宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

抑制かぼちゃ現地検討会が開催されました

2018年09月03日 16時50分35秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

<現地検討会の様子>

 平成30年8月22日(水)に,高清水地区の2ほ場でJA栗っこ抑制かぼちゃ現地検討会が開催され,生産者12名が参加しました。参加者は,種苗メーカーと普及センター,県農業・園芸総合研究所の職員から,今後の管理と病害虫防除について学びました。

 現地では,着果前のほ場と着果後のほ場の2か所を見学しましたが,どちらのほ場でもアブラムシ媒介のウイルス病が発生していたことから,病害発生拡大を防ぐために罹病株の抜取りを行うよう指導を受けました。また,今後の管理として,台風対策や病害虫を予防防除することを再確認しました。

 参加者は農薬防除の仕方や整枝方法等情報交換を行い,初めて栽培する人や栽培2年目の人も含めて生産技術を高めた様子でした。

 今後もほ場巡回を行いながら,JA栗っこのかぼちゃの安定生産を支援していきます。

<連絡先>

宮城県栗原農業改良普及センター 先進技術班    

TEL:0228-22-9437       FAX:0228-22-6144

この記事についてブログを書く
« 夏秋・抑制きゅうり現地検討... | トップ | わかやなぎ農産物直売所くり... »
最新の画像もっと見る

③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営」カテゴリの最新記事