梅様のその日暮らし日記

その日その日感じた事や世間で話題の事について自分なりの感想や考えを書いていきます。

先生だって部活がやりたい②

2015-06-30 14:48:43 | 日記
   中央教育審議会の犯している最も愚かな誤解は、部活指導をなくすことによって教師の多忙感を減らすことができるとしていることです。現在教師が多忙を極めるのは、部活指導があるからではなくて、しなくても変わらない仕事、しても意味がない仕事を次々と思いついて押し付けてきた輩が沢山いたからです。これはひとえに自分の成績に反映させたいという卑しい心根のなせる業です。そのためなら全校教師が犠牲になろうと厭いません。

   一例を挙げてみましょう。たとえばとある高校の場合など、生活指導部を牛耳っていた年配の女性が、次々と同僚の負担を増やしてきました。たとえば、早朝8前からの立ち番。勤務時間は8時25分からです。しかもそんなに早くから来る生徒は、部活をやりに来た熱心な生徒ばかりです。本当に問題になる生徒はそんなに早く登校しないどころか、立ち番が引き上げ、始業のベルが鳴ってから、余裕を持って登校して来ます。

   更に言えば、結婚歴の無いこの女性は、既婚者や育児の真っ最中の女性教師が早朝いかに時間に追われているかを体験的に理解していません。自分ができるのだから人もできるはずと、後は本人の熱心さの問題だと思っているのです。余談ながら、女生徒の化粧を徹底的に嫌い、文化祭の舞台での化粧さえ禁止したこの女教師は、私がこれまで見た中で最も厚化粧な女性でした。また、生徒の喫煙に対して犯罪者扱いしかねない勢いのこの女教師は、校内禁煙であるにも関わらず、非常階段に隠れて喫煙するという情けない人間でした。

   私は一度この女教師に思い知らせてやろうと思い、あなたは長い間担任の仕事についていないのだから、この辺で担任に立候補すべきだと説いたことがあります。私はその時卒業生を出したばかりだったので、私がその女教師と同じ学年に入って、締め上げてやろうと思ったのです。しかし、彼女は言を左右にして、担任の仕事から見事に逃亡してみせました。頭の良い人でしたので、担任に入ってしまったらその結果どんなことが待ち受けているかを、十分に予想できたからなのだと思います。

   少なからず存在するこうした同僚の歪んだ熱心さのために、校務は次々と屋上屋を重ね、ついには教師個人の能力の限度にまで達してしまいます。教師の成績評価は、前年度の業績に加えて更にいかなる新しい業績を付け加えたかによって判断されるので、校長からにらまれたくない教師は、次々と自らの仕事を増やしていかなければなりません。しかし、学校という場所でなすべき仕事にはそう多くの種類があるわけではありません。本当に必要な仕事は、100年前からあまり変わってはいないのです。まずはこうした実態から変えていかない限り、部活指導をしなくて良くなった分だけ、新たな仕事が際限なく開発されていくことでしょう。

   一昔前は無意味な雑用もなく、授業の合間に落ち着いて教材研究ができましたし、放課後生徒たちの中から有志を募って補習をする余裕もありました。連日放課後グランドに出て生徒たちと共に汗を流すこともできました。私の場合、あまり熱心に活動するあまり、帰宅途中で血糖値が激減して、最寄り駅に着くまでに座り込んでしまったことさえありました。しかし、無益な雑用に追われていたわけではなかったので、それでも「また明日も頑張るぞ!」という、燃えるような思いで床に就くことができたものでした。授業以外の場で生徒達と深く触れ合えるチャンスは、部活をおいて他にありません。私は前回冒頭に書いたような、「塾の先生になっていたら部活がない分、もっと良い授業ができただろう。」などとは思わないでいられた、古き良き時代に、教師としての前半生を過ごすことが出来たのです。

   そんな時代と現在と、どちらが望ましい学校か、いずれが望ましい教師像か、私が説明するまでもないでしょう。
コメント

教師だって部活がやりたい①

2015-06-28 15:19:12 | 日記
   「中学や高校の運動部活動の指導者として、部活動支援員(仮称)の導入が中央教育審議会で検討される見通しとなった。」という記事が一昨日の朝刊に掲載されていました。「これにより教師の多忙が解消され、本来の仕事に宣伝できるようにするのが狙いだ。」とあります。

   そもそも韓国や中国では生徒たちは勉強に忙しくて、とても部活どころの話ではないと聞きます。韓国の高校では早朝自習+夜間自習があり、7時過ぎから22時位まで半強制的に学校で勉強をさせられるということは以前にも書きました。夜間自習が終わるころには正門前に塾のバスが横づけになり、生徒たちはそのまま塾へ・・・・・という生活なのですね。

   いやあ、死ぬ思いだと思っていたら、中国人の先生にその話をしたところ、韓国は中国と比べたらまだまだゆるいとおっしゃっていました。どうやら科挙の伝統がある両国では、つめ込み教育が当たり前、まともな職に就きたければ勉強して勉強して勉強して他人を蹴落とすしかないのです。

   中国は韓国よりも徹底している部分が確かにあって、トップクラスの学生でないと英語専攻はできません。日本語専攻の大学生は、別に日本語を専攻したかったわけではなくて、英語もドイツ語もフランス語も入れてもらえなくて、日本語に回された学生なのだそうです。

   一方、そんなことで良いのかと心配になるほど部活に集中する生徒たちが少なからずいるのが日本の高等学校です。どことは言いませんが、私が退職から逆算して二校目の学校などはまさしくそういう学校でした。

   ところで私は、その高校で、「陸上なら体育の先生よりちゃんと教えられますよ。」とアピールしたにも関わらず、水泳部の顧問にされてしまったかわいそうな先生でした。25メートルを泳げたのは生涯ただ一度という準金槌人間なのに・・・。当然水泳部の指導なんかできません。実際何もしませんでした。しかし毎日の忙しさという点ではひどいものでした。全く息を抜く暇すらない毎日で、部活に割くエネルギーなどどこにも残っていませんでした。音楽の先生などは週に8時間しか授業が無いので、ゆったりと過ごしていたようですが。

   もっとも、校長がちゃんと陸上部の顧問にしてくれていたら、そんな忙しさにもめげず、部活の指導に当たっていたとはずです。私の教師魂がそうさせていたはずだからです。私の考えでは、教科指導だけをやりたくて教師になる人間は少数派です。誰もが高校生活を経て教師になっているのであり、教師になったら得意な分野で部活の指導もしたいと思って就職してくるはずなのです。放課後になると生徒たちが活動場所でで自分を待っていてくれるという思いは、何物にも代えがたいものです。

   したがって、教師が授業に専念できるように、部活から解放しようという、中央教育審議会の考え方は、多くの教師たちの意思とは真っ向から対立するものです。(続く)
コメント

悪意ある女子高生画像

2015-06-27 15:27:53 | 日記
   Facebookに、とある白人の投稿が出て来ました。画像はアメリカ・ロシア・韓国・日本の女子高生たちがそれぞれ3人から8人くらい?並んで写っているものです。アメリカ・ロシアの写真は本当にそうなのかどうかわかりません。韓国・日本のものは多分その通りなのではないかと思います。

   私がとても気になるのは、この写真を見て、多くの日本人(多分若者)が、「いいね!」をクリックし、またシェアまでしているということです。私はこの写真の配列に未必の悪意(もしかしたら人種差別)を感じます。中には悪意を感じるというコメントを寄せている人もいますが、たったの一名しかいません。ほとんどの人が無条件で面白がっています。

   アメリカとロシアと称する女子高生の写真は、立ち姿の写真と腰かけている姿に分かれていますが、いずれもそれなりのレベルの学校であることを想像させるに足る、きちんとした私服姿です。一方、韓国と日本の女子高生の写真は、最低です。比較するのであれば同質の写真でなければなりませんが、投稿者はあえてこの写真を選んでいるように見えます。

   韓国の女子高生はずらりと横一列に並び、全員左を向いて、スカートの左裾をつまんで引き上げ、全員で太腿を露出しています。まあ、いわゆるまともな学校の女子ならこんな集合写真は取らないでしょう。これを選んだ投稿者の韓国人に対する潜在意識が読み取れて、不愉快になります。

   日本の女子高生の場合は、更におバカな写真です。土手下の排水管の上にジャージ姿でまたがった女子高生の股の間から、直径30センチから40センチの排水が滝のように勢いよく流れ落ち、女子高生はその上で万歳をしています。韓国の女子高生の写真と比べれば健康的ではありますが、しかし脳みそ空っぽの、薄痴的な写真です。これを日本の女子高生を象徴する写真として、まともな米・露の女子高生の写真と並列して提示しているのです。 

   しかし、これらを見た日本人は、単純に面白いとか最高という反応しかしていません。実に情けなく思います。「いいね!」をクリックした中にかつての教え子がいたので、私は思わず名指しで注意してしまいました。

   昨今、世相の行き詰まりのせいなのか、バカやって面白がるだけの底の浅い若者が増えているように見えてしまいます。もっと物事の奥を見るようになってもらわないと、先々が不安になります。・・・・と、いかにも年寄りめいたコメントになってしまいました。 
コメント

日韓首脳会談

2015-06-25 19:04:28 | 日記
   とうとう韓国側が折れる気配を見せて、日韓首脳会談が行われそうな流れになって来ました。互いに反日感情反韓感情が強いものの、両国が仲良くすることが望ましいという考える人たち方が多いので、これは望ましいと言えば望ましいことではあります。

   一番の懸念は、朴大統領に、「慰安婦」以外の言葉を発する能力があるのかということですが、それ以前に彼女はコミュニケーション能力が大幅に欠けているような気がします。政府関係者や側近との意思疎通もメールの類を通じて行っており、対面して言葉をやり取りすることはしないのだそうです。この際安倍首相も面と向かっての対談ではなく、別室にいてメールのやり取りをした方がよろしいのではないでしょうか。何しろ朴大統領のコミュニケーション能力は・・・・多分「ぱるる並み」でしょうから。

   次に念頭に置いておかなければならないことは、韓国人というか、朝鮮人には「約束を守る」という観念がないということです。このため多くの企業や個人が泣かされて来ました。朝鮮は日本の植民地ではなかったので、戦後補償をする義理も義務もなかったのですが、優しい日本人は大金を注ぎ込んで補償めいたことをしました。その時には当然、これにて一件落着、以後一切の請求はしないという一筆をしっかりとってあったにも関わらず、個人補償は話が別だと言い出したのは記憶に新しいところです。その時は日本側が個人補償をすると言ったにも拘らず、韓国側は、それはこっちでやるから任せろと言って、五億ドルという金額をむしり取っていったのです。そのころは高卒の初任給はやっと一万円を超えた程度だったのではないでしょうか。それを思えばどえらい金額です。当時1ドルは360円だったのです。

   こういうやり方を称して「ムービング・ポスト」と言い出た人はどなたなのでしょう。誠に言い得て妙と言うしかない表現です。韓国は、ここのボールを入れたら得点と取り決めておきながら、肝心のゴールポストの方をどんどん動かしていってしまうために、永遠に決着などつかないのです。

   彼らがいかに不誠実な人間であるかは、英雄ウルチムンドクの例を挙げればわかりやすいと思います。この将軍はソウルのど真ん中にその名を取った駅があるくらい韓国人にとってはおなじみの人物ですが、やることがえげつないことこの上ありません。

   昔から半島は中国との軋轢に悩まされて来ましたが、ウルチムンドクは見事に中国軍を撃退しました。(古代の話ですが、分かりやすくするために中国と朝鮮という呼称にします。)
そのやり方ですが、彼は一旦中国に対して降伏します。降伏して文書を取り交わしますので、中国側は信義にのっとり、踵を返して軍を撤退させようとします。しかし、中国軍が川を半ば渡ったところで、ウルチムンドクは一気呵成に総攻撃を仕掛け、中国軍を壊滅させてしまうのです。こうなると条約も何もあったものではありません。

   こんな人物が英雄として駅名に名を残しているのが韓国人の感性であり国民性なのです。安倍・朴会談が成立したところで、そこで話し合われたことを韓国側が誠実に守る可能性はありません。私たちも、対韓国という場合には、まとまった成果を上げようなどとは夢にも思わず、日本がなかなか乗ってくれないので困った困ったと思わせておけばそれで良いのです。
コメント

在日米軍基地、あり?なし?

2015-06-24 16:07:18 | 日記
   「沖縄全戦没者追悼式」が行われました。これは先の大戦の、沖縄における犠牲者を悼むための神聖な催しと私は理解していますが、この場で翁長沖縄県知事は、追悼の言葉以外に「米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設反対」意見を読み上げました。この行為により、追悼式は不必要に政治的な色彩を帯び、ちょっぴり不純なものになってしまったことは否めません。やはりこうした式典は、超党派で統一して行うべきものです。

   翁長氏は、太田氏が沖縄県知事をしていた頃は辺野古移設推進派だったのに、何故いつの間にか、辺野古移設反対派に転向したのか、その説明が全くなされていません。もしかしたら単に知事になるために、つまりは自分の権力欲を満たすためなら自己の信念など屁とも思わない卑しい人間なのかもしれません。このあたりは、再軍備を主張していた共産党が何食わぬ顔で憲法九条を守れと主張していることとオーバーラップして、「左の人たち」の信頼性を疑わせるものがあります。

   「左の人たち」の特徴の最たるものは、ベストがだめならベターで行こうという発想がないことです。彼らには、自分たちの考えが100パーセント通ってしまった暁には沖縄が中国の領土になってしまうのだという発想がありません。いや、もしかしたらそれを暗黙の前提としての行動なのかもしれません。

   辺野古に飛行場を作るということは、当然海の一部を埋め立てなければならないということです。しかし知事は、事前調査の段階でサンゴ礁に悪影響があったとして、基地建設差し止めを図っています。およそ海に飛行場を作るというのに、海底に悪影響無しに建設可能かどうか、小学生でもわかる理屈ではありませんか。要は、韓国が日本につけ続ける因縁と同じレベルのものでしかないということです。

   沖縄に米軍が居続けることは、現在の中国の動向を考えれば、必然的なことです。日本に正規の軍隊がない以上、米軍に対中国の防波堤の役割を期待するしかありません。この事実が理解できない人は、よほど頭が悪いか、さもなければ中国か北朝鮮の回し者です。

   かつてアメリカは、日本が再軍備することを要求しましたが、日本がそれを拒否したために、自衛隊という、わけのわからない武力を保有することになりました。また、あまり知られていないようですが、かつてアメリカは自国の負担を減らすために、日本に対して自前の核戦力を持つことを要求したことがあるそうです。いずれも日本にとっては真の独立国となる大きなチャンスだった訳ですが、日本はこのどちらをも退けてしまいました。

   日本に正規の軍隊が存在したら、韓国があれほどまでに大きな面ができたかどうか、考えるまでもないことです。万一日本が核保有国となっていたら、北朝鮮も中国ももう少し控えめな国なっていたはずです。これはいわゆる「左の人」とそれに毒された人にとってはおぞましい考え方でしかありませんが、しょせん世界を牛耳っているのは、核保有国です。中国が核を保有した途端インドが核を保有するようになり、インドが核を保有すればパキスタンもこれに対抗して核開発をしました。

   要するに、核兵器というものは、持っていても実際に使う訳には行きませんが、持っていないと核保有国に対してびくびくと怯えていなければならなくなるという、摩訶不思議な兵器なのです。要は、俺に手を出したらただでは済まないぞ、という、ヤクザっぽい理屈が国際社会においても通るのだということです。

   今後日本がどの方向に行くのかわかりませんが、米軍の大幅縮小があるなら、核武装しない限り日本の未来はないでしょう。日本が核武装したら・・・・お隣の韓国も大慌てで核開発に走るんでしょうね、きっと・・・・。そんな危険を招くくらいなら、米軍に基地を提供して大きな抑止力としておく方がよほど理にかなったやり方だと、私は思うのですが?
  
コメント