THEお姉チャンポン、買ってきた

2006年06月30日 00時37分44秒 | ▼ビデオゲーム

風邪の余波なのか、肩から背中にかけて猛烈に痛いren.です。


さぁ、「SIMPLE2000 THEお姉チャンポン」、買ってまいりました。
買いに行ったY電機が、なぜか営業日なのに開店しなかったり、ビデオレンタル店Gの駐車場で、撥ねられそうになったりというトラブルもありましたが(w

パッケージを開いてみると……あ!説明書がぺらぺらじゃない!!(w 長くこのシリーズをやっているものとしては、ちょっとうれしく感じてしまいましたが、キャラが増えたり、説明することが増えましたから、今までの形じゃ書き切れなかったんでしょうね。

とりあえず、オープニングでやられました。スペシャルムービーが、そのままオープニングだったのね。クリアな画面で観ると……うん、俺はかなり好み。歌で洗脳されそうだけど(w

前作「THEお姉チャンバラ2」のセーブデータがあれば、パラメータ、コスチューム、クエストの結果は引き継がれます。「THEお姉チャンバラ」はやりこんで、全てのクエストを埋めたんだけど、姉チャン2はほとんど埋めていないんで、これでやりこむことにしましょうか。

また、「THE戦娘(ナデシコ)」のセーブデータがあると、そのプレイヤーキャラである、機装守護少女が最初から使用できます。無くても、ゲームを進めていけば使用可能になるはずですけど。

とりあえず、姉ポンで追加された、双葉姉妹ルートをやってみました。
前作「THEお姉チャンプルゥ」は、映画の撮影だったということになっていますね。まあ、私としては、アレはアレでよかったと思いますけれど。

まず、前作と変わったと感じさせるのは、銃弾弾き。姉チャン・プルゥと違い、当たり判定がつらかった姉チャン2でしたが、姉ポンでは結構弾けます。ただ、刀攻撃の正面のみのようで、姉チャン・プルゥのように、蹴りでガンガン銃弾を弾くという、超人めいたことは出来なくなってます(w

あと、比較的Coolコンボが出やすくなっている気がします。これと狂乱艶舞刃は、このゲームをいっそう楽しく遊ぶために必須ですから、うれしい改良だと思います。

にしても……双葉姉妹ルートだと、ずーっと理保の歌が流れているのが、なかなかに脱力です(w 俺は好きだけど。
ステージ最初のモノローグは、気を抜くと「ふしぎ星のふたご姫」のレインの声に聞こえてきますけど。

ただ、ステージ2で音楽がバグってループしてしまう現象が、多く報告されています。私もなりました。
こういう詰めの甘さも、SIMPLEっちゃあSIMPLE(w

「こんなに出来るなら、姉チャン2のときに、やっておけよ」というくらいのサービス充実っぷりですが、考えてみれば、姉チャン2と姉ポンを合わせても、フルプライスの有名ゲームよりも安いんですよねぇ。
ぶっちゃけ、遊ぶ充実感としては、某先史中国乱闘ゲームや、某空中ロボットアクションゲーム(どれだw)並ですから、お得ですよね。


今夜は、風邪でおしていた仕事をするので、この程度しか出来ませんでしたが、また今後何かあったら、レビューを続けましょう。
時間が無いので、落書きはまた今度。

コメント

やはり時代は女装か?

2006年06月29日 06時41分22秒 | ▼マンガ・本
ちょえす、ren.です。
まだ体調は芳しくありません。というか。むしろつらい?(半疑問系


そんな体調の中、昨日は仕事の打ち合わせがあったので、久々に駅周辺を散策しました。つまりは買い物です。

●「WORKING!! 2巻」 高津カリノ スクウェアエニックス/YGコミックス
衛藤氏に薦められて買った1巻ではまったこの漫画。
ちょうど身近に、ファミレスで働いているやつがいるので、読ませてみたところ……

「日本刀より、エアガン持込みたいわ」

……ファミレスで働くって大変なようですよ(w

●「ハヤテのごとく! 7巻」 畑 健二郎 小学館/少年サンデーコミックス
こちらも、衛藤氏に薦められて買い始めたもの。マイナー嗜好の私に、メジャー作品を教えてくれるのは、彼だけなのです(w
まず、帯で隠されてしまっているナギに涙(w 次に、帯のまったく褒めているように見えない、読者コメントに苦笑。

ところで、このどちらにも女装ネタがあるのですが……。先日の「アニマル横町」といい、昨今の漫画・アニメでの女装っ子キャラの台頭は、やはり流行なのだと理解しました。ほんとに多いよね、女装モノ。


そういえば、数年ぶりに入った「ゲーマーズ」。何気なくここで本を買ったのですが、購買特典がついてましたよ。どちらもポストカード。



さて、今日は「SIMPLE2000 THEお姉チャンポン」の発売日。体調不良をおして、買ってまいりますよ(w
コメント   トラックバック (1)

体温ですにゃ

2006年06月27日 19時45分56秒 | ▼雑記
超A(ちょえ~っす)。ren.っす。
うわっ、この挨拶使ったの、2年ぶりくらいだ(w

風邪で倒れております。

私は平熱が低く、普段35.7度が平熱です。それが、現在37.0度まで上がっていまして……。

頭痛いわ、寒気はするわ、関節は痛いわ、鼻水は出るわ、吐き気はするわ、動悸はするわ……。

成人の平均的な平熱が36.5度といいますから、それに対比すると、37.8度ということになりますね。わぉ。

どうりで、ここ2週間くらい、タバコが美味くないはずだ(を うぅ……ツラス。

明日までに治したいので、今日はこのくらいで。
コメント   トラックバック (1)

無口キャラ萌え?

2006年06月26日 21時32分52秒 | └氏家ト全

蝦夷梅雨の合間くらいしか、バイクに乗れない今日このごろ。いかがお過ごしでしょうか。ren.です。
九州の大雨は、ひどいことになっているようですから、このくらいの天気で文句は言っちゃいけませんな。


さて、そんなわけでバイクを転がし買い物に。近所に本屋がないと大変だわ。

●「アニマル横町 7巻」 前川 涼 集英社/りぼんコミックス
少女漫画は、アニメ化されると原作が劣化する……というジンクスがありますが、なんとなくそれも頷けてしまったりします(w まあ、慣れないメディアミックスで、原作者が戸惑ってしまうのかもしれませんが。

ともあれ、今回も「変身忍者白影」や「アミバ」など、30歳以上限定なネタが入っているのは変わっていません。つか、白影は40歳にも届くんじゃないだろか。本当に、作者の年齢を疑ってしまいます(自分のことを棚にあげるren.)。

長編のためにテコ入れされたキャラ、タケル君。
はい、当然のごとく揺らいだバカがここにいます(w アミの想像の中では女装していたりするし……なんだ?やっぱり女装っ子ネタは、今のトレンドなのか?

●女子大生家庭教師 濱中アイ 6巻(終)」 氏家ト全 講談社/マガジンKC
本当に氏家さんは絵が上手くなりましたねぇ。
「妹は思春期」の初めの頃なんか「エロギャグだけでデビューしたのか?」と、失礼ながら思ってしまったくらいでしたから。いまいちキャラの描き分けが出来ていない「妹」に比べると、「濱中」はどのキャラも立ってますよね。どちらも、大半のキャラの苗字が野球選手なのは、変わんないのですけれど。

それにしても、高校卒業とともに連載終了となったのはいいのですが、その終盤において登場した、アヤナにラブレターを出した後輩の女の子、トガワ ユキ(4コマのメアドから判明)。これは登場が遅いでしょうっ!。使い捨てるにはもったいないっ!

ユキちゃんにタケル君


さて、初見でツボに入ってしまった2人ですが、共通点としては「眠たげな瞳」「しゃべり下手/無口」「病弱っぽい」「挙動不審」……ここに来て、自分の萌えポインツに気づいてみたりする(w

コメント

生きてこそ

2006年06月24日 18時17分35秒 | └映像ソフト
どーも。「超星艦隊セイザーX」の最終回で、寂しくも爽やかな気分のren.です。
ゴルドさんの号泣にもらい泣き。

Amazonから「甲虫王者ムシキング~森の民の伝説~」のDVDが届きました。

まとめて注文していたため、15~17巻一気に。

放送終了したのは、すでに3ヶ月前になるんですねぇ。1年間、本当に面白かった。
DVD購入を決意するほどアニメにハマったのは、本当に久々でした。

子供向けカードゲームのメディア化とは思えないほど、ハードなお話でした。ただのバトルモノかと思ったら、ハードSFだったとは。

まあ、それを置いておいても、ポポ君には、ぞっこんラブになりました。そりゃ骨抜きなほどに。邪まな想いがほとばしるほどに(w

ポポセイザー

他のキャラも皆よかった。

特にパサーのかっこよさ。ネット上でも、彼が登場すると実況スレがパンクするという現象が起こっていましたっけ。
個人的にもパサポポを推す(w

ソーマの立ち居地が、最後まで中途半端だったのが残念でしたけれど、彼の葛藤は物語に深みを与えていたと思います。ヘタレの称号を晴らす機会は欲しかったですが(w

後半ヒロインが、パムからセランにすっかり移ってしまったのも驚きでした。まあ、パムの秘密がわかった段階で、いわば「パム篇」が終わってしまったので、「森の守護者篇」をまとめるためには、必然として仕方がないのでしょうけれど。
にしても、セランはエロかったね(w

それにしても、キャラグッズが、まったくといって出なかったのは哀しかった。小学館のテレビ絵本くらいかな。「ムシキング」のグッズは多かったんですけれどねぇ。

最近、カードゲームの「ムシキング」では、新キャラのピピなる女の子が登場したようです。
お兄ちゃん、そんな子と付き合うのは許しませんよッ!(w
コメント (6)

1ヶ月目

2006年06月24日 01時13分55秒 | ▼雑記
はいどーもぉ、ren.でーす。
えぇえぇ、朝方のブラジル戦を観たあと不貞寝してましたよ。正直、勝てるとは微塵も思っていませんでしたけれど、事実として「敗北」の二文字を突きつけられると、やっぱり凹むわぁ。
ま、今後は世界の強豪の試合に集中できる、というのも正直な気持ちですが。

起きてからは、気を取り直すために、どうでしょうDVDを通常・コメンタリーと連続で視聴しておりました。色々と知らないことがあって、目からうろこ。


さて、今日でこのブログを立ち上げてから、ちょうど1ヶ月。気まぐれ更新ながらも、外部リンクしてもらえたり、若干ですがpvも上がっています。検索でも、上位に引っかかるようになりました。

駄文駄画極まるブログに、本当にありがとうございます。

今後とも、何も変わらないでしょうが(w よろしくお願いいたします。
コメント

水曜どうでしょう

2006年06月22日 18時36分44秒 | └ネギま!絵
昨夜は大雨とともに雷が長く続き、電気を消して稲光を浴びていたren.です。雷光と雷鳴って、大好きなんですよね。

さて、今日は雨の中、傘をさしてローソンに行って来ました。目的はこちら。

水曜どうでしょうDVD
ヨーロッパ21カ国完全制覇

水曜どうでしょう」といえば、北海道発で全国に伝播、大人気となって、ローカルテレビ番組。今ではドラマや映画、声優として人気の大泉洋が、人々の目に大きく触れるきっかけとなった、金字塔です。

その中でも「ヨーロッパ21カ国完全制覇」は、道内での人気を確実なものにした企画でしょう。10日間でヨーロッパ諸国21カ国を、レンタカーで周りきろう、という無謀な企画。
当時、私もその珍道中を、テレビの前で釘付けになって観ていたひとりです。

鈴井さんの「UKにゆけぇ!」から始まり、ベルギーワッフル、アルプスの少女ハイジ、プーさんの壮絶な人生、モナコ公国大紹介……見所のなんと多いことか。

今でも再編集版の「どうでしょうクラシック」が、毎週放送されているこの番組。
作る方も出ている方も、そして観ている方も「一生どうでしょうします」と、公言できる魅力にあふれています。未見の方は、ぜひ。

今回でDVD全集も7本目です。
もちろん私も、貧乏ながらにやりくりして、全巻買ってかってますよ(w だって、「人間の夢の跡だなッ」や「鹿でした~ぁ」、そして感動のラストランを、手元に置いておきたいじゃないですか。

そして、これもね↓

コタ泉にネギ井さん
コメント

カラオケ行 地獄巡り

2006年06月21日 20時45分49秒 | ▼雑記
昨日、知人とカラオケに行ってきました。

私は歌うことは好きなほうです。お察しのとおり、レパートリーの大半はアニメソングですけれど。

幼少の頃にエレクトーンをしていたためか、音感にはそれなりに自信があります。
好きで耳にする歌なら、歌真似も交えて歌えます。

とりあえずカラオケボックスに着いたら、歌本の新譜チェック。
お、「.hack//Roots」に「ゼーガペイン」が入ってる。「ウルトラマンメビウス」もあるな。

そんな感じで、始めのうちは、最近覚えた曲をたどたどしく歌ったりしていますが、1時間もすれば自然と、各々の持ち歌披露となっていくわけです。

アニソンって、どうしても女性ボーカル曲が多いんですよね。なので、男声で歌えるものとなると、結構少ない。
とりあえず、ハピマテは歌っておきましたけど(w

それでつい歌ってしまうのは、影山ヒロノブ。私は地声が高い方なので、歌うには歌えるのですが、やはり数曲もすれば、喉のダメージが凄いことに。
毎度カラオケのあとは、会話もままならないような声になってしまっています。

さらに昨日は、頭痛が再発してしまい、帰ってきてから寝込むことに。健康って大切だーね。


さて、衛藤氏のブログでも、ちょっとだけアナウンスがありましたが、「とらのあな」にて新刊が登場しております。ただし、大人向けなのでご注意を。

私はこちらの方に、「THE地球防衛軍」の漫画、それと増版に際して1枚のコタ絵を描いております。
目にしていただけたら幸いです。

詳しくは、公式サイトの「物販」にて。
コメント

蒼の翼

2006年06月19日 10時13分35秒 |  └ダイヤ・ナノ個人作品

はい、どーも。昨晩のW杯クロアチア戦と同時に、ストリーミング放送のル・マン24時間レースを観ていたren.です。……ル・マンに集中して入ればよかったかなぁ(w

ブルーつながりで、今回アップするのは、またダイヤブロックの戦闘機。


宇宙戦闘機 ブリュンヒルデ

ちなみに、以前のエントリのヴァルトラウテとともに、今から10年近く前にセガサターンで出た、シューティングゲームコンストラクションソフト「デザエモン2」のコンテスト応募のために作った、オリジナルデザインです。落選しましたけど(w

私はこの「デザエモン」シリーズが好きで、SFC以降かなり遊びました。でも、なかなか満足いくものは作れないものなんですよね。

「デザエモン」のグラフィックの基本は、いまや携帯ゲームでしか見なくなって来た、ドット絵。

そのため、デザイン元としてダイヤブロックでモデリングしてみるのは、かなり有効です。なんせ四角いですから。

いまだに「デザエモン」の新作を待ち続けていますが、もうアテナは出す気はないのかなぁ。
コメント

小さな巨人

2006年06月17日 16時57分31秒 | ▼雑記
数日振りに晴れたので、バイク(MAGNA50)でトイザラスに行ってきたren.です。

来週「超星艦隊セイザーX」が終わってしまうので、関連おもちゃが安くなっていないかなー、との目論見だったのですが、他のものに目移りしてしまい、買えませんでした。

それがこちら。



「マテリアル フォース」の少女素体。いわゆる「ミクロマン」です。
ずいぶん前は売り切り状態だったのに、普通に買えるようになっていたんですね。
「ミクロシスター」なら、すでに持っているんですけれど。

ミクロマンといえば、私の幼いころには男玩の華でした。友人の持っていたビルドベースがうらやましかったなぁ。クレーンやカタパルトなら持っていたんですけれどね。

それが時を経て、近年復活したわけですが、昔のものとはずいぶん違っています。

まず、可動する箇所が圧倒的に多い。
36箇所ですってよ、奥さん。ボークスドール素体よりも動きやんの(w 指も差し替えで、パーからチョキまで、色々とそろっています。
次に小ささ。タバコの箱ほどの大きさでしょうか。昔のミクロマンは、一回りか二回り大きかったですね。

私は昔から、ポーズの取れるおもちゃが好きでして、一時期はボークスのドールなんかにも手を出したことがあります。
現在はどちらかというと、デッサン人形用に、こうした素体を揃えたりしています。少なくとも、木偶より遥かに役に立ちますよ。

ところでタカラさん。少年素体は出してもらえないんでしょうか(w
コメント (2)

まんがタイムきらら7月号

2006年06月17日 01時51分40秒 | └4コマ漫画誌
ども、天気の崩れが偏頭痛でわかるren.です。

下のエントリで「雑誌は買わない」とか言っておきながら、実は4コマ漫画雑誌「まんがタイムきらら」は、よく買っていたりします。

一時期「4コマ漫画を描いてみよう」と、参考に色々な4コマ漫画を読んでいました。「あずまんが大王」以来、“萌え4コマ“なんてジャンルが定着しましたよね。

で、結局4コマ漫画の難しさに挫折したわけですが、4コマ漫画の楽しみには目覚めました。
いやま、今でも描いてみたいとは思っているんですけれどね。ネタはあるし。

さて、話は戻って今月号は買いましたよ、な「きらら」。

「ドージンワーク」は人気が出ましたねぇ。
始まった当初、私的にはイマイチだったのですが、キャラクターが増え、それぞれがキャラ立ちしてきてからは、確かに面白い。
私はあまりイベントには行かないのですが、女性の座るブースでエロ同人誌は買いづらいなぁ。

先月号から始まった「うぃずりず」は、ネギま!の同人誌も出している里好さんの作品。
デビュー作品の第1話を読み逃しているために、キャラ設定に疎いのですが、のんびりした雰囲気が好みです。

「ビジュアル探偵 明智クン!!」は、相変わらず主人公が要らない子だなぁ。……ん?主人公はみっちょんか?(w

「影ムチャ姫」で、毒コロに萌えを感じた私は、腐ってますか?

他にも、今月号はなかなかに笑えるところが多くて、満足。

今月号で一番気になったのは、「1年777組」。

     学園長の性別は?!


うさみみっ!!
コメント

俺とネギま!

2006年06月16日 02時15分49秒 | └ネギま!絵
夕方、「ゼーガペイン」を観ていたら展開に泣けてしまい、涙ぐんでいるところに母親が闖入したren.です。なんて毎度タイミングがいいんだよッ。


さて、ネギま!サークルに居座っておきながら、さっぱり「ネギま!」の話がねーじゃねーかよ!と、閲覧者様どころか、衛藤氏にまでにらまれそうなので、そろそろ話しておいた方がいいでしょうか(w

実は私、「魔法先生ネギま!」については、かなりのぼんよりファンです。

というのも、まずこの作品にハマったのは、衛藤氏から当時既巻であった6巻までをプレゼントしてもらったからでして。
それまでは一切、「ネギま!」どころか、赤松作品に接することがありませんでした。

そして、単行本派のため、今現在の連載は読んでおりません。
毎週雑誌を買うほどの財力がないというのもありますが、部屋が雑誌で埋まるのがいやなもので。立ち読みっていうのもなんですしね。

さらにアニメですが、放送地域にいながら、つまむ程度にしか観ておりません。DVDでも観ていません。
何ででしょうかね。毎週見続けるモチベーションが、アレには持てなかったのでしょうか(w

そんなわけで、私と「ネギま!」の付き合いは、単行本のみなのです。
まあ、これは「ネギま!」に限ったことではないのですけれど。

そんなわけで、衛藤氏のブログをはじめ、毎週レビューサイトは盛り上がっていますが、私にとっては単行本発売まではネタバレの罠でしかありません(w
つい、斜め読みしちゃいますけれどね。

そんな私の「ネギま!」ライフですが、キャラ話などについては、そのうちにしましょうか(を


ライオネギとクウガコタ
コメント

1ポチの情熱

2006年06月14日 18時02分08秒 |  └ダイヤ・ナノ個人作品

W杯と仕事で昼は寝ているため、せっかくの快晴も意味のないren.でございます。

さて、今日は私の趣味の一つ、ダイヤブロックについて。

知育玩具として、男の子なら一度は触ったことがあるであろうブロックおもちゃ。有名なのはLEGOですね。
しかし、私が好きなのは日本産のダイヤブロック。LEGOに押され、おもちゃ店でも置いている場所が少なくなっていますが。

映画などとのタイアップの多いLEGOは、それぞれの作品ごとに専用ブロックパーツが多く、その豊富な品揃えに人気があります。
しかし、ダイヤブロックはかたくなに、既存のパーツを組み合わせる職人気質。

おかげでどの商品を買っても、自分の作風に合わせられて、使えないパーツというものが少ないのが特徴。
反面、細かい表現には向いていないところもあります。
CGでいえば、モデリングと生ポリゴンって感じかな。

特に人気があるのは「ダイヤドロイド」。これはロボットを作ると言うテーマの商品でした。
「でした」と言うのは、最近商品としてはあまりラインナップされていないからです。一応、愛好者向けの商品も出ているのですけれど。

2ちゃんねるのおもちゃ板のダイヤブロックスレでは、いまだにこのダイヤドロイドを極めんとするものが多く集っています。興味のある方はぜひ保管庫を見てみてください。職人さんのドロイドはかっちょいいです。

一応、私も「福缶ライダー」と言う名前で職人入りしているのですが、ダイヤドロイドは苦手……。もっぱら戦闘機やバイクなどの、非ドロイドを作っています。ぶっちゃけ、そっち方面じゃ他の職人さんにかないそうもないので(w


オリジナル宇宙戦闘機「ヴァルトラウテ」


工夫さえ出来れば自分が好きなものを、どうとでも作れるブロック玩具。プラモデルなどと違って、手軽に組んだり壊したり出来ますし、「俺メカ」を作り出せるのは魅力的です。
これを子供だけに遊ばせておくのはもったいないですよ。

ちなみに、エントリータイトルの「1ポチ」とは、ブロックの突起のこと。このポッチの組み方にも色々ありまして……これについては、また、いずれ。専用カテゴリ作っておこうっと(w

コメント

ブルー♪ ブルーフィクサー♪

2006年06月13日 09時37分16秒 | └ネギま!絵
日本vsオーストラリア。
負けちゃいましたねぇ。
というか……ちょっと、どうかと思う負け方でした。

日本らしいサッカーだったといえば、そうなのですが。
とにかく、Jリーグと同じく、シュートが出ない。
唯一の俊輔のゴールだって、あれは「ごっつぁんゴール」だし。

あとやっぱり、他国に比べて、ファール狙いの受け身が多いですよねー。ファールを取れれば御の字なんでしょうけれど、あれで時間をとられて、相手は体制を取り直してしまっているでしょうし。

スピードやボールコントロールも、まだまだ追いついていませんよね。
うーむ……。

終盤5分くらいは、こんな感じ

まあ、日本は得失点差で勝ち登ったりしますから、その運ももちろん、今後の2戦に期待をかけましょう。
コメント   トラックバック (1)

観戦三昧

2006年06月12日 09時43分11秒 | ▼雑記
大丈夫です。
世を儚んだりしてません(w
順調に原稿は進んでおります。


世の中はサッカーW杯一色。
もちろん私も観てますよ。
サッカーファンというわけではありませんが、Jリーグやヨーロッパサッカーなんかは、テレビでやっている限り観たりしていますから、好きなんですね。
その割りに、選手の名前とか覚えないんだけれど。

五輪も好きなのですが、やはりスポーツの世界大会っていうのは、趣が違いますね。世界の広さがよくわかるといいますか。

個人的に、各国の国歌が聞けるのがいいです。色々な曲調があって面白い。
W杯は開幕がドイツvsコスタリカだったわけですが、ドイツの国歌は世界の中でも好きな曲です。ただ、困ったことに、ミハエル=シューマッハのせいで、イタリア国歌とセットじゃないと、何かしっくり来ないのが困りモノ。


さて、ミハエルといえば、F1。こちらはイギリスGP。

早々にもらい事故でウェバーがリタイヤ。ぐぬぅぅぅ、スコット=スピードめぇっ!結局ウィリアムズは、ロズベルグが9位。

優勝は余裕の走りのアロンソ。やっぱり、誰かが独走状態になっちゃうと、なんとなくつまらないと思ってしまうのは、観戦者のわがままなんだろか。
まあ、今回はミハエルの口三味線や、ピットタイミングのサプライズなんかがあって、その辺は楽しませてもらいましたが。


今夜のW杯は、ついに日本第1戦、vsオーストラリア。
昼のうちに寝ておかなくては。
コメント