ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

16日19時まで開催 「アンスティチュ・フランセ関西 京都」の「マルシェ ド ノエル」

2018-12-16 | イベント

15日、16日の両日、百万遍の交差点から徒歩5分ほどの東大路沿いにある「アンスティチュ・フランセ関西 京都」で、「マルシェ ド ノエル」というクリスマス マーケットが開かれます。
 
夕方17時ごろやってきたミモロ。「わ~キレイ~」毎月、第二日曜日に開催される通常のマルシェとは雰囲気が違います。通常のマルシェは、夕方までの開催。でもクリスマスの時期のは、夜19時までです。

この時期開催されるクリスマス マーケットは、15世紀にフランスのアルザス地方で始まり、フランスおよびヨーロッパ各地に広まったクリスマスの風物詩なのだそう。

「あ、ミモロちゃん、こんばんは~」[わ~お久しぶり~」と顔見知りの彫金アクセサリー作家さん。
 
テントには、ロウソクの灯りがともり、クリスマスらしい雰囲気です。

本場フランスのマルシェ ド ノエルでは、クリスマス飾りや特産物、工芸品、お菓子やホットワインなどが並びます。
ここでも、同じようにいろいろなものが並んでいます。「木工品もある~」
  

「わ~素敵なカトラリーもいっぱい~」と、それぞれのテントを見て回るミモロ。テントを覗くだけで楽しいのです。
 

「かわいい雑貨のテントもあるよ~」


次々見て回ります。「なんかフランスにいるみたい~」と、いろいろな場所で開催される手づくり市とはちょっと異なった雰囲気なのです。


マーケットの一角にはステージがあり、そこで両日、音楽のライブがおこなわれるのだそう。「そこのイルミネーションもキレイ~」
 

「あ、銅像もミモロと同じサンタさんの帽子かぶってる~」
マルシェには、サンタさんの帽子をかぶった人たちも目立ちます。

「このクリーム フランスのエステで使われてるんだって~冬って乾燥するから…」とハンドクリームを手に取るミモロ。
 
女の子なので冬のお肌(毛並)のお手入れは、気になるよう。

「どうぞ試食してください~」とドライフルーツのテントで声を掛けられます。
 
「美味しいね~」とパイナップルを試食。マルシェには、ほかにお菓子屋さんやフレンチレストランなども出店しています。

夜更けるまで、マルシェには大勢の人で賑わっていました。
 

*「アンスティチュ・フランセ関西」京都市左京区吉田泉殿町8  075‐761‐2105 マルシェ ド ノエルは、15日、16日の11:00~19:00

ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

長唄三味線演奏家 杵屋五司郎先生の三味線教室に1日体験入門

2018-12-15 | 習い事

長唄三味線演奏家の杵屋五司郎先生の門下生による「おさらい会」に伺ったミモロ。「三味線って、よく知らない…でも、すごく素敵な音色・・・演奏してる生徒さんもカッコいいね~」と、すっかり三味線に心惹かれた様子。

「ミモロちゃん、ぜひ一度、お教室来て、実際に三味線に触ってみませんか?」と、お教室に通われているお友達の小酒さんに声を掛けていただきました。
「え~いいんですか?」「はい、どうぞ」
杵屋五司郎先生からもお許しをいただき、さっそく京都でのお教室に1日体験入門させていただくことに。

先生は、国内外でさまざまな演奏会を行ったり、作曲なども手掛けるすごい方。東京芸術大学などいろいろな大学の講師もなさっていらっしゃいます。東京を中心に、京都、島根、熊本、福岡などでお教室を主宰され、多くの人に三味線のすばらしさを教授なさっています。

京都では、月2回、御池通のそばでお教室が開催され、京都の門下生たちがお稽古に通っています。

「こんにちは~本日はよろしくお願い致します」とご挨拶して、まず、小酒さんのお稽古を見学させていただきました。

お稽古は、マンツーマンの個人指導。先生の長唄に合わせ、いっしょに三味線を演奏します。
 
ミモロは、そばでじっと見つめていました。

三味線の楽譜は、漢字と数字が書かれたもの。長唄の歌詞の横にある小さな数字が、三味線の糸と棹の指の位置を示しています。

「ピアノの楽譜みたいじゃないんだ~」初めて見た三味線の楽譜に興味津々のミモロ。

「では、ミモロちゃん、やってみましょう~」と先生に言われ、まず、三味線の組みたてを学ぶことに。
練習用の三味線は、黒いスーツケースに入っています。「あれ、バラバラなんだ~」
袋から胴を出します。
それに棹をさしてゆきます。
 

次に、3本の糸を張ります。「あれ~糸って3本糸巻きに巻かれていて、先端はキレイな紐になってるんだ~」
 
その部分は、「根尾」というのだそう。

慎重に糸を延ばして、胴の下の部分に紐を引っ掛けます。そして程よい加減に糸巻きを撒いて糸の余分な緩みを調整。
  

三味線でとても大切で繊細な部分「駒」を胴と糸の間に入れて、隙間を作ります。
 
駒の位置は、根尾から指2本分ほど。ミモロの場合は、腕の幅です。

「これで三味線の準備できた~」糸は、構えてから音を調整します。


お教室では、三味線の貸出ができるので、お稽古に通う人は、バチと指かけ、手ぬぐいと膝ゴムという三味線が膝からずれないためのものを用意します。


「では、ミモロちゃん、やってみましょう~」「は~い」初めてバチを持ち、三味線の胴を抱えます。
「ヨイショ」

「う~身動きができない~」

「おや、ミモロちゃんには、大きすぎますね~今度、小さな三味線用意しましょうね~」と、なんと優しい五司郎先生。

ここからはミモロに代わり、私影の声が体験します。
初めて手にした三味線は、思ったよりずっしり。まずは、音を出すことより、弾く姿勢を整えることが大切。
背筋を伸ばし、腕の位置、そして三味線の位置をしっかり覚えることが基本です。

バチの動かし方も、しっかり基本の形を覚えないと、うまく糸をはじくことができません。
その練習をしていると、緊張のあまり腕がつりそうに・・・。

左手は棹の上の糸を抑えます。左手で棹を持つというより、三味線は、膝の上でバランスをとり、安定しているのです。演奏中、左手で楽譜をめくることもできるのです。

手元を見ないで、バチが自由に3本の糸を動けるようになるには、まず体が覚えるように練習を積む必要があります。

「なかなか素直を動きですね~」とやさしい先生のお言葉をいただきました。
音を奏でる楽しさは、なんとも心躍るものがあります。

「初めて体験させていただき、それ以来、夢中になって・・・」とおっしゃる小酒さん。まだ1年足らずながら、おさらい会でも演奏する上達ぶり。「ホントに楽しくて毎日弾いてます」と。

三味線は、歳を重ねても楽しるもの・・・年齢に関係なく始められるものだとか。

「お稽古始めてから、和服を着るのが楽しみになりました。それまであんまり着たことなかったんですよ」と小酒さん。三味線との出会いで、新たな世界が広がったのだそう。イラストレーターである小酒さんは、三味線の入門カタログの作成や体験談の執筆などもなさっています。

体験入門を終え、三味線のお片付けを…

「あの~この胴の革ってネコ?」とやはり気になるミモロ。「これは犬の革ですが、演奏用のものはネコの革です」と
「この辺の革かな?」
と、お腹を指さされ、「え~そこ~」と震えるミモロ。日本で生産される革はなく、今はすべて東南アジアからの輸入品だそう。「ミモロちゃんみたいに小さなネコの革は使いません」「あ、そう~」とちょっとホッとした様子。

「はい。お片付け完了!」


杵屋五司郎先生、そして小酒さん。素敵な体験をありがとうございました。

三味線をやってみたいという方は、ぜひ「杵屋五司郎」先生のホームページをご覧ください。教室のご案内なども掲載されています


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

秋の日に「旧三井下鴨別邸」で行われた三味線のおさらい会

2018-12-14 | イベント

まだ、紅葉が始まり始めたばかりのころ、ミモロは、お友達に誘われて三味線のおさらい会に、下鴨神社の南側にある重要文化財の「旧三井下鴨別邸」を訪れました。

ここはすでにミモロは何度も訪れてレポートしています。三井家11家の共有の別邸として、総領家の三井北家が、大正14年に建築。昭和24年に国に譲渡され、昭和26年から平成19年まで、京都家庭裁判所の所長宿舎だったところです。
平成23年に重要文化財に指定され、現在は、歴史的建造物および庭園が一般公開されています。

また、2階の座敷などその施設の利用も幅広く行われているのです。

「ここで三味線のおさらい会するんだって~」と、午前中用事があったミモロは、自転車でお昼ごろに駆けつけました。
「おさらい会は2階ですから、どうぞ上がりください」と係の人に言われ、ミモロは、歴史を漂わす階段を上がります。
「まだやってるかな~」と心配しながら・・・「あ、三味線の音が聞こえる~」
 

「ミモロちゃん、いらっしゃい~。まだほかの人の演奏聞けますよ~さぁ座って~」と、今年春から三味線を始め、おさらい会に出演したお友達の小酒さん。
「もう小酒さんの番は終わっちゃったの~残念…遅れてごめんね~」とミモロ。

イラストレーターでもあるライターの小酒さん。今年の春に、三味線のお教室の取材に行って、すっかり三味線の魅力にはまり、毎日のように練習を重ね、なんとおさらい会に出演するほどの腕前になったそう。「三味線ってあんまり知らない~」と思うミモロです。もちろん歌舞伎や日本舞踊の会をはじめ、三味線の演奏を聞く機会はありましたが、あんまりどういうものが知らないのです。

「すごいね~おさらい会にでるなんて、よっぽど三味線って素敵なものなんだね~」


さっそく一番前の席で、演奏に耳をそばだてます。
 ご
男性の生徒さんも多い三味線教室。

生徒さんたちの演奏の後に、このお教室の先生である三味線演奏家の杵屋五司郎先生の演奏が始まりました。
 

幼いころから、邦楽に親しみ、東京芸術大学を卒業後、日本音楽集団に入団し、世界各地で演奏会に出演、昭和音楽大学、東京芸大、松徳学院、九州大学の講師などもなさっています。現在、東京を中心に熊本、福岡、島根、そして京都でお教室の主宰されています。京都には、月2回いらっしゃるそうです。
*お教室などに関しては、「杵屋五司郎」のホームページをどうぞ

「いい音色~素敵~」と先生の演奏にうっとり。「三味線って、こんなに真剣に聞いたことなかったかも~いいね~」と。


京都の蓑里会「おさらい会」は、多くの方々の前で披露されました。

 

会は終わって、ミモロは先生にご挨拶を・・・「こんにちは~初めましてミモロと申します」
「はい、初めまして~よくいらっしゃいました」と先生。「やさしそう…」と思うミモロです。

「あの~三味線って、素敵ですね~。でもあの~胴の革って、ネコなんでしょ?」と恐る恐る三味線に近づきます。

「はい、演奏会用は、ネコですが、他は犬の革です。日本のネコちゃんやワンちゃんではありませんよ」と。

「今度、ぜひおけいこの体験しませんか?」と先生。「え?体験できるんですか?ぜひお願いします」と目を輝かすミモロです。

小酒さんが作ったお教室へのパンフレット。それを見ると、「すごく楽しそう・・・」といっそう思うミモロでした。
  

「こんな素敵な場所で、おさらい会できるのっていいね~」と2階からお庭を眺めます。
 
 

ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

「京都コンサートホール」で行われた「北山クリスマスパーク」クリスマスの品々がいっぱい

2018-12-13 | イベント

12月1日、朝、ミモロは、自転車で北山通のそばにある「京都コンサートホール」に出かけました。
 
この日は、コンサートホールのエントランスホールで北山街協同組合が主催する「北山クリスマスパーク」という、クリスマスグッズやスイーツなどの販売、またクリスマスオーナメントなどを手づくりするワークショップなどのイベントが。

「わ~もうここクリスマスみたい~!」
 
入口には、クリスマスデコレーションなどが訪れる人を迎えました。

広い会場を歩きまわるミモロ。「あ、ここ面白そう~」と立ち寄ったのは、以前、見学したことがある「川島テキスタイルスクール」のブースです。
 
ここでは、フェルトでかわいいオーナメントを作ります。
「あ、ミモロちゃん、いらっしゃい~」と迎えてくださったのは、以前、お世話になった「川島テキスタイルスクール」のみなさん。
「わ~ミモロちゃん、クリスマスのスタイルなんだ~かわいい~!」

「あの~フェルトのオーナメント、ミモロでも作れるの?」とちょっと心配そうに尋ねます。「はい、もちろん大丈夫ですよ。10分くらいでできますよ」といわれ、さっそく挑戦。
「え~と、こうやって~」
真剣に作業に取り組むミモロです。
「できた~」北欧調の洒落たオーナメントの完成。材料費は500円です。
「キャ~おしゃれ~」と嬉しそうなミモロです。

ほかにも毛糸のボンボンをつなげて作るもの。
 
織り糸で作るものなど、さまざまなクリスマスオーナメントがありました。
  
「ありがとうございました~。またね~」と皆さんに手を振ってお別れしました。

会場内には、美味しそうなものもいろいろ。北山でお菓子のお教室などをなさっているところや
 
神戸でフレンチレストランや雑貨店をしているお店などの品々も。
  

さらに、クリスマスの贈り物や飾りにしたい可愛らしい品々もいろいろ見つけました。
 


北山エリアにあるクラフトのお教室からの出品も。
色とりどりのタイルを使った作品づくりをなさっている外村まゆみ先生。
 
クレイクラフトのお教室の山下優香先生も
 
「みんな楽しそうなお教室~」とミモロも興味津々です。

家族やお友達など親しい人たちと過ごすクリスマス。「ねぇ~ミモロのお家に遊びに来ない?いっしょにクリスマス過ごそうよ~」とミモロは、大きなクマちゃんを積極的に誘います。
「ねぇ~来てよ~」
ちょっと困った表情のクマちゃんです。

この日の午後は、ホールではフランスから「パリ木の十字架少年合唱団」によるクリスマスコンサートが開催されました。
「聞きたいなぁ~」というミモロでしたが、この日は、午後から予定があっていけませんでした。ごめんね~ミモロ。

会場内は、すでにクリスマスのよう。「お家でももっとクリスマスの飾りしなくちゃ~」と思うミモロでした。


京都にもいろいろな場所に教会があり、クリスマスは、そこでミサをはじめ、さまざまなイベントも行われます。
町の中もウィンドーには、クリスマス飾りやイルミネーションが…。
「今年、どこかの教会に行ってみたい~」と思うミモロなのです。

そしてその1週間後は、お正月。「年末ってホント忙しいね~」

ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

「清水寺」の朝のお散歩。「八坂の塔」に行ったら寄りたい出来立ての湯葉の「京ゆば工房」

2018-12-12 | グルメ

晩秋の京都…ミモロは、久しぶりに「清水寺」へ。

「高台寺」の方向から、石畳の二年坂と産寧坂を通るのが、ミモロの好きなコースです。
「さすが、朝は観光客がいないから、歩くの楽ちんだね~」と弾むような足取りで石段を上がります。

「清水寺」は、京都の人気観光スポット。修学旅行生も大勢訪れ、参道は、まるで原宿や新宿のような賑わいで、歩くもの大変ということもしばしば。

京都情緒あふれる道は、「だれでも一度は訪れたい場所だよね~」とミモロも思う道なのです。
でも、朝は、この通り、澄んだ空気が漂い、お散歩には絶好の道なのです。


「気持ちいいね~」と深呼吸。
「あれ?もう人がいる~」8時前の時間ながら、すでに中国人観光客の姿も見えます。
「みんな早起きなんだね~」

「わ~紅葉キレイ~」まだこの時期は、紅葉が境内を飾っていました。

「あれ?桜も咲いてる~」実は、今年、京都の植物園などでも桜の花が紅葉といっしょに見られたのです。

「早咲きにしても、早すぎる~。春と秋と勘違いしちゃったのかな?」いいえ、これは寒咲きの桜。そういう種類の桜もあって、11月ごろから3月ごろまで小さな花を咲かせます。

「紅葉と桜と一度に見られて、なんか得した気分・・・」


すでに清水寺の拝観受付も始まっていましたが、ミモロは、本堂には行かず、紅葉のお庭を眺めます。
現在、修復中の「清水寺」舞台の姿は、幕がかかって見えにくいのですが、本堂の拝観は受け付けています。


12月にはいって、これが今年最後の紅葉の見納めかも・・・。

「今年は、思ったより、長く紅葉楽しめたみたい~」京都をはじめ、近江などいろいろな紅葉を見物したミモロです。

「さぁ、もっと歩こう~」と「清水寺」から今度は、「八坂の塔」の方向に歩くことに。
 

「ここって、昼間観光客が大勢写真撮影してる、人気の場所なんだ~」
インスタ映えする京都らしい景色です。

さて、ミモロは、「八坂の塔」に来ると、いつも立ち寄る場所があります。朝のお散歩の時間は、まだ営業していませんが、手づくりのゆばが味わえる「京ゆば工房」です。
 「アツアツのゆばなんだ~」
ここでは、お店でお客様の注文を受けてから、豆乳からゆばをすくってくれます。

国産大豆と京都の美味しい水で作られる湯葉です。

ここには、以前、湯葉づくりを見学させてもらったこともあります。

「ミモロちゃん、いらっしゃい~湯葉食べて行ってね~」と、ミモロのために湯葉を引き上げてくださいました。


このお店は、ミモロのお友達の香月さんご一家が営む人気店。香月さんご一家は、祇園祭の『大船鉾」でお世話になっています。3人の息子さんは、お目にかかるたびにその成長ぶりにビックリ。この日は、一番下の息子さんがお手伝い。

「京都のお商売をしている家の子供って、よくお手伝いしてるよね~」と、いつも感心します。

「いただきま~す」アツアツのできたての湯葉には、お醤油をかけていただきます。
体にもいい食材の湯葉は、京都の食卓によく登場します。お味噌汁をはじめ、野菜と和えたり・・・
「美味しいんだ~大好き~」と、アツアツの湯葉をフーフー息をかけながらいただく、ネコ舌のミモロでした。


*「「京ゆば工房」京都市東山区玉水町71の8 075‐531‐8999 営業時間 平日11;00~15:00 土・日曜・祝日11:00~17:00 不定休

ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント