ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

嵐山観光の拠点にピッタリ。女性にうれしい「FIRST CABIN京都嵐山」

2018-08-26 | 宿・ホテル

今年春にオープンしたコンパクトホテル「FIRST CABIN 京都嵐山」。「なんか飛行機のファーストクラスにいるみたい~」(乗ったことないけど~ミモロ)
 
コンパクトな客室ながら、パブリックスペースが充実しているので、快適な滞在に・・・。

この「FIRST CABIN京都嵐山」は、女性観光客が多い、嵐山という立地を考慮し、宿泊施設は、女性をメインに構成されています。100室あるキャビンの内80室は、女性用。また春、秋などの観光シーズンには、男性フロアの2階も女性用になるのだそう。「普通は、2階の25室は、男性用なんだって~。だから男性も泊まれるよ~」とミモロ。

3階の女性専用フロアには、いろいろな設備が揃っています。
  
ランドリーもあって、長期滞在者にはうれしい施設。またトイレもたくさんあって、キレイです。

女性が過ごす洗面スペースには、スキンケア製品なども完備。シャワーブースもありました。
  

でも、旅の疲れを癒すには、やっぱり大浴場。シャンプーなども揃ってます。
 
「いい湯加減・・・滞在時間ならいつでも入浴できるだって~」
 

いつホテルに戻ってきても、すぐ入れるのがうれしい大浴場です。残念ながら男性は2階のシャワーだけ。
「女の子でよかった~」と思うミモロでした。

夕食は、近所で食べたミモロ。さっそく早めにベッドへ。
広々としたベッドの眠り心地もよく、ぐっすり・・・。

この日は、平日で、宿泊者も少なかったので、大浴場も洗面所もほとんど独占状態。
でもやはり満室になると、相当混雑するそう。さらに夜は、キャビンを仕切るのが、アコーディオンカーテンだけなので、廊下を通る人の気配を感じます。満室の時は、どうしても話し声が気になることもあるそう。

キャビンスペースでは、グループでの宿泊も会話はほかの人の迷惑になるので、厳禁。それがここのマナーです。

ベッドは、ミモロの「ファーストクラス」は、快適な硬さ。でも他は、少し硬めだとか。

大きなスーツケースを置く場所もあります。キャビンには必要なものだけを持って入りましょう。

キャビンは、まさに寝るためにあるスペース。ほかの時間は、パブリックスペースで…。

「でも、ひとり5000円以下で宿泊できるの魅力だよね~」とミモロ。

さて、しっかり眠ったミモロ。「おはよう~」

爽やかなお目覚め...起きるとすぐに大浴場で朝風呂でリフレッシュ。一般のホテルのように客室にトイレや洗面設備などはなく、多少歩かなくてはいけませんが…「広い客室に宿泊したと思えばいいや~」とミモロは、タオルをもって、お風呂へ。

それから予約しておいた朝食をいただきます。
前日に予約しておくと、お粥朝食600円が、明るいリビングスペースでいただけます。


「ミモロちゃん、どうだった?」と今回の体験宿泊をアレンジしてくださった長井さん。
「ありがとうございました。初めて泊まったけど、快適でした。お友達にも紹介しようと思います」と。

思い切り京都観光を楽しみたい人には、宿泊費を抑えられ、しかもキレイで安全。人気なのもわかります。
特にひとり旅には、おすすめ。

さぁ、朝のお散歩に出かけましょ。

ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

嵐電の[嵐山駅」にできたコンパクトホテル「FIRST CABIN 京都嵐山」宿泊体験

2018-08-25 | 宿・ホテル

「嵐電」の終点「嵐山駅」に隣接して今年春にオープンした「FIRST CABIN 京都嵐山」。飛行機のファーストクラスをイメージしたキャビンスタイルのホテルです。
 
全国に展開しているコンパクトな客室のホテルで、リーズナブルな価格が国内外の観光客の利用が急増して、京都にもすでに3軒でき、全国には20軒以上が生まれています。

駅の隣りにある入口からエレベーターで3階へ。そこがフロントになっていました。
「ミモロです~」
「はい、チェックインですね。ミモロさま、お待ちしてました。」

ここで、料金を前払いします。部屋の種類は3種類。一人の宿泊料金は、スペースのある「ファーストクラス」5000円~、コンパクトな「ビジネスクラス」4000円~。そして2段ベッドのような「エコノミークラス」2500円~と手軽さが魅力です。

「わ~広いロビースペース」ゆったりとしたソファーや大きなテーブルなどがあるパブリックスペースです。
 

「あ、階段がある~」屋上にはテラススペースが広がっています。
 
「わ~いい景色~」東山、西山など京都の町を一望する景色です。下には「嵐電」の駅。「電車も見える~」
 
ここは、宿泊者は自由に過ごせるスペース。夕暮れ時、ここでビールなどを飲むのは最高かも…。

さて、チェックインをすると、宿泊者には、フロアに入るカードとセキュリティーボックスの鍵、そしてテレビのヘッドフォンが渡されます。それをもって、指定のキャビンに入ります。


ここは、3階が女性専用フロアです。「男性は2階なんだって~」廊下を歩き、自分のキャビンを探します。
 「広い~こうなってるんだ~」

それぞれのキャビンはアコーディオンカーテンで区切られ、鍵はかかりません。

「ここミモロのキャビンだって~」この日、ミモロが予約したのは、「ファーストクラス」。
「へぇ~思ったより広い」
120㎝幅のセミダブルベッド。サイドテーブルがあります。「ここベッドに横から上がれる~」

ルームウェアやタオルなども用意されています。ベッドの下は、セキュリティーボックスがあり、大切なものはここに仕舞って鍵を掛ければ大丈夫。
「ここ鍵かかるの」

ベッドから寝ながら見られる32インチの大型テレビ。音が周囲に盛れないようにヘッドフォンで聞きます。


ちなみにこちらは、「ビジネスクラス」のキャビン。
100㎝幅のベッドで、横にサイドカウンターがあります。「ここはベッドの縦方向から入るんだ~」

ここ「FIRST CABIN 京都嵐山」は、全100キャビンの内、「ファーストクラス」は8キャビン。「ビジネスクラス」は72キャビン。「エコノミークラス」は20キャビンで、この「ビジネスクラス」が最も多いタイプです。

京都を訪れる観光客の多くは、ホテルでの過ごす時間は、寝るだけという人も多いのです。そこでこのような宿泊だけに特化し、食事などは、外部利用を前提にした宿泊施設が人気に。滞在日数の多い、外国人観光客をはじめ、宿泊代を抑え、その分ほかのことにお金を使いたいという人の思いに沿った宿泊施設です。


「ねぇ~汗かいたからひと風呂浴びたい~」とミモロ。そうここには、大浴場があるのです。

タオルを持って、さっそくミモロはお風呂へと向かいました。


ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

この春、ラグジュアリーな宿としてリニューアルオープンした「北白川ラジウム温泉 えいせん京」

2018-05-09 | 宿・ホテル

京都、出町柳から車で15分ほどで行ける「北白川ラジウム温泉」は、万病を癒すといわれるミネラルたっぷりの天然ラジウム
鉱泉で知らる場所。京都市内で、市街地から最も近い場所にある天然温泉です。
 
以前、ミモロは、その温泉に入りにいったことがあります。「ミモロちゃん、リニューアルしましたから、ぜひ来てください~」とオーナーの藤田さんにお誘いいただき、さっそく改装された「北白川ラジウム温泉」へと向かいました。

外観は、以前伺ったときとあまり変わった印象ではありませんが、一歩中に入ると、「うわ~」とミモロが大きな声を上げるほど改装されていました。
 
「すご~い豪華な宿になってる~」とミモロが驚いたのは、かつては畳敷きの和室もあった場所は、なんとも洗練されたモダンなインテリアで設えられているのです。

数寄屋造りの空間設計を得意とする建築家、才門俊文氏にお願いしたという今回の大規模改装。
かつての日本旅館「北白川ラジウム温泉」は、「北白川ラジウム温泉 えいせん京」というラグジュアリーな宿に生まれ変わったのでした。

「客室見ますか?」と藤田さん。「はい、もちろん~」ワクワクしながらミモロは、廊下を進みます。
「なんか前とは全然違う~キョロキョロ」

オーナーである藤田さんのおじいさまが始められた宿は、裏山に湧き出る天然ラジウム温泉を引き込んだ癒しの宿として、昔から多くの人の体を癒してきたのです。かつては、日本旅館の雰囲気が漂っていて、日帰り温泉客向けの和室の大広間などもあった、どこか懐かしさが漂う宿だったのでした。

昨年から、時間をかけてリニューアルしてきた宿は、部屋数を全5室にし、各部屋のスペースもゆったり。全室、露天風呂を配置し、森林浴と共にお風呂に入れるようになっています。また室内の設備も、まさにラグジュアリーで、ベッドタイプの部屋には、大き目のベッド。大きなテレビやコーヒーメーカーなども完備され、贅沢な時間をのんびり過ごせるようになりました。

 

「使いやすいものがいろいろ揃ってるの~」とミモロは、部屋のあちこちをチェック。
 

「コーヒーメーカーもあるよ」室内に置かれた品々は、家にあったら素敵~と思うものばかり。
 
「これダイソンのヘアドライヤーだ~」

 
スタイリッシュな洗面台、そして心地よいベッドなども揃っています。

「なんかリゾート地のホテルみたい~」と驚くミモロでした。

宿泊者は、広々した食事処で夕食と朝食をいただきます。
この2階のスペースは、宿泊者のみ利用できる場所。京野菜や新鮮な魚介類など、この宿ならではの飲用許可の温泉で調理された懐石料理の数々が食膳に並びます。


また日帰り温泉客が、ここで昼間利用できるのは、そばにあるくつろぎスペースの休憩室です。
 マッサージチェアでのんびりと…。

「ミモロちゃん、温泉入っていきますか?」と藤田さん。「はい、そのつもりで来ました~」としっかり自分のタオルを持ってきたのでした。さっそく日帰り入浴もできる天然ラジウム温泉に向かいます。
「あ、ここもキレイになってる~」
そう、大浴場も改装され、より快適になりました。
 
服を脱いで駕籠に入れて、さぁ入浴準備はできました。

「わ~ここもキレイになってる感じ~」

湯気が立ち込める大浴場。「この湯気にラドンが溶け込んでいて、それを吸い込むと遠赤外線の硬貨で体が内部から温められ、免疫力高まるんだよね~」とミモロ。入る前から深呼吸を繰り返します。

「わ~いい湯加減~」
体の芯から癒すような温泉です。

「これだと長湯できるんだ~」と桶に乗って湯船に浮かぶミモロ。確かにのぼせず長時間過ごせますが、それができるのはミモロだけ。一般の入浴者は、でたり入ったりを無理のない範囲で入浴しましょう。


「う~いい湯だった~」と、すっかりリフレッシュしたミモロ。日帰り入浴は、1550円(入湯税100円を含む)で、一般の利用は、11時~17時までの受付です。ただし17時以降は、2階の休憩室などの利用はできません。
「今日は、お世話になりました」とミモロ。

*「北白川ラジウム温泉 えいせん京」の詳しい情報はホームページで

外国人観光客が喜びそうなラグジュアリーな宿です。



ブログを見たら、金魚をクリックしてね よろしく~ミモロより

人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

東山岡崎のアートなホテル「HOTEL MATERIAL]。全6室の新感覚ホテル

2018-02-01 | 宿・ホテル

ミモロがランチを楽しんだ東山岡崎の「Cafe & Bar DETAIL].
それは、実は「HOTEL MATERIAL]の1階部分にあるのです。ミモロは、ホテルを見学させてもらうことに。
「どこ行くの?」
このホテルも昨年できたばかりの新しいホテル。「それほど広い敷地じゃないから、どんな客室なんだろ?」と興味津々。全6室というこじんまりとした規模。「最近、本当に小さなホテル多いよね~。もちろん大きなホテルも次々に建ってるけど…」。
案内された向かったのは、2階の客室。
モダンな雰囲気の階段を上ります。
最初に訪れたのは、203号室。客室の表示もおしゃれです。
「わ~思ったより広い~」

三条通に面したお部屋には、大きなキングサイズベッドが1台。実は、床を少し上げているので、マットレスが半分以上隠れて、まるで布団のよう。「日本ぽい~」

テレビも見やすい位置に。

大きなベッドなので、子供が小さければ3人で寝られそう。「なんか寝心地よさそうだよ~」


部屋の窓からは、三条通が見えます。「粟田神社」の鳥居も右の方向に・・・。
「ここから粟田まつり見られるね~」そう、剣鉾や大燈呂、神輿を見る絶好の位置かも。

「キャ~なんかいい感じ~」洗面所やバスルームは機能的かつスタイリッシュにまとめられています。
 

「ねぇ見て~。これカッコいい~」とミモロが興味を抱いたのは、壁のスイッチ。
なかなか洒落た感じです。

ほかのお部屋も見学しました。モダンアートが飾られたり・・・

そして、こんなお部屋もありました。「わ~2段ベッドがある~」とミモロが大喜びしたお部屋です。
「2段ベッドいいなぁ~」
ここなら、4人で泊まれます。お友達同士でも、家族でも・・・
このホテルの料金は、ルームチャージなので、時期によりかなりお得に。1万円以下の場合もあります。
「2月は、狙いめなんだよね~」とミモロ。ここに限らず、京都の各ホテルでは、かなり安く宿泊できます。

「では、特別屋上もご案内しますね~」と。「うわ~いい眺め~」
周囲の山々がグルリと眺められます。「あっちが京都タワーだよね~」今は、さすがに寒すぎますが、夏になれば、ここで夜景を眺めながらビールやワインで乾杯。
バーベキューもできるスペースも用意されています。
「お友達と貸し切りたいね~」そう、町内会の集まりにもいいかも…。

「でも、楽しくて、騒ぎすぎちゃいけいないんだよね~。シー!」
廊下の「お静かに~」という表示も洒落ています。

「すごくいい感じのお部屋だった~」とミモロ。三条通沿いには、まだ建設中や建設予定のホテル敷地などが目立ちます。「早く建てないと、オリンピック間に合わないよね~。それでなくても、最近、ホテル供給過剰傾向にあるんだから~」と、その状況を肌で(毛並で)感じるミモロなのです。

そう、今年も大晦日からお正月。満室にならないホテルも実はかなりあったよう。インターネットで予約が可能でした。「まぁ、直前になっての予約はむずかしいけど…」

たくさんあるホテルを、検索サイトから見て、予約するのに、有効なのが、SNSやインスタ、ツイッターやブログなど、その評判などが影響を及ぼす時代です。

「お外に行って、体冷えちゃった~」と再びカフェに戻ってコーヒーを。


「なんかとてもいい感じだったから、また来ます~。ランチも美味しかったし~」と、カウンターのお兄さんたちに挨拶するミモロです。「はい、またね~」と、とてもフレンドリーな笑顔で見送ってくれました。


春の桜の時期は、ホテルの料金も今より高くなります。個性的なホテルや宿が次々に誕生する京都、いかに特色があるかが、問われる時代なのかもしれません。

*「HOTEL MATERIAL]の予約および詳しい情報はホームページから 





人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね お忘れなく ミモロより

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

美術商がプロデュースしたラグジュアリーホテル「ART MON ZEN HOTEL]

2018-01-19 | 宿・ホテル

京都東山の古門前は、古美術商が集まるエリア。そこに昨年、新たなホテルがオープンしました。「ART MON ZEN HOTEL]というその名の通り、アート漂うラグジュアリーなホテルです。
  
ここをプロデュースしたのは、明治40年創業の美術茶道具商「中西松豊軒」の4代目当主中西輝之さん。
2年以上の歳月をかけ、完成したホテルは、美術商が手掛けただけあって、細部にまでこだわりぬいた美意識が集約されたもの。

エントランスから始まるアートの世界。
ここに宿泊するひとときを期待させる設えです。

 
訪れる人をもてなすための茶道具。またオブジェが和の中に、モダンさをもたらします。

ミモロは、客室を見せていただくことに。
「すごい~」全15室の客室は、いずれもゆったりとした造り。天井の高さは3m以上。なんとも贅沢。いっそう広さを感じさせるもの。

町中にあるため、景色は望めませんが、部屋に注ぐ陽光が、やさしく明るい雰囲気に・・・。

「わ~寛ぐね~」シーリー製の大きなハリウッドスタイルのベッドとゆったりとしたソファ。思わず横になりたくなる気持ちよさ。

 
アミニティは、フランスのオーガニックスキンケアブランドの「オムニサンス」です。
ダブルシンクの洗面スペース。「使いやすい感じ~」とミモロ

客室の床をみると、表面を削った「なぐり」加工の床材。そして柱も面を削る手の込んだもの。

客室は、茶室のように数寄屋建築の手法を巧みに取り入れたもの。部屋の隅々まで、さまざまなこだわりが施されているのです。「さすが茶人のもてなし~」とひたすら感激するミモロです。

ほかのお部屋も見せていただくことに。
 
通りに面した部屋の外には、まるで縁側のような部分が。天井には加湿装置が設置され、室内を快適な状態に保ちます。「なんか美術館みたい~」とミモロがいうように、客室には、美術商らしくさまざなま骨董が展示されているのです。
 
「すごい部屋にガラスケースがある~」そう、そこに美術品が展示され、まさに美術館にいる心地に。
展示品は、月替わりで交換され、宿泊するたびに、異なる美術品を身近に観賞できるのです。

「では、最上階のお部屋に・・・」
「え~これなあに~」 
部屋は、まるでリゾートのサンルームのよう。「大きなバスタブにお湯をためれば、温泉みたいだね~」とミモロ。湯上りにここでのんびり・・・。「京都じゃないみたい…」とミモロ。

実はこの部屋は、メゾネットタイプ。階段の上がベッドルームです。
 
斜めになった天井は、スクリーンになって、そこがプラネタリウムになるのだそう。
「わ~寝ながらお星さま見られるんだ~」と興味津々のミモロです。

日本の数寄屋建築のテイストを味わいながら、最先端のラグジュアリーな設備と機能性を併せ持つホテルです。

「京都の観光してる場合じゃないね~。ここで1日過ごしたくなっちゃう」とミモロ。

祇園エリアの散策も便利な立地。「祇園で飲んでも歩いて帰れるね~」とミモロ。

さまざまなホテルが次々に登場する京都。美術商が手掛けたホテルの上質感は、本物がわかる人のために設えられたものかもしれません。

*「ART MON ZEN KYOTO]の詳しい情報およびご予約はホームページから


人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね お願い!ミモロより

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント