ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

京都人もあまり知らない岩倉の山にある「総合地球環境学研究所」。地球の環境を研究する施設

2019-07-31 | 国内旅行

今年の春、ミモロは、東京から来たお友達に連絡をもらいました。「今へ、なんかすごい山の中にある『地球研』っていう立派な施設に宿泊してるの。ミモロちゃん知ってる?」と。「え?どこのこと?」とミモロは、頭をひねります。

そのお友達は、自然環境問題を市民レベルで取り組んでいる人で、今回、なにかミーティングのために来たのだそう。

以来、ミモロは、その施設が気になってしかたありません。「なんだろ?」。京都のいろいろなお友達に聞いても、みんな知りません。

でも、春に大文字山に登るイベントの時、そこに参加している方が、「地球研」の研究員をなさっていることを知り、「あの~そこに行ってみたいんですけど~」と相談します。すると毎年夏に1度、その研究所を一般に公開するオープンハウスが行われることを教えてもらいました。それが、7月26日のこと。さっそく深泥池の外来種生物駆除などをしているお友達といっしょに、気になる「地球研」へと向かいました。

この日は、国際会館駅からシャトルバスが運行されています。いつもは京都バスの「地球研前」というバス停が、唯一の公共交通です。
「あそこだ~」
東京のお友達が、すごい山の中・・・と言っていたのは、「上賀茂神社」の北側の山付近だとわかりました。
「確かにまわりになんにもお店ない…」近くの施設と言えば、「京都精華大学」や「京都産業大学」というところです。

山の中へとつづく道をトコトコ登っていきます。
途中には、イノシシ注意の表示が…。

メインの建物は、まだ先のよう。
「ここかな?」

ミモロの前に立派な建物が見えてきました。

この日のオープンハウスは、「京都市認定エコイベント」です。
入口の受付へ
 
いろいろな資料をいただきました。

さて「地球研」は、大学共同利用法人 人間文化研究機構「総合地球環境学研究所」というのが正式名称。地球環境問題を自然科学、人文科学、社会科学など総合的な観点から研究する国立研究所です。1995年にその構想が作られ、この場所には、2006年新施設完成で移転したもの。

 もちろん建物は、周囲の環境を考慮し、省エネ対策されたもの。「なんかリゾートホテルみたい~」と、ミモロ。

国内外の地球環境学の研究者が、それぞれの研究をおこなっているのです。


京都にこのような施設が作られたのは、1997年「京都議定書」などの国際会議が開催されたことも反映されています。さらに環境問題に高い関心を示す京都市も積極的に活動を支援しています。

「あ、ミモロちゃんいらっしゃいませ~。ようこそ~」と迎えてくださったのは、研究員の真貝さん。
「今日は、いろいろなプログラムがあるから、楽しんでくださいね~」と。このオープンハウスでは、地球環境の実態、そして未来への提言などされる展示や体験プログラムが用意されています。

夏休みなので、会場には、子どもたちもいっぱい。楽しみながら、地球環境を守る暮らし方などを学んでゆきます。

もし、このまま地球環境が破壊されたら・・・地下農場や屋内での農作物の栽培が進むそう。また輸入食料がなくなって、国内だけでなんとか生きてゆくと、「え~これくらいしか食べられないの~」と、食いしん坊のミモロは、心配に
 

クイズ形式で、環境のことを学ぶイベントもありました。
「どっちかな~?」

さらにミモロが強い関心を抱いたのは、研究者によるレクチャーです。
 安成所長のレクチャーに参加。
テーマは、「地球温暖化はなぜ(産業革命以降の上昇を)1.5℃に抑えなくてはならないか?」というもの。
 地球温暖化が進行している現状。世界各地で、今までにない激しい気候の変化が生じています。「絶対、日本の夏、暑くなってるもの~」と。毎年、猛暑日に苦しむミモロです。
その対策として、すべきことは・・・
自然との共生。「もったいない精神」によるライフスタイルの転換。省エネの実践など、いろいろありますが、「できることから始めればいいよね~」とミモロ。まずは、心掛けることが大事。

「ミモロちゃん、他のプログラムにも参加しましょう」とお友達。「うん!」と、ミモロは、広い館内をあちこち歩き回ります。


 
ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで
コメント

梅の実が実る、滋賀県の「叶匠寿庵 寿長生の郷(すないのさと)」。この時期だけの梅の品々も

2019-07-01 | 国内旅行

叶匠寿庵 寿長生の郷」で行われている「里山体験プログラム」に参加しているミモロ。
このプログラムは、全4回で、夏は、田んぼの生き物観察や梅酒づくりなどを学びます。

田んぼでの生き物観察をしたミモロなど参加者は、広い敷地内を歩きます。
この時期は、梅園で梅が収穫され、希望すると「梅狩り」ひとり500円でできるのです。
 
今回、ミモロたちは、梅狩りはしませんが、それでも途中で梅の実の観察なども行いました。

「わ~大きな梅~これ食べられるのかな~?」とミモロ。

「青い梅は、食べないで~。酸っぱいし、種に毒がありますから、注意してください~お腹壊しますよ~」と梅の専門家の服部先生。


青い梅には、アミグダリンなどの毒性の成分があり、中毒になると、めまい、嘔吐、呼吸困難、けいれんなどの症状が出るのだそう。でも、熟すと、その成分は無毒化され、また、梅酒や梅ジュースなどに加工すると、その毒性はなくなるのだそう。「その理由は、まだよく解明されてないんですよ~」と服部先生。

「ミモロちゃん、こっちの熟したのは食べても大丈夫ですよ~」と、色づいた梅の実をもらいました。
パクリ、「ホント、甘い~なんかアンズみたいな味~」とミモロ。

梅は、バラ科サクラ属の植物。アンズも、桜も仲間です。ちなみに桃は、バラ科モモ属です。

「なかなか熟した梅を食べる機会ってないよね~」と、その味を楽しむミモロでした。

「叶匠寿庵」で和菓子や梅酒などに加工される梅は、ここで実ったものだけではありませんが、こちらでも、かなりの量が収穫されます。

収穫された梅は、サイズごとに分類され、それぞれの大きさにあった使い方をされるのです。

「ベルトコンベアーに梅の実をのせると、サイズごとに穴があって、小さなものから順番に穴に落ちて分類されるんです」
最大級は、4Lというサイズでした。

さて、梅狩りでは、大きな梅を収穫するコンテストも開催されていました。
「デカイ~」
1個64gが今のところのトップです。

「あれ?こっちの梅小さい~」
梅は、同じ種類の木ばかりだと実らず、小梅など別お種類の木をそばにおいて、虫などの媒介で実をつけるのだそう。
だから、敷地内の梅園には、小梅の木も植わっています。

この日の体験プログラムには、梅酒と梅ジュースの作り方のデモンストレーションがありました。

「うちでもよう作るのよ~」とお友達。「ミモロは、飲む専門!」と。
 

敷地内のショップには、特製の梅酒や、梅の調味料などがこの時期並んでいます。
 

そして、人気の「梅のソフトクリーム」もあります。「キャ ちょっと酸っぱい~でも美味しいね~」とミモロも気に入った味。



ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで
コメント

夏至詣りに奈良の「大神神社」へ。ランチは、奈良産大和芋のとろろめし「山和(やまと)」で

2019-06-24 | 国内旅行

6月22日の夏至の日。ミモロはお友達と奈良の三輪「大神神社」に参拝しました。


毎年、夏至と冬至は、ここにお詣りに訪れます。木々の茂る参道を通り、本殿へ。「何度来ても、いい感じ~」とミモロ。
 

本殿でまずは参拝。
  
「さちみたま、くしみたま、守り給へ、さきはへ給へ」と3回唱えます。

この時期、境内には、大祓いの茅の輪が設置され、参拝者は、輪をくぐり、身の穢れを祓い、無病息災を祈願します。
ヨイショ
「水無月のなごしの祓いする人は ちとせの命 のぶといふなり」(拾遺和歌集)
6月30日は、全国の神社でなごしの祓いの神事が行われます。「暑い夏に備えて、体調整えないとね~」とミモロ。
今年、京都は、昨年より、朝晩まだ涼しく、よく眠れる日々が続いています。でも油断はできません。

「あ、ささゆり園だって~。咲いてるかな?」と、笹ゆりは、日本固有のユリで、細い茎と花が特徴。「なんか繊細な感じがするユリだよね~」とミモロ。そう、カサブランカのような豪華さはなく、まさに可憐な雰囲気です。
 
すでに開花時期は、過ぎていて、園内には、数本しか咲いていませんでした。「でも見られてよかったね~」

再び参道を進みながら、ご神体である「三輪山」の清らかな気をいただきます。


参拝を終えたミモロたちは、駐車場に向かう途中、地元農家さんのお店へ。
 
奈良産の農作物がいろいろ売られています。「今日は、お友達の車で来たから、いろいろ買っちゃおう~」と。
いずれも新鮮で地味豊かな品々です。

「お腹空いた~」とミモロ。「そうね~おそうめん食べる?」とお友達。
奈良の名物料理と言えば、柿の葉すしとそうめん・・・様々な農作物など、食材豊かな土地ですが、どうしても京都のようなバラエティー豊富な食・・・というイメージがない奈良。そこが奈良の観光の課題ともいわれます。

「ねぇ~ここどう?」とお友達。「とろろめし 山和」というお店です。お店を構えて9年ほどになるそう。
 

なんでも奈良産の大和芋と地元の野菜を使った料理が味わえお店ということで、さっそく中へ。
ランチ限定の「とろろめし御膳」950円をいただくことに。
「わ~にゅうめんもついてる~」
麦ごはんにとろろ汁を掛けて、パクパク「麦飯、おかわり自由だって~」
地元の野菜の煮付けもついています。「なんか体によさそうだね~」とミモロ。「わ~おそうめん細い~」
このお店特製の極細のおそうめん。ゆで時間75秒です。

「もっと食べたい~」とミモロ。そこで追加注文したのは、大和芋をつかったかば焼きです。
海苔の上にすり下ろした大和芋をのせて、たれをつけて焼いたもの。
「なんか本物のかば焼きみたい~美味しいね~」と目を細めるミモロです。

「今年、本物のかば焼き食べられるかな~」とポツリ。確かに年々うなぎのかば焼きの値段は上昇。もはや庶民の味ではありません。
重箱一面のかば焼きは、4000円くらいもしました。特に土用の丑の日は、高い…。かつて夏の滋養をつけるために庶民が口にしたかば焼きは、そう簡単に手が出せないものに。

注文した品を全部きれい平らげたミモロ。「美味しかったで~す」とご店主に。

「それはそれは・・・では、旅たちの前に、交通安全を祈って、火打石しましょう」と。ミモロの背中にカンカンと火打石を打ってくれました。
 
「また、いらしてくださいね~」と。「はい、また来ます~」とミモロは手を振ってお店を後に。

*「とろろめし 山和」奈良県桜井市大字三輪648の3  0744-42-1066 営業時間 11:00~20:00 水曜休み 大神神社の大鳥居のそばです。

お友達の車で来たミモロ。高速道路を京都に向かい走ります。「なんか空いてる~」車の姿があまりない高速道路です。

途中のサービスエリアで休憩。
「あ、大仏プリンがある~これ美味しいのよ」とお友達。「なんか可愛い瓶・・・うん、円やかな味で美味しいね~」とミモロ。

「この瓶、持って帰る~」と、大仏さまのイラストが気に入って、空き瓶を持ち帰ることに。

いつもは、電車で行く奈良の「大神神社」ですが、自動車でも、電車と同じくらいの時間、2時間弱で行けました。


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで
コメント

幸せな土地という意味の「多賀」。紅葉の名所「胡宮(このみや)神社」へ

2018-12-08 | 国内旅行

彦根駅から日帰りバスツアーに参加しているミモロ。「多賀」の名所を巡ります。
「多賀って、『高』っていう言葉から始まってんだって~。なんでも山の高見にいらっしゃる神さまに守られている『幸せな土地』っていう意味なんだって~」と、ミモロは、バスツアーで配られた資料を見て、解説してくれました。
 
次に向かった「胡宮(このみや)神社」は、背後に青龍山というご神体の山をもつ神社で、その名は、非常に気高く尊い宮という意味なのだそう。ご祭神は、事勝国勝長狭命(ことかつくにかつながさのみこと)という五穀豊穣を司る神様で、イザナギノミコトとイザナミノミコトがその両親です。

「ここから青龍山の磐座に行けるんだって~行ってみたいけど、今日は時間ないから…ぜったい今度行こう~」
 

「わ~すごい紅葉~」そう、ここは紅葉の名所なのです。

参道は、紅葉の盛りの時期には、真っ赤なトンネルのようになるのだそう。ミモロが訪れたときは、ちょっと早かったのですが、それでも見事な景色です。


「きゃ~真っ赤な絨毯みたい~」と落ち葉の上を歩きまわるミモロです。


「わ~ちょっとコワイ~」というのは、「血染めのもみじ」と書かれた真っ赤な紅葉です。
表示の上には、真紅の枝が広がっていました。

そもそもこの「胡宮神社」は、聖徳太子を開基とする天台宗の「敏満寺」の鎮守社で、その境内にありました。織田信長の兵火で本殿は焼失。秀吉により再建されるも、また焼失。現在は、寛永年間に再建された建物です。

柱に獅子の彫り物がある「唐門」。風格ある建造物です。


「ミモロちゃん、お昼ですよ~」とお友達に言われ、見学を切り上げて、バスツアーのみなさんと「胡宮神社庭園」が見える建物へ進みます。「わ~い、お弁当だ~」
 

ここでは「多賀の国弁当」をいただきます。お弁当の蓋を開けると、そこには、地元の食材をふんだんに使った料理が。
 
「みんな多賀の名物なんだって~」
多賀ニンジンや近江牛すじ。永源寺こんにゃく、大根、焼き豆腐などの「おでんがく」。また多賀産の米「秋の詩」も
 

さらに手打ちの多賀そばもいただきました。「う~お腹いっぱい~美味しかった~」

「多賀の食材って美味しいね~」ふと目を上げると、そこには庭の紅葉が…お腹いっぱいになってやっと庭を見る余裕が生まれたミモロでした。


美味しいお弁当をいただき、見事な紅葉を見物・・・「多賀っていいところだね~」と、改めて紅葉を眺めるミモロです。


*「胡宮神社」滋賀県犬上郡多賀町敏満寺49 ☎0749‐48-0136 境内自由 交通 近江鉄道「多賀大社前駅」から徒歩15分

ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら 限定100部の「2019 ミモロカレンダー」は、残り5冊になりました。
コメント

近江 多賀の三社詣り。伊勢の親神さま「多賀大社」。秀吉ゆかりの奥書院の庭園など

2018-12-07 | 国内旅行

滋賀県に住むお友達に誘われて近江の多賀の紅葉日帰りバスツアーに参加したミモロ。「次は、『多賀大社』に行くんだって~」。ミモロは、秋のはじめここのライトアップを見物に訪れました。「そのときは、夜だったから、見えないところもあったから・・・」と、再び訪れた大社です。

正面の大鳥居をくぐると大きな丸い橋があります。「太閤橋」です。これは、豊臣秀吉が、母の「大政所」の病気平癒のお礼に奉納した米1万石で、奥書院と庭園と共に作ったもの。
「ヨイショ~」
元は、木造の橋でしたが、1635年ごろに石の橋になりました。そこ登らなくても、境内に行けるのよ~ミモロ。
「え~でも、せっかくだから登るの~」とわざわざ橋を渡るミモロです。

「やっぱり立派だね~」と。大社の拝殿に参拝。

さて「多賀大社」のご祭神は、伊勢神宮の天照大神のご両親であるイザナギノミコトとイザナミノミコトです。
そのため、ここは親神さまといわれ、昔から多くの崇敬を集めてきました。
「伊勢神宮だけじゃなくて、ここにもお詣りしないとね~」と思うミモロです。

ご夫妻である大神さまをお祀りしていることから、縁結びおよび夫婦和合のご利益があるといわれます。

拝殿の前庭の一角にある「寿命石」。東大寺の再建を命じられた俊乗坊重源が大業を遂行できるよう延命祈願し、それが叶えられお礼詣りの時に、背負っていた箱を下ろしたと伝えられる石です。重源が任務を命じられたのは、61歳の時。それから20年の寿命を賜り、無事に仕事を終えることができたのです。「わ~定年後、大きなお仕事任されたってことだよね~。今ならともかく、昔なら、すごく心配だっただろうね~。まあ、やりがいはあっただろうけど…」
 
大きな石のまわりには白い小さな石がいっぱい。参拝者が延命長寿を祈願して奉納した白い石です。「健康で長生きしたいよね~」今も人々の願いは同じです。

また前回は、参拝できなかったのが「金咲稲荷神社」。
  
ここは、商売繁盛の神さま。「多賀大社」には、このほか末社が14社あり、いろいろな願い事に対応してくれる神さまが揃っています。

さて、次の「奥書院」も前回行けなかった場所。

秀吉が奉納した米1万石で作られ、安永3年(1774)に再建され、大社に現存する最古の建造物になっています。

立派なお部屋をはじめ、茶室、庭園など、桃山時代の様式を留めると言われます。
 
「お米1万石もお礼に奉納したんだ~。秀吉さんって、母親思いだから、ママの病気が治って、本当にうれしかったんだね~」とミモロ。「でも、秀吉さん、このお庭見たのかな~?」

紅葉の美しい庭園。なかなか趣のある景色です。



摂社の「日向神社」にも参拝。

そして門前町を歩いて、再びバスに乗り込みました。

「次は、『胡宮神社』ってことだって~そこでお昼ご飯だって~」グ~ミモロのお腹が鳴りました。


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント