梅様のその日暮らし日記

その日その日感じた事や世間で話題の事について自分なりの感想や考えを書いていきます。

「小学校の英語教育の問題点」本論⑧

2018-09-13 08:52:09 | 日記
  書き始めた時にはちょっとした論文にまとめるつもりだったのですが、筆があっちに滑りこっちに滑りで、まとまりのないものになってしまいました。しかしそれぞれに私にとっては大事な問題を書いたつもりですので、このまま進めさせていただきます。今回はいつもよりさらにまじめな、硬いお話になりますので、面倒な方はパスすることをお勧めします。

   私が所有している中国語の参考書の中に、なかなか意味深い前書きがあります。これは中国語に限らずすべての外国語を学ぶ際に共通する重要な問題を指摘していると思いますので、ここに引用させていただきます。

   著者は趙玲華とおっしゃる香港在住の、現地で中国語学校を経営しておられる女性です。彼女が開口一番書いているのは、「事半効倍」という言葉です。ここでは一流の教師に習えば半分の労力で倍の効果を上げることができる、という意味で引用しています。その中の、「中国語」という部分だけ、「英語」に置き換え、一部書き換えておきます。

①その教師が英語教師という仕事を熱愛し、情熱を持っている。
②高い英語のレベルを持っている。(通訳ができるほどの高い英語レベルの持ち主である。)
③英語の理論知識を熟知している。(英語の理論知識を日本語で分かりやすく上手に教えられる。)
④授業のスキルが高い。

   著者は初心者や入門者だからといって、①から⓸の条件が軽んじられるべきではないとしています。私も同感です。初心者でも、担当教師が情熱家であるかどうか、教え方が上手かどうか、実力があるかどうか位は、すぐに見破ることができます。残念ながら小学校の先生方には①から④の条件が一つもあてはまりません。そもそも彼らは英語を教えるということが特に好きなわけではありませんし、そんなつもりでは無かったのに、さあ英語を教えろと頭ごなしに命令された上、そのための長期にわたる訓練も受けていないのです。

   次に著者は外国語学習において到達できるレベルを

①感性学習で習得できるレベル
②理性学習で到達できるレベル
③理性学習+専門的訓練で到達できるレベル 

   の3つに分けています。紙面の関係で②と③についての説明は割愛しますが、①の感性学習というのは、文字通り挨拶から始まって、買い物やレストラン・ホテルでの従業員との会話、片言の英語といったレベルを学ぶことを指します。

   現在日本の小学校で児童が学ぶ(学ばされる)英語は、正にこの「感性学習」のレベルです。なおかつこのレベルの英語は、大人になってから、海外旅行の前に少々準備すれば手の届く範囲のものに過ぎません。正直なところ、実に無駄な時間の使い方だと感じます。

   さらに付け加えると、2020年度からはさらに「プログラミング」という教科が追加されることが決まっています。こちらも先生方には未経験の領域です。「英語」と「プログラミング」、この二教科が単純に足し算でプラスされることになるのですが、プログラミングに至っては、気の利いた生徒のほうが先生をはるかに上回る能力を持っている可能性が高いのに、これを担当しなければならない先生方がお気の毒としか言いようがありません。

   正直、教壇に立って人にものを教えるという事は、素人が考えるよりはるかに奥が深く、厳しいものです。こんな風に間口ばかりを広げて専門外の教科をいたずらに増やしていくことは、小学校教育を崩壊させるきっかけになるかもしれません。

   以前は答案を自宅に持ち帰ったり、通知表を持ち帰って自宅でサービス残業をすることによって自転車操業的に業務をこなしているケースが多くみられました。しかし、たまに成績データを入れたメモリーを飲み屋に置き忘れて紛失したり、通知表そのものをタクシーに置き忘れてしまうような教師がいたために、個人データを自宅に持ち帰ることは禁じられるようになりました。これでは教師はにっちもさっちも行きません。

   ところで最近私のスマホに、ある広告が頻繁に登場するようになりました。それぞれの持ち主の個人データに合わせて広告が送り込まれてくるようなので、一般の皆さんのスマホには出てこないかもしれませんが、それは、「すべての教科の基礎である国語力を高める」という学習塾チェーンの広告です。

   学校は英語やプログラミングに力を入れ、学習塾が国語力の向上に力を入れる。何かが間違っていると言わざるを得ないではありませんか。
コメント

箸休め・・・韓国の書店と中国の書店

2018-09-11 18:05:59 | 日記
硬い話が続いていますので、小休止。気楽な話題を一回入れてみます。

以前何回となく韓国へ通っていた頃、ソウルの教保文庫(韓国最大の書店。日本で言えば三省堂や丸善に相当。)へも足しげく通い、書籍を購入していました。なぜか韓国で発行されている中国語の構文集などもここで購入しました。中国語の参考書は、韓国の方が出来の良いものが多いような気がします。

そこで見た光景は、日本では考えられない、不思議なものでした。韓国の大型書店では、なぜか手ごろなスペースが空いていて、床にぺたりと座り込み、書架から売り物の本を引っ張り出してはそれを見ながら宿題をやっている子が沢山いるのです。どう考えてもこういう子供たちのためにスペースが開けてあるとしか思えません。店側も、いちいちとがめだてたりしません。これを寛大な習慣と言うべきなのかどうか、私は未だに迷っています。

韓国が何でも中国の真似をしているかというとそんなことはなくて、書店の雰囲気は中国とは全く違います。韓国は日本のやり方をまねている部分が多いのです。代金の支払いも方日本と同じで、普通にレジに行ってお金を払うだけです。

では中国の書店はというと、客が店員から見えにくい死角に入ると、店員がマッハの速さで飛んで来ます。感じの悪い店員の場合は、お前をマーク中!と目で警告して来ますし、感じの良い店員の場合は、何をお探しですか?と密着して来ます。来店した人間には二種類あって、一種類は普通に本を買っていく人間、もう一種類は万引き目的で来ているという扱いです。

支払いはといえば、まずレジへ行って代金を支払うのですが、すると大きな領収証をくれるので、それと本を持ってまた別のカウンターに行きます。今度は別の店員が領収証と本を照らし合わせた上で、店を出る事が許可されます。新品の本にベタッと汚いスタンプを押されてしまう事もあります。

店を出る事が許可された、らいよいよ出口に向かいますが、そこには屈強な警備員がいて、領収書の明細と本の現物を照らし合わせて確認し、その上で行って良いと許可が出るのです。中国の大型書店で本を買うと、自分が犯罪者になった気分を味わう事が出来ます。店を無事に後に出来た時には、無事娑婆に出て来たという気がします。
コメント

「小学校の英語教育の問題点」本論⑦「英語なんて嫌いだ!」

2018-09-08 15:24:45 | 日記
   「小学校の英語教育の問題点」とうたいながら、毎回どこか遠くへ脱線してしまいがちですが、何とか本来の問題に関わる部分に引き戻したいと思います。今回は著名人の著書に書かれていた内容を引用して、私の持論を補強させていただきます。

   小学校から英語の授業を取り入れれば小学校から英語嫌いが生まれてくるということを以前書いたと思います。ここではNHKの英語番組等で一世を風靡した鳥飼久美子氏の著書、「危うし!小学校英語」から調査結果をお借りします。

   同書94ページには、小学生の意識調査の結果として、英語活動が嫌いになってしまったという3割弱の子供の、英語嫌いになった理由が書かれています。五段階評価をつけていた時代には、40数人規模のクラスで7人ほどに「1」の評価をつけることになっていました。これはクラス全体の15パーセント相当になりますので、英語嫌いが3割弱、つまり30パーセントより少し少ないだけというのは、かなり重たい数字だと思います。

   「英語をうまく読むことがうまくできないから。」→50.4パーセント。生徒全体の15パーセント弱にあたることになり、ずばり5段階評価の時代の「1」に相当する割合ということになります。
   「総合的な学習の時間では英語活動以外の学習の方が好きだから。」→41.9パーセント。総合的な学習というのは、国語算数理科社会といった正規の教科を離れて、様々な活動を経験することによって、子供たちの全人的な成長を促すための時間なのですが、この時間が有効に使われなかったことになります。「総合的な学習の時間はつまらなかった。」なら問題ありませんが、その結果として英語嫌いを大量生産してしまったとすれば、その罪は重いと言えるでしょう。

   なお、今後は総合的な学習の時間ではなく英語という教科になりますので、これまで正式に評価が数値化されなかったものが、きちんと数値として評価されることになります。点数が明示され、評価が数値化されることにより、子供たちの英語嫌いが一段と加速されることは間違いないでしょう。

   「友達と英語を使ってやり取りすることがうまくできないから」→39.7パーセント。
   
   「外国人の先生や留学生など外国の人と話すことがうまくできないから。」→37.5パーセント。

   「英語の歌を歌ったり、英語のゲームをすることがうまくできないから。」→35.1パーセント。

   ほとんどの大人は、英語は小さいころから始めれば身につくはずだ等の錯覚をしていますが、そんなことはないのです。誰にでも得手不得手というものがあって、言語学習に適性が無いという生徒もいます。息子のクラスメートに恐ろしく数学が得意な男子がいましたが、彼は高校受験時に、推薦入試の道を選択しませんでした。推薦入試では日本語による作文が必須ですが、彼の作文は下手をすると知恵遅れ扱いされかねないレベルだったからです。世界的な数学者の中にも、作文が苦手であるために、危うくその才能が埋もれたままになってしまうところだった人がいます。

   英語学習に歌やゲームやダンスを取り入れるのも、一見グッド・アイデアに思えますが、ゲームやダンスが苦手な子、音痴の子にとっては単なる苦痛でしかありません。口の重い子にとっては外国人の先生と話すなどもっての他です。それだけで英語の時間が嫌いになれます。たとえ相手が友達であろうと、話をすること自体が苦痛になり得るのです。

   ここに実に愉快なエピソードがあります。昔、日本には宮沢喜一という首相がいました。英語には自信を持っており、米国大統領との会談も英語でこなしました。しかし、これに対して当時の国務長官、キッシンジャー氏が苦言を呈したのです。

   「一国の最高責任者が外国で公式会談に臨む際、立場上自国語を使うべきである。」

   これ以上の正論はないでしょう。自分が東大卒の英語使いであることを何よりも誇りに思っていたミーハーな宮沢首相の鼻っぱしを見事な正論でへし折って見せた実に、痛快な一言でした。彼のミーハーぶりは徹底していて、アメリカで日本人記者団を相手に会見を開いた時でさえ終始英語で話したという徹底ぶりでした。

   外国語による会話は、それを使う必要がある職業上の環境に置かれた場合、本人が努力しさえすれば、かなりのレベルにまで達することができます。著名人の代表例を挙げてみましょう。卓球の福原愛選手は、中国でアイドル扱いされる人気者ですが、学校で中国語を習ったことなどありません。しかし武者修行のために中国に長期滞在しているうちにすっかり中国語に堪能となり、すべての受け答えをよどみなく中国語でこなせるようになってしまいました。なおかつその中国語というのが中国東北部訛りが顕著だというので、ますます中国人に受けたのです。

   そんな訳ですから、何も焦って小学校で英語教育を強化し、英語嫌いを量産しなくとも、大人になってからでも十分間に合うものなのです。一般の方々が気にされている「日常会話」に関しては、特にそういうことが言えます。英語教育に過剰に熱心なママは、将来英語が嫌いになるように子供を仕向けてしまっているかもしれません。くれぐれもお気をつけ下さい。
コメント

「小学校の英語教育の問題点」本論⑥

2018-09-06 10:52:45 | 日記
   KARA・少女時代 のち、LOVELYZさん、私が書きなぐったつたない文章をいつも丁寧にお読みくださり、ありがとうございます。

   日本全体がバブル景気に沸き、余剰ドルを消費するために外人講師を大量に雇って各学校に配属するという暴挙?が全国的に展開された時期、肝心の生徒たちの反応はどんなものだったのでしょうか。私の印象では、これにより英語学習意欲が掻き立てられたという生徒はほとんどおらず、大体において、外人ってこんなものだったのか、という失望感の方が大勢を占めていたという気がします。しかし、そんな時期にある高校では、3年間続けてアメリカに留学する生徒が出たことがあります。その前もその後もなく、なぜかその3年間限定だったのですが。いや、というより私の教師生活を通じて、アメリカ留学を果たした生徒は、その3人しかいません。

   この3人というのは全て女子だったのですが、一人は入学時から私が授業を担当していた子で、芯はあるが素直な性格の良い子でした。とりあえずA子とします。普段は特に私と口をきくこともなかったのですが、校内の英語スピーチ・コンテストに出場したいというので私が指導をし、一位になりました。

   春先になると英語の研究室にやって来て、業者が置いて行った見本の教科書を手に入れて帰って行きます。彼女は自費で購入した教科書には授業中書き込みをし、貰っていった見本の教科書は真っ新のまま使い、英語だけしか見えないようにして、音読に次ぐ音読を重ね、全部暗記していたようです。彼女の口を借りるなら、英語は教科書を音読しているだけで出来るようになるのだから、こんなに楽で楽しい教科は無いというのでした。これはまさしく私が実践していた学習法であり、日本一の同時通訳と言われた国弘先生が第一人者となった後も励行していた習慣です。

   彼女は一年間無難に留学生活を終え、出かける前も帰国した後も、少しも変化はありませんでした。相変わらず芯に力を秘めつつも、大人しく冷静で、アメリカ留学を鼻にかけることもなく、周囲からも特別な目で見られることはありませんでした。一言でいうなら、帰国後も純正日本人のままでした。従って周囲も元通りの態度で彼女を受け入れてくれました。

   今一人は、いかにも才気煥発、見るからにやる気満々の女生徒でしたが、一年間の留学生活を終えて帰国した後は、どこかアメリカかぶれが垣間見えました。とりあえずB子とします。A子が留学経験を雰囲気に出さなかったのとは対照的に、B子は留学経験を全開という感じでした。なぜか突然、「あ、便秘って英語でなんて言うか忘れちゃった!」などと脈絡もなく言うことがあり、周囲もA子のようには扱えなかったのではないかと思います。

   もう一人は仮にC子とします。C子はA子・B子よりも一年先輩だったのですが、当時は留学した一年間は休学扱いとする規則でしたので、A子やB子と同じ学年に戻って来たのです。この子については、私も、え?なぜ?どうして?と首をかしげてしまいました。A子とB子が英語に関しては問題なく他の生徒を引き離す格上の存在で、成績は当然「5」だったのに対して、C子の成績はなんと「3」だったのです。

   アメリカの高校で教える内容は日本より各段に易しいことは事実ですが、それでも教科書はあり、座学の授業も受けていたはずなのです。(アメリカの高校は座学は必ずしも重視されていないようです。A子が通った高校では一週間毎日同じ時間割の繰り返しで、6時間授業の内、吹奏楽が一時間、ダンスが一時間、美術が一時間だったそうです。)アメリカに留学すればだれでも英語ができるようになるというのはもはや都市伝説の一種ではないかと思いたくなります。

   アメリカに留学しても、結果は人によっては投資に見合っただけの成果が挙げられません。毎日英語で生活する環境に身をおいても歴然たる差がみられるのですから、小学校における英語教育も、同様な問題が生じることでしょう。子供たちの多くはほとんど英語を覚えることなく学期を終え、夏休み中には一学期に覚えたわずかな英語もきれいさっぱり忘れてしまっていることになるのだろうと思います。

   人間の脳は、脳自身が興味なし必要なしと判断した知識は、さっさと消去してしまうように出来ているのです。小学生にとって外国語は最も必要性の薄い知識です。小学生、特に男子にとっては、英語を覚える事よりもゲームの攻略法やそこに登場するキャラクターの方がはるかに興味深いことでしょう。ちなみに私の息子は小二で三国志に登場する武将の名前はほぼ完ぺきに覚えていました。各武将の能力や性格を知ることが三国志というゲームを攻略する上で必須だからです。当然全ての武将の名前をオリジナルの漢字のまま読むことが出来ました。

   中学校で新たに英語の授業が始まる時、教科書のレベルはどうなっているのでしょうか。再び0からやり直すならそれで構わないのですが、小学校の6年間で学んだ量はたかが知れているとはいえ、きっちりと格差がついた子供たちを相手に、どうやって中学校の授業を始め、進めていくのか、その点も少々懸念されます。
コメント

「小学校の英語教育の問題点」本論⑤

2018-09-02 10:31:22 | 日記
   前回から少し間が空いてしまったので、もう一度以前の内容を読み直してから書いています。物の分からない若い教師が英語の授業時間数を増やす提案をして私にけんもほろろに却下された経緯は前にも書いた通りです。では小学校で英語の授業を行う場合にはどうなっているのか。やはり、他の科目の授業時間数を削る訳にはいきません。本来建て前として小学校の教科内容は厳選された、揺るがすことの出来ない内容であるからです。

   ではどうやって英語の時間を生み出していくのか。単純な足し算と、無益な引き算によって、つじつまが合わされているのです。足し算に当たるのは、要するに他教科の授業以外に英語の授業時間を新たに作るということです。それがどれくらいになるのかというと、東京オリンピック以降、3、4年生では年間35コマ、5,6年生では年間70コマとなります。年間授業日数は35週とされていますので、5,6年生では週に2時間の英語の授業が追加されることになります。現在でさえ落ちこぼれてついていけない子供たちが大勢いるというのに、今後更に落ちこぼ(さ)れてしまう原因が追加されることになります。

   では引き算の方はどうでしょうか。これは何を減らして英語の授業に充てるかという話ですが、まず安直な方法として、土曜日にも授業を行う、夏休みを減らして授業を行う、この二つの方法が真っ先に採用されるはずです。ただでさえ教員の職場環境のブラック企業化が言われている昨今、この状況に更に追い打ちをかけることになります。あまりにも状況が悪化すれば、小学校の教員を目指す若者が大幅に減ることにつながりかねません。実は現在でも昔と比べれば教員志望者は大幅に減っているのです。志望者という分母が減るという事はそれだけ倍率が下がるという事、倍率が下がるという事は、それだけ実力不足・適性に欠ける若者が教員になりやすくなるということを意味します。

   引き算として次に考えられるのは、行事の短縮と廃止です。ある小学校では現時点で既に家庭訪問を全廃しており、更に学芸会も行わないことになったそうです。中には午前11時半で運動会を終了させたという学校もあります。皆さんの小学校時代はどうだったでしょうか。小学校と言わず中学校でも、どうしてこんなに毎日運動会の練習ばかりやらせるんだよ、と不満に思う位の熱心さだったのではないでしょうか。連日の練習の他に、予行演習でもほぼ一日を費やした時代があったはずです。こうしたことは今後行われなくなります。

   英語の授業を採用した結果、楽しいはずの小学校から潤いというものが失われていくとしたら、本末転倒も甚だしいと言わざるを得ません。やがて夏休みの宿題も、これまでのようなかわいらしいものから、英語のドリル・ブックがあてがわれるようになることは間違いないと思います。いや、「これまであった宿題プラス英語のドリルブック」になることは間違いないでしょう。

   小学校・中学校時代には楽しい思い出を沢山残したいものです。英語の義務化は、子供が子供らしく育つ過程を蝕む危険性を多分にはらんでいると言えるでしょう。
コメント (1)