Tiny Happy Days

タイニー・ハッピー・デイズ。ささやかだけど幸せな日々。
そして日々を彩ってくれる音楽や文具などなど。

【日】流鏑馬@日光東照宮

2019-05-19 11:39:08 | 日々のことなど

はじめて流鏑馬を見てきました。

東照宮の参道をすさまじいスピードで駆け上がってきて、的を射る。
参道に敷かれた砂を馬が蹴るドドドッという音と、板で出来た的が射抜かれた時のカーンという音。
流鏑馬って、神事なのにこんなに迫力のあるものだったんですね。

(写真がピンボケで恐縮です)

コメント

【音】イエローモンキー/9999

2019-05-14 18:43:52 | 音楽

あの「通勤」というやつがなくなってから、音楽を聴く機会も、読書量もめっきり減ってしまいました。やっぱり時間の制約があった方がなにかと一生懸命やる、ということなのででしょう。

それでもこの人たちのニューアルバムは聞かないわけには行きません。アルバムタイトルの読み方はフォーナインズでいいんでしょうか。

歳をとっても変にまるくならないのがいい。やっぱり太っちゃだめだな、ロックミュージシャンは!

紛うことなき現役。日本のロックの最前線でがんばってます。

コメント

【物】令和のショートソックス

2019-05-10 09:38:05 | 物欲・買物全般

令和のお祭り騒ぎをなんとなく苦々しく思っている今日この頃です。

そろそろショートソックスの季節。

昨年までは無印のすべり止めつきフットカバーを愛用していましたが、今年はユニクロを買ってみました。商品名はベリーショートソックス。
ゴールデンウィーク中は3足で780円でした。安さにつられたわけですね。

ユニクロも脱げにくいことを売りにしているようですが、やや生地が厚い気がします。どうかな。

コメント

【文】プラチナ#3776 忍野

2019-05-08 09:16:51 | 文具(万年筆・インク)

昨年会社をリタイアしたときに、家族を含めいろいろな方から記念品をいただきました。
年末近くの送別会だって気が引けるのに、本当にありがたいことです。

そんな記念品の中で唯一の文房具がこのプラチナ#3776の万年筆、忍野です。「忍野、欲しいなあ」とつぶやいたのを覚えていてくれたんですね、ありがとう。

忍野は、限定品の富士五湖シリーズのあとに登場した1本で、限定ではなく定番品らしいですね。
忍野八海の富士山の伏流水をイメージしたそうで、ともかく徹底的に透明。あれこれ汚れてしまったオジサンには恥ずかしいほど透明です(笑)

ちょっともったいないので眺めるだけでしたが、そろそろ使おうと思います。
透明なボディが引き立つインクが使いたいですね。

コメント

【革】ネイビーコードバンのPalm

2019-05-06 10:12:42 | 革・かばん

WILDSWANSの二つ折りのミニ財布、Palm(パーム)です。

Palmは、様々な革で作られていて、コードバンのものもありますが、市販品はブラックか茶系。しかし、入手したのはネイビー。もちろん、ホーウィン社のコードバンです。

実はこれ昨年のふるさと納税の返礼品として入手したものです。
ふるさと納税版では、ブラックの他ネイビーのコードバンも選べるのです。
また、Palm以外にも長財布やコインケース、キーケースが選べます。

ネイビーにブルーのステッチが効いています。硬くて、厚くて紙幣を入れるポケットもギリギリなので最初は戸惑いますが、だいぶ慣れてきました。
はじめてのPalmですが、いいですね。

コードバンになっても、WILDSWANSの代名詞、コバの美しさは健在です。内側にコイン用のポケットがありますが、コインは入れず、クレジットカードを2枚ほどねじ込んでいます。

 

 

コメント