ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

「丹波の祇園祭」といわれる「亀岡祭」。くじ改めや山鉾の方向転換など見どころいっぱい

2018-11-01 | 祭事・神事・風習

「このお祭り、まだあんまり知られてないけど、絶対将来、注目されるお祭りだよね~」とミモロがいうのは、京都市に隣接する亀岡市の秋祭り「亀岡祭」です。
「丹波の祇園祭」といわれ、山鉾が町を巡行し、まさに祇園祭さながらの祭りなのです。
 
亀岡は、京都駅からJRでわずか20分。「すごく近いんだよね~」とミモロ。明智光秀が治めた地域としても知られます。
「きっと再来年のNHK大河ドラマの主役が明智光秀だから、きっと注目されるね~」と予想される地域なのです。

そこに江戸後期から町衆の力で発展した祭りが、この「亀岡祭」で、その日は学校もお休みという、まさに地元住民総出演ともいえる祭りです。

25日の本祭では、町にある11基の山鉾が町を巡行。「それが見たかったんだ~」とやってきたミモロです。
「亀山城」の城下町の道は、決して幅広いものではありません。そこを巡行する山鉾の方向転換などが見どころになっています。
「祇園祭」では、辻回しといって、山鉾の下に竹を入れて、少しずつ方向転換を行います。ここ「亀岡祭」では、道が狭いということから、大規模な方向転換ではなく、山鉾をクルリとまわす感じで行われるのです。

「いよいよ方向転換だよ~」とその様子を見守るミモロ。
 
止まった山鉾の車輪の下に大きな木を差し込み、ちょっと山鉾を傾けます。

そして山鉾の下にある柱を地面に立てます。


そう、この柱を軸にグルリと山鉾を回転させるのです。「う~なんかすごいね~」と感心するミモロ。
 
男衆が力を合わせていっきに動かします。するとクルリと山鉾は回ります。そしてそれが済むと、またちょっと山鉾を傾けて、柱を地面から外すのです。

山鉾に乗っている人数は10人ほどで、子供が多いので、「祇園祭」のような重さはありません。上の子どもたちは、なかなか馴れた様子。方向転換を楽しんでいるようにも見えます。

「さぁ、くじ改めだ~」とミモロは、会場となる旅籠町通りの中央付近へと向かいます。
山鉾の巡行の順番を決めるくじ取り式は、10月5日に行われました。順番は、くじ取らずの先頭の「翁山」、最後トリである「鍬山」の間を毎年、くじで決めるのです。今年の2番は「難波山」です。

「どこで見ようかな~」とウロウロしていると、「あ、中川さんだ~」と、亀岡に住むお友達を発見。「わ~ミモロちゃん、見に来たの?それはようこそ~。ここよく見えるよ~」と最高のポジションをミモロに譲ってくださいました。
亀岡出身の中川さんは、ご自分も祭りに参加していたそう。今は、お嬢さんとお孫さんが祭りを担っているそう。「お囃子の練習もよくやっていましたよ~」と。今日はお孫さんの晴れ姿を見物にいらしたそう。

 
くじ改めを前に、ずらりとそれぞれの山鉾の代表が勢ぞろい。市長の挨拶の後、くじ改めが始まります。

1番目は、くじ取らずの「翁山」。
 
無事にくじ改めを終えると、山鉾が通ります。「わ~ここで回転させてる~」と驚くミモロ。
「翁山」は、先ほどの山鉾の方向転換をここで行い、観衆を沸かせます。


次に「難波山」が到着。くじ改めを納めます。
  
「この山は、回転させないんだ~」。それぞれの山鉾が独自のスタイルで通り過ぎます。

「わ~なんか祇園祭みたいだった~秋に祇園祭楽しめた感じ~」と屋台などが並ぶ通りを駅に向かって進むミモロです。


ぜひ、10月25日に京都旅を計画したら、来年は、亀岡祭見物に。コンパクトで、親しみやすい「秋の祇園祭」です。

ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
「2019ミモロの京都暮らしカレンダー」限定100部で登場

コメント

「丹波の祇園祭」といわれる、華やかな山鉾が町を巡行する「亀岡祭」へ

2018-10-31 | 祭事・神事・風習

10月は、京都各所で秋の大祭が行われました。今年、ミモロが初めて訪れたのは、京都駅からJR山陰本線で約20分「JR亀岡駅」で行われる「亀岡祭」です。
亀岡は、丹波エリア統治のために明智光秀によって築城された「亀山城」を中心に発展した城下町です。
「亀岡祭」は、その地域を守護する「鍬山神社」の祭礼として藩主の保護のもと町衆の祭りとして行われてきた歴史ある祭りなのです。
「わ~来たよ~」
この祭りは、「丹波の祇園祭」といわれ、京都の三大祭の「祇園祭」同様、山鉾が町を巡行する華やかな祭りです。
 
現在、氏子町を巡行する山鉾は全部で11基。車輪があり綱で引く「曳山(ひきやま)」と台車を補助に担ぐスタイルのものがあります。

「なんか夏の祇園祭みたいですね~」と祭りを取り仕切る方々にお話を伺うミモロです。
 
「亀岡祭」は、この地域の氏神さまの「鍬山神社秋季大祭」で、神社は、ご祭神、大己貴神(おおなむちのかみ)を祀り、和同2年(709)に創祀されました。そこに住む人々に崇敬された神社は、戦国時代には荒廃したものの、江戸時代になり、神輿などを京都に発注するなど、祭りの形態が整ってゆきます。山鉾が登場するのは、寛延2年(1749)以降で、そのころから次々に建造されてゆきました。

天保年間(1830年以降)には、風流な曳山が作られるようになり、さらに華やかなものへ。
山鉾の建造は、町衆の熱意が注ぎこまれたもの。質素倹約を定め、町をあげて山鉾建造に情熱を注いだ町衆の祭りなのです。

さらに亀岡出身で京都で財を築いた人たちも、多額の資金などを寄進。前懸などさまざま懸装品の寄贈を行い、祭りの発展に尽力します。京都の「祇園祭」を盛り立てる「誉田屋」もこの祭りに関わっているのです。

「わ~京都の祇園祭みたい~」と感激するミモロ。 
山鉾の大きさは小さいのですが、「祇園囃子」が町に響く様子は同じ。
「あ、音頭取りさんだ~」豪華な装飾に彩られた山鉾の姿、音頭取りさんの動きも同じです。
 

本祭が行われた10月25日は、氏子町の会所から次々に山鉾が「くじ改め」を行う「旅籠町」へと集まってきます。


「亀岡祭山鉾連合会」によって行われる祭りには、地域の子どもたちも多数参加します。そのため、この日、地域の小中学校はお休みになります。
 
「高砂山」は翁すがたの子どもたちが先導。

「京都の祇園祭より女性が活躍してるね~」とミモロ。

そう、囃子方も音頭取りも女の子が活躍しているところが、京都の「祇園祭」とは異なる点。
そこに亀岡の町衆全員で、盛り上げてきた祭りの姿が見られます。

「そう、みんなで盛り立ててるんですよ~」と、亀岡市観光課野伊藤さん。
この日も交通整理に奮闘中。まさに市をあげての祭りです。

「わ~いよいよくじ改めが始まるね~」とミモロは、沿道で山鉾を待ちます。


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら 「2019ミモロ京都暮らしカレンダー」発売中
コメント

[下鴨神社」の大黒様の秋まつり「えと祈願祭」。楽しみな模擬店と森の手づくり市

2018-10-25 | 祭事・神事・風習

10月21日の午後、ミモロは、ウキウキしながら「下鴨神社」に向かいました。
この日は、恒例の家運の隆昌、商売繁盛などを祈願する「えと祈願祭」の日。境内の本殿の前に並ぶ社には、大国主命=大黒様が、それぞれの干支の守り神として祀られています。
 
「お名前たくさんあるんだね~」そう、さまざまな別名をお持ちです。

「下鴨神社」にお詣りする人は、本殿に参拝後、自分の干支の社にお詣りします。

ミモロは、参拝するたびに、順番にそれそれの社をお詣りしています。「だって大黒様大好きだから、みんなにお詣りするの」と、ミモロ流の参拝。

さて、この日、「下鴨神社」の崇敬会に入っているミモロは、福くじなどが楽しめる券をもっています。
「毎年、神社から送ってくるの~」と。崇敬会は、年会費3000円で、さまざまな祭事への招待や誕生日のご祈願などがいただけるもの。

「今年は何が当たるかなぁ?」と気合いを入れてくじを引きます。
「え~い」今年は梅干の詰め合わせが当選。そして福笹もいただきました。

「おでんやみたらし団子ももらえるんだよ~」


「えと祈願祭」と共に、この日は「糺の森」で「森の手づくり市」も開催されていました。

「あ、なんか可愛いもの売ってる~」と立ち止まったのは、天然あめ細工「辰友堂」という飴のお店。
  
いろいろなところに出張で飴細工を実演なさっているそう。
 
「かわいい飴の動物たち・・・食べちゃうの惜しい~」とミモロ。

飴細工師の泉本さんは、飴細工を老人介護施設や子供病院などでボランティア活動として行ったり、カルチャーセンターでも飴細工体験講座などもおこなっているそう。

「きっとみんなよろこぶね~」と思うミモロです。


「ほかのお店も覗いてみよう~」と、トコトコ糺の森の中を歩きます。

ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

ミモロ流「時代祭」の楽しみ方。今年は、出発前の「京都御苑」で

2018-10-24 | 祭事・神事・風習

「今日は、時代祭なんだ~」とすでに7回も見物しているミモロ。「まぁ、ちょっと出かけてみようかな~」と11時頃、「京都御苑」に向かいました。行列の出発は12時です。
 
出発まで1時間あり、京都御所の建礼門の前には、今朝、「平安神宮」から担がれた桓武天皇と孝明天皇の2基の鳳輦が置かれ、その前で神事が行われます。

それを拝見して、ミモロは、行列の出発を待つ人たちが待機しているところへ。
 
「こんにちは~」行列の先頭を進む方たち。

また、「京都御苑」で披露された鼓笛隊の演奏は、「山国隊」の方々です。
 
「時代祭」の先頭を進む「維新勤王 山國隊」は、「戊辰戦争」の時に、新政府軍に加わり、幕府軍と戦った人たちで、京都北部の周山街道の地域に暮らしていた農民の部隊です。
この地域は、桓武天皇が平安京遷都の際、都造営のために木材を供給する地域で、以来、朝廷との結びつきが強いエリアなのです。その深いつながりから、朝廷のためにと、83名が、農具から、一度も握ったことがない刀を握り戦いに参加。新政府軍と幕府軍の戦いは、京都から関東、東北へと移ります。その戦いの中で、命を落とした7名を弔うために創建された「山國神社」。その例大祭で「山國隊軍楽保存会」による軍楽行進が行われます。
「山國隊」は、江戸到着後、行進曲など鼓笛軍楽を習得。明治元年には、さらに軍楽の練習に励んだそう。それが現在も保存され、時代祭の先頭を進む鼓笛隊のベースになっているのだとか。

さて、待機している場所でのミモロの楽しみは、馬や牛に会うこと。
「こんにちは~」
馬に声を掛けて近づきます。
「おやつ食べてるの?」御苑の草を食べるのに夢中な馬。「行列お腹空くもんね~」
「がんばってね~」
これから始まる2時間ほどの行列に向かう馬にエールを送るミモロです。

「わ~馬さんたちみんなキレイ~」行列には、たくさんの馬が参加します。映画撮影をはじめ、葵祭やいろいろな祭り、イベントに参加しているベテランの馬たちです。
   
「時代祭」は、時代装束行列が見どころですが、実は、馬を飾る装飾も見事なもの。

「あ、いる~」とミモロが恐る恐る近づいたのは、牛車の牛。「こんにちは~黒毛和牛さん」
 
牛も美しい装飾をされています。「黒毛和牛さん、頭に飾りつけてる~」

「ハハハ~これ肉牛じゃありませんよ」といわれました。

黒い牛を見ると、黒毛和牛さんと声を掛けるミモロなのです。

トコトコいろんな場所を歩いていると「あ、ミモロちゃん!」と声が…。
石座神社や粟田神社のお祭りでお目にかかった剣鉾の差し手の方と祭りなどの役員をなさっているお父様。
「わ~このお祭りにも参加してるんですか?」とミモロ。「はい、今日は鳳輦担いでます。昨日は、八大神社の剣鉾差し上げました。今週は、亀岡祭にも行くんですよ~」と。「わ~連日、忙しいですね~」とミモロ。京都では、それぞれの祭りをみんなで助け合って行うのです。「がんばってください~ミモロも亀岡行こうと思ってます」と。

さて、ミモロがトコトコ歩いていると、なんと「これどうぞ~」と、観覧席の招待券をいただきました。
「キャ~座って見られる~」となんとラッキーなミモロ。
 
観覧席から行列を見物します。
  
目の前に次々現れる時代装束の行列。
 
「わ~鳳輦だ~」

行列の最後は、2基の鳳輦が…。

12時からスタートした行列の最後尾が「京都御苑」を出たのは、14時30分くらい。その時刻、先頭は、すでに「平安神宮」に到着しています。行列の長さは、約2キロといわれ、通過所要時間は、約2時間。
「わ~つまり行列のコースずっと交通規制なんだよね~。なんか今日お天気いいから、全部見たら日焼けしちゃった~」
観覧席の前の方に座ったため、途中で移動ができず、結局2時間、久しぶりに全部の行列を見物することになったミモロでした。



ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

京都岩倉の町に60年ぶりに響く剣鉾の鈴の音。「石座神社」の例大祭

2018-10-23 | 祭事・神事・風習

京都の町の北部、岩倉にやってきたミモロ。10月20日は、岩倉の産土神さまの「石座神社」の例大祭です。
「あ、やってきたよ~」と通りの向こうに姿を見せたのは、神輿に先駆け町を清める剣鉾です。
剣鉾は、「祇園祭」の山鉾のルーツのような存在。ミモロは、京都に来てからその存在を知って、以来興味を抱いています。

「こんにちは~」と駆け寄るのは、剣鉾を差し上げるみなさん。

「あれ~ミモロちゃん、ここにも来たんだ~ホントに剣鉾好きなんだね~」と顔なじみの差し手のみなさんに言われます。

京都各所の神社で復活の兆しが見える剣鉾。ここ岩倉地区にも6基の剣鉾がそれぞれの町内にあるのだそう。

毎年、祭りの時に、それらの剣鉾は、差し上げる人がいないため、神輿の前を横にして進んでいたのですが、今年、岩倉地区の方が、60年ぶりに剣鉾の差し上げの復活を果たしました。差し手をやることを志た町の有志の方々が、粟田神社や八大神社など剣鉾の差し上げが盛んな地区に出向き、練習を重ね、ついにこの日を迎えたのです。

祭りの行列が動きだしました。
 

「わ~剣鉾の差し上げだ~」と目を輝かすミモロ。
 
カ~ン カ~ンを鳴り響く剣鉾の鈴(りん)の音。それを見上げる氏子の人たちから拍手が起こります。
60年ぶりに響く鈴の音、「なんか感激的だね~」とミモロも拍手をおしみません。

「あ、稚児さんもいるんだ~」
 
御稚児さんの衣装を着て歩く子供たち。その次に、子供神輿が登場です。
「ワッショイ ワッショイ」と大きな声で進みます。

そしてついに大きな神輿がやってきました。
「ワッショイ ワッショイ」という掛け声が聞こえます。
「あれ?ここホイットーホイットーじゃないんだ~」と首をかしげるミモロ。というのは、京都の祭りで、ミモロが知る「祇園祭」の神輿、粟田神社、松尾大社などいろいろな神社のお神輿は、ホイットー、ホイットーの掛け声で、そして神輿を高く差し上げて激しく揺さぶり、神さまのパワーを高めるのです。

「あの~ここは、差し上げやらないんですか?」とそばの方に伺うと、「はい、ここでは、ワッショイと言って、神輿を担ぐだけですよ~」と。「あ、そうなんだ~」京都には、ワッショイとホイットーの少なくとも2種類の担ぎ方があることを知りました。

「わ~バスがギリギリ・・・」

剣鉾と神輿は、御旅所から「石座神社」へと戻りました。
神社前の広い場所で、最後の差し上げが行われます。
「あれ?どうしたの?」
剣鉾の差し手の人が、1本剣鉾を差し上げると、急いで、元の場所へ走って戻ります。
実は、6本ある剣鉾の内、差し上げるのは3本。そして差し上げる人は1組しかいないので、その方々が他の2本を差し上げるためにもどっているのでした。
 
「きっと将来、3本が一度に上がるときがくるといいね~」と思うミモロです。

そして神輿も、最後に勇ましく担がれます。
 

観光客などの見物人が少ない地元の祭り。地域の人たちの心意気と神社への崇敬が毎年祭りを続け、次の世代へとその心を伝えています。

「明日も、明後日も、どこかでお祭り行われるんだよね~」

連日、どこかの祭りに出かけるミモロ。「お祭りって、なんかパワーもらえる~」祭り好きのミモロの忙しい日々が続きます。

ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント