Tiny Happy Days

タイニー・ハッピー・デイズ。ささやかだけど幸せな日々。
そして日々を彩ってくれる音楽や文具などなど。

【音】デヴィッド・クロスビー

2023-01-21 18:53:42 | 音楽
ジェフ・ベックに続いてまたも訃報が。

デヴィッド・クロスビー。クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(CSN&Y)のクロスビー。
70年代といえばもう半世紀前。その頃活躍していたミュージシャンの大半は70〜80歳なのだから訃報が相次ぐのは仕方のないことですが、やはり寂しい。

クロスビーといえばロマンティストという印象ですが、初めてCSN&Yのアルバム"Deja Vu"を友達の家で聴いたとき、クロスビーの歌う"Almost Cut My Hair"の強い緊張感は今でも記憶に残っています。

2018年リリースのソロアルバムまでは聴いてきましたが、2021年にもアルバムをリリースしていたんですね。早速聴いてみようと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【文】よくぞ、これだけ

2023-01-16 15:56:13 | 文具(ペン)
年末に大掃除らしい掃除はしないわが家ですが、昨年末にひとつだけやったことがあります。
それはボールペンなどの大断捨離。

とはいっても、私がこれまで買い求めてきたものではなく、どこかでもらってきた無名のペン達。
なにかの説明会でもらったマーカー、アンケートに答えてそのまま持ち帰ったシャープペンシル、飲食店のオープン記念で配られた3色ボールペン、不動産の査定依頼用紙とともに郵便受けに入っていたボールペン、などなど。

年末にこれらを家中からかき集めてみたら50本ほどもありました。
そして1本1本試し書きすると書けないものが半分以上。よくもまぁこれだけ使えないものをため込んでいたものです。

書けないペンは迷わずゴミ箱行き。
ただ、昔模型を作っていた頃の習性なのか、廃棄するノック式ボールペンに仕込まれているスプリングだけは、1本1本取り出して保管しておきました。使う宛はないんですけどね。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【音】ジェフ・ベック

2023-01-14 12:08:29 | 音楽
ジェフ・ベックが10日に急逝したことが伝えられた。
「三大ギタリスト」などという言葉はもはや死語なのだろうが、プロアマ問わず無数のギタリストに影響を与え続けたジェフ・ベックが逝った。

享年78歳と聞いて驚いたが、考えてみれば自分がナマのベックを観たのは1973年のベック・ボガート&アピスとしての来日公演と1978年のスタンリー・クラークとのジョイント公演。そりゃあベックもこっちも歳をとるわけだ。ベックのキラキラとしたトリッキーなプレイは、うっすらとだがまだ記憶に残っている。

第2期ジェフ・ベック・グループの通称“オレンジアルバム”と呼ばれるセカンド・アルバムは今でも偶に聴くが、きょうは第1期ジェフ・ベック・グループの1968年のデビュー・アルバム“トゥルース”を聴いてみよう。

半世紀以上にわたって大いに楽しませてもらいました。ベックよありがとう、どうぞ安らかに。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【日】 3年連続自宅で正月

2023-01-06 17:30:09 | 日々のことなど
2023年になりました。
なんとか3年続いている5年連用日記を見てみると、ちょうど2021年からお正月は自宅で迎えています。

それまではお気に入りの日光のホテルで新年を迎えていました。ずいぶん気の早い話ですが、2024年のお正月はどこで迎えるんだろう、なんて考えてしまいます。

ちなみに昨年は連用日記の全てのページを埋めました。
毎日書いたというわけではなく、10日以上さぼって必死でおぼろげな記憶を喚起したことも何度かありましたが、ともかく全ページを埋めました。今年はできるだけ毎日書いていきたいと思っています。

ユルユルな当ブログではありますが、今年もよろしくお願いいたします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【文】 富士紺

2022-12-17 09:39:24 | 文具(万年筆・インク)
プラチナ#3776センチュリーの10周年記念限定モデル"DECADE"には、コンバーター、カートリッジインクの他、"富士紺"(ふじこん)という20mlのボトルインクが付属しています。

プラチナ万年筆の説明は、
"富士山の薄暗い濃紺の空が次第に赤みを帯びていく朝焼けの様子をイメージしたインクです。筆記線が反射加減で赤みのある反射が現れる特殊なインクをお楽しみ頂けます。"

実際に使ってみると、紫色に近い明るめのブルーブラックですが、特徴的なのは乾くと現れる赤色。レッドフラッシュといわれる現象かと。これが"赤みのある反射"でしょうね。
かなり激しいレッドフラッシュなので、好みは分かれそう。珍しい色ですが、自分はちょっと苦手。落ち着かない。

プラチナは"ブルーブラック富士"というボトルインクも出してますね。これはどんな色味なのか気になってきました。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする