ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

亀岡の中心部「亀山城址」にある「大本花明山植物園」。貴重な植物などを保護

2018-11-03 | 自然

JRで京都から約20分の亀岡。その町の中心は、明智光秀が築城した「亀山城」です。
 

周囲をぐるりとお濠が囲み、そこでは、市民がのんびりと釣りを楽しむ姿も。
 

「亀山城」は、1577年ごろ明智光秀が築城し、その後、1610年、藩主となった岡部長盛により城郭と城下町が整備されたそう。天守閣などを有した城は、明治時代に廃城令により、解体されてしまいます。大正時代に、荒廃した城址を宗教法人大本が購入し、本部として修復します。それからはさまざまな歴史を経て、現在は、大本の本部が置かれ、その管理が行われています。

「中、見学できるって亀岡ガイドに書いてあったから、見学しよう~」とミモロは、中へと進みます。
 

広い敷地内は、とてもキレイに整備され、ゴミひとつ落ちていません。
そこには「大本花明山植物園」があるのです。案内盤の指示に従い、ミモロは、植物園事務所に見学許可をいただきに向かいました。
そこには「申し訳ありませんが、ただいま留守にしております。自由にご観覧ください」との表示が。

そこで植物園の中へ。城址の北側に位置する植物園には、散策路があり、それにそって進みます。
「温室もある」

現在、約1000種の植物が栽培され、学術上、貴重な植物の保護も行われているそう。

「あ、お茶のお花が咲いてる~。初めて見た~」と感激するミモロ。

園内には、山野草がいろいろ。可憐な花々がひっそりと咲いています。
 

濠に囲まれた中ノ島へとさらに進みます。
 
木々が茂る間から、さっき歩いたお濠沿いの遊歩道が見えました。

さて中之島には、昭和28年にここで発見された八重咲きのヤマザクラの変種の非常に珍しい桜があります。
 
「コノハナザクラ」と名付けられた桜で、春になると、それは美しい花をさかせるのだとか。
「これ2世だって、え~と親桜は、もっと先にあるんだ~」とミモロは、今は枝しかない桜ですが、満開を想像しながら奥へ。
「あ、あれだ~」
亀岡市の天然記念物になっている名木です。「花が咲いてるとこ見たいな~」

植物園の中を見学したミモロ。

広い敷地内を表示に従って歩き、出口へ進み、見学は終了。外へ出ました。

*「大本花明山植物園」は、8:30~17:00 年内無休 入園無料。植物園入口で見学許可をいただきます。

亀岡祭で訪れた町…「なんかもっといろんな興味深い場所がありそう~また来ようね~」とミモロは再びJRに乗り、京都駅へと戻ります。
 
台風で大きな被害を受けた保津川。今は、再び穏やかな景色が戻りました。紅葉シーズン、保津川下りなどで大勢の観光客が訪れることでしょう。「紅葉、もうすぐだね~」と車窓の景色を眺めるミモロです。


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
2019ミモロの京都暮らしカレンダー」登場です。


コメント

亀岡の「夢コスモス園」は今年は10月31日まで。27日からコスモスの無料摘み取りもスタート

2018-10-28 | 自然

「早く行かないと、お花みられなくなっちゃうよ~」と10月に入ってから心配していたミモロは、
やっと「亀岡の夢のコスモス園」を訪れる機会に恵まれました。
 
ここは、関西最大級というコスモス園で、20種類約800万本のコスモスが約40ヘクタールの敷地に咲き乱れます。

JR亀岡駅からバスで「運動公園前」に向かいます。あんまりバスの本数多くないから、急ぐ人やグループなら、割引タクシーで1000円もおすすめ。

「あ、かめ丸くんだ~こんにちは~」ミモロとは春「菜の花畑」の時にお友達になった亀岡のキャラクターです。


平日の入園料は500円。午前9時~午後4時までが受付期間です。

「うわ~一面のコスモス畑~こんなにいっぱいのコスモス見たことない!」と目の前に広がるピンクや黄色の畑に感動。

「よかった~間に合って~」と広々した景色を見渡すミモロに、コスモス畑を渡る秋の爽やかな風が吹き抜けます。


園内を歩きまわりながら楽しむコスモスの花。またここでは、人気ものをイメージした案山子も評判。
春にはまだいなかったのですが、今年コスモス園に登場したのは、「チコちゃん(5歳)とキョエちゃん」
 
訪れる人の撮影スポットになっていました。ミモロも土曜日の朝、必ず見るNHKの人気番組「チコちゃんに叱られる!」
「チコちゃんって、面白いよね~」とミモロもファンなのでした。「よかった、ここで会えて~」と嬉しそう。

秋の花畑は、コスモスだけではなく、他のお花も…。
 
「これ尻尾になるね~」と尻尾のないミモロは、お花で尻尾にして遊びます。


園内には、フラワーショップもあって、コスモスの花束なども売られています。
 

さらに地元の味などが楽しめるイートインスペースもあり、ランチタイムにはピッタリ。
 
「お釜炊きの松茸ご飯なんかもあるんだ~」

ほかに、地元農家の新鮮な野菜なども並んでいます。
 

いよいよ10月31日で今年の開園は終了。そして10月27日から31日まで、なんとコスモスの無料摘み取りができるのです。
「え~好きなだけコスモス摘んでいいの?」と驚くミモロ。訪れたのは25日でまだ無料摘み取りはやっていませんでした。残念…
次の春は、菜の花畑になる敷地で、それまでしばらくお休みです。



ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
「2019ミモロの京都暮らしカレンダー」登場
コメント

トンボの宝庫、京都「深泥池」。例年約50種類のトンボを確認。

2018-09-20 | 自然

今年の夏のある暑~い日。ミモロは、お友達といっしょに、「深泥池」のトンボの観察会に参加しました。


京都の町の北部に位置する「深泥池」は、水生生物の宝庫として研究者の間では、評判の場所。
  
日本古来の在来種の種類も多いのですが、近年、外来種によって、その自然体系が損なわれつつあります。

自然大好きなミモロは、お友達を通じ、よく「深泥池自然観察会」などに参加しています。

さて、この日は、トンボの観察会。トンボに詳しい研究者の方が、参加者にさまざなま種類のトンボを見せてくれました。
トンボの調査をまとめた資料

そこによると、「深泥池」には、約75種類のトンボの観察記録がり、京都府下では、約100種類。また全国では約200種のトンボが確認されているそう。その中で、一か所で、多くの種類が確認される「深泥池」は、とても珍しい場所なのだそう。

虫とリネットを巧みに動かし、次々にトンボをゲットする研究者。「さすが~」とその技に感心しきりのミモロ。
採取したトンボは、観察のため一時捕獲。「これチョウトンボですね~」広めな羽でひらひらと舞うトンボです。
「ウスバキトンボです」
ミモロも近くで観察します。「では、観察したら、放しますよ~」と、瓶からトンボを出すと、ミモロのところへ。
「あ、トンボさん・・・」ミモロの毛並は滑らないので、居心地がいいよう。
「ずっといていいよ~」
「ミモロちゃんが好きみたいね~」と周囲の参加者に言われるミモロ。「さぁ、次の場所に移動しましょう~」と。「え?ダメ~まだトンボさん、ここにいたいみたいだから~」とトンボが自分で飛び去るまで、ミモロは、じっとしていました。

「これは最少サイズのハッチョウトンボで、1円玉くらいの大きさしかありません」

「こちらは大きなシオカラトンボですね」

いろいろなトンボを観察したミモロたちは、池の畔をさらに奥へと進みます。
「待って~」と歩くのが遅いミモロ。

「だって、ネコだけど、2足歩行なんだもの…」と。

池の周囲には、森が茂ります。強風などの影響で倒木なども目立ち、その隙間をぬって進むのです。

自然豊かな池の周囲は、実は、近年、鹿がやってきて、樹木の新芽や幹の皮などを食べて、木にダメージを与え、森の姿が変わってきているそう。森が変わると、そこに住む生物にも影響が出てきます。

「自然は、みんな繋がっているんだよね~」とミモロ。

池の周囲でも観察は続きます。


「そこ気をつけてください!」といわれたのは、スズメバチの巣。
幹に作った巣から、盛んに蜂が飛び立っているのです。
そ~と静かに・・・蜂を刺激しないように、そばを通りぬけるミモロ。

また別の木には、コガネムシなどが樹液に集まっています。
「でも昆虫採集しちゃいけないんだよ~。ここ自然保護地域だから…」

「なんか池の水少ない感じ~」そこにさまざまな堆積物があり、草などが茂ります。
でも、草原だと思って入ると、ズブズブと沈んで大変な事態になるそう。

「あ、ショウジョウトンボかも…」

赤とんぼが多く飛びだすと、秋が近い気がします。

「前に観察したヤゴたち、みんなトンボになったかな?」
今年の夏もいろいろ珍しい生物に出会ったミモロでした。

ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

深泥池の底生生物の調査。子どもたちと共にヤゴやオタマジャクシなどを調査。

2018-09-09 | 自然

今年の夏休みに、ミモロは、お友達に誘われて「深泥池」の水生生物の調査に参加しました。
 
古来より、様々な生物が暮らす「深泥池」は、まさに水生生物の宝庫。
でも、近年、ブラックバスやブルーギル、ウシガエル、ミシシッピアカミミガメなど、外来種の生物が、この池に住む在来種を食べてしまったり、その生態系が大きく変化しています。

池本来の生態系を維持するために、様々な人が調査し、外来種を駆逐したり、日々努力を重ねているのです。

GWや夏休みなど、子どもたちを招き、生物に触れ合い、より理解を深める調査・観察会などが催されています。

今回のモニタリングを指導くださる竹門先生をはじめ、研究者や学生などに従って、ミモロなど参加者は半日、池で過ごします。
 

まずは、前回などのモニタリングの結果を知ることから・・・。
「なるほど~」

外来種の魚の増加。在来種の減少。プランクトンや有機物の増加などの問題が明らかになり、その原因は、浮泥の増加による酸素不足から、昆虫などの減少が見えてくるそう。
環境改善のためには、水生植物の間引きや泥抜きなどが必要なのだとか。

「では、実際にどういう底生生物がいるか、調査しましょう。みなさんネットで岸の近くにいる生物を捕まえてください」と。「は~い」ミモロはやる気満々です。

「ミモロちゃん、池に行く前に虫よけスプレーしましょうね」「うん、よろしく~」熱中症予防の水分補給も。
 

いよいよ池の畔へ。参加者は、銘々ネットを持って、池へ。ミモロもネットで、池の底付近をすくいます。
「ヨイショ~」
「ミモロちゃん、もっとこっち~。え~どこ~」

「う~重い~」小さなミモロにとってネットは大きすぎるよう。
「なにかいる?」
すくったネットの中を確認します。「あ、なんかいるよ~なんだろ?」黒いものが動いています。
「ヤゴですね~」
それをガラス瓶に入れて、後で、なんのヤゴか見てもらうことに。

参加者は、次々に小さな生物をキャッチ。
 
それを種類ごとに分類します。

「底生生物って、ヤゴやオタマジャクシ、エビなんかのことなんだ~」と初めて知ったミモロです。
よく池にいる魚以外にも、いろんな生物が池に生きていることを知りました。

ヤゴに詳しい研究者の方に、ミモロは、捕まえたものを見てもらいます。
「コシアキトンボなんかもいるかな?」「ヤゴ見て、なんおトンボかわかるんだ~すごい~」とミモロ。

生物の研究者の調査は、実に地道なもの。「あ、先生たちお池に入ってる~」
 
「あの~なに見てるんですか?とミモロ。
古い木にも小さな生物が暮らしているそう。

「こっちには、カニなんかもいますよ~」と、京都大学の学生さんたち。
池に流れる小川にも、いろんな生物が暮らします。

「さぁ、そろそろ室内で詳しく分類し、数を数えましょう」と。「は~い。ただ捕まえるだけじゃないんだ~」と、ミモロも学生さんたちの後に続きます。


「深泥池って、ホントいろいろな生物が暮らしてるんだ~」と思うミモロです。


ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

「平安神宮 神苑の無料公開」。花菖蒲や睡蓮、新緑を楽しむひととき

2018-06-09 | 自然

「今日、平安神宮の神苑の無料公開なんだって~」と朝、8時半の開苑直後にミモロは出かけました。
 
「わ~結構人いるね~」いつもなら、それほど多くない人も、この日は朝から次々に…。

緑の木々がみずみずしい苑内を、ミモロはトコトコお散歩します。

神苑は、ミモロが何度も訪れている場所。どこを歩けばいいか熟知しているミモロでした。


春は桜、秋は紅葉でにぎわう神苑。この季節の見どころは、花菖蒲と睡蓮です。
「咲いてるけど、1週間早く来ればよかった~」
そう、すでに盛りは過ぎていますが、まだ花は咲いています。
 
花菖蒲が咲く池の周囲には、大勢の人がカメラで花を撮影。「朝なのに混んでる~」と思うミモロでした。

そこから、さらに奥へと進みます。そこで待っていたのは睡蓮の池。
 
「ここは、今からって感じ~」池の畔で花を鑑賞。


池のそばには茶店もあります。ここで睡蓮を眺めながらのひと休みもおすすめです。
 

「平安神宮」で一番大きな池に到着。この水は、琵琶湖疏水から引かれたもの。
「ここの眺め好きなんだ~」得意の柵乗りで眺めます。そう、ミモロは小さいので、少しでも高い所から眺めたいのです。


池にかかる屋根付きの橋「泰平閣」へ。
 
「この池には、大きな鯉とスッポンがいるんだよ~」と池を覗くミモロ。残念ながらスッポンには会えませんでした。

桜の時期、ここからはピンク色が池の縁を飾っているように見えます。

「あ、梅の実がなってる~」さすが目ざといミモロ。ほかの人が関心を抱かないものでも見逃しません。
 

「泰平閣」を眺めるベストポジションは、実は、渡り切った場所。
 
「これネコジャラシみたい~フワフワしてる~」ネコジャラシではありませんが、ミモロはじっと見つめて…

「ほら、尻尾できたよ~」と。よく「ミモロちゃん、ネコなのに尻尾ないの?」といわれるのを気にしていたのでしょうか。
 
確かに、ミモロと同じような色。「これがあると、クマっていわれないね~」と。やはりちょっと気にしているよう。

でもスカートから、この尻尾が出てると、ちょっと変かも…。
「そう・・・?」キティちゃんも尻尾ないから、そんなに気にしなくていいのよ~。「うん」

久しぶりの「平安神宮」の神苑を楽しんだミモロ。もちろんお詣りも忘れません。


ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント