希望屋 ~ren_ka ci=set~



考え方がシャープ兄弟だね。

Optio RZ18

2012年04月30日 20時03分08秒 | ▼雑記

夏日の札幌から、ren.です。
この連休は、なかなか天気がよさそう。
見計らってどこかに行って来ようかな。

さて、カメラが届きました。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/56/b4/5bb57f6eb26a56aa85e94f8b94ec8d2c.jpg?random=17a194b74c110c2075b9d69ff3138cca

PENTAX Optio RZ18
私にとっては、高校入学時に買ったSFX以来のPENTAX機です。
2台のうち、黒の方が私の物で、赤いのは母親にプレゼントした物。

コンデジとしては驚きの18倍光学ズーム搭載。
デジタルズームも7.2倍あり、最大130倍……まあ、手持ちじゃ使いきれないけど(w
しかし、手振れ防止もデュアル補正機能(シェイクリダクション+電子式)という強力な物が搭載されているので、そこそこいけます。

部屋の中で試してみます。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/07/2a/5e420dad30195fbaec567aae7c99a9f0.jpg?random=b7929d4670c821d93a1d722eed963526

私が普段部屋で座っている椅子から、玩具を飾っている棚を写したもの。
まず、最もズームを遠くした標準状態。
ここから中央のfigmaレンくんに近づきましょう。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/32/a8/bc45070d4c8824864bff6a279773073a.jpg?random=37e3b8bb6ed20d256a191d883801fe54

一気に光学ズームの限界の18倍。
ストロボもちゃんと届いていますね。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/16/49/7115f6c0b090341e35b59ab8b3a3d8a7.jpg?random=5255df9c35ff0ab11866f2d2c882a034

さらにデジタルによるインテリジェントズーム、27倍。
デジタルながら自然な望遠が使用出来ます。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4d/fd/c159908f58c6659a89aa25ae0045b47b.jpg?random=ebaa97a8a24989e821333fc0162e00fa

そして、デジタルズームの最大である130倍!
1枚目の標準画角と比べれば、一目瞭然の寄り具合。
縮小するとあまり気になりませんが、さすがにオリジナル画像だと、かなり画質が荒れます。

マクロ(接写)には、通常マクロとスーパーマクロがあります。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/64/26/ccd7d179f7b814e6ec27fffb1523408f.jpg?random=3965297c1553d4fd548bcdb94cc34964

スーパーマクロは最短4cmまで近づいて撮ることが出来ます。
これは10cmくらいで撮ったジョーイくん。
ただ、近すぎるのでストロボを使うと真っ白に飛びます(w
でも、部屋の中の自然光でも、調整無しでこのくらいは明るい。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1b/96/7b545ab657ee5d932035d0ac934f7e67.jpg?random=6b120bc5bcc5b40a594abb70b4b52b94

画角内に犬の顔が入ると、自動的にシャッターが切れるペット認識で、我が家の飼い犬を撮った物。
勿論、人間の顔に対応した顔認識の上、笑顔になったらシャッターが切れる笑顔認識も搭載。
あんまり使うことなさそうだけど(w

では、外に行って撮ってみましょう。
祖母の見舞いついでに、丘珠空港横の「つどーむ」に寄って撮ってみました。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6c/f5/f1ad3893dc5a08d10b5cf7d7eb0286a3.jpg?random=92b197edf9bcf2507387e52bbf05b048

3枚の写真を繋げるパノラマモードで、ドーム周辺を撮った物。
大きいので画像上で右クリックし、「画像だけを表示」した方がいいかも。

パノラマモードは2・3枚目を撮るときは、直前に撮った写真の端がガイドとして表示され、それを合わせるように撮ります。
でも、結構これが難しくて、微妙にゆがんでしまいました。
手持ちではきっちりと風景を完璧に合わせるのはまず不可能なので、三脚などを使うか、多少ずれても気にならない遠景で使うべきですね。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/51/e7/eccb4c86d65502b99370a59266d8cee3.jpg?random=dccde1e2fd3a153043acd7b2bf67d31c

同じ場所から、札幌の対角線側にある手稲山を望む。
天気がよすぎて、ちょっと霞んでいたのが残念。

15の撮影モードがありますが、オートピクチャーモードにしておけば、カメラが認識して自動選択してくれます。
このときは自動的に青空撮影モードに変わりました。
まあ、こだわるなら自分で設定するべきですね。
プログラムモードなら、露出やコントラスト、測光方法などを細かく設定出来ます。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1f/fe/7bd235f4585cf118514feb61dd34c4c8.jpg?random=de2a117797dda0137ecd6e4d238130d6

タキシング中のライトプレーン。
プロペラの残像を大きくするために、もうちょっとシャッタースピードを落としてもよかったかな。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/07/ba/1ad107b735469f549a6370d6d4dccd9e.jpg?random=b8859fc08fb4597d110ab76c2f2557bf

北海道警察航空隊のベル412「だいせつ3」。
ここからズームで寄ると……

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/51/5c/2e0a65ef77e11ac74eedc92e8a2fb8ee.jpg?random=218e31f649708d7d588e7c343208ae96

こんな感じ。
メインローター基部の流線型がセクシー。

あまり飛行機がいなくて、撮るものに困ったので、空をみるとトビが。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/09/d5/6836ac7aa22e943dc4987e91a86e5fea.jpg?random=b97038124f339565cec31c5ff79fa2cf

こういう時こそ、自分で撮影ーモードをスポーツモード(移動するものを追跡するモード)に変えるべきでしたね。
結構ズームをかけているのですが、手ブレは最低限に押さえられていますね。

しかし、デジタルズームにすると、やはり手プレが目立つようになります。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3d/d5/d65a6c08a10c1a813ab3d71d3bd538d1.jpg?random=c42db17fb624b51bb821b7412e7f5217

デジタル最大望遠で撮った、カワラヒワ。
まあ、最大望遠でこの程度のブレでおさまっていることが、十分驚異的だと思います。

今年はこれで、あちこち撮ってきましょうね。

コメント

今日のいろいろ雑記

2012年04月28日 19時34分12秒 | ▼雑記

風邪気味の中、ちょっとバイクに乗ってきたren.です。
と言っても、目的地に着く前に時間が無くなって戻ってきちゃったんだけど(w
新篠津の道の駅で、スタンプ押してこようと思って出かけたんだけど。

そういえば、新ヘルメット。
調子いいです。
思った以上にミラーシードの具合がいい。
今までサングラスをかけて乗っていたわずらわしさが無くなりました。

また、早速今日、虫アタックの洗礼を受けましたが、口元までバイザーがあるので助かりました(w
いままでは鼻から下に当たると、激痛でしたからね。

コメント

OVER G

2012年04月27日 20時44分29秒 | ▼ビデオゲーム

家の前にウグイスがいて驚いたren.です。
北海道ではウグイスは夏鳥、さらに山の鳥として知られています。
これでも私は長年、鳥を見ていますが、こんな住宅地で確認したのは初めてです。

まださえずりの練習中のようで「ホォォー、ホキョキョッキョ」とたどたどしい鳴き声。
それでもしっかり、谷渡り(「ケキョケキョケキョ……」と繰り返す鳴き方)まで披露してくれました。
山の中でも響くけど、住宅地だと響くわ響くわ。
近くにいたスズメやカワラヒワの5倍はでかい声(w

 

今日はお使いついでに、ゲームショップの500円均一ワゴンでこれを発見し、買ってきました。

● 「OVER G」 XBOX360(2006)タイトー
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/09/5e/150babd86ad9f9ec556a6bc012ad1a29.jpg?random=ce2a0d427fa12db6cfb95c35894f3c4a

PS2で出た「エナジーエアフォース」の続編。
どちらかというと、戦闘機の発進から戦闘を経て帰還をシミュレーションした「戦闘機でGO!」な2作目よりも、戦闘シーンをメインに据えた1作目に近い感じ。
勿論、離陸・離艦と着陸・着艦を行うミッションもありますけど。

▼ Energy Airforce OverG OP

OP曲はJanne Da Arc。

よく"戦闘機無双"な「エースコンバット」と比較されるこのゲームですが、やはり「OVER G」は"フライトシミュレータ寄り"。
最低難度だとミサイルの限定数はありませんが、それ以外では実機と同様のミサイル数しか積めませんし、燃料制限もあります。
ミサイル自体も、ただロックして撃つのではなく、しっかりと背後からじゃにいとまず当たりません(それでも逃げられるくらい)。
逆に敵機から狙われたら、マニューバの基本を知らないとすぐ落とされます。
宙返りをしようとしたり、適当な動きをすると、すぐストールするし。
まあ、エナエアもエスコンもどちらも面白いですよ。

今回の目玉と言える変更点は、キャラクター性ですね。
選択できる僚機パイロットには性格があり、「ウィザードリィ」のメインビジュアルでもお馴染みの末弥純さんのイラストが登場します。
まあ、この辺は賛否両論ありますね。
従来は通信だけで登場の各セクション兵士達が人気でしたから。

操作はPS2とほぼ同じ。
スロットルが任意に固定できるのが、私の好みなところです。
エスコンなどだと、アフターバーナーのオン・オフしかないですからね。
搭載兵器毎にHUDを切り替えるのも、従来どおり。

登場機体はシリーズ最多。
というか、従来が少なかったのですが、今回のうたい文句は「世界の現役戦闘機のほぼ全てが登場」。
まあ、敵機や空母・空港に停機中のモノも含めてなんでしょうけど(w
前作までは使えなかったF14系等など複座機も登場します(勿論、操縦・火器管制・レーダー、全て一人でやりますがw)
全機のコクピットの再現も従来どおり。
ちゃんと計器類も動きます。

グラフィックは綺麗……なのですが、なんかPS2の方が本物ぽかった気もする(w
特に2作目の「エイムストライク!」の衛星写真を使った山並みが綺麗だったからなぁ。
その衛星IKONOSの写真が「エースコンバット6」で使われているということは……そういうことなのか?(w
ビル郡など、オブジェが多いほど安っぽく見えてしまうのは、色合いの所為だろうか。
低空の雲がないというのも、かなり寂しい。
ただ、画面の滑らかさは確かに綺麗。
噂によるとAC6は30fps、OGは60fpsらしいけど、そのためなのかな。

リプレイのカメラワークも、私が好きだった機前方からのカメラが無くなって残念。
あれ、妙に現実っぽくて好きだったんだけどなぁ。
あと、リプレイだけでないけど、なんでこんな情報表示のフォントと色にしたんだろう。
なんだか同人ゲームっぽい(w
でも、このシリーズのMIX視点でのリプレイは、どの戦闘機STGよりもかっこいいと思う。

▼ Over-G Airshow

戦闘シーンはありませんが、素敵な動画があったので貼り。
フランカーのコブラはともかく、航空力学や迎え角をまったく知らないと、こんな機動をするとすぐ落ちます(w

コメント

今日のいろいろ雑記

2012年04月26日 19時36分02秒 | ▼雑記

カメラを買い換えるren.です。

今までOLYMPUS C700を、なんだかんだで10年以上使い続けてきました。
勿論、このブログで掲載してきたものも、(モブログを除いて)全てこれで撮ってきました。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/76/fa/a04672689e255e0dbea72adeb744628e.jpg?random=0cc4e22905b60f1047fc9e9c62cf663b

ちなみに、フジCSの「コスコスプレプレ」を観ると、ケンドーコバヤシさんもこのカメラの愛用者のようです(w

211万画素と今では超低画質ですが、38mmからの10倍ズーム、デジタルズームを合わせると27倍という、とんでもないまさにウルトラズームレンズが売りです。
発売当時の価格は75千円でしたが、私はヨドバシで型落ち新品を15千円強で買いました。

いまだにそう不満はないカメラなのですが、やはりでかいのが難点。
1眼レフのようにしっかり構えられるのはいいのですが、ポケットには入りません(w
また、どこでも買える単3電池(4本)使えるのは利点なのですが、それだけに重い。
そして、その割に電池の持ちがよくない(充電池満タンでも50枚強くらい)。

一番の問題は、やはりバックモニターが1.5型と小さく、晴天下では画像が飛んでしまうほど性能がよくない。
まあ、これは今はモニターの性能が、それだけよくなったということなのですけれどね。
そしてとどめに、もうスマートメディアが手に入らない(w
負けハードだったなぁ。

そんなわけで、色々とネットや店頭で下調べした結果、PENTAX Optio RZ18を買うことに決めました。
色々調べているうちに、実売価格が1万円を切ったというのが、一番の理由です(w
もちろん、上記のC700の不満点以外に、18倍ズーム(35mmレンズで25~450mmレンズ相当)、デュアル手振れ補正、中央重点・スポット測光あり、そしてなにより凹凸が少なくポケットに滑り込ませやすいと、私が望む機能を兼ね揃えているというのが、決定の条件でしたけれどね。

で、私のカメラの師匠格でもある父親にも相談して決めたのですが、その際に母親も一緒に同じものを買うことになりまして。
店頭でメタリックオレンジが気に入ったのですが、親もそちらの方がいいというので、私はやっぱり黒にしようかな。
「カメラ本体はブラックかシルバー!」という、古いカメラマニアの体質がまだ残っているし(w

コメント

四季おりおりっ! 4巻

2012年04月25日 20時46分07秒 | ▼マンガ・本

どうも、ren.です。
しばらくカラオケに行ってないなぁ。
いったら歌おうと思っている曲リストが、いつの間にかずいぶん一杯になってら。

● 「四季おりおりっ! 4巻」 稲城あさね/ぱれっとコミックス
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/71/29/8f57dfd1efd954993b76dcbdc7bb65e7.jpg?random=eb7f9f3a268cd85dde30ac25b1e57741

予定通り、予想通り、春夏秋冬の4巻で完結。
そういえば表紙の背景って、毎回、キャラの名前とは別の季節が描かれていたんですね。
並べて気付いた(w

今回は回をまたいでの続きものエピソードが多いですね。

まず、海水浴。
秋乃が溺れたと勘違いして、うっかり泳げるようになった冬香。
それに対して、まず叱る春菜と夏希。
まあ、姉妹の絆の深さの裏返しと、夏希の不器用からなのでしょうが、一人っ子の私からすると理不尽にも見えるなぁ。
ぶっちゃけ、秋乃にまかせた二人にも責任があると思う(w

次に母親帰省。
ついに顔を見せた母親の暦さん。
これまた立派なアホ毛で……つか、むしろ、娘に遺伝したのはそこだけか?(w
結局、何の会社を経営しているのかはわからずじまいでしたね。

そして、それに関連しての、夏希のニューヨーク行き。
初めて姉妹が欠けるということに動揺する秋乃、冬香、春菜。
特に"お姉ちゃんっこ"の秋乃は、気負いから奇行に走る。
つか、これも事情をちゃんと夏希が説明していけばよかっただけなのに……というのは、野暮かしら(w
もしかしたら、姉妹の要石である以上に、一番の奇人が夏希なのかもしれない。

さすがに最終巻は、いままでのような日常を切り取った物というより、ストーリーが強くなった感じでしたかね。
全巻を通して読むと、やはり姉妹が生き生きとした背景には、まさに四季折々の光景や行事があったからだと実感します。
"日常系"を謳っている漫画は数多い割りに、こうした部分をしっかりと描いている作品は、なかなかありませんよね。
大半は、お約束のように学校行事と正月とクリスマスくらいかしら。

まあ、この作品の場合はそれがテーマなのですから、描かれて当たり前かもしれませんが。
今後も、丁寧な作品を書き続けて欲しいと思います。

コメント

病欠届け

2012年04月24日 19時09分54秒 | ▼雑記

春の風邪っぴきキャンペーン中!
どうも、ren.です。

熱はないのですが、鼻詰まりと頭痛がひどいので、今日はおやすみ。

コメント

2012 F1 バーレーンGP

2012年04月23日 19時47分58秒 | └F1

週末は強い風に見舞われた札幌から、ren.です。
バイクカバーのインナーに使っていたブルーシートが、どこかに飛んでいっちゃったorz
ちゃんと止めておかなかった私が悪いのですが、迷惑をかけていなければいいんだけれど。

 

さて、バーレーンGP決勝。
レースの外側では色々と問題視される状況でしたが、無事何事もなく終わりました。
今回も、注目点が多かったですね。

まず、スタートでジャンプアップを果たしたマッサ。
タイヤにてこずりながらも、9位フィニッシュで今年初のポイントを獲得。
最後は7位のアロンソともども、コース上にマシンを止めていましたが、どうしたのかしら。

アロンソと言えば、中盤にロズベルグとのバトルで、コース外に"押し出された"との問題が。
ロズベルグはは序盤に、ハミルトンとのバトルで同様のケースがあり、両方が審議対象になりました。
ペナルティで順位が代わるのではないかとも言われましたが、レース後に出された審議結果は、お咎め無し。
これについてアロンソは憤慨しているようで、苦言を呈しています。

▼ ニコ・ロズベルグ、ペナルティを免れる (F1 Gate)
>決定を聞いたフェルナンド・アロンソは>「今後レースは楽しくなると思うよ! 望めばポジションを守ることができるし、
>トラック外でオーバイテイクすることができるんだからね! お楽しみに!」とTwitterに投稿した。

クールな顔して子供みたいだ(w

ハミルトンといえば、今回のマクラーレンも中国GPに続き、ピット作業にてこずるトラブルが頻発。
大きくタイムをロスして、8位に終わりました。
原因となったのはどちらも、タイヤを固定するホイールガン(と、その担当者)で、今後の対応が急がれます。

▼ マクラーレン、ピットストップを全面的に見直し (F1 Gate)

なお、バトンは善戦するも、ファイナルラップでパンクとエキゾースト破損のためリタイヤを喫しました。

ファイナルラップの直前には、ブレーキ周りに異常が発生していたようで、セナもガレージインしてリタイヤしています。
マルドナドも中盤にガレージに収まってしまったため、我らがウィリアムズはダブルリタイヤorz
戦えるマシンといわれていたのに、まだその真価を発揮できていません。

隊列の後方では、可夢偉が苦労を見せていました。
2ストップ作戦を取り、果敢に挑んだものの、予想以上のタイヤダメージで終盤5周にして緊急のタイヤ交換。
結果は13位に終わりました。
可夢偉はタイヤマネジメントが上手というイメージがあるのですが、今回は信頼と作戦が裏目に出てしまいましたかね。
ペレスも11位で、今回のザウバーはノーポイント。

上位はなかなかの見物でした。
PPスタートのベッテルが、去年までの逃げ切りを見せられるかが注目されましたが、なにせ今年のレッドブルはどこか不安を抱えた状態。
そこに襲いかかったのは、今年復帰のライコネン。
KERSの扱いは2009年の1年だけ、DRSの扱いは今年初めてですが、ベッテルを1秒以内に捕らえてからは両方を有効に使いプレッシャーをかけていました。
しかし、一時は追い込むものの一歩及ばず。

1位は逃げ切ったベッテルで、今年は個人・チーム共に初優勝を飾りました。
2位は追い落とせなかったライコネン。
せっかくの表彰台だけど、この国はお酒禁止なんで、シャンパンじゃなくて残念(w

そして3位には、今年の注目株ともいえるグロージャンが就き、初表彰台を飾りました。
堅実な走りもさることながら、三人会見での姿勢のよさと明るい笑顔が好印象です(w
なんというか、決して美男子ではないんだけれど(失礼)、つぶらな瞳と細身の体型で、なんだかすごくかわいらしく見えますよね。

その他の順位はこちらで。

 

さて、開幕のフライアウェイ4戦が終わり、なんと全戦の優勝者、優勝チームがばらばらという事態。
そして、今年は大きく目立ったところがなく、不調なのかもといわれたレッドブルが、コンストラクターズチャンピオンシップでトップ。
新機軸の機構「ダブルDRS」が注目を集めるメルセデスですが、フェラーリよりも下位であるという事実。
そして、同程度といわれたザウバーとウィリアムズの2チームが、結局ずいぶんはなされてしまっています。

次回のスペインGPから舞台はヨーロッパラウンドとなり、それまで3週間の間に各チームがどうアップデートしてくるのか。
更なる注目が集まります。

コメント

今日のえふわん雑記

2012年04月21日 20時15分55秒 | └F1

天気が大変よかった札幌から、ren.です。
でも、風邪の所為かのどが痛かったので、近所に買い物に行っただけ。
気温が、昼は20度で、夜が3度って、ひどいよね(w

 

さて現在、バーレーンGPの予選が始まっています。
とにかく、現地の政情不安がとりざたされる、このGP。

▼ F1のバーレーンGP開幕 反政府派が反発しデモ、負傷者か (CNN)

いつもは現地に行っている川井ちゃんも、今回はスタジオ解説。
今宮さんも行ってないのかな。

フォースインディアでは、上記記事では狙われたことになっていますが、スタッフが暴動の火炎瓶に巻き込まれそうになり、危険を感じて帰国した者もいるという事態に。

▼ フォース・インディアのメカニック、バーレーンで事故に巻き込まれる (F1 Gate)

早めに撤収するためP2に出走しなかった同チームですが、それに対して、まさかとは思いますが……

▼ 国際映像、フォース・インディアを意図的に映さず? (F1 Gate)

……なんていう話もあります。
でもま、バーニーがこんなこと言っちゃうくらいだからなぁ。

▼ バーレーン皇太子 「問題がF1に向けられることはない」
> 一方、バーニー・エクレストンは、メディアを批判した。
>「皆さんが書くべき優先度の高い他の国があるはずだ」
>「シリアに行って、その状況について書いてくれ。ここよりももっと重大だ」

▼ バーニー・エクレストン 「メディアには地震のような“ネタ”が必要」 (F1 Gate)
>バーニー・エクレストンは、メディアがそのようなバーレーンの問題を報道するのは、

>単に大騒ぎしたいからだと述べ、地震という言葉を口にした。
>「君たちはこういうことが大好きなんだ」とバーニー・エクレストンは報道陣に対してコメント。
>「今我々に必要なのは地震か何かだ。そうすれば君たちはそれについて書けるだろう」
>「君たちはネタを欲しがっている。そして、これはいいネタだ。
>何もネタがなければ、君たちはいつものようにでっちあげる。いつものことだ」

開催地じゃない他国を非難しただけでなく、この口ぶりは去年の東日本大震災で日本に向けたF1からのメッセージを否定するようなものだわなぁ。
スポーツに政治問題が影響していけないという主張はわかりますが、わざわざ波風立てんでも。
まあ、彼の口が悪いのは、今回に限ったことではありませんけれど(w

明日の決勝後まで、問題が大きくならないことを祈ります。
というか……

▼ ハッカー集団アノニマス、F1公式サイトにDoS攻撃 (F1 Gate)

決勝でライブタイミングが落ちないといいなぁ(w

コメント

新 仮面ライダーSPIRITS 6巻

2012年04月20日 19時20分07秒 | ▼マンガ・本

ちょっと風邪気味のren.です。
気温が一定しないからなぁ。
夜、布団を剥いで夜気で目が覚めることも多くなってきました。

 

● 「新 仮面ライダーSPIRITS 6巻」 村枝賢一 講談社KCDX
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/a7/82a42ae4eef7a701540215127f321a99.jpg?random=0bb45b4ad73cb6a83a73e0811fa34f86

表紙はライダーマン、結城丈二。
仮面ライダー勢では今、最も何がしたいのかイマイチよくわからない人(w

引き続きスーパー1編が続いています。
ドグマに襲われた赤心寺は、辛くも地獄谷五人衆を撃退するも、現れた黒沼総帥=テラーマクロによって義経を失い再び窮地に。
バダンシンドロームによって変身能力を失った一也は、村雨の"謎の喝"によってスーパー1として復活。
その現象から、ルリ子はバダンシンドロームの因子が、人類の神経に隠されている事実に気付く。

ちょっと進展した感じですね。
一也だけが仮面ライダーなのにバダンシンドロームに罹ってしまった理由が、人間の頃の身体の末梢神経まで、全ての神経系を移植しているから、というのは意外でした。
その理由も、究極の宇宙飛行士である前に、一人の人間に違いないというスーパー1を、うまく反映しているな、と感心。
元々のS1計画に、一也の意向が反映されたということなのかな。
あまり、西洋医学的な考えかたじゃないしね。

笑ったのは、名人の作り上げたねぶたが「空飛ぶ火の車」と名づけられたこと。
劇場版「スーパー1」か!
地獄谷五人衆は伏線だったのか。
ちなみに、劇場版に出てきた「空飛ぶ火の車」は、マタギの里「山彦村」に伝承されていた古代兵器。
赤心少林拳由来のマタギ拳法なる、謎の武術も登場します(w

巻末は、平山亨さんによる寄稿。
近年までに亡くなられた「仮面ライダー」所縁の方達への追悼文。
しかし、この本の発売直前に、仮面ライダーストロンガー・城茂を演じた荒木しげるさんが亡くなられてしまいました。
文章から、また一人見送らねばならなかった平山さんの心中を察してしまいます。

コメント

グラフィグチャーム リン・レン

2012年04月19日 19時17分52秒 | ▼玩具

ようやく今年も、バイクを冬季保管から戻してきたren.です。
今年は例年より1・2週間ほど遅れましたねぇ。
ここのところ色々と忙しないので、足が戻ってきて安心しました。
でも、自賠責更新で1万5千円飛んだーorz

 

バイク屋に行ったついでに寄った店で、これを発見しました。

▼ グラフィグチャームVol.1 初音ミク コレクション

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/05/a9/171f8860c142d18ffb951012596b6d44.jpg?random=56218f9a8776d70c3fa163f88526932d

最近は箱ドット(当ブログのプロフィール画も、本日そのタイプに更新しました)という形でもブームになっている「グラフィグ」のガシャポンキーホルダー。
私も先日、レンを買ったことを報告しましたね

まず、最初に出たのは、桜ミク。
……普通なら、当たりなんだろうね(w
でも勿論、私が狙っているのはレン。
これはそのうち欲しい人にあげよう。

再チャレンジ、2つ目!……は、リン。
惜しい(w
ちょっとマシンを覗いてみたところ、カプセルが残り少なくなっており、桜ミクとリンの姿はターレットの中にはない(最近はカプセルの色で何が入っているかわかります)。

あまり無駄遣いも(いまさら)出来ないので、ラストワン!

………………

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/17/b9/6c5d39f8d17e01229acadd04e40f9e87.jpg?random=28490d59d54c0d9eb98fde1551e62f06

やったー!!
めでたく、600円で双子がそろってしまいました(w

大きさは10円玉が土台になるくらい。
ちょっとしたプラキットになっていて、プリントシールを貼って完成。
前髪やインカムの部分にぴったり貼るのには、微妙に苦労します。

で、リンなのですが、上記の同梱フライヤーを見るとわかりますが、シールのプリントが間違っています。
本物のグラフィグと比べると、靴の部分の白と黄色が逆。
なので、上下を逆さまにして張り付けました。
太ももの肌色が裏側になってしまうけど、座らせたら足の裏が見えるわけだし。
今になって思えば、色事に全部分割してから貼れば良かったかしら。
まあ、いいや。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/63/0e/a3d4d9910e2b0273e830cf71502d9a1e.jpg?random=d71dd8a5401f60530e1f7164557edb79

裏側。
ドットで塗り分けられたグラデーションも再現されていて、なかなか細かい。
キーリング部にはボールチェーンがついていましたが、置物にするので外しました。
手が浮いてしまうのが、ちょっと残念。

コメント

今日のいろいろ雑記

2012年04月18日 19時12分36秒 | ▼雑記

具合の悪いren.です。
頭痛と目のかすみがつらい。
雨の所為かなぁ。
明日はバイクを取り戻してくる予定なので、今日は早めに寝ましょう。

そういえば、先日ようやく「姉チャンZ」の実績を完全解除しましたよ。
ヴァンプ・スキルのリミットブレイカーの使い勝手に気付いたら、ミッション全Vランクは楽でした。
むしろ、クエスト「窮地の高揚」(ライフ微小、武器穢れMAXでクリア)の方が面倒くさかった

ついでに「The MAW」も、追加実績以外は全解除。
結構面白かったので、機会があればDLCも買って完全解除してもいいかな

コメント

今日のいろいろ雑記

2012年04月17日 19時16分32秒 | ▼雑記

しとしとと春雨の降る札幌から、ren.です。
よし、いい具合に埃がおさまりそうだ。
もっと強く降ってもいいのよ?
まあ、頭痛に響くけど(w

祖母のリハビリが始まりました。
まだ歩くのが難しそうですが、倒れたためなのか、数日ベッドで寝たきり状態だったためかは不明。
看護師さんとの会話も問題ないようですし、会話の中では日付もしっかりとわかっているようで安心。

最近、ビデオデッキの時計が良く狂うと思ったら、そうか、自動調整がアナログ放送のチャンネルに対応しているからだ(w
まあ、デジタル放送になってからはタイマー録画機能自体が使えないのでかまわないのですが、時間確認に目がいってしまうので、こまめに直しています。
部屋には他にも時計はいくつかあるのですが、長年の習慣とは恐ろしいものです。
つか、HDレコーダーが欲しいんだけど、先立つものがねぇ。

コメント

2012 F1 中国GP

2012年04月16日 20時08分50秒 | └F1

風が強くて寒い札幌から、ren.です。
でも、風のおかげで路肩の雪山はほとんどなくなってますね。
そろそろ、ひと雨降ってくれるとありがたいな。

 

さて、第3グリッドスタートとなった可夢偉が注目された、中国GP決勝。

……全ては、スタートで決まりましたねぇ。
路面状態が悪かった(低温で、一部オイルがかぶっていたとのこと)ためか、スタートで出遅れ、7番手に後退。
その後も戦略的にも間違いはなかったと思われますが、大きく位置は取り戻せず、ギリギリの10位入賞。
ペレス(11位)とは順位を入れ替えるシーンもあり、またファステストラップの記録更新もありましたから、ザウバーの戦闘力自体には今後も問題なく期待を掛けられそうです。

そして、今回話題をさらったのは、PPスタートのロズベルグ。
終始、速さと正確さ、タイヤマネジメントを維持しながら、見事なポール・トゥ・ウィン。
あまりに磐石過ぎて、国際映像にほとんど映らなかったため、語ることも少ない(w
また、メルセデスの"Wダクト"も、再び注目を集めそうですね。

残念だったのは、ミハエルがピット作業ミスでリタイヤしてしまったこと。
今回唯一のリタイヤ車になりましたが、走りきっていたら大きく結果は変わっていただろうな。
なお、このリタイヤに関して罰金のペナルティが発せられましたが、ミハエルが異常にすぐに気付いてタイヤが外れる前にグラベルに停めたため、金額は大幅に軽減された模様です。

というわけで、今回盛り上がったのは2位以下のデッドヒートでした。
特に終盤にはタイヤ性能の低下が各車を苦しめ、それがマシン性能の差を縮めたのか、今期は様々な要因で不調の続くベッテルルもバトルに参戦し、ギリギリの走りが見られて盛り上がりました。
しかし、残り2周で競り負け、バトンが2位、ハミルトンが3位と、ポディウムの3人(ハウグを入れて4人)全てが、胸にスリーポインテッドスターを戴く結果になりました。
なお、ベッテルはファイナルラップにウェバーにも抜かれて、5位に。

我らがウィリアムズは、スタート直後にセナが接触でウィングを破損するシーンがあったものの、ほぼ順調なレースを繰り広げ、ダブル入賞を成し遂げました。
セナが7位、マルドナドが8位。
……結局、可夢偉をおさえた結果となったのは、ウィリアムズファンとして、日本人F1ファンとして、どうも複雑な感情が(w

他では、今シーズンは色々と話題を振りまいてきたグロージャンが、ついに初ポイント。
そして、一時は2位争いしていたライコネンがクリフ(急激なタイヤの消耗)で14位になったりと、タイヤの使用の仕方が明暗を分ける、今年のF1を象徴するようなレースでした。

その他の順位はこちらで。

それにしても、HD画質のせいなのか、路肩に異常な量のタイヤカスが目立ちましたね。
そりゃ、あれだけ落ちていたら、ラインを外したく無くなるわ(w

 

次回は2週連続となる今週末。
色々と問題含みなバーレーンGP。
今年は本当に、無事行われるのでしょうか。

▼ バーレーン抗議者、バーニー・エクレストンの旗を燃やして反F1活動 (F1 Gate)

ウォールアートは、うまいアレンジだと思ってしまった(w
つか、これ描いた人は本当はF1好きなんじゃない?

コメント (2)

今日のえふわん雑記

2012年04月14日 20時24分19秒 | └F1

祝・可夢偉、3番手スタート!!

どうも、ren.です。
中国GP予選は、かなり面白かったですよー。

前述どおり、可夢偉が自身最高ポジションの3番グリッドを獲得。
予選結果は4位だったのですが、2位のハミルトンがギアボックス交換による5グリッド降格ペナルティを受けているため、繰上げとなったのですけれどね。
Q1からペレスと共に期待の出来る走りを見せていたのですが、その期待以上ですね。

1番グリッド獲得のロズベルグは、これまた自身初、そしてチーム初のPP。
Q3でトップタイムを出しての余裕のピットイン、PP決定のガッツポーズ、その後は会見まで崩れぬドヤ顔(w

驚いたのはベッテルのQ2落ち。
ウェバーは6番グリッドを獲得していますが、本核的に不調の兆しなのだろうか。
川井ちゃんによるとレースの外では明るい表情を見せているようですけれど。

我らがウィリアムズは、中位安定状態。
決勝では何とかポイント圏内に入って欲しいところですが、後はマルドナドの詰めの甘さが心配(w

その他のグリッドはこちらで。

 

ついでに、今期のテレビ番組についていくつか。
前期に比べると個人的には、なんとしても観たいと思わせる作品は少ないかな。

その中で今のところ期待株は「非公認戦隊アキバレンジャー」。
東映自身が「戦隊モノのお約束」をパロディにして、それでいて"公認様"として歴代戦隊シリーズを利用しちゃうんだから、卑怯としかいいようがない(w
しかも2話では「デカレンジャー」のバン役の載寧龍二さんを出演させた上に、「イベント以外では、もう、バンじゃない」発言とは、もはや反則技。
それでいて、しっかりと熱い展開を見せてくれるんだからなぁ。

もうひとつは、ニコニコチャンネルで観ている「這いよれニャル子さん」ですが、これはクトゥルフモノとして観ると、かなりの肩透かしをくらいますね。
数あるパロディ要素のひとつとして、クトゥルフ神話が含まれているといった感じか。
まあ、ケイオシアム社の「Call Of Cthulhu」(勿論、箱版)時代からのクトゥルフファンとしては、その小ネタが面白いのですけれど。

「ニャル子」では舞台として札幌風の風景(というか、札幌アニメイト近辺)が出ていましたが、それ以外がまったく札幌ではありませんな(w
あんなに塀のある住宅地は北海道にはほとんどありません。
北海道の住宅は、道路や隣家ぎりぎりまで敷地を使っており、その間を塀で区切るということをほとんどしませんから。
まあ、塀のある家がまったく無い訳ではありませんけど。
そこが気になったかな。

「ゼットマン」も面白いんだけど、裏で「ジャパコンTV」がレギュラー放送化されたので、観なくなっちゃうな。
桂正和と大沖なら、後者を取らせていただく!(w

コメント

今日のいろいろ雑記

2012年04月13日 19時42分59秒 | ▼雑記

どうも、ren.です。
昨日倒れた祖母ですが……今日、一般病棟に移りました。
えぇぇえぇぇぇぇぇえぇえ!?
あの覚悟を決めた家族の沈痛な面持ちはなんだったんだ(w

とはいえ、何せ相手は大正一桁生まれ。
ゆめゆめ油断なりませんが。
こちらも色々と生活が変わりそうです。

コメント