宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

亘理名取地区農村青少年クラブが先進地研修会(北海道)を開催しました。

2018年10月12日 11時19分02秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 平成30年10月2~4日に北海道において亘理名取地区農村青少年クラブ先進地研修会(クラブ員7名参加)を実施しました。

 初日は,北海道における仙台いちごの最大の卸売業者である「札幌みらい中央青果株式会社(札幌市)」を訪問し,聞き取りによる「仙台いちご」の市場調査を実施しました。

 同社からは,道民にとって仙台いちごは古くからなじみがあり,評価も高いこと,また,クラブ員も栽培を始めている宮城県のいちごの新品種「にこにこベリー」に注目しているとの事でした。

 2日目は,東日本大震災後に亘理町から伊達市に移住し,夏いちご「すずあかね」の栽培に取組む生産者を訪問し,栽培法の研修を行いました。

 「すずあかね」は,亘理地域の一部でも栽培に取組まれており,クラブ員は夏いちごの先進地である北海道独自の栽培法について興味深く説明を受けました。

 また,このほかにも札幌市中央卸売市場の視察や量販店・百貨店における北海道産夏いちごを使った商品の調査を行い,知見を深めることができました。

 

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター  地域農業班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143

この記事についてブログを書く
« 亘理名取地区農村青少年クラ... | トップ | 民宿組合に対するいちじくの... »
最近の画像もっと見る

⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事