友々素敵

人はなぜ生きるのか。それは生きているから。生きていることは素敵なことなのです。

人生を振り返ると

2019年01月17日 17時26分28秒 | Weblog

  北側の窓から真っ黒な雲が見える。飛騨は雪降りかも知れない。大動脈瘤の手術を受けた、私よりも一回り程若い友人が、集中治療室から一般病棟へ移ったと知らせて来た。明日にでも見舞いに行って来ようと思う。まだ若いのだから出来る治療は受け、ぜひ、以前の健康な身体に戻ってもらいたい。

 他人のことだから、そんなことを平気で言えるが、もし今の自分であったら、手術など受けたくない。苦しいのであれば鎮痛剤を打ってもらうが、身体を切りひらいてまで生きながらえたくない。痛みに対して私は我慢強い方なのか、若い時、医師から「我慢し過ぎはダメですよ」と注意されたことがある。

 自分の人生を振り返ると、稀勢の里ではないが、「一片の悔いもない」。もちろん「悔い」ばかりの人生だったことは認めるし、「ああしなければよかった」と思うことはいっぱいある。けれど、過ぎ去った過去は取り戻せないし、たとえやり直せるとしても、やり直す気は全くない。ここまで生きて来たことが自分の人生で、別の人生を望むつもりはない。

 高校生の頃、文芸部の友だちに頼まれて「詩」や「小説」のようなものを書いた。その友だちは、ねじめ正一氏の『荒地の恋』を読んだのだろうかとブログに書いた。「荒地」の詩を話題にしたことがあったのか知りたかったが、友だちの文面にはそれらしいことは書かれていなかった。私が「荒地」を知ったのは、大学に入ってからのようだ。

 あの頃、新左翼の学生たちのシンボルだった吉本隆明氏は、荒地の詩を高く評価していた。その詩人たちの反体制的な生き方と思っていた無軌道な生き方は、生きること、欲望に真摯であり、普通の価値観とは相容れないものだった。文芸部ではそんな詩人たちが話題になることはなかったのだ。友だちの好きな人に恋してしまうことのない青い時代だった。

 「反体制をよし」とした年代の人々も、おそらく古希を迎えているだろう。泣いても笑っても怒っても、もう終末期に入っているし、鬼籍の人もいるかも知れない。明日の夜は看護師2年目の孫娘との「デートだからね」とカミさんが言う。

コメント

横綱「稀勢の里」の引退

2019年01月16日 17時45分43秒 | Weblog

  横綱の稀勢の里が引退する。再起をかけた初場所だったが、初日から3連敗してしまい、中日新聞も「迫る決断の時」と報じていた。私の友だちは、「3連敗では引退しかない」と言う。「昨日の取り組みなど、全く何も出来ていない」と手厳しい。「それでも15日間土俵に上がるべきだと言う人もいるが‥」と聞くと、「そんなみっともないことはすべきではない」と断じる。

 「横綱は関取衆の最高の地位だから、強いのが当たり前。それを負けてもいいから土俵を務めろと言うのは無責任な発言だ」と強調する。確かに、強い横綱が負ける姿は見たくないし、昔は見せなかった。つまり、勝てなくなったら引退が当たり前だった。「負けても頑張る」姿勢は、いつから評価されるようになったのだろう。

 私は相撲に詳しくないが、貴乃花がケガを負いながら優勝した時、小泉首相が「よく頑張った。感動した」と言った。強い横綱よりも必死で頑張る姿が尊ばれる分岐点だったのではないだろうか。相撲は日本の伝統ではあるが、スポーツではないと私は思う。貴乃花が言ったように「神事」ではあるが、そして何よりも「興行」なのだ。

 歌舞伎と同じように、観る人々を楽しませるものである。だから横綱は強くなくてはならない。下位の関取のように、陥落しても復活できる「スポーツ性」はあってはならなかったのだ。外国人に門戸を開きながら、外国人横綱を歓迎しないのも、「興行」は盛り上がって欲しいのに、「神事」の伝統は絶えて欲しくないという自己矛盾である。

 稀勢の里は19年ぶりに誕生した日本人横綱であったが、私には横綱になったことが稀な巡り合わせだと思う。確かに期待された関取であったことは間違いないが、バタバタした相撲で、横綱にはなれそうにない気がしていた。横綱になっても皆勤は2場所しかなく、通算成績は36勝36敗97休である。「真面目過ぎる」性格は褒められても、「強い横綱」にはなれない。

 人一倍稽古し、どんな頑張っても、達成できる人とできない人がいる。努力は尊い。けれど、結果ばかりを求め過ぎずに受け入れていく、そういう生き方があってもいい。「土俵人生において、一片の悔いもありません」と稀勢の里は言う。あっぱれ!

コメント

担任の娘さんから届いた段ボール箱

2019年01月15日 17時39分02秒 | Weblog

 天気予報通り、午後から雨粒が見えない雨降りになった。友だちのお姉さんたちは、もうアメリカの家に着いているだろう。日本にいる間は本当に天候に恵まれた。到着した翌日の雪景色は素晴らしいプレゼントになった。31日の除夜の鐘は突くことが出来なかったが、風もなく穏やかで、寒さも厳しくなかった。11日の下呂温泉は雪景色を期待していたがダメだった。おかげで名古屋城を見学出来た。

 毎日一緒にいた訳ではないのに、帰国してしまうと何故か虚脱感がある。今朝、中学時代の担任の娘さんに小包で復刻版のクラス誌3冊を送った。実家を訪ねた時、親戚の方から先生のカミさんのお兄さんの住所を教えてもらい、そこに手紙を書いて、息子さんか娘さんに渡してくださいとお願いした。北九州市の大学に務めているという息子さんからお礼の手紙をいただいた。そして年が明けると東京に住む娘さんから段ボール箱が届いた。箱の中に手紙が入っていた。

 「お正月に帰省しました折に、畑のミカンをたくさん採りましたので召し上がって下さい」とある。先生が子どもや孫のために植えたもので、先生自身は「口にすることもなく亡くなった」とあった。そして先生がワープロで書いた日記のような思い出や、随筆、取り組んでいたボランティア活動の記録などが封筒に入っていた。「父は文章を色々書きためていたようですが、実家のどこにあるのかよくわからず、私の手元にあるものだけ送らせていただきました」と添えられていた。

 先生の書いたものを見ると、短気で頑固で几帳面で真っすぐな先生の性格そのものという気がした。脳梗塞になった後、介護のことや地域活動にも取り組まれていたようだ。集められた資料なども先生らしくきちんと残されている。私はいつの間に先生の影響を受けたのか、同じような記録クセがあるが、先生のような几帳面さには欠けている。担任の時は、「すぐ怒る、怖い先生」だったが、卒業して「神経質なくらい気配りの人」と知った。

 私は兄がクラス誌を持っているなら妹にもと思い、中学からの友だちのブログで先生のことに触れた最近の記事と一緒に送った。

コメント

成人式のあり方を考える

2019年01月14日 17時36分04秒 | Weblog

  成人式の様子がテレビに映されていた。最近、「荒れる成人式」は滅多に聞かない。それだけ、おとなしくなったと思っていたら、今年は暴れる連中がいた。マンモス成人式の横浜市では、新成人の一部が壇上に上がろうとして警備員と衝突する騒ぎを起こしている。他の市でも、改造車で乗り付けたり、5人乗りの車に8人が乗るトラブルを起こしている。

 理由は分からないが、「目立ちたかった」と正直に答えているアホもいた。以前のように既成のものへの反抗という行動ではないが、やっぱりそこには「規制」への反発が存在している。それにしてもなぜ、自治体は成人式を行うのだろう。成人式で選挙権を授与する訳ではなく、市長や県議や市議などの「エライ」人の話を聞かされるだけで、新成人はこの後の「友だちとの宴会」に参加するために来ている。

 選挙権を18歳に引き下げながら、20歳での成人式では辻褄が合わない。18歳が成人なら、飲酒もタバコも認めるべきだろう。大学の入学や会社の入社の後の歓迎会では、実質的に酒を飲まされているのに、未成年扱いは矛盾している。「早くから選挙権を与えると保守党が不利」と言われてきたが、若者たちの政治離れと保守化が進み、手のひらを返したように選挙権を引き下げたのは全くのご都合主義だったのだ。

 「これから、君は大人の仲間入り」という儀式は世界中にある。大人として扱うためには、それなりの覚悟を与えることが必要なので、重々しい儀式が生まれたのだろう。それならそれで、現代にふさわしい儀式をすればいいと思う。自治体が主催することはなく、現在どこの自治体でも行われている実行委員会に全てを任せてしまった方がいいだろう。行政は費用は負担するが、日時や場所や内容は実行委員会が決め、そして運営する。

 18歳のこの時期は大学受験を控えていて式典は無理とも言われている。だったら何も1月にこだわらずに夏休み中でもいいし、そもそも式典を行う必然性はどこにあるのだろう。成人としての自覚を高めるためなら、新成人たちに任せた方が良い案が生まれてくるだろう。

 

コメント

ゴミのない日本の街に感心していた

2019年01月13日 18時43分26秒 | Weblog

  時が経つのは速く、あっという間だった。アメリカから友だちのお姉さんらが来たのは12月28日、30日に歓迎会を開き、31日は地元の寺に除夜の鐘を突きに出かけ、そのまま神社で初詣をし、3日から彼女たちは京都と東京を見学し、11日には誕生日会のメンバーと下呂温泉へ行き、12日に帰るとその足で名古屋城へ、そしてその夜は30日のメンバーで送別会を行なった。

 言葉は話せなくてもまるで旧知の間柄のように親しくなった。みんなの前で裸になることに抵抗のあった女性たちも、誰もいない大浴場で伸び伸びと湯に浸かったようだ。「見たかったなあー」と言ったら叱られたが、シャワーよりも気持ちがよかったらしい。人前で裸になることに抵抗があるのは、宗教の違いだろう。日本人だって人前で裸になることは滅多にないが、銭湯があり、庭で行水をしていたし、「絶対ダメ」という教えはなかった。

 彼女たちがよく口にしたのは、「街がとてもきれい」という感想だった。アメリカに比べれば日本の街はせこせこしていて統一性に欠ける。けれど、「ゴミがない」。「責任感が強い」と彼女たちは言うが、責任感というより気質なのかなと思う。「衣食足りて礼節を知る」とは古い中国の諺だが、生活が安定してきたからルールを大事に出来るのだろう。それでも今、世界中で生活がそこそこ出来るのに異なる民族や考えを暴力で潰そうとする動きがある。

 生活は出来ているが、その生活が脅かされるのではないかという「恐怖」が暴力を生み出している。「寛容」とか「理想」、自分と同じように相手を助ける、そんな「思いやり」が失われている気がする。「貧富の差」が大きくなっているからと指摘する人もいるが、貧しい時代であっても人は助け合ってきたのだから、貧しさが暴力の原因とは言えないだろう。「我慢すること」や「他者への思いやり」は人々の価値観で育てられる。そう考えると学校教育の目的は、それをどう教えるかにある気がする。

 明日の午前中に彼女たちはここを出立する。無事に帰国できることを祈りたい。そしてまたいつか再会できる日を期待したい。

コメント

中学の同級生からの年賀状

2019年01月10日 18時12分03秒 | Weblog

  中学の同級生からの年賀状に、「この頃思うと、ヨシヒコくんは昔から大人だったですね。私は本当に子供だったと思います。変なの おかしいネ」と書き添えてあった。彼女は素直な子で、どういう訳かよく担任に叱られていた。高校生になると、私たち男4~5人で、学校も違うのに彼女の家によく上がり込んでいた。

 お母さんだったか兄嫁さんだったか覚えがないが、菓子とか果物とかお茶を出してくれた。私が一番印象に残っているのは、3歳か4歳くらいの赤ちゃんがいて、その子に絵本を見せると、一文字も間違えずに声をあげて読んでくれた。「この子、天才だね。こんなに小さいのに文字が読めるんだ」と私が驚くと、兄嫁さんが「暗記しているだけよ」と教えてくれた。

 彼女の兄はトヨタの「エライ人」と聞いた。彼女が「本当に子供だった」のは、そういう恵まれた環境で育ったからだろう。本当のことを言ったり、本音を晒したりしたのも、素直に育った証である。それにしても、「昔から大人だった」とはどういう意味だろう。私は嘘を言ったり、駆け引きをしたりすることが出来なくて、だから黙って見守る立場を堅持していた気がする。

 そんな彼女をも巻き込んで、キリスト教会で私がシナリオを書いて芝居をしたことがある。仲良しだったけれど、恋愛に発展するカップルは生まれなかったが、おかげで長く付き合って来られたのかも知れない。高校生の時は、中学3年の担任の家にもよく押し掛けた。食べ盛りだったから、先生のカミさんは大変だっただろうが、その頃は全く気が付かなかった。

 先生には男の子と女の子がいて、とっても可愛かった。下の女の子の名前を聞いて、先生は女の子に、クラスで一番成績が良く利発な子のようになって欲しいと名付けたと思った。幼い時しか知らないが、先生のカミさんは優しくて目のきれいな色白の人だったから、娘さんもきっと美人になったことだろう。

 明日・明後日はアメリカの女性たちと一緒に下呂温泉に出かける。明後日の夜は、地元の居酒屋に連れて行き、「お別れ会」をするつもりでいる。そんな訳で、11日と12日はブログを休みます。

コメント

難しいことは分かるが‥

2019年01月09日 18時01分23秒 | Weblog

  今朝は北風が強く、身体の芯まで冷えた。マンションから委託されて掃除をしているオバサンたちは、風に煽られて作業が出来ず気の毒だった。午前中、友だちに来てもらい、自治会の役員の選出について話し合った。彼も私も、役員は交代で行うことが望ましいと思っている。しかし、現会長さんは7年の長期にわたって務めている。

 それは彼が完璧主義で責任感が強いためだと思うが、だからと言って、同じ人が何年も続ければますます代わりの人は出てこれなくなる。自分がいなければ会社はダメになると心配する社長は、後継者を育てられない。私の住むマンションは自主管理を40年以上続けてきた。確かに高齢化が進み、役員のなり手が狭まっている。

 それでも、どうしたら自主管理を続けられるか、現状に配慮しながらも原則を貫いていく必要がある。その点を確認して別れたが、難しいこともよく分かるので、とにかく腹を割ってよく話し合って欲しいとお願いした。ダメだ、ダメだと言うだけでは解決しない。代議員である組長さんは、トコトン話し合い良い方向を見つけ出して欲しい。

 午後からは、国際交流のイベントの件で喫茶店で落ち合った。彼は外国人の子どもが在籍する小学校へ日本語を教えに行っている。「学校によってぜんぜん違うよ。係りたくない気持ちが前面に出ている校長もいるし、こんなジジイに何が出来ると言いたそうな顔の先生もいる。週1回はきついけど、子どものためだと思ってやっている」と話す。

 私が日本語を教えていたのは社会人で、1対1ではなく、何人も、しかもいろんな国の人たちが相手だった。全く強引に、日本語だけで教えていた。何か困った時に、手助けが出来るように、とにかく相手から信頼されることを念頭に置いていた。日本に働きに来ている外国人は増えているのに、彼らが困った時に相談できる窓口になろうと。

 外国人労働者は「移民ではない」と政府は言うが、逆に私は「移民したい国」になるべきだと思う。故国に帰りたい人まで引き留めることはないが、この国が好きで、ここで働き、一生住みたい、そう思う人は日本人になってもらいたいと思う。

コメント

「心配り」に欠けてきている

2019年01月08日 17時26分36秒 | Weblog

  新年会で我が家に姪っ子の家族や長女の家族が集まった時、姪っ子が「長男がまだ独身だから、誰か嫁に来てくれないかしら」と言った。私が冗談で長女の下の娘に「お嫁さんになってあげたら」と言うと、いつも遊んでもらっているのに、「ムリ」と即答する。周りも「33歳と9歳じゃー、ちょおと無理か」と言い出した。

 そこで「幾つ違うの?」と小3の孫娘に聞いてみた。「えーと、えーと」と言うもののなかなか計算が出来ない。すると周りが、「30から9を引いて、3を足す」とか、「9に1を足して、33から引いて、答えに1を足す」とか、「33を30と3に分け、30から9を引いて、答えに3を足す」とか言い出す。孫娘はますます分からなくなってしまった。

 学校ではどう教えているのだろう?友だちの息子が小学校で教えてもらった方法以外のやり方で答えを出したところ、先生は「そんなやり方は教えていない」と注意した。私は腑に落ちなかったので、大学で数学を専攻していた大学生に問うと、「それってインド式で正しいですよ」と言う。先生も数学の知識がなかったのだろうが、教師としてはダメだと思った。

 昨年、愛知県出身の若者が大事件を犯している。新幹線で殺人事件を犯した青年は一宮市で育った。中学時代から不登校気味だったようだが、学校の先生はどんな対応をしていたのかと思う。そんな話を教師をしている人にすると、「無理です。時間がありません」と言う。どうしてそんなに忙しくなっているのか私には分からないが、それが学校の現実のようだ。

 私は高校しか務めたことがないので、しかも最近の学校の様子は全く分からないが、小学校の職員室は随分遅くまで電灯がついているし、朝は7時ころから先生が運動場にいる。「先生は夏休みや冬休みがあっていいね」という時代はもう昔のことらしい。余裕がないのは先生だけではないようで、社会全体に「心配り」に欠けてきている。辛く寂しい時代になってきたと思う。

コメント

認知機能検査通知書

2019年01月07日 17時41分03秒 | Weblog

  愛知県公安委員会から「認知機能検査通知書」が昨年11月に届いたが、カミさんは「一緒に行きたいから」と自分に通知書が届くのを待っていた。12月は慌ただしく、年始明けの今日になって、自動車学校へ電話をした。「もう、どこもいっぱいみたい。どうしよう」と焦っている。高齢者の自動車事故が増え、認知機能検査に合格しなければ更新できない仕組みになった。

 私は目が見えにくくなってきたので、「免許は要らない」と言うのだが、「今回は受けて、次回に返上すればいい」とカミさんの意思は固い。通知書に「検査は大変込み合います。今すぐ電話予約をお願いします」とあったが、どこの自動車学校も私の誕生日までに「空きはありません」と言う。

 最後に電話した学校がかろうじて、「4月8日が空いています」と答えてくれた。するとカミさんは「それで講習(運転の実技)は間に合いますか?」と畳みかける。「間に合いません。検査結果が出るのに2カ月くらいかかります。そういう人はたくさんいます」と平然と答えるので、「だったら、免許証がもらえないじゃーないですか」とカミさんが驚くと、「警察の方で延期を認めてくれます」と手慣れた調子で話す。

 高齢者の事故防止のために、こうしたシステムを作り上げた。免許を取得する若者が減ってきて、自動車学校の経営に不安が生じていたから、一挙両得の仕組みであった。それが認知機能検査に合格しても実技検査が受けられないとなれば、仕組みそのものがうまくないことになる。行政は自らの失敗を認めないから必ず抜け道があるはずだ。「だから、そんなに心配することはないよ」とカミさんに言うが、「何もしないでよく言うわ」と叱られた。

 最近のカミさんは何故か焦っている。気ばかりが先に立ち、手に着かない。「思いついたことから片付けないと」と言うのはいいが、手順がバラバラになっている。私の思いとカミさんの思いとはかなり往き違う。カミさんは思うことが、私よりはるかに多いのだろう。そんなカミさんが面白いことを言った。「長生きする人は、やり残したものが多いんだって」。なるほど名言だ。でも、いったい誰を指すのだろう。

コメント

「青春応援団 我無沙羅」と劇団「30-DELUX」の共演

2019年01月06日 18時17分35秒 | Weblog

  姪っ子の3男坊は、劇団「30-DELUX」で活躍している。子どもの頃からちょっと変わった面白い子だったけど、まさか舞台俳優になるとは思わなかった。劇団「30-DELUX」は、「『笑って、泣けて、考えさせられて、カッコいい』のテーマのもと、本格的かつ圧倒的な迫力の殺陣とアクションを駆使したエンターテイメントが見どころ」の、結成15周年になる劇団で、歌舞伎やシェークスピア劇を土台に新しい演劇のスタイルを目指している。

 それが今日だけの特別企画だという。内容も聞かずに名古屋市民会館へ向かった。会場のビレッジホールは、名演が開催してきた場所で1千人近い席がある。果たして埋まるのだろうかと心配したが、入り口に長い列が出来ていた。圧倒的に若い女性が多いが、それなりの年齢の人たちも結構いる。演題を見ると、『デラ・ガムシャラ-芝居×アクション・殺陣×応援合戦-』とある。えっ、いったい何をやるの?

 パンフを読んでみる。2017年のフランスで開かれた「JAPAN EXPO」で、劇団「30-DELUX」と「青春応援団 我無沙羅」が奇しくも出会い、互いに心惹かれ、「ぜひコラボを」となった。そこに中京テレビをバックとする名古屋出身のダンスチーム「KoRocKの2人が加わり、さらにダンサーや俳優などを養成する専門学校の生徒たちが参加する、総勢80人からなる舞台であった。

 驚いたのは、「青春応援団 我無沙羅」が刈谷市を中心に活動していることだった。私が生徒会長の時、サッカー部が県大会で優勝し、全国大会に出場することになった。ところが我が校は進学校で応援団がない。3年生で親しかった就職クラスの先輩に応援団長を引き受けてもらい、にわか作りの応援団を作った。地元の観光会社にバスを1台手配してもらって西宮へ出かけた。

 「青春応援団 我無沙羅」の応援を見ていたら、あの時の先輩の姿を思い出した。「応援の型」は受け継がれ、さらに進化して美しく力強いものになっていた。迫力ある殺陣と気迫に満ちた応援とストリートダンスのコラボは目新しくはあったが、まだまだ中途半端だった。けれどきっと、さらに優れた脚本が生まれれば、もっと可能性は広がるかも知れない。母校の応援の流れを汲む「青春応援団 我無沙羅」は、これからどんな活動を展開するのか楽しみでもある。

コメント