ぱおんの小部屋

水郷爆釣隊隊長のひとりごと…

球磨川

2018-11-14 10:35:55 | Weblog

単線の線路を列車はのんびりと走る。これは出張ではない。癒しの旅だ。
球磨川の清流が見える。なるほど、美味い鰻が取れそうだな。美味い鮎も。

コメント

朝食

2018-11-14 10:08:10 | Weblog

今日の朝食は人吉駅の駅弁栗めし。昔からある定番駅弁だ。

栗めしは各地にあるが、ここのは割と人気が高い。まぁ、人吉にはこれしかないからかも知れないが。

ふむ。優しいく味だ。のんびり列車には駅弁が似合うな。
コメント

オシャレ

2018-11-14 09:52:55 | Weblog


人吉での仕事を済ませ、八代に向かう。また1両編成の列車だ。しかし、昨夜乗ったのと車両が違う。昨日のは黄泉の国に向かう寂しげな車両だったが、今日のは割とオシャレだ。



この路線にはSL人吉号も走っていて、観光客が多いのだろう。

間もなく出発・・・と思ったら、駅前のカラクリ時計が動き始めた。なかなか凝っていて楽しい。
コメント

2018-11-14 08:37:26 | Weblog

人吉ゲストハウスを出た。結構寒い。今日はこの人吉から始まり、八代を経て、最期は倉敷まで行く。長い旅は続く。

今日の期待は八代の駅弁かな〜。
コメント

上村うなぎ屋

2018-11-13 19:38:59 | Weblog

怪しいゲストハウスはハンコ屋が経営しているようだ。そこを出て、食事のために街を歩いて行く。人吉の街は侘しさの中に味があり、なかなかの風情である。



しかし、人吉に来れば鰻を食べないわけにはいかないだろう。となると、有名店が二つある。上村と白石。しかも隣同士で並んでいるのだ。どちらも美味いが、味の系統は全く違う。白石は関東の鰻のような、柔らかく、タレの香りがいい鰻。上村は弾力があって、白焼きに近いアッサリ味で焦げが香ばしい。どちらも行ったことがある。


今回は上村うなぎ屋。2日あれば両方行くのだが、どちらか一方だけとなると、ここでしか食べられない独特な鰻の上村になる。

で、出て来たのがこれ。

上鰻重、4500円也。ゴツイ。厚い。美味い。

そして、鰻の下のご飯の、中にも・・・

鰻が入っているのだ!

関東で普通にたべる鰻重に比べると、鰻の量が倍くらいに感じるボリューム。ご飯は減らしてもらったから少なめだけど、ガッツリと鰻を食べて大満足だ。

うむ。人吉に来たらやっぱり鰻だな!
コメント

人吉の宿

2018-11-13 19:33:06 | Weblog

人吉の宿は何とも怪しげな「ゲストハウス堺」。民家を魔改造して作られたような雰囲気である。

しかし、安い。一泊3500円税込。それに部屋は綺麗に掃除してあり、清潔感はしっかりしている。今回のように、夜到着して、早朝出発、すなわち寝るだけならば充分だろう。

ここで浮かせた分のカネで美味いものを食べて来るか。
コメント

八代

2018-11-13 17:30:53 | Weblog

新八代駅に到着。ここから在来線で八代へ行き、そこで乗り換えて人吉へ向かう。まだまだ先は長い。

人吉に着いたら、とりあえず上村うなぎ屋でも行くか。今回の出張のクライマックスだな。
コメント

さくら

2018-11-13 16:31:50 | Weblog

鹿児島中央駅で新幹線さくらに乗り換え。シートが広い。のぞみのグリーン席並みか。デザインも洒落てるし。



さて、駅の売店で買ったむかんでも食べようか。
コメント

特急きりしま

2018-11-13 15:06:44 | Weblog


都城を後にし、鹿児島へ向かう。乗り込む列車は特急きりしま。



うむ。なかなかシックな車内だ。前にも乗ったことがあるが、こんなに綺麗だったっけ。しかし、走り出すとかなり揺れる。なるほど、こんな感じだった。それにしても結構な衝撃。ブログ記事が書きにくいぜ。
コメント

鹿児島

2018-11-12 20:38:08 | Weblog
今日も宮崎。市内から日南、都城と回り、最期は都城から電車で人吉へと移動する。途中、鹿児島駅で買い物が出来ればと思っているが、はたしてそんな時間が取れるかな。

ホントは鹿児島では天文館に行って、シロクマを食べたり、例のカワイイシンガー稲田麗奈ちゃんの路上ライブを聴いたりしたいんだけどね。

とりあえず、なるべく早く仕事が終われるように頑張りますか。
コメント