ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

待ってくれない茶摘みの季節。宇治の碾茶生産者「山本甚次郎」の茶園に

2020-04-30 | 体験

宇治川沿いにある「京都宇治茶房 山本甚次郎」の茶園は、伝統の「ほんず栽培」を行う希少な茶園。

ミモロは、そこで碾茶の茶葉の摘み方を教わります。

「あの~ミモロ、前にも茶摘みしたことあるんです~」とミモロ。ちょっと茶摘みには自信があるよう。
「う~でも、碾茶の茶摘みは、ちょっと違うかも・・・」と、6代目になる山本さん。


碾茶は、高級抹茶の原料で、蒸した茶葉を揉むことなく、乾燥させて作ります。その茶葉は、覆いをして日照時間を調整することで、いっそう茶葉の旨味をアップさせることができるのです。その方法を昔ながらの葦簀と藁で行うのが「ほんず栽培」です。

葦簀と藁で屋根を覆った「ほんず栽培」茶園には、碾茶にふさわしい2種類の茶葉が栽培されています。

「あさひ」と「さみどり」という茶葉です。
「ほら、葉っぱの大きさとかツヤが少し違うでしょ」と山本さん。
「うん、そういわれれば~」と目を凝らして見るミモロ。
ツヤが強く感じるのは、「あさひ」、ちょっとマットな感じなのが「さみどり」です。いずれも優れた碾茶用の茶葉なのだそう。
茶の木は、種からではなく、優れた茶の木を挿し木で増やしてゆきます。つまりクローンの状態で、同じ茶の木が育ちます。

では、次に摘み方です。
摘む部分は、新芽だけ。1本の枝についた小さな分け枝についた新芽を丁寧にやさしく摘んでゆきます。


「ここの部分?」とミモロ。「そう、そこ~やさしくね~」


柔らかい新芽だけを摘んで集めます。


「さぁ、やるぞ~」と、茶の木の前で気合を入れるミモロです。

「この新芽かわいい~」と、芽吹いたばかりの小さな芽に、つい見とれます。


しばらくして、「ミモロちゃん、茶葉、摘めましたか?」と山本さん。
「はい、一応、摘んだけど…」と背中の籠を下ろします。

「あれ?あんまり集まってない・・・」と。ミモロは、観察ばかりで一向に作業が進んでいなかったようです。
茶摘みのお手伝いにはならないみたい・・・やはりネコの手でした。

さて、毎年、「宇治市茶生産組合」では、加盟する茶生産農家で茶摘み作業をする人を募集しています。
今年は、すでに応募は終わっている農家も多いと思われます。、ぜひ来年・・・


碾茶だけでなく、さまざまな種類のお茶の茶摘み作業です。

「宇治市茶生産組合」の☎は、0774-20-8723 FBでも連絡できます。

「ところでミモロちゃん、お茶飲みたいですか?」と山本さん。
「はい!飲みたいです!」と、突然、元気になるミモロ。
そこで宇治の駅に近い「京都宇治茶房 山本甚次郎」のお店の方に伺うことに。
「あの~今日は、閉まってますから、特別ね~」とのことです。



ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで



コメント

もし大好きなママが、コロナかもと思ったら…悲しみをもたらす離れ離れの時間

2020-04-26 | 体験

コロナ感染が拡大する今。私たちがすべきことは、それぞれが十分に感染に注意すること。
今日は、ミモロとメディーちゃんに、そんな状況を演じてもらい、感染がもたらす悲しみを思い、いっそう気を付けていただけたらと思います。

『ミモロ劇場」 題して「もし大好きなママがコロナかもと・・・思ったら・・・・」 


出演 子猫のミーモ役 ミモロ ミーモのママ役 クマのメディ


はじまり、はじまり・・・

ある日、子猫のミーモのママは、風邪のように咳やのどが痛くなり、熱も少しあるみたい…
「もしかして・・・コロナに感染したかも~」とママは心配になりました。

でも、ミーモの世話もあり、マスクをしながらいつものように過ごします。
日追うごとに、「ちょっとお昼寝ね|」といってベッドに入ることが多くなりました。


「もしかして、コロナだったら、ミーモに移してしまう…そうなったら大変…」ママは、心配でたまりません。
だから、
「ミーモ、ママはお風邪だから、移っちゃうといけないから、離れなさい!」と、ママは、ミーモに強い口調で言います。
「え~ヤダ~そばにいる~」と小さなミーモは、いっそ強くママにしがみつきます。

全世界に蔓延しているコロナウィスルの恐ろしさなど、小さなミーモに理解できるはずはありません。

「でも、このままでは…」ママは、心を鬼にして、ミーモと距離を置くことにしました。

「いやよ~ママのそばにいるの~ワーン ワーン」と、お友達に体を掴まれたミーモは、泣きながら足をバタバタさせて、ママから離れることに抵抗します。
「ミーモ、大丈夫・・・いい子だから、少し待っててね~」と、ミーモから離れるママの目にも涙がにじみます。

外国に赴任し、そのまま帰国できないパパ。ミーモの世話は、幸い近所のお友達が見てくれることに…。

ミーモから離れ、ベッドルームにこもるママ。
「ママ~大丈夫?お部屋に入れて~」と、ミーモは、寝室のドアの前で、中のママに必死に呼びかけています。

「なんで、ミーモを入れてくれないの?ミーモのこと、嫌いになっちゃったの?お願いいい子にするから~開けて~」と、何度も声を嗄らすまで呼びかけるミーモです。

その声を部屋の中から聞くママ・・・涙がとめどなく流れます。「ミーモのため…我慢しなくちゃ~」声を殺して泣いています。

「ミーモ、大丈夫よ~待っててね~。大好きよ~」と、喉の痛みをこらえながら、やっと声を出し、ドアの外のミーモに呼びかけます。
「ママ~開けて~」と、その声を聴いたミーモは、いっそうドアを叩きます。


ドンドンドン・・・何度ドアを叩いても、中から返事がありません。手が痛くなっても叩き続けるミーモです。

やがて、涙も枯れて、ミーモは、ドアの前から離れます。

そんな日が何日か続き、熱も下がり、風邪のような症状も消え、やっと元気になったママ。
寝室に持ち込んだスマホを通じて、ミーモとお話できるようになりました。
「あ、ママ~」お友達のスマホでママに会えたミーモです。
「ミーモ、いい子ね~。お友達のいうことよく聞くのよ~」とママ。「うん…」と、寂しさで目を潤ませながら、やっと返事するミーモです。

でも、ママの今の状況では、コロナなのか、どうか検査することもできません。
『陽性だったら、ミーモに感染するリスクがある~どうしよ~」とママは悩みます。

これ以上、ミーモの世話で、お友達に負担をかけるのもはばかられます。

コロナ陽性と判断されたら、入院ができ、またミーモなど、子供の世話も自治体などが手当てしてくれるかもしれませんが、その具体的対策も今だ明瞭ではありません。

やがて自力ですっかり元気になったママは、コロナだったかも・・・という心配を抱きながらも、思い切って、ドアを開けて、ミーモの前に・・・
「ミーモ おいで~」と両手を広げて、駆け寄るミーモを抱きしめました。
「ママ~」と久しぶりのママの姿に大喜びのミーモ。

ママも、ミーモの笑顔は、スマホを通じてみていても、実際、抱っこしたミーモの小さな体の温かさに、涙が頬を伝います。

「もう離れないもん~!」とギュっと抱き着くミーモです。


小さなミーモにとって、短い時間であっても、大好きなママから離れなくてはならい時間の辛さは、生涯心に残ります。

おそらくママは、ふつうの風邪だったのでしょう。
現在、風邪をひいても、それがコロナかも・・・という懸念は払しょくできません。
「安心できるように、速やかに、コロナの検査ができることを望みます」とママ。
そう思う人は、多いのではないでしょうか?
こんな不安を抱く親子を増やさないために、コロナ終息のために、それぞれが十分に考慮して行動しなくては・・・。

元気になったママは、ミーモと接するときは、必ずマスクをするようになったそう。

一度、ママから無理やり離された小さなミーモは、ひとり遊びをしていても、ママの姿が見えないと、慌てて探し回るようになりました。「ゆっくりトイレにも行けなくなった」というママ。トイレに入っても、ミーモはドアのところで、ママに「早く出てきて~」と声をかけるのだそう。

コロナに感染しなくても、ママと離れた悲しい経験は、子供の心にストレスを生みます。不安なのです。

今後、コロナの感染が収束しても、多くの人々が、さまざまな面で心のケアを必要とすることでしょう。

「ミモロ劇場」~おしまい~

コロナを懸念し、「抱っこ~」という愛する子供を抱けない親ほど、つらいものはありません。
また訳も分からず、抱っこを拒否される幼子も不憫です。


1日も早い終息を願うのみです。


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで



コメント (1)

京都大原の畑での大根とニンジン収穫体験。「キッズファーム in大原」にて

2020-03-02 | 体験

2月のある日、京都の北、大原で開催されている「キッズファームin大原」の「糸つむぎ体験」に参加したミモロ。
子供たちに農業&食育活動を通じ、さまざまなことを学ぶ場を提供しています。

大原の里に、「キッズファーム」が作物を育てている畑があります。今は、ほとんどの作物の収穫が終わり、春に向けて、畑を耕す前に、まだ畑に残っている大根やニンジンを抜くことに…

「わ~広々した畑が広がってる~」大原は、自然豊かな場所。京都では、大原産の野菜などを八百屋さんで見ることも…。

ミモロは、子供たちやお世話をして下さるスタッフと一緒に畑へと向かいます。


「では、大根とニンジンが畑にまだありますから、どうぞ抜いてください~」とスタッフの方。

「キッズファーム」の運営にかかわるボランティアさんや学生さんたちが、子供たちの興味をそそる導きを行います。

「あ、大根だ~」大きな葉っぱの大根を見つけたミモロ。力を込めて引き抜きます。「ヨイショ~」

あまりの大きさに、一人では抜けず、そばの人に手伝っていただき大根を収穫。
「やった~!」と、抜いた達成感に浸ります。

次は、ニンジン…「え~ニンジンさん、どこ?」と畑に茂った草の間にわずかに見えるニンジンの葉っぱを探します。「あった~これだ~」
 
草をよけて、ちょっと葉の元の土をのけると、ニンジンの姿が…

「小さい~これなら一人で抜ける~ヨイショ!」畑にあるのは、すでに収穫を終えたニンジンの残り。なので、細いニンジンがほとんど。
 
「このまま洗って、すぐ食べられるスナックニンジンって感じ~」とミモロ。ときどき、葉っぱを食べるミモロです。

まさにミモロサイズのニンジンです。ミモロは、次々に小さなニンジンを収穫。「面白い~」ともう夢中。

「さぁ、そろそろ戻りますよ~」とスタッフさんが声を掛けるまで、ミモロはニンジンを取り続けました。

さて、「キッズファーム」の活動が行われる場所は、大原の古民家です。

古い農家の建物は、茅葺きで、和室には、囲炉裏などもあります。
 
ここは、「同志社大学 大原農家キャンパス 農縁館」だった場所。そこに置かれた古いラジオが時代を物語っています。

床の間には、「同志社大学」の創立者 新島襄の写真も・・・

「ここに、新島襄さんも来たのかな?」とミモロ。う~それはどうかなぁ~

創設以来、ここで活動してきた「キッズファーム」ですが、2020年3月以降は、会場が「大原公民館」に代わります。
今回は、ここでの最後の活動でした。
「ちょっと残念だけど…」と思うミモロですが、今後も「キッズファーム」の食育活動は推進されます。
「また、参加したいね~」と思うミモロでした。

*「キッズファーム」の詳しい情報はホームページでどうぞ



ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで

京都へ!
コメント

京都 大原「キッズファーム(Kids farm)」で行われた「糸つむぎ」体験。

2020-03-01 | 体験

2月のある日、ミモロは、京都の北、大原の里に出かけました。「三千院」に通じる坂道の途中にある古民家が、この日の目指す場所。

この日、ここで行われるのは、種(畑での栽培)から食卓(食べる)まで、丸ごと体験できるプログラムを展開する「キッズファーム」の「糸つむぎ体験」です。

「キッズファーム」は、3歳から小学生の子供たちとその家族を対象に農業&食育活動を行っています。それを主宰・運営する廣瀬さんが、ミモロを迎えてくれました。「ようこそ~ミモロちゃん…今日は楽しんでくださいね~」と。

「はい、お世話になります。よろしくお願いします」と挨拶。

会場である古民家には、すでに大勢の子供たちとその家族が集まり、今日のプログラムの「糸つむぎ体験」をご指導くださる大苗さんのお話を熱心に聞いていました。


糸つむぎについて説明しましょう。はじめは、糸をつむぐための綿づくりから・・・
「え?これが綿なの?」

綿花は、コロコロした形。花から摘んだもの。その中には、硬い種があるので、それを種取り機で取ります。
 クルクル~
昔の洗濯機にあった搾り機のような木製の用具に入れると、硬い種は、手前に落ちて、綿だけが出てきます。


それを弓のような用具でたたき、平らな綿にします。
 
「あ、これ、前座布団づくり体験の時、見たことある~」とミモロ。

糸つむぎは、この状態になった綿を使います。さぁ、糸つむぎの準備ができました。
 
木製の糸つむぎ車を使い、糸をつむぐのです。「これ、インドのガンジーが回していた糸車なの?」とミモロ。「そうですよ。糸つむぎは、とても手間のかかる仕事で、綿花の産地のインドでは、多くの労働者が従事していた作業です」と大苗さん。人間の暮らしに欠くことができない布づくり。その元となる糸づくりは、古代から行われる作業です。

さぁ、ミモロたちも糸つむぎに挑戦です。今回は、糸車を使わず、その機能をより単純化した特製の糸車を使います。
「ここ回すの?」
割りばしの端に紙製の円盤が付いていて、それを回転させることで、綿によりをかけ、糸にしてゆく、最もシンプルな道具です。

円盤部分を下にして、反時計回りに回すと、その力で、割りばしの先端のフックに絡む綿に撚りが施されるのです。


「わ~円盤うまく回らない~。きゃ~糸が切れちゃった~」と小さなミモロは、なかなかうまくできません。
隣を見ると、小学生の女の子が、器用に円盤を回し、次々に細い糸を紡いでいます。
すでに何回がやったことがあるそう
「教えて~」とミモロは、その女の子に、糸つむぎを教えてもらうことに…。
「円盤が回っているうちに、上の綿を少しずらしていくのよ~」と、なかなか馴れた手つきです。「すご~い、上手~」とただ感心するミモロ。


「途中で糸が切れても大丈夫。こうやってつなげればいいの~」と本当に器用に糸をつなげます。
「なるほど~」とミモロはその手先を見つめ、やり方を学びます。

何度も糸を切りながらも、ミモロは糸を紡ぎます。「糸つむぎって結構むずかしい~」。この作業がなくては、織物を作ることができません。


昔は、農家の人たちが、夜などに囲炉裏端で行った作業でもあり、紡いだ糸を草木染して、それを機にかけて織物を作りました。
「自分が使うものは、自分たちで作ってたんだ~」今や簡単になんでも買える世の中。作ることの意味、また作る人へのリスペクトを体験を通じ、子供たちは知ってゆきます。

「できた~」とミモロは、30センチほど糸を紡ぎました。


「見せて~」と女の子。ミモロの糸はすごく太くて、しかもボコボコしています。一方女の子の糸は、とても細くて均一の太さです。

「小学生なのに,すご~い」とただただ感心するミモロ。「ものをつくるの大好き~」という女の子です。

2015年にスタートした「キッズファーム」は、「京都府地域再生プロジェクト支援事業交付金」および「左京区まちづくり活動支援交付金」を活用して行われています。そこには、さまざまな体験プログラムがあって、手打ちうどんづくり、ジャガイモの定植、菜の花漬けワークショップ、鶏の解体など、命を育て、それを頂くことの意味を、子供たちは、体験を通じ実感として学びます。

「虫が怖い・・・っていう子も、畑での体験を通じ、虫に興味を持つようになったり…。大切に育てたものの命を頂く体験は、映像を見たりするだけでは、決して学ぶことができないことです。人間として生きることで、どうしても頂く命へのリスペクト、また昔から人々が営んできた暮らし方などをこのプログラムを通じ学んでほしいと願っています」と、「キッズファーム」の代表の廣瀬さん。「こういう活動、大切だよね~」と思うミモロです。
基本的には、子供をメインにしたプログラムですが、大人の参加も余裕があれば受け入れてもらえるそう。

さて、糸つむぎ体験を終えたミモロは、近くの畑へ出かけることに…「そこで大根とニンジンを抜いてきてください~」と。
「は~い」ミモロは、他の子どもたちといっしょに、「キッズファーム」が作物を育てている畑へと向かいました。

*「キッズファーム」の詳しい情報は、ホームページでどうぞ


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで

京都へ!
コメント

京の町家で楽しむ「闘茶」。昔ながらのお道具で行う、京都の粋人たちの遊び。

2020-02-02 | 体験

京の町家で「闘茶」の体験に挑むミモロ。


西陣織の卸問屋「黒田庄商店」の黒田家に伝わる「闘茶」道具を使い、お茶を愛する方々による「闘茶」の研究会です。

以前もミモロは、ほかで2回ほど「闘茶」の体験をしていますが、これほど本格的なお道具でするのは初めてです。

4種類のお茶をはじめに飲み、その後、順序不同に再びお茶が出され、それが、はじめのどのお茶かを当てる遊びです。

最初のお茶の香りや味を覚えいなくてはなりません。「どうしよう~みんな、忘れちゃった~」と不安そうな表情のミモロです。

 
「ドキドキしちゃう~」と、茶碗に注がれるお茶を見て、緊張が高まります。

ミモロは、出されたお茶を注意深く味わいます。「え~と、色は、こんなだったかな?香りは~クンクン。味は、う~」


投票札をひとつ選びます。

「これ、最初、何番目に飲んだお茶だっけ~う~わかんない~」


「ミモロちゃん時間切れ~投票してください~」と促され、「え~い、これにしよう!」と投票札をひとつ、筒の中に入れます。


一度投票したものは、訂正はできない決まり。

4種類のお茶を飲んで、投票も終わりました。


名前を記録帖に書き、それぞれの投票結果を書き入れます。

そして、正解したものには、赤い丸が付けられます。

最初のお茶は・・・「鶴です~」と。「やった!」と、大喜びのミモロ。

まぁ、ひとつでも当たれば、ネコとしての面目もかろうじて保たれるかも・・・

その後は、当たらず、結局2個正解したミモロです。「ほかのお友達は、みんな当てたのに~ネコとして恥ずかしい・・・」とミモロ。
「でも、初めてだしね~」と慰められるミモロ。


「たくさんお茶飲んで、お腹ガブガブになっちゃった~」と、体の小さなミモロには、8杯のお茶は多かったよう。でも、本当は、全部飲み干さなくてもいいんですが…。

「難しくて、ドキドキしちゃった~。でも楽しかった~」とミモロ。

「飛び入り参加させていただき、ありがとうございました~」とミモロ。

「ミモロちゃん、がんばったわね~」とやさしいみなさま。

「闘茶」には、いろいろな遊び方があり、個人戦、団体戦なども。
昔は、熱中する人たちも多く、勝者には、豪華賞品なども授与され、ヒートアップして問題になったこともあったそう。

また、緑茶でも、宇治茶か、それ以外の地域のお茶か・・・など産地当てという高度なものも。
「え~宇治茶と静岡茶の区別なんかつかないよ~」とミモロ。
う~それは難しいそう・・・。

今回は、「闘茶」の研究会でしたが、今後は、「京空間 mayuko」でイベントとしてスタートしたいとのこと。
その日が楽しみです。




ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで

京都に遊びにきてくださ~い!!
コメント