希望屋 ~ren_ka ci=set~



歯間ブラシがすぐ折れる。

ミリロボ考 リアルロボットの非リアル性

2008年11月29日 20時08分34秒 | ▼雑記
ぐっと熱の下がったren.です。
久々に35.8度という、私のほぼ平熱。
あと0.3度がんばって欲しかった(w


さて、ミリタリーロボットの考察の続き。
何で突然こんな話題になったかという理由は、昨日話したとおり。
まあ、特に買い物もしてないので、他に話題がないってのもあるけど(w


前回の〆に「私は兵器ロボット非原理主義」と話しました。
これは、「ロボットという機械は、兵器になり得ない」という考え。

現実的(リアル)なロボッと兵器というと、無人偵察機や無人潜航艇、あとはラジコンロボット。
あと、ちょっと向きは変わりますが、人工衛星や宇宙探査機です。
これはこれでかっこいいのですが、普通想像される"リアル系"ロボットではないでしょう。


「ガンダム」に代表される、スーパー系の人型ロボット兵器。
もし、実在したとしたら確実に、整備士は胃にボコボコと穴が空くでしょう。

兵器の大原則として、「整備・修理が容易」ということがあります。
戦闘機だって一度飛ぶだけで、あちこちに異常が発生します。
関節だらけの人型ロボットが一歩歩くだけで、どれだけの部品が壊れるでしょうか。
特に、銃のトリガーや剣を使用する場合、指にはいくつも関節があり、負担がかかります。
壊れないにしても、何箇所メンテナンスすればいいのでしょうか

こうしたかかる手間は、前線では致命的。
行って、帰ってきて、補給して、再出撃、なんてことは無理でしょう。

部品交換をたやすくするためにユニット化したとします。
複雑な動きを可能にする関節部分や、衝撃に絶える装甲やサスペンション。
もしかしたら、大出力を生むための動力部品も、そっくり交換しなきゃいけない。
使い捨てられる部品のお値段は、ハウ・マッチ(古

人と同じような動きを実現するには、ソフトウェアも必要。
これについては、また別に考察しますが、これにも専門の技師が必要でしょう。
ロボット兵器1台に、何人の整備関係者が必要でしょうか
量産化する際のコストを押さえられたとしても、こうもマンパワーの浪費が多くては、実用化は難しいはずです。

アニメ・マンガ・ゲームの"リアル系"ロボットは、開発や製造過程、技術的説明がなされているものは多いですが、この点を扱っているものはほとんどありません。
ハンガーで整備を受けているシーン自体はよく見ますがね。
なんか、関節のところをいじって火花を出してたり、コックピットに端末をつなげてたり。

「高機動幻想ガンパレード・マーチ」には、整備士というキャラクターカテゴリーがありました。
しかし、その人数はきわめて少なく描写されています。
実際の整備シーンもほとんどありません(小説とかは知りませんが)。
まあ、士魂号が設定的に"リアル"なのかは、「新世紀エヴァンゲリオン」のエヴァシリーズなどと並んで、疑問な点も多いですが(w

最もその点をリアルに描写していたのは「機動警察パトレイバー」でしょうか。
軍用じゃないのですが、まあ、公的組織ですし、戦闘もしたってことで(w
ロボット(レイバー)の大きさと人員的規模が、一目で納得できました。
ちゃんと人員不足についても、話に盛り込まれていましたしね。


とにかく、「動力源は?」とか、「開発の経緯は?」とか、「生産・維持コストは?」とかの設定的要素よりも、こうした「ロボットの運用現場」の描写が、"リアル系"作品の多くで説明不足な場所ではないかと、私は考察します。
ひいては、"リアルなミリタリーロボット"を感じさせるポイントだと思います。


ここまでの考察は、私が触れた作品のみでの話なので、「あの作品はこうだった」とか「その作品はこうなんだ」という点があっても、見逃しておいてくださいな(w

次回は、「実際に兵器としてロボットを運用できたら」を考察します。
コメント (2)

ミリタリーロボット考察 序章

2008年11月28日 21時11分37秒 | ▼雑記
また、ちょっと熱っぽいren.です。
ここしばらく忙しく、生活時間帯がおかしくなってたからなぁ。
今、寝込むことになったら、今度は年またぎになりそう(w


先日買いなおした「エネミーエアフォース エイム・ストライク!(EAFas)」を、ちょいちょいと遊んでいました。
やっぱり、空母への着艦が苦手だー。
3回くらいゴー・アラウンドして、ようやくタイミングが合います。

しかし、このゲームはコンシューマーゲーム機のフライト物の中では、ぴか一のリアルさですね。
さすが、ロッキード社とボーイング社の実機データを使っているだけあります。
日本語音声にすると航空自衛隊っぽい雰囲気。
タイトー的に本当は「戦闘機でGO!」や「空自でGO!」にしたかったんじゃないかしら(w


さて、日本のアニメ・マンガ文化の中で、特に独自的なものは、ロボットモノです。
最近はそうでもないようですが、以前はロボットモノを輸出しても「これはパイロットが強いのではなく、ロボットが強いだけだ」と、ヒーロー文化のアメリカには理解してもらえなかったといいます(参考)。

そんなロボットモノを、ゲーム「スーパーロボット大戦」は大胆に分類。
それがスーパー系リアル系という線引き。
個人的にはあまり好きではない分類方法ではありません。

リアル系と呼ばれるロボットモノは、ロボットが現用兵器のように運用されている作品。
「機動戦士ガンダム」がオーソリティとされていますが、多分元祖は「鉄人28号」。
しかし、ロボット兵器自体が"リアル"ではないわけで、さらには"謎の技術"や"未知の敵"がなんて要素が入ってもまだ"リアル系"を名乗るのは、おこがましいでしょう。
それはすでに"スーパー系"です。

  現用兵器的な生産・運用がされる搭乗型ロボット

これを私は、ミリタリーロボットとジャンル付けします。
「ガンダム」のモビルスーツはもちろん、「装甲騎兵ボトムズ」のアーマードトルーパー、「超時空要塞マクロス」のヴァリアブルファイター、「ガサラキ」のタクティカルアーマー、「フルメタルパニック!」のアームスレイブ、ゲーム「フロントミッション」のヴァンツァー、「ガングリフォン」のHIGH-MACS……そんなイメージですね。


で、「EAFas」をやりながら、「ミリタリーロボットは戦闘機なのか、戦車なのか」ということを考えていたわけです。
やっと話が繋がった!!(w

そういう考察を、今後ちょくちょくやってみようかなと思ってます。
かなり、個人の趣味による偏った考察になるでしょうけれどね。
何せ私は、兵器ロボット非原理主義者ですから。


とりあえず今日は、週末にかけて温かくして寝る(w
コメント

まんが4コマKINGSぱれっと 1月号

2008年11月27日 20時28分08秒 | └4コマ漫画誌
空を飛びたくなったren.です。
いや、危ない意味ではなく、フライトゲームがやりたくなったの(w

ゲームの棚で、持っていたはずの「サイドワインダーV」(PS2/アスミック)を探したのですが、見当たらない……金策した時に、売っちゃったのかなorz
仕方が無いので、近所のディスカウント店で、これをワンコインで買ってきました。

● 「エナジーエアフォース エイムストライク!」 プレイステーション2(2003)タイトー
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5c/8b/39e42aa7d91fb46b1631edb4d4cbe83c.jpg
これも、以前に持ってたんですけど手放してました。
セーブデータはメリーカードの不具合で消えてますがorz

とにかく色々リアルなフライトSIM(フライトSTGではない)。
当時もきれいさに驚きましたが、今でも色褪せませんね。
むしろ「エースコンバット6」より、きれいかも???(言い過ぎw

ぼちぼちのんびりやりましょう。


 ● 「まんがぱれっと」 2009/1月号
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/35/23/035f4b5425f36e19003021c31ef80909.jpg
まとちゃんの背って、ずっとこのままなの?

「ソーダ村のソーダさん」湖西晶
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/78/00/e271bf03d6a9b3908ad8f9ac1a0eadb5.jpg
沙和さん妊娠により、斎田に死にフラグかな。
ここまで赤ラサだと、彼が犯人って事はなさそうだし(w
なお、北海道の家には大抵「灯油タンク」があるので、あまりポリタンクで保存はしません。
アパート住まいとかなら、個人で給油することもあるけど。


「月のイナバと地上の因幡」ZUN/あらたとしひら
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/64/05/e4e82dc8f3a1ff0b2e9aa9b87baffcfa.jpg
エヴァッカニア・ドゥームですか(w
DSの「ケツイ」、発売日近辺に見かけたら買ってたんだけどなぁ。

今回も、話は輝夜と妹紅の間柄について。
殺しあうほど仲がいい?
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/78/77/917c5203b34d9859a63eea9a2f6e660d.jpg
おさんどん妹紅が見られるのは、「ぱれっと」だけ!
なんとなくイメージ的に、サバイバル料理げな気がする(w


「氷室の天地」磨伸映一郎
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3e/cc/f2972be05e5d22cadfab54e11704dad1.jpg
架空のトレーディング・デジタル・カードゲームが題材。
「OK牧場の決闘」で有名な保安官、ワイアット・アープが"英傑"かぁ。
映画のイメージと違って、実情はほとんどヤクザの抗争なんだけどね(w
なお、イラストで手にしているコルト・シングルアクション・アーミー・バントライン・スペシャルは、実際には役立たずの代物だったそうです。
といっても、実在した銃か定かでもないんですけどね。


「保健室のM先生」はやせれく
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/55/30/a2e93a022c59c7b882c1cb323c7f8a07.jpg
コラコラコラ(w


「猫だましっ」きむる
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5b/81/2c64efa3aaa0a1fa650cea01d73ae53b.jpg
どうやらそろそろ最終回っぽいフラグ。


「明日も晴れるYA!」九暮華麗
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/62/0084d38a5c8a9f91fc99ee1c26c50c71.jpg
こちらは次回で最終回。
なんだかこのシーンとアオリでは、死んでしまったようだ(w


「すもも★あんみつ」神堂あらし
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/16/d5/d41db222b115f955fa56b05e0bbe0485.jpg
こちらも次号で最終回。
雑誌創刊からの連載作品ですから、ちょっと寂しいですね。
にしても、まったく龍が成長してません(w


ゲスト読みきり「みずスク」藤鷹
豪華客船のような洋上の学校が舞台という、突飛な話ですが……。
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0c/59/cfe36f0ab7897a7b11a6e6a8aab5faab.jpg
もう、色々とつかみはOKな内容でした(w


新連載「まんが聖マリオン学院」伊福部崇/ピエール☆よしお
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/25/f6/4497f7d27704e5e60bf6efd2fec277a0.jpg
こちらは、元々は声優の山本麻里安さんと榎本温子さんによる企画のようですね。
マンガのほうは、無軌道極まりなくなんとも言えない(w
私が分かるのは、原作者の伊福部崇さんは、わが敬愛する音楽家・伊福部昭氏の甥っ子であり、「伊集院光のUp's(当時)深夜のバカ力」の"電波歌合戦"で活躍した"ポアロ"の片割れである、放送作家の伊福部崇さんである、ということ。


新連載「スターマイン」ストロマ
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/59/9a/2f1852462a9f90a9f2fd54dc4603bb19.jpg
ちょくちょく「ぱれっと」では読み切りを描いていたストロマさんが、ついに連載開始。
1話目からヒロイン10人登場という意欲作?!
おそらく、4コママンガでのヒロイン数ギネスじゃなかろうか(w


先月号に続き、来月も2作が最終回を迎え、大きく作品が入れ替わりそう。
コメント (2)   トラックバック (3)

ケータイ捜査官7(セブン) 第30話

2008年11月26日 19時56分30秒 | ▼映像作品・番組
大変大変、ren.です。
ベルガーがトロ・ロッソを、レッドブルに売却
さらに、同チームのシートにブエミの意向
記事にもありますが、琢磨の復帰が難しくなりましたねぇ……。


第30話 「ネットライブ防衛指令」
視聴者参加イベントも利用された、ギャグ回。
水戸さんや桐原さんが、その影響で微妙にキャラ崩壊?
しかし、某回のようなブーイングは聞こえないんだよねぇ。
まあ、「妬ましい」状態の桐原は、確かに愛らしいけれど(w


ここで取り上げないといけないのは、やはり病気の麻里ちゃん。
見覚えのある笑顔だなぁと思ったら、「ドラマ版ネギま!」宮崎のどか役の、和川未優さん。
やっぱり、素直にかわいらしい娘だなぁ。
パジャマ姿にちょっとドキドキ(w

そのお母さん役は、クノ真季子さん。
「ウルトラマンガイア」の稲森博士ですね。
そういえば、彼女の出世作のゲーム「街」の続編が、まもなく発売ですね。

犯人のハッカー役は、一見分かりませんでしたがダイノジの大地さん。
いつもの姿とあまりに違いましたが、エアギターでバレる(w
ラストのセブンがやっていたエアギターのモーション元は、まさか……。


今回の"島谷バレ"は、今後何かにつながるのかな?
それにしても今日のケイタ、照明の所為かすごく目の下の隈が目立ちました。
お疲れなんでしょうか(w


次回は、過去話として滝本が登場。
ゼロワンも絡んで、なかなかハードな展開がありそう。
コメント

ケータイ捜査官7(セブン) 滝本壮介の事件簿

2008年11月25日 19時45分27秒 | ▼映像作品・番組
ちょいと頭痛気味なren.です。
昨日の疲れが出たのか、夜半に伊集院光のラジオを聴いていたときは起きていられないほど痛みましたが、今はジクジクとした嫌な痛みが残っているだけ。
起きていられないほどじゃないので、この位は気にしなくなっていますがね(w


 ■ 「ケータイ捜査官セブン 滝本壮介の事件簿」 藤咲淳一/徳間ノベルズEdge
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5b/5b/232ba0d100d096ba902b8380c935f001.jpg
小説本ですが、カテゴリーは「テレビドラマ>ケータイ捜査官セブン」で。

テレビドラマ以前の、滝本の活躍を描く小説。
なので、ケイタは登場しません。
その他のアンダーアンカー関係者などは、全員登場します。

ストーリーは、第1話に登場した重機の製造メーカー(多分)を巡る、ハイテク犯罪と、人情物語。
そして、テレビでは明かされていない情報が満載。

セブンに対する滝本の心境。
滝本の人格形成が成された少年時代。
滝本と美作の恋人としての関係。
滝本の前職と、志村刑事との繋がり。
桐原の前職と、ネットを憎む理由。
なんと、ゼロワンの"3人のバディ"の詳細まで分かります。
さらには、テレビに登場していない×××××や×××××まで登場。

また、あとがきには、このドラマが「大人向け」として作っていることが明言。
小説からも伝わってくるようにたぶんに子供番組の要素を含みながらも、大人の視聴に耐えうる作品を作る気苦労と、それにも増した情熱を感じる一篇となっています。
まさに、「大人が本気で遊んだ」というキャッチコピーは的確。

読めばさらに、「ケータイ捜査官セブン」が理解できる一冊でした。
番組ファンは必携、必見間違いなし。
そうじゃない方も、ここから作品に入門も可能なつくりです。

帯には……
 滝沢壮介役 津田寛治さん大激賞!!
 「この滝本が演りたい!いや、演る!」
……ファンとしてもぜひ、観たいところですよね。
コメント

限定版 ヤッターマン

2008年11月24日 21時07分29秒 | ▼映像作品・番組
ren.です。本当はRenkaです。スコアネームです。

本日、バイクを冬季保管に届けてきました。

  徒歩でバイクを押して3.5km先のバイク屋に

エンジンがかからなくて、セルを回してるうちにバッテリー切れたのorz
こんなことなら、ガソリン満タンにしておかなきゃ良かった。
なんと言うか、病み上が……ってないのに、いい運動でしたわ。
たぶん明日以降に動けなくなると思う(w


限定版 「今夜限りのドロンボーvsドロンボー!
 生瀬・ ケンコバ・深キョンにあのヒーローも登場SPだコロン!」
1時間SPでした。
ほとんど内容はなかったけど、むちゃくちゃ面白かったですね(w

基本的に、来春の映画版「ヤッターマン」とのタイアップ企画。
実写ドロンボーの3人が、思いのほか声の演技がうまかったですね。
まあ、ボヤッキー役の生瀬さんは、その昔SNKの格闘ゲームで多くのキャラの声を当てた方ですから、心配はしていませんでしたが。
でも、ジョーともギースとも思えない演技だったなぁ(w

もうひとつのネタは「24」のジャック・バウアー。
キャラの名前はチャック・パウアーになってましたが、声もジャックと同じく小山力也さんでしたし、キャラクターの行動パターンやしゃべり方まで完コピー。
しかも、事あるごとに「ジャック・バウアーの歌」を歌ってましたし、本当に怒られるぞ(w
「俺の中のテロリストが暴れている」は、今度、実生活で使おうと思う。


パロディだけでなく、「ヤッターマン」的なネタも豊富。

さすがに3台にもなると、ヤッターマンメカの出動が選択性になりましたね。
折りしも、旧作と同じくヤッターアンコウ登場後。
方法も、当時と同じく、オモッチャマによるランダムダイス。
でも、旧作ではヤッターワンからヤッターキングへの移行期でしたよね。

ドロンボーメカには、旧作の初代メカ・ダイドコロンがリメイク。
実は、OAV「ヤッターマン王道復古」にも登場してましたが。
そして、それぞれのパーツを現代風にしたのが、実写組のメカな訳ですね。
そうかぁ……いまどきの子は「台所」って語句が分からないのか……本当?

ところで、今回のドロンボー一味の"インチキ商売"。
アレって、ある意味"インチキ"はしてないよね(w

先週に引き続き、"ささやきアナウンサー"こと笹川ひろし総監督が登場。
しかも、なんと生声での特別出演?!
いやぁ、涙が出ました。
旧作を知らない人は置いてきぼりでしょうが(w


それ以外の小ネタ。

ドロンジョ様の「放送も少ないねぇ」発言。
うわぁ、そこでメタ発言かぁ(w
でも、こんな記事が最近ありましたしね。
放送局が理由をつけてファンを裏切っちゃいけませんがな。

実写ボヤッキーの「殺っておしまい」。
その漢字当てるんだ(w
あ、そういえば、その少し前のシーンには三池監督の姿も。
「ケータイ捜査官セブン」といい、今、私的に旬な監督だなぁ(w
声は別の方でしたが、三池監督本人は本当に「どうぶつの森」で声優やってます。

プレゼント合戦のサイン。
うわぁっ!絶対、元祖ドロンボーのサインの方が人気あるだろ!!
ちゃんと小原さん、八奈見さん、たてかべさんの名前も入ってるし。
ゲームなんて、普通に買える物より、こっちの方が絶対に大価値。

あと細かいところで、NHKの武田真一アナがパロされてましたね。
コメント   トラックバック (3)

ダブルクロス・リプレイ エクソダス2

2008年11月22日 19時11分37秒 | └TRPGリプレイ

道の具合にやきもきするren.です。
先日の雪が融けてきたので、頃合を見計らってバイクを保管してきたいのですがね。
できればこの連休中に持って行きたいのだけれど。

バイクといえば、ニコ動にまた「RS」の動画をアップしました。
画質のテストも兼ねているのですが……いまいちだねぇ(w
うーむ、画質とファイル容量が両立できる方法はないものか。
やっぱりWMエンコーダじゃ限界があるのかな?


 ■ 「ダブルクロス・リプレイ エクソダス 2・愛しきプレシャスタイム」 
              伊藤和幸/F.E.A.R. /富士見ドラゴンブック
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/49/a1/9dc32fd10ec911a626b3eef2a046193f.jpg
表紙にも登場のアイヴィ。
イラストの、しのさんがPLを担当しているためか、今回も口絵で顔が崩れてます(w
挿絵のデフォルメ真也&エミリアもかわいい。
「エクソダス」でちょっと、芸風が変わった?

ここから内容について、大きなネタバレがあります。
読んでいない方は、絶対にここから先を読まないでください。
これは、著者の伊藤さんも作中で再三、警告しています。
今回、先入観無しに読んだ方が、絶対に得(?)をします。








  まもなく、ネタバレゾーン









ここから内容について触れます。
ネタバレ派の方は、自己責任でお読みください。


いやー……PCでジャーム化キャラが出ましたね。
「オリジン」3巻で、春日令央がジャーム化してますが、今回は主人公の真也が、ってんだから驚いた。
せっかく古代種の解決方法と、母親が登場したというのに。
GMは予定が狂って大変だなぁ(w

正直な話、「エクソダス」1巻を読んだ時は、DX2リプレイとして一見目先が違っていますが、結局、今までのリプレイと大差ない異能力アクション物だという印象でした。
確かに毎回、新しい遊び方を提示してはいましたが、大きな驚きはありませんでした。

それが今回、ある意味タブーである主人公のジャーム化が、公式リプレイに登場。
ルール的にはジャーム化したら、以降はNPCな訳ですが、この本が最終巻ではない。
ということは、何か解決法が提示されてしまうのでしょうか。
それをやってしまうのは、プレイの枷を無くしてしまう事に違いありませんが。

実際、ファンタジーTRPGの多くには、生き返らせの手段が多くあります。
そのためか、最近は死に対しての緊張感が希薄なリプレイが多い気がします。
SWリプレイでは結構、PCに死人が出ていますが、死亡判定失敗のショックは大きくても、結局その後、高位プリーストによって生き返らされて「逆キルマーク」が持ちネタになってしまうくらいのエピソード。

DX2では、死以上にジャーム化はショッキングなファクターなだけに、今後が気になります。
まあ、どうやら「エクソダス」終了後には、いよいよ「DX3」が登場するようですから、そこに関しての布石になるのかもしれませんけれどね。
ジャーム化には対処法は見つかっても、さらに厄介な危険が見つかるとか。
まあ、それだと乱暴で驚きのない展開ですけれど(w

もう、エミリアのラブラブとか、ピクシーがスパイだったとか、真也の母親がナイスなキャラだとか、マスターファントムの撃退とか、そういうのも全部、頭から吹っ飛んでしまったこの事件。
期待と不安を胸に、次巻を楽しみにするとしましょう。

コメント (5)

ケータイ捜査官7(セブン) 第29話

2008年11月21日 20時12分25秒 | ▼映像作品・番組
足が完璧にいかれたren.です。
筋肉痛がきわまって、階段を上るも下りるも大激痛。
あまりの痛みと、自分の姿の滑稽さに、泣き笑い。


ニコ動に、画質のテストとして「RS」の動画をアップしました。
ふうむ、これなら字も読める程度のきれいさだけど、容量がかさむなぁ。
リプレイ動画は従来の画質で上げましたが……こりゃひどい(w


さて、2日遅れですが、「ケータイ捜査官セブン」のレビューです。

第29話 「発進!ソリッド」
ゲストは大沢樹生
「光GENJI」以来のローラースケートが観られました(w
私が彼の姿を見たのは「アストロ球団」以来かな。
あのドラマには、今をときめく上地雄輔も出演していました。

大沢さん演ずる、白カラス。
逃走の途中で、ロジウムはどこかに捨てたんでしょうか?
1kg、3千万円かぁ……どこに落ちてるんだろう(を

▼ケイタのエージェントとしての成長
当初はタイピングもままならず、捜査も警察任せという態度だったケイタ。
それがぱきぱきと入力作業をこなし、自ら任務を了承するように。
そりゃ、美作さんの口もほころぶというものです(w

今回、フィーチャリングされたハイテク犯罪は、裏サイト。
この手のサイトって、よくニュースになりますが、こういう場所の利用者は、どういうところで、その存在とアクセスの仕方を知るんでしょうかね。
私は8年以上ネットにつなげていますが、その尻尾すら見たことがありません。

▼ソリッド、登場
映画「エイリアン2」のパワーローダーを髣髴とさせるソリッド。
クリスマス仕様選に向けた、新玩具の登場(w
高速移動とRCIS以外の使い方が、まだ分かりませんが、今後に期待。

デュアルブーストなる、ブーストフォン2台付け。
今回も、手作業による合体(w
組み立てに戸惑うセブンが、なかなかにかわいかった。
ゼロワンだったら、もっとかっこよく合体させられたんだろうか?

▼警察バレ
ついに志村刑事にばれた、ケイタのエージェントとしての顔。
この展開は予想していたこととはいえ、今回に起きるとは。
ケイタのエージェントへの気持ちもはっきりとし、名シーンでした。
アンカー外の大人の理解者というのは、大きな存在ですね。

それにしても、勝野洋さん……というか、テキサス。
走れなくなったなぁ(w
最後のシーン、ほえるべき太陽は、夕日ではなく朝日でしたね。


どうやらそろそろ、撮影もクランクアップだそうです。
途中、何度も放送が休みの日があったからか、早く感じます。
ということは、前何話なんだろう?
コメント (2)   トラックバック (1)

魔法先生ネギま! 24巻

2008年11月20日 21時37分51秒 | └ネギま!
猛烈な筋肉痛で足がビッシビシなren.です。
2日前にちょっと歩いたので、その所為か……。
一日飛びで来るとは、やはりもう、いい年なんだなぁorz

と思ったのですが、どうやら原因は今日の朝方。
探し物でしゃがんだ体制をしばらくしていたのが悪かったらしい。
もっとダメだ!(w


なお結局、雪は朝までに10cm以上積もりましたorz
札幌市内でもところにより、20cm以上積もったようです。
九州でも初雪が降ったといいますし、いよいよ本格的に冬ですなぁ。



 ● 「魔法先生ネギま! 24巻」 赤松 健 講談社/マガジンKC
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3d/36/a2e8e0d5e28829546973749761c534cc.jpg
えー……今回も、決定的な話の展開は無しですね。
・ネギ、強くなったよ。
・仲間はあらかた集結しつつあるよ。
ってなところでしょうか。

正直、ちょっと間延び感を感じる、ここ数巻。
次の巻では動きがありそうですけれど。

コタの出番も、数コマだしなぁ(を
小太郎派の私は正直な話、ネギは天才肌過ぎて好きなキャラではありません。
おこちゃまが売りとはいえ、長いこと成長がありませんでしたし。


それがここに来て、闇の魔法に手を出したことで、そこが崩れつつあります。
どんどん"悪く"なっていくネギに、すこぶる魅力を感じますね。


以前、小太郎が「バカさが足りない」という表現を使っていましたが、なるほど、子供っぽさや天才肌といった"陽"よりも、鬱屈した苦悩やあせり、慢心、憤懣といった"陰"の要素が、ネギというキャラの魅力を一変させたようです。

ラカンの言う「小利口なバカが嵌る罠」「(闇が)お前向き」って言うのも、
強さがどうということより、キャラの立ち方について話していたともとれそうです。
さすが、"キャラ立ちしているキャラ"(と書いて"バカ"と言う)(w

個人的に、今後ネギにはどんどん、悪い子になっていって欲しいと思います。



………………。

いや、「それは単なる"萌えポインツ"だ」と言われたら、高説もそこまでだけど(w


あ、そうそう。
「ネギま!」といえば、江戸君のところでも情報公開されたので、こちらでも紹介。

■ 魔法いいんちょ。<成年向け>
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/10/46/6461a394ea0f53ebd043a7598693243f.jpg
平たく言えば、エロ同人誌
550円(税別)だそうです。
もちろん、未成年の購入はご遠慮ください。

衛藤君の描く、いいんちょを中心としたアリアドネー組で百合マンガがメイン。
なかなか濃いですよぉ。
私も3+1ページほど、百合イラストを描かせてもらってます。
ペンから、ショタが描けない苦しみを感じ取っていただければ幸い(w

取り扱いなど詳しくは、江戸君のブログをご覧ください。
近日、サークルサイトのほうにも情報をアップしておきます。
コメント   トラックバック (1)

深夜のお客さん

2008年11月20日 03時54分06秒 | ▼雑記
おばんです、ren.です。

深夜に作業中、窓を叩く音がしました。
誰かな?

窓を開けてみると……



  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5a/a6/1b3491ae3d089479d72f40d396f54488.jpg
「どーもー、大雪で~す」

  ぎゃあああぁぁぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁぁぁ!!!??!!

ま、まだバイクを冬季保管に持っていってないのにぃっ!

  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/75/cc/1f0f9333c0a5f50c980adf6933ef4b42.jpg
畜生!いい顔してやがるっ!
この白い悪魔!ガンダム!




疲れに任せて、なにやってんだか(w


この時期特有のさらさらな雪ですが、適度に湿ってて固めやすいです。
歩いたら「ぎゅっ、ぎゅっ」と音を立てる、真冬の雪。

ぶっちゃけ、素手でやってたら、指がもげそうに痛くなりました(w
コメント (4)

不在届け

2008年11月19日 20時53分33秒 | ▼雑記
毎度、ren.です。

「ケータイ捜査官セブン」と「ネギま!24巻」のレビューは、明日以降。
コメント

今日のここんとうざい

2008年11月18日 19時18分48秒 | ▼マンガ・本
毎度様です、ren.です。
時間がちょっとあるので、ミニ更新。


古今東西、イェ~イ。

1巻以降、続巻の出ない作者

イェ~イ。

★ ナントカ
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/59/4c/1055c47fea67ce14f40371327600ec2a.jpg https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/71/8e/8ca7d704b0abd81753284266867a2ba4.jpg
どちらも、とうの昔に連載終了済み。
新説 ファンタジー絵巻」は、この1巻でも未収録回多数。


★ 関根亮子
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7c/02/55296fa4225e8fe3b79cf4b73f6db974.jpg https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/47/b7/5aaff2c13e121a39f51d9c473728500b.jpg
どちらも連載ストップ中。
さらに「819びーんず」は不定期連載作品。
関根さんの本は、「子連れ☆おおがみ」は、先週3巻が発売。


☆ 太田虎一郎
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/54/da/f8165896aa30de138a3b195ea4ed3792.jpg
「宇宙の法則 世界の基本」の方が全巻刊行されたのは奇跡。
ニンテンドーDSの「オレのせんとうき」が最新作品になるのかな。


☆ 新条るる
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/57/96/11fb43ef9a0b6d3f1f26276a0394a38c.jpg
こちらは2巻まで刊行されて、ストップ。
「漫画ばんがいち」での「Punvh drunk Love」が、現在唯一確認される連載?


☆ 中島沙帆子
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/13/b9/f39feb3a498e1a26165a68c7699393cb.jpg
こちらも2巻まで刊行されているが、出たのは03年11/17と、丁度5年前。
すでに連載は終了済み。
某・万華鏡サイトの漫画は、こちらも丁度1年前の11/18からストップしている。
何の因果だろうか(w
現在連載中の「シュレディンガーの妻は元気か」は、この夏に1巻が刊行。
2巻の刊行が危ぶまれる(を


これらは手元にあるモノだけで、氷山の一角。
4コマ漫画って、不遇なのかも。
特にきらら系が多いのかな。
コメント (2)

不在届け

2008年11月17日 19時29分51秒 | ▼雑記
どうもさんです、ren.でございます。

数日、いろいろと忙しいため、まともに更新ができません。
とりあえずその報告だけ~。
コメント (2)

今日のいろいろざっき

2008年11月15日 20時08分05秒 | ▼雑記
1日寝ていました、ren.です。
ある程度熱は下がりましたよ。
病院に行こうにも、診察料が払えないので、自力治癒ですよ。

寝ていると、ついつい余計なことを考えがち。
しかも、大体そういう時はネガティブなことばかり考えるもので。
悩み事、腹立たしい出来事、嫌な記憶……余計熱が上がる(w
考えれば考えるほど、ネガティブ思考の深遠に落ちていき、結論もまたネガティブ。

まあ、私の場合、沈み込めば沈み込むほど吹っ切りも速い性質。
ネガティブ分だけポジティブに跳ね上がるはずなんで、今は落ち込んでおこう。
単に自棄になってるとも言いますが(w


…………。
さて、話題がないぞ(を

あ、そうそう。
昨日紹介した「THE ダブルシューティング」の「レイクライシス」。
ふと思い出して、本棚を探してみたら、これが出てきました。

● 「レイクライシス 公式パーフェクトプログラム」 高橋書店
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/51/38/4d71b979983450480a146c0e83c7e445.jpg
そう、これはあの"手帳の高橋"の高橋書店からの刊行。
その所為か、すごく紙質がいい
なぜかこの時期、この会社から、「Gダライアス」と「サイキックフォース2012」、そしてこの「レイクライシス」と、タイトーの攻略本がいくつか出ていました。

調べてみたところ、他にも「幻想水滸伝」のガイドブック、そしてなんと「久遠の絆」「美少女花札紀行みちのく秘湯恋物語」「風雨来記」といったフォグ作品の画集なんかも出ていたようです。
今の同社のイメージからは想像できないなぁ(w

毎年末、面白いCMを打ってくる高橋書店。
そろそろ今年も始まるかな?


本のほうは、ちょっと攻略記事は分かりづらい。
しかし、STGの攻略本なんてなかなか出ませんからね。
ファンとしては押さえるしかないわけで(w
最近は、攻略本の出るSTG自体が無いものなぁ。

開発者インタビューで、レイシリーズ3部作の係わり合いや、X-Ray(「レイフォースの自機)に登場したF04(OPに登場の女性パイロット)が、コン・ヒューマンに接続されたクローンのさらにクローンであることが肯定されています。

レイフォースのビデオドラマによると、母星破壊後に遠い星へと漂着したF04。
彼女のその後は、どうなっているのでしょうかね。
コメント

今日のかいものざっき

2008年11月14日 20時19分43秒 | ▼ビデオゲーム
また昨晩から熱が37度まで上がっちゃったren.です。
辛い。


昨日、床屋や本屋に行ったついでに、ゲームのワゴンを漁ってきました。
ジャンク品なので、先ほど検品がてら数回プレイ。

● 「motoGP」 プレイステーション2(2000) ナムコ
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/55/c8/800d44a96e3b0eaffe7b509f840b5b1a.jpg
傷物300円。

私が「グランツーリスモ」以来、映像にショックを覚えたゲーム。
空撮にヘリのローター音が付いただけでも驚けた時代でした(w
ゲーム自体の完成度も高く、当時楽しんだのですが、引越しのどたばたで借りパクされたソフト(w

前述通り、ディスクに大きな傷が気になったのですが、実際にシーズンプレイで遊ぶと……
…………エンディングムービーでバグった
また、重要な場所に傷が入ってたもんだ(w

ダメ元で歯磨きペーストを付けて満遍なく磨いてみました。
傷が目立たなくなるくらい全体的に細かく傷をつける。
ディスクメディアってのは意外に厚みがありますし、小さな傷なら読み取れる。
で、もう一度遊んでみたところ、問題なくエンディングも読み込み成功。
良し良し。

というわけで、隠しキャラのクロノアと、「バリバリ伝説」の郡も出現。
故人となってしまったノリックの後ろ髪を見つつ、走っていました。

しかし……

今、遊んでみると、ちょっと物足りない。
何かあるとすぐにコケる、吹っ飛ぶ「RS」に慣れてしまったからかな。
確かにきれいですが、「RS」だって、けっしてグラフィックが汚いわけじゃないし。
GPマシンより、市販車の方が感情移入できるってのもあるかな。


● 「SIMPLE1500 Vol.75 THE ダブルシューティング」
              プレイステーション(2001) D3パブリッシャー/タイトー
  https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/43/2a/b024c88e1793eb73bb813a5b57deac41.jpg
100円。
タイトーの名作STG「レイストーム」と「レイクライシス」の2本が収録されています。
まあ、両方とも発売した頃に買ってるんですけどね(w
レイクラも借りパクされたのよorz

レイクラ収録のポケステ用ゲーム「ポケットレイ」もそのまま。
しかし、残っていた昔のタイトー版ソフトのセーブデータは、どちらのゲームも使えませんでした。
結構遊びこんだデータだったので、残念。

レイストの方は、アレンジ音楽"ノイ・タンツ・リミックス"は収録されてないんですね。
エクストラモードがあるだけに、残念。
しまった、うっかり旧レイストのデータ、消しちゃったorz
まあ、オリジナル曲も好きだからいいですけれど。
やっぱりTAMAYOさんの音楽はいいね。

でも実は、レイシリーズで一番好きなのは「レイフォース」なんだけどね。
やっぱりポリゴンSTGは、いまいち挙動と当たり判定が気に入らない。
コメント (5)