梅様のその日暮らし日記

その日その日感じた事や世間で話題の事について自分なりの感想や考えを書いていきます。

ASKA再犯

2016-11-29 14:26:28 | 日記
  私が昔書いた、「ASKAは絶対に再犯する」という記事、が昨日私のブログ内で人気記事のトップとなりました。薬物に走る人間はそれにすがらなければならないほど悩みが深かったり、心が病んでいたりするわけですが、ASKAも初犯の後、ヒット曲を連発してテレビに出演、全国ツアーで日本中を回るといった状況が生まれていれば、再犯はなかったのだろうと思います。一度頂点を極めた人間が、谷底まで落ちてしまった自分を謙虚に受け入れられない場合にはこうならざるを得ないのではないでしょうか。

   かつて井上陽水も覚せい剤使用が発覚したことがありましたが、彼は即日頭を丸め、警察に出頭しました。私はその時、「せこいやつ・・・・。」と思ったのですが、今にして思えば、陽水は以後の身の処し方についてきちんとした展望を持っており、またその時点で才能が枯渇していたわけでもなかったので、再犯を犯すことがなかったのではないでしょうか。槇原敬之についても同じことが言えると私は考えています。

   こんな時支えとなるのは恐らくは女性の力です。私の親類にも、昭和20年代ヒロポンが合法だった時代に中毒にかかってしまった者がおります。この時彼を支えてくれたのが、知り合いのホステスさんでした。彼女の献身的な努力があって、彼は無事ヒロポン中毒から立ち直り、以後まっとうな人生を歩んでいます。

   彼は私の家に寄宿しながら大学に通っていたのですが、正直私は幼過ぎて彼の顔を覚えていません。しかし、まだ幼かった私に母が、こともなげに彼とヒロポンとホステスさんの話をしてくれたことを鮮明に覚えています。彼は自分を支えてくれたホステスさんと結婚して今日に至っています。

   既婚者であるASKAはまずは家庭を大切にいつくしむことから始めなければならなかったのではないでしょうか。初犯の共犯が他所の女性であったことを考えれば、以後家庭内も冷え冷えとしたものであっただろうと想像がつきます。しかし、そこを乗り越えるだけの努力ができれば、より幸せの高みへとたどり着くことが出来、昨日のようなみっともない結末をたどることはなかったはずです。

   平凡な生活を正しく営むことの難しさを感じさせる事件でした。
コメント

韓流恐るべし?

2016-11-28 14:39:56 | 日記
   私は韓国語を継続して学習中です。事実上何の役にも立ちませんが、そこそこのところまで身についてしまった物を完全に捨て去るのももったいないという気持ちです。東亜学院に通い始めた当初は、中国語で受け答えをしなければならないところを、まずは韓国語が浮かんでしまうので、しばらくの間困惑していたくらいです。さすがに現在ではそんなことはなくなりましたが、その分韓国語がやや奥に引っ込んでしまった感があります。

   勉強の主たる時間は中国語に割いているので、必然的に韓国語のために割ける時間は減少し、せいぜい週5日、一回につき30分というところ。その分、実戦練習と称して、ユーチューブであれこれ眺めています。するとどうしても韓国の芸能関係の動画を多く見ることになるのですが、その中で一つ気が付いたことがあります。

   それは、韓国の歌って踊るグループの中には、相当な逸材が埋もれているという事実です。日本のガールズ・グループなどは、あまり突出したものを感じさせる子はいませんが、韓国の場合は少々状況が違うのですね。

   先日、日本が先鞭をつけた芸能人運動会の韓国版を見ていたところ、ガールズ・グループが対抗戦的に代表を出して、新体操を行っていました。ところが、これがかなりの高水準で、失敗するのを見て皆で笑い合うというレベルではないのです。

   本格的な新体操の衣装を身に着けた「選手」たちは、マットに向かって歩いて行く姿からして何かが違います。そしていざ音楽が流れだすと、どの子もちゃんとした「新体操」を演じて見せるではありませんか。バトン・ボール、もちろん何度の高い所では落としたりもしますが、とにかく新体操をやって見せていることに変わりはありません。

   こういうのは日本ではまず見ることのできない光景ですねえ。もちろん運動神経は千差万別で、見た目とてもかわいい子がとんだ鈍足だったりもする訳ですが、それでもここまで質の高い演技を見せるのは、驚きとしか言いようがありません。

   かつてバラエティー番組で韓国人の出演者が、「日本の歌手は高校野球、韓国の歌手は大リーグ級」と発言して日本側から大ブーイングを浴びていましたが、こうした光景を実際に見せつけられると、彼が豪語した理由も一部納得できます。それくらい突出した身体能力を持っている子がさりげなく混ざっているのです。

   しかし、逆に言うなら、こうした身体能力に恵まれた子たちを集めて育成する仕組みがなく、また選手として生活の保障もないからこそ、彼女たちは芸能界に入って行くのだとも言えるでしょう。何かと言えば日本と比較しては威張り腐ったりいじけて見せたりする韓国という国、こうした女の子たちを育成してオリンピックに送り込む機構が存在しないようでは、まだまだ先進国とは言えないかもしれません。  
コメント

三郷MOVIXへ行く

2016-11-27 16:14:14 | 日記


まあどうということはない写真ですが、途中で見かけた光景ということです。この茂みの中にはホームレスが住んでおり、釣竿を立てて晩のおかずを釣ろうとしていました。

   昨日は土曜日。土曜日はなるべくイオン・シネマまで片道km歩いて映画を見に行くことにしているのですが、あいにく昨日は字幕版の時間が合いませんでした。そこで河岸を変えて、三郷MOVIXまで遠征することにしました。

  MOVIXもイオン・シネマ同様、各地に展開していますが、行ったのは昨日が初めてでした。ここへ行くのに最も手っ取り早いのは、外環自動車道沿いに延々歩いていくことです。道中はイオン・シネマに行く時よりはるかに単調でつまらない景色ばかりでした。途中には一帯がかつては田んぼの広がる田園地帯であったことを忍ばせる痕跡として、小さな田んぼがいくつか残っていますが、風情などあったものではありません。都市計画というものの不在はそれほどまでに風景をがさつで命のないものにしてしまいます。

   MOVIXに到着。スマホによれば、距離は3.9㎞。イオン・シネマより100メートル近いことになります。それではならじと、歩行距離を稼ぐために、ジョイフル本田に入ります。私はこういう農機具を始めとして何でも揃っている店に目がありません。そこでフローリングのワックスはがしを見つけたので、後程日を改めて買いに来ることにしました。

   昨日見たのは、「ファンタスティック・ゴーストと魔法使いの旅」というものですが、正直なところ、私の守備範囲に入る映画ではありません。たまたま英語で字幕上映という条件に引っかかったのでこの作品にしたに過ぎません。いつものようにこき下ろすなら、突っ込みどころはあります。

   主人公は狙った相手を瞬時に自分の手元に引き寄せる魔法や、自身を瞬間移動させる能力を持っているのですが、逃げた魔法動物(この名称もおかしなものですが)を捕まえるのにひたすら普通に追いかけたりするので、その矛盾に目が行ってしまいます。もっとおおらかな気持ちで見られる人がとてもうらやましく感じます。

   MOVIX自体は、ショッピング・モールの3階に居候しているイオン・シネマとは違って単独の建物となっており、中も広くて豪華です。しかし、合理的に運営されており、人員はイオン・シネマより少ないように思います。早朝10:00からかつての名画を上映する制度があることも行ってみて初めて知ったので、これからはこちらも大いに利用することになると思います。難点は経路に適当な飲食店が無いことですが、無い物ねだりをしてもしかたがないので、そこはあきらめましょう。以後、MOVIXとイオン・シネマで、かなりの土曜日の午後を有意義に過ごせそうです。
コメント

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-11-25 18:28:53 | 日記



   至って地味な映画ですが、観客動員数は上映される映画館が極めて少数であるにも関わらず、10位に入っています。おかげで上映される映画館も増やされました。このままじわじわと知名度が上がり続けることを期待します。また、まだご覧でない方は、ぜひ一度足をお運びください。人によっては、「君の名は。」に金を払ったことを後悔するかも知れません。 .
コメント

IQかEQか

2016-11-24 14:59:26 | 日記
   東亜学院における授業中の事。IQとEQの話になりました。IQは中国語で智能、EQは商能と言います。S先生は、自分は智能よりも商能の方が高いが、中国人としては商能が低い方だ、と言います。EQは実社会において人と幅広くやっていく能力を指す訳ですが、S先生、ここで予想通り、私に水を向けて来ます。

  「梅沢さんは先生だった人ですが、生徒として望ましいのはIQの高い子ですか?それともEQの高い子ですか?」

   答えは決まっています。学力をつけるために学校に通っているのですから、IQは高い方が良いに決まっています。しかし、人を預かる教師として望ましいのはEQの高い方です。全員EQが高ければ、クラス内でもめ事も無く、楽しい学校生活が保障されるからです。

恐らく社会に出てもEQの低い人間が重用されることは少ないと思います。いくら才能があっても、人間関係が作れなければ干されてしまうということです。私自身はかなりEQが低く、人から誤解を受けがちな人生でしたので、勉強などまるで出来ないのにうまく人間関係を構築していく生徒を見ると、本当にうらやましくなります。

   ところで、S先生の言葉によれば、中国において何よりも要求されるのが、このEQなのだそうです。幅広い人脈を作ることが何よりも必要とされる中国において、EQが低いという事は、致命的な結果を招くようです。何しろ血縁者の呼称一つとっても、日本人では絶対に覚えきれないくらい細かく分かれていて、しかも絶対に間違えてはならない国ですから、幼い頃から人間関係についての意識が高くなるのでしょう。

   EQについて考える時、私の人生の中で忘れることのできない人間がいます。相方ことOSKは、歴代の教え子の中で、ずば抜けてEQの高い子でした。私のクラスにいた一年間は、そこを見込んでクラス経営のかなりの部分を任せていたのですが、卒業後も着々と人脈を広げ、彼女に会うこと自体を楽しみにしていた顧客も沢山いたようです。大学卒業後営業の仕事に就き、大成功を収めたようですが、大勢の不特定多数の人たちを相手にする営業職は、もしかしたら、EQの高い彼女の天職だったと言えたかもしれません。

   彼女のEQの高さは、間違いなく、彼女が中国人であることが大きな要因になっているのでしょう。昔から、中国人とインド人とアラビア人は商売の才能にかけては世界三大民族だと言われています。まあ、その上に世界の金融を握っているユダヤ人がいる訳ですが、中国人が世界で1、2を争うEQを持つ民族であることに変わりはないと思います。

   日本人はこのEQの部分が民族的に欠けているような気がします。だから簡単に韓国人に騙され、中国やロシア相手の交渉事であっさりと負けて帰って来るのでしょう。どうすれば日本人のEQを高めることが出来るのか・・・・。難問ですね。これは日本の教育界において全く考察されることのない課題なのですが、実は長い人生においては偏差値などよりもはるかに重大な問題だと言えます。
コメント