宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

きゅうりの相互視察研修会を開催しました

2021年10月12日 15時36分41秒 | ④園芸産地の育成・強化支援


 令和3年10月5日(火),継続的改善手法(SPDCA)に取り組むきゅうり生産者3戸及び1法人(栗原市志波姫・若柳地区)を対象に,栽培上のポイントを学ぶ相互視察研修会を開催しました。今年6月に開催した第1回視察研修では対象農家が各々のハウスを見ながら情報交換を行っており,今回は,さらなる生産意識向上と栽培技術習得を目的として,管内で高い技術力を持つ生産者2戸を視察しました。
 まず,各ハウスで生産者から作付状況について説明を受けた後,きゅうりの生育状況を見ながら,適期作業を行うための意識付けや効率的な管理方法,自分のハウス環境に合った品種選定などについて話がありました。
 参加者は自分の栽培管理と比較しながら,品種の特性や整枝・摘葉のタイミング等について,幅広く質問をし,有意義な相互視察研修会となりました。
 今回の視察を通じ,生産者が自らの栽培管理を見直す機会となり,気づきを得たことで,生産意識や栽培技術の向上が期待されます。

<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 先進技術班
TEL:0228-22-9404  FAX:0228-22-6144

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 家族経営協定が締結されました | トップ | 農業大学校の先進農業体験学... »
最新の画像もっと見る

④園芸産地の育成・強化支援」カテゴリの最新記事