の司会者も通訳もおかず、バックダンサーまで従えて、たっぷり2時間の公演をやり遂げました。

また、途中で客席に降りてキャンディーを配る、舞台からサインボールを投げるなど、韓流の公演でよく行われるファン・サービスも実行され、これが本格的な公演の幕開けであることをうかがわせるに十分なものがありました。

  Aprilといえば、「妖精アイドル」というのがキャッチフレーズで、持ち歌もあくまで可愛らしさを前面に打ち出したものばかりでしたが、今回は一気にイメージ・チェンジを図った感があります。

  とりあえず3曲歌って踊ってはMCというパターンでしたが、3曲終えてMCに入っても、ほとんど息切れすることなく話をしています。相当激しい訓練を積んで来たことがわかります。かつ、彼女たちが話す日本語がかなりこなれて来ています。昨年の夏まではあまりにもたどたどし過ぎる不自由な日本語でしたが、今回はあきらかに進歩の跡が見られるのです。

  特に末っ子ジンソルは他の子の日本語挨拶に日本語でちゃちをいれるなど、手慣れたものでした。彼女の今年の目標は語学の習得であると自己紹介していましたが、恐らく日本語のマスターを目指して、次回は更に力量を上げて来ると思います。

  元々KARAの後継グループということで発足しましたが、当初は一人を除いて全てが高校生と中学生ということでしたので、KARAのイメージとはまた違ったものでした。しかし今回は初めて途中で2人ずつ3組に分かれて歌うなど、KARA時代に少し寄せていました。

  特筆すべきは、Aprilの子たちが悪っぽいダンスやセクシー系のダンスを取り入れ始めたことです。特に最年少のジンソルが悪っぽいダンスを見事にこなしていたのには感心しました。私は元々彼女を高く評価して来ましたが、高校生となり、バンジージャンプが怖いと言ってしゃがみ込んで大泣きしていた時代とは隔世の感がある成長ぶりです。

  以前はルックスとプロポーションという点ではナウンがダントツでしたが、子供っぽさが抜けかけているジンソルのプロポーションとダンスの切れ味は、他を圧倒して追随を許しません。元来が最年少でありながらリード。ボーカルとして入ってきた子なので、今後のAprilの看板になることは間違いないでしょう。

  かつて彼女たちがKARAの「ミスター」を見せた際は、力量不足で少々白けたものでした。この子たち、いつかどうにかなるのだろうか・・・と心配もしてのですが、今回はバック・ダンサーを従えて堂々の「ステップ」を見せました。ご本家のKARAよりも皆体が柔らかいので、逆にこちらの方が見栄えがする部分さえありました。

  Aprilが本格的に売り出しにかかったということは、1月中のスケジュールにも表れています。東京ではこの1公演の後、大阪で2日に渡って公演が行われます。その後はまた東京に戻って、ギュリを加えて4公演。合間を縫って池袋サンシャイン・シティー噴水広場や、越谷のショッピング・モールでも宣伝活動を行います。

  TWICEやBLACKPINKのようにドームや幕張メッセとはいきませんが、地道な活動を通じて、少しでも知名度が上がることを期待しています。

  
  
  

コメント (1)

KARA・少女時代 のち、LOVELYZさんへ返信

2018-11-16 07:44:25 | 日記
   KARA・少女時代 のち、LOVELYZさん、いつも魂のこもったコメントを有難うございます。今回も興味深く拝読させていただきました。

   アメリカが日韓の離反を仕掛けていたというのは、一般には認識されていない裏の話ですね。思うにアメリカはその歴史上やることなすことトンチンカンで、全てが裏目に出ているように思います。唯一の成功はレーガン大統領の時代にソビエトに軍拡競争を仕掛け、経済力においてはるかに劣るソビエトを財政破たんさせて分裂に追い込んだこと位でしょう。しかし、その後は中国を支援したために、今頃になって、台頭する中国を抑え込むのに躍起になっているようです。

   歴史を振り返ると、その時代のNO.1の国は台頭するNO.2の国を叩き潰すために全力を挙げるという繰り返しに見えます。日本に太平洋戦争を引き起こすように仕向けたのも、アメリカが次のNO.2は日本だから、早目に叩き潰す必要があると認識したからだと思えます。

   しかし、日本が朝鮮半島と台湾を開発し、満州国の地位を安定したものにしてあれば、中国の理不尽な台頭は元より、朝鮮の南北分断も無く、アメリカに次ぐ大国として、東アジアの安定に貢献できたと考えられます。しかも当時、アメリカとの交易できっちりと代金を支払っていたのは日本だけ、日本人の意識としても世界一の親米国家であったのですから、アメリカの世界情勢を見る目は曇っていたと言えるでしょう。アメリカ人には「両雄並び立つ」という考え方はあり得ないようです。

   話を韓流にもどしましょう。昨日の夕刊を見ると、CDの週刊売れ行きの第一位はBTS、41万枚とあります。アルバムはTWICEが第一位ということで、両者とも安泰のようです。TWICEについてはダヒョンが慰安婦Tシャツを着ていたという報道がありますが、見過ごしてもいいという程度の扱いで、大々的に取り上げられることは無さそうです。BTSについては少し痛い目にあった方が薬になるとは思うのですが、アリーナ・ツアーを一時間前に中止にされても怒らないジュリーファンと同様、BTSファンの忠誠心も揺るぐことは無さそうです。ただ、東方神起のような息の長いグループを目指すなら、彼らがいろいろと考えるべき余地があるのではないでしょうか。

   TWICEについては、ネット上でBTSと並んで叩かれる材料となっています。BTSが激しく非難される陰に隠れて、少しはお手柔らかになっているようですが、アンチ・韓流の皆さんの反応は最早理屈を超えていますので、彼女たちに対するこき下ろしが止むことはありません。

   曰く、「みんな整形で全く同じ顔じゃないか。全然区別がつかない。あんなもの、どこがいいんだ!現代版慰安婦!」というのが代表的意見です。あの子たちの顔の区別がつかないような人はいないと思いますので、明らかに確認することもせずに叩いているのだという事がわかります。かつ、多くのアンチの頭の中は冬のソナタ・ヨン様・東方神起の段階で止まっているので、話し合いの余地が感じられません。

   私も元の商売柄、ついつい新しいことを教えてあげたくなって、あれこれ書き込んでみるのですが、完全にに逆効果、火に油を注ぐだけの結果になるので、手控えることにしました。今はオバサン世代とは入れ替わって若い娘たちが韓流ファンになり、なおかつ韓国語の歌詞をそのままありのままに受け入れようとする傾向があるので、昔と同じ意識で見ていてはいけないのだということがどうしても理解してもらえません。

   たまにやけを起こして、「あなたは韓流アイドルのコンサートをその目で見たことがあるのですか?その上で発言されていますか?」と問いかけてしまう事があるのですが、結局「そんなものは見る価値も無いから、行ったことなんかあるわけないだろう!」で終わってしまいます。皆さん、実は自分が知りもしない物に対してせっせと攻撃を加えているという、訳の分からないことになっているのですね。

   最後に一つ付け加えるなら、韓流の復活(実際には韓流が途絶えたことはないように思いますが)と共に、韓流アイドルのコンサートを主催する側の強気が行き過ぎてはいないかと懸念しています。埼玉スーパーアリーナで行われる公演には、BTS・TWICE・そして出来立てほやほやのIZ*ONEが出演するとのことですが、特別席として2万2千円の席が作られています。韓流アイドルの公演と言えば、全席一律、座席がどこになるかは当選してのお楽しみというのが相場だったはずですが、少々傾向が変わりつつあるのでしょうか。
  
   TWICEもファンクラブの会員資格に二種類あるのですが、その両方に会費を納めて正会員になっていないと第一次先行抽選には応募できません。Aprilも次回の公演は一般席とは別に1万5千円の特別席(ミート・アンド・グリート付き)の席が新たに作られています。全体としてはアンチ・韓流が叫ばれる中、少々高くついても人は集められるという自信が生まれているのはなぜなのでしょう。

P.S.
   LOVELYZのDVDを購入してしまいました。恐らく韓国内では最大の会場で行われたと思われるコンサートの録画です。Amazonから案内が来た時、DVDまではいらないし、と思ったのですが、夜になってもう一度メールを開いて見て、買っておかないと後悔するかもしれないという気になって注文してしまいました。私は日本での小会場での公演しか見たことがない訳ですが、LOVELYZも国内であれだけの集客力があるということを再認識しました。KARAのDVDは見ていて元気が出ますが、LOVELYZのDVDは見ていて癒されます。
   
コメント (1)

防弾少年団に思う

2018-11-13 15:11:13 | 日記


   これは何かというと、かつて一世を風靡した「大長吟」、邦題「チャングムの誓い」の台本です。「大長吟」とは、中には視聴率96%に達した国もあるというお化けドラマなのです。

   このドラマを見始めて間もなく、週一の放送が待ちきれなかった私は、ネットの有料放送で一気に最後まで見てしまいました。なぜかその後中国語版のDVDまで買っています。

  その時に韓国からネットで購入したのが、この台本という訳です。細かな字で1,000頁以上あるのですが。これを、辞書を引きながら通読しました。作成した専用の単語帳は、時代劇特有の表現も多いので、B5ノートで10冊にのぼります。

   今にして思えば、冬のソナタで口火を切った韓流ブームのお陰で、長く日陰の身だった韓国語学習者が、胸を張って韓国語を勉強していると言えるようになった、実に素晴らしい日々でした。それまでは世にもダサい国の言葉を勉強している位にしか見なされていなかったのです。実際私が韓国語の学習を始めた頃からしばらくの間、日本の大学で韓国語が専攻できるのは東京外国語大学と奈良の天理大学、この二つしかなかった位なのですから。今の様に女子高生が自らの意思で韓国語を学ぶようになるなどとは誰一人予想もしなかったはずです。
...

   その後愚かな李明博大統領の発言と行動によって、韓流ブームは一気に原則、この直後に済州島に行ったツアーでは、申し込み者15人のところ、8人がキャンセルするという悲惨な状態でした。BoAが9年連続紅白に出場するという偉業を達成したのもつかの間、韓国ふざけるな!という雰囲気が全国に漂い、韓流は一気にしぼみ、韓国語学習者もがくんと減ってしまいました。

   しかし、最近はTWCEやBLACKPINK等、デビュー間もなくアリーナや幕張メッセサイズの会場で公演できるような人気グループが登場し、韓流復活かと思われたのでした。EXOのような男子グループも人気を集め、以前とは違って若い子たちが韓国語に手を伸ばすようになったのです。

   ところが、韓国人とは、なんと愚かな人たちなのでしょう。過去においてもそうであったように、せっかく日本人の気持ちが氷解し始めると、すかさずそれに冷水を浴びせてぶち壊しにしてしまう連中が登場するのです。あの愚かな防弾少年団の原爆Tシャツ1枚のお陰で、再び、韓国ドラマを見ているなどとは口が裂けても言えない状態になってしまったではありませんか。第2次だか第3次だかの韓流ブームで、再び韓流が日の目を見るようになって来たのに、またまた自らの手でぶち壊してくれた間抜けな奴ら。圧倒的な人気を誇ったKARAが、韓国人記者からの誘い水を受け流して、絶対に反日と受け取られる言葉を吐かなかったことを知らないのでしょうか。


   ある在日韓国人の方が認めていたのですが、(詳細な理由は省略しますが)個々の庶民の意識は別として、韓国人の民族性の中では、韓国人は日本人よりも格が上だということになっています。その民族性が災いして、韓流アイドルの日本公演が大成功を収めると、日本人が自分たちの下についたような錯覚に陥るのではないでしょうか。売り込むときは謙虚でも、売れてしまった後は尊大になる。人間関係全般のみならず、国と国との関係に至るまで、「上下関係」を抜きにしては生きていけないのが韓国人です。そして、できれば自分が上に立つことを望み、ひとたび上に立てば、下位になったと思しき人間に対して存在な態度をとってしまうのです。

   韓国では反日を叫ばないと生きていけないのは周知の事実ですが、おかげで、同時に日本でも反韓を叫ばないと生きて行きづらい風潮になってしまいました。政治的な意味での反韓と民間レベルでの意識とをしっかり区別できていた私も、防弾少年団のやり口にはブチ切れている今日この頃。こうやって韓国人の味方を次々と減らしていっている愚かさに、彼らが気が付く日は来るのでしょうか。
コメント (2)

岩崎恭子の不倫に思う

2018-11-08 13:38:39 | 日記
岩崎恭子が14歳で金メダルを取った翌日、私は教室で、この子は可哀想な事になった、と言って、全ての生徒たちから激しい反発を食らったものです。
  
私が可哀想な事になった、と言ったのは、どうみてもこの子にはこれといった才能が無く、金メダリストになってしまったことが将来重く彼女の身にのしかかって来るだろうと予想したからです。

テレビでは彼女が華やかなタレントっぽい人生を送って来たと紹介していましたが、あまりにもとってつけたような内容でした。解説者としての水泳の解説など、解説にもなっていなかったという記憶があります。

40才、子持ちの身で脚光を浴びたのは、妻子ある50代の男性との不倫愛を週刊誌にすっぱ抜かれた事件でした。金メダリストでさえなければ、どうということのない、個人的なレベルの、良くある話に過ぎなかったのです。

そっとしておいてやれば良かったのに、週刊誌も罪な事をするものです。週刊誌の記者という職業は、赤の他人に大恥をかかせ、当事者たちを不幸のどん底に陥れることによって給料をもらい、その金で妻子を養っています。不倫した岩崎恭子と、それを盗撮して記事にした記者と、どちらが人として卑しいと言えるのでしょうか。
コメント