Tiny Happy Days

タイニー・ハッピー・デイズ。ささやかだけど幸せな日々。
そして日々を彩ってくれる音楽や文具などなど。

【文】 丸善ペンシース

2008-09-28 12:53:50 | 文具(ペンケース)
ねこJさんの「手帳とカバンのホームペーヂ」を拝見していて思い出しました。
自分も買ってたんだっけ!(苦笑)

丸善オリジナルのペンシースです。
ポケット型の飾りがついているので、ポケットシースとでも呼びたい佇まいであります。

ポケットには仕切りはなくペンが4~5本は入るでしょうか。
とりあえず入れてみたペンは、写真の上から、ペリカン400、LAMYビスタ、ペリカン800、そして600。
こうしてみると、ペリカンの600か400くらいのサイズがちょうどいいですね。
マチがあるので多少太めのペンでも大丈夫ですが、マチはサイドだけなので限界はあります。



裏側はこんな感じ↓でポケットがひとつとmaruzenの刻印があるだけのシンプルな形です。



色はブラウンで、写真よりももう少し明るい色で、オレンジ色の糸ともマッチしています。
ねこJさんと同じブラックを買いに行ったつもりがなぜかブラウンを選んでました。

この形のペンシースというと、TRIMのペンシースが有名ですね。
何人かお持ちの方もいたと思いますが、こちらはジョッター機能こそないものの、べらぼうに値段が安いです。

なんと税込みで2,520円!!
革が違うとはいえ、TRIMの1/4か1/5。

この値段なんだから黒も一緒に買ってくれば良かったんですけどね。



(ペンケースを独立したカテゴリーにしました。過去のエントリーの整理はこれから。)


コメント (11)

【革】 Real Design 11月号

2008-09-24 22:53:15 | 革・かばん
たま~にしか買わないリアル・デザイン誌ですが、今月号は革特集ということで即買いしました。

特集のコピーは、「革は本物しか選ばない。」

このコピーを見て、「本物の革しか選ばない」という意味か、「革が(なにか)の本物を選ぶ」のか、一瞬わかりませんでしたが、そんな話はどうでもいいですね。

今回は靴がメインのようですが、鞄や小物も取り上げられています。

革特集も楽しく読みましたが、それ以上に気になったのが第2特集の高級デジカメ。
ちょっと物欲に火がつきました。
早速ヨドバシで実機を触って、カタログをもらってきました。

しばらくはカメラのカタログとにらめっこの幸せな時間を過ごせそうです。
コメント

【鞄】 gentenのショルダーバッグ

2008-09-23 23:21:46 | 革・かばん
今年の誕生日プレゼント、gentenのショルダーバッグです。

柔らかなシープスキンでできた柔らかなデザインのバッグは女性向き?とも思うんですが…

「気に入らないからあたしが使うから」

というのがプレゼントに常に添えられる奥様の決めゼリフなので、
「いやあ、とっても気に入ったよ、ありがとう」
と最大級の感謝とともに恭しく押し戴いたのでした。

やっぱりおじさんには似合わないような気がしなくも無いですが、ディティールがいかにもgentenという感じで大好きです。



コメント (2)   トラックバック (1)

【無】 無印良品のふしぎ

2008-09-21 19:34:38 | 無印無間(限)地獄
2006年に発売された無印良品に関する本です。

下の写真のように見開き1ページにひとつの商品が取り上げられています。
左側のページにお馴染みのタグ、そして右側のページに実際の商品と数行の文章が書かれています。

コピーライターの筆者が、タグの表現や商品について、無印良品の担当者とやり取りするという趣向です。

文章が少ないので15分も立ち読みすれば読めてしまいます。

先週古本屋で105円だったのを購入。定価の1,050円だったら買わないかな。

タグの表現について確かになるほどな~と思うところもあるし、無印のこだわりがわかるところもあるので、古本屋で見つけたら読んでみてください。



コメント

【文】 ほぼ日の方眼

2008-09-19 23:21:27 | 文具(ノート・紙類)
LOFTでリフィルのみの販売が始まったので、ほぼ日2009を購入しました。

パッと開いてみて感じるのはやっぱり方眼が小さくなったこと。
ちなみに、写真上が現在使っている2008年版で、下が2009年版です。

4mm角から3.45mm角へ。

たいした違いはないかなと思ってましたけど、現物を比べてみると結構違います。
今使っているセーラー・プロフェッショナルギア・スリムのFニブでは間違いなくはみ出しますね、こりゃ。
3~4mmのゲルペンならちょうどなんでしょうけど。

まあ、今でも方眼からはみ出ることもあります。

でも、「はみ出すこともある」ことと、「絶対はみ出る」の間にはかなり大きな差がありますよね。



コメント (2)

【日】 どうしよう、iPod

2008-09-16 23:34:49 | 日々のことなど
いまだにiPod nanoの1st generationを愛用中のアルマーニです。

しかしさすがに電池の持ちが限界に近づいてます。

そこで新発売になった4代目nanoを近所のヨドバシに見に行きました。

確かに薄いです。そして何より軽い!

しかしなんとなくおもちゃっぽくないですか、これ?
しかも派手めな原色系のカラバリも個人的にはいまひとつ…

そんなわけであえて3代目を買うか、ブラックかシルバーの4代目を買うか、結構悩んでます。
3代目は家族が使ってますが、あの横広の形もパステル系の色も割と好みです。

アップルストア限定のレッドなども見てから決めようかな。
コメント (6)

【文】 PAPYRUSノート

2008-09-13 17:36:40 | 文具(ノート・紙類)
PAPYRUSという名前のリングノートです。

oazoの丸善でやっていたバーゲンで、1冊150円で売られていたのを確保しました。

紙製の表紙の上に表紙と同じ色の半透明の塩ビ?のカバーのついた、ちょっと凝ったノートです。
表紙と同色の塩ビカバーによって、落ち着いた雰囲気になっていると思います。

サイズは、幅の広いA5という変わったもの。
各ページには切り取り線がついてますが、切り取ってもA5より少し幅が広いです。

切り取り線の上部には長細い穴が開いています。
切り取りを容易にするためのものでしょうが、デザイン上のポイントにもなってますね。

白い用紙は7mm幅のゆったりした横罫で、ファイリング用と思われる4つの穴が予め穿たれてます。
このサイズで4つ穴のファイルなんてありましたっけ?

PAPYRUSのノートは、スペインのUNIPAPELという会社の製品のようです。

ミケルリウス(ミケリウス?)のノートといい、スペインのノートってデザインや色使いがうまいですね。



コメント

【食】 Krispy Kreme Doughnuts

2008-09-10 22:43:53 | 食べもの・飲みもの

先日新宿の東急ハンズへ行った折、チラリと頭をよぎったんですが、サザンテラス店の行列を見て並ぶ気を無くしました。
最近ますますこらえ性が無くなって来たような…

その数日後ウェブサイトをチェックしていて、立川にもお店があることを発見。
さすがに新宿よりは空いているだろうと、立川に用事のあった家族に買ってきてもらいました。

甘いけど軽い、そんな感じですね。

別にドーナツ命というわけではないので、一応「あの、クリスピー・クリーム・ドーナツを食べたぞー!」ということで。

コメント

【日】 ラピタ廃刊

2008-09-09 23:22:30 | 日々のことなど
ミニ万年筆「WHITE」を紹介したばかりですが、そのラピタ誌が年内で廃刊だそうです。

よくわかりませんが、この雑誌のターゲットっていわゆるニューリッチに近い層なんじゃないでしょうか。
取り上げてる「モノ」もほんのり高級路線ですし。
それじゃああんまりたくさんは売れないでしょうねえ。

思えば、自分も万年筆がおまけにつくときしか買ってませんでした。

最後に、ミニなどとは言わずにドカンと立派な万年筆をおまけにつけてくれないでしょうか(笑)
コメント (6)

【文】 ラピタ万年筆 WHITE

2008-09-07 18:58:19 | 文具(万年筆・インク)
雑誌Lapitaのおまけ万年筆第4弾です。
今度は真っ白のミニ万年筆で、その名も『WHITE』です。

第3弾の「Always」が思いっきり微妙な色だったんで、この色はちょっとうれしい。
形は「Always」とまったく同じようですが、色が違うとだいぶ印象が違いますね。

ただ、このサイズってもう少し大きい方が良くないですか?
ミニ檸檬とか赤と黒の方が形もサイズも好きなんですけどね。




コメント (2)