Tiny Happy Days

タイニー・ハッピー・デイズ。ささやかだけど幸せな日々。
そして日々を彩ってくれる音楽や文具などなど。

【靴】いきなり靴擦れ

2019-08-19 10:29:56 | 

先月紹介した42nd Royal Highlandのグルカサンダル。

20190722 【靴】42nd〜のグルカサンダル

履きおろしは慎重に、ということで近所を散歩。もちろん店員さんのアドバイスに従って靴下を履いて。
ところがいきなり両かかとの後ろが靴擦れに。それも結構ひどい状態で。

どうもクォーターライニング?、腰革?といったらいいんでしょうか、かかと部分に縦に縫い付けられた長方形の革の上の部分で擦れたようです。

とりあえず馬油入りクリームを何度も塗って少し柔らかくなったのか、症状は治まりつつあります。
100均のハンドクリーム役に立ちますね。

 

コメント

【鞄】TANKERヘルメットバッグ

2019-08-12 10:13:58 | 革・かばん

吉田かばんのPORTERシリーズの金看板といえるのがTANKERシリーズ。

そのTANKERシリーズが今年値上げになっていたんですね。
正確にはリニューアルということで仕様が変更されたようですが、ともかく価格が上がりました、大幅に。

値上げを知ってたら、ヘルメットバッグは欲しかった。
しかし、値上げ前税抜き17,500円だったのが、値上げで一挙に26,500円!!
まあ、もともと安かったし、あくまでリニューアルですけどね。

Amazonをはじめ様々なオンラインショップ、さらに近所の実店舗にも足を運んでみましたが、どこも価格は改定済。
ところがなにげなく覗いた吉田かばんの公式オンラインショップにあるじゃないですか。
値上版とは別に、色はシルバーのみですが値上げ前の価格で売られてました。
購入後再度チェックしたらシルバーもSOLD OUTになっていたので最後の1個だったんでしょう。

TANKERは軽くて丈夫なので日々愛用してます。
よく使っているのは、ショルダーバッグ代わりのカモフラ柄のウエストバッグと、Headporterの小さめのネイビー・トートバッグ。
そういればHeadporterはクローズしちゃったんですね、残念。

ヘルメットバッグは旅行を中心に活躍しそうです。

 

コメント

【文】プロシオン 2本目

2019-08-04 12:43:03 | 文具(万年筆・インク)

プラチナ万年筆5,000円万年筆、プロシオン。宣言どおり、2本目、細字を買いました。

20190715 【文】プラチナ PROCYON

軸は明るい色がぴんと来なくて、ディープシーを選択。
ネイビーブルーですが、混ぜ込まれたアルミフレークのせいで、地味すぎずいい具合。

つるつるとしたポーセリンホワイトとは違い、アルミフレークのせいかサラサラ、ザラザラとした触り心地です。汗ばむ夏にはいいかも。

肝心の書き心地ですが、セールスポイントの五角絞りのせいか細字のせいかカリカリ感はなくなめらかです。
ただ、中字もそうでしたが、細字といえども字幅はやや太めですね。
インクは、初回生産分に付属するミクサブルインクのスペシャルカラー、ダークバイオレットを使ってみました。ほとんど黒ですね。

同じ万年筆を2本買うとこんなこともできます☟

 

 

コメント

【日】うな重@川越

2019-07-29 00:17:10 | 日々のことなど

今月はじめ何かと話題の埼玉に1泊旅行に行ってきました。

まずは渋沢栄一で盛り上がる深谷市で渋沢栄一記念館など関連施設を見学。施設の内容はともかく、ボランティアのシニアガイドのみなさんがどなたもとてもフレンドリーでちょっと感激しましたね。

その後川越へ。日曜日しか拝観できない仙波東照宮などを見て、お待ちかねのうなぎを堪能。
川越はさつまいもが有名ですが、今回は、断然、うなぎです。

うな重がうまいのは当然として、今回は温かい焼き立てのう巻きに目覚めました。
うなぎは、お店で食べたい派。次はいつ食べられるだろうか。

コメント

【靴】42nd~のグルカサンダル

2019-07-22 06:12:37 | 

しばらく夏のサンダルは、ラバーサンダルでごまかしてきましたが、久しぶりにレザーサンダルを調達。

今回はひっかけて履くタイプのサンダルは避け、靴に近いグルカサンダルをチョイス。

グルカサンダルといっても細部のデザインは様々。できるだけオーソドックスなものを求めて銀座をフラフラ。
銀座シックスのパラブーツにも心動くものがあったんですが、最終的にシックスの裏通りの42nd Royal Highlandで好みのものを見つけました。
はじめて伺ったんですが、コンパクトながら居心地のいいお店ですね。

素材はカーフ、グルカといったらこれ、というしかないオーソドックスなデザイン。滑りにくそうなラバーソール。
しかも値段も税込みで2万円ちょっととリーズナブル。

ちょっと心配なのは手染めなので色落ちしやすそうということ。ステインリムーバーでも少し色が落ちますね。

かかとを含めて革の裏に何も貼ってないこともあり、いきなり素足は避けるべきとの店員さんのアドバイスに従って当面は靴下着用で慣らし運転します。

コメント