ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

茶だんごが評判の京阪宇治駅前の「駿河屋」。そこで見つけたリンゴたっぷりのアップルパイ

2024-05-20 | ショップ
「ここでお菓子買いたい~」とミモロが立ち止まったのは、京阪宇治駅前にある「駿河屋」。


今、国内の観光客に大人気の場所が、宇治。NHK大河ドラマ「光る君へ」で描かれる平安時代の世界を求めて大勢の観光客が訪れています。

「宇治って、平安貴族が別邸を構えた人気エリアだったんだって…。都暮らしって、結構疲れちゃうんだろうね~別荘でリラックスしたみたいだよ…」と、都から半日くらいで到着できる宇治は、今も風光明媚な場所…


宇治と言えば、やはり一番に思い浮かべるのが、宇治茶…お茶の産地である宇治には、お茶を使った美味しい品々が楽しめるお店がたくさん…ミモロが訪れた「駿河屋」も昭和初期から茶だんごの製造直売店です。


店内には、名物の茶だんごが…
「やっぱり宇治に来たら、茶だんごかな~???」と、ガラスケースの中を見つめるミモロです。

国産米粉に地元の契約茶園から仕入れた宇治抹茶をたっぷり合わせた風味豊かな茶だんご。

「抹茶がたっぷりですごく美味しいよね~」と以前も食べたことがある品です。

また、初夏の和菓子と言えば、水無月…米粉から作ったういろうに大納言をのせ、氷の形の三角形をした和菓子。

こちらも人気の品のひとつ…

「う~どれにしようかな…」と店内を歩き回りながら、迷うミモロです。


「う?これなぁに…」と、店内に見つけた表示…そこには、アップルパイの写真が…

「え?和菓子屋さんにアップルパイがあるの???」と興味惹かれるミモロです。

なんでも長野のりんご農園から直送されたサンフジを使用し、香ばしいパイ生地に包まれたアップルパイで、ホールスタイルは2320円。カットは300円です。

「あの~なんでアップルパイがあるんですが?」とお店の方に伺うと…
洋菓子を修業した職人さんがいらして、抹茶を使ったクッキーやサブレなども製作。地元の人を中心に人気なのだそう。

さっそく「あの~一切れください・・・」と焼き立てのアップルパイを購入しました。


「1カット300円って、リーズナブル…この頃、ケーキ、結構高いもの…」と。

アップルパイの他アップルタルトもありました。「こっちも美味しそうだね~」と、今回は、茶だんごではなく、アップルパイが食べたかったミモロです。


「ここで食べちゃおうかな…」と宇治橋の近くで…


「なんか懐かしい味がする…甘酸っぱいリンゴが美味しい…パイ生地も香ばしいね~」と。
クラシックホテルのティールームで頂いたアップルパイを思い出します。

「ごちそうさま…」と、お店のマスコットの茶摘み娘さんに挨拶。


茶だんごなど宇治茶を使ったお菓子がメインのお店ですから、アップルパイが作られる量は、少な目。売り切れになることも多いそうです。

*「京阪宇治駅前 駿河屋」の詳しい情報はホームページで

<ブログを見たら 金魚鉢をクリックしてね 応援よろしく!ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら 

ミモロオリジナルグッズをぜひ~ご覧ください~

ミモロのウールジャージひざ掛け

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

時代を超えて愛され続ける「英国アンティーク家具 uno」。誂えのカーテンや家具の修理も依頼可能

2024-05-19 | ショップ
「こういう鏡で見ると、なんか素敵に見える…」と、ミモロが映すアンティークの鏡台。

その気分、わからないでもありません…。

ある日の午後、ミモロは、自転車を「京都府立植物園」から、鴨川沿いを鞍馬口方向に進み、住宅地の中に止めました。

そこには、白い外観の洒落たお店が…

「何のお店だろ?」と、ミモロは中を覗きます。
ここは、「英国アンティーク家具 UNO」。
 

「いいよね~アンティークの家具って…憧れちゃう…」と興味津々の様子。
思い切って、「あの~見せてもらってもいいですか?」と中へ。

店内には、英国からはるばるやって来た家具などがいろいろ。時の衣をまとった味わいがあるものばかりです。

お店の店長さんの岩城さん。家具の修理もなさる職人さんでもあるそう。


「UNOって、一番って意味ですか?」とミモロ。
「う~このお店は、元々宇野商店といって家具を扱っていたんです。現在は、英国アンティーク家具をメインに販売と修理、またインテリアコーディネート、空間デザインなどをしています」と。

お母さま、お兄様などご家族を中心に営まれるお店で、京都を中心に関西エリアに顧客が…。

「こういう家具が置けるお家に住みたい…」と言いながら、ちらりを上目遣いで見るミモロ。


確かに素敵ね~


モダンな家具を愛する人と同様に、クラシックな雰囲気の家具を愛する人も多く、家にある家具を大切に使いたいと修理などの依頼も多いそう。古く傷んだ家具でも、修理すると蘇り、新たな表情が生まれるとか…。

「京都の古い町家にも、結構、こういう家具って似合う感じする」とミモロ。



「いろんな家具があるね~」と店内を歩き回ります。

店内に並ぶ以外にもホームページから家具を見たり、注文することも可能。


また、ミモロが「素敵!」と声をあげたのは、カーテン。
 
ヨーロッパの家具に合うニュアンスある色彩と上質感…オーダーで注文できます。

「昔、こういの見たことある~」そう、足踏みミシンです。

店舗のインテリアなどにも使われる品。

「え?もう行くの??」
はい、そろそろお暇しましょう…

「またね~」と手を振ってお別れ…

「一乗寺の方にもお店がありますから、ぜひ、そちらも覗いてみてくださいね」と。

「お家に戻ったら、まずお片付けしよう~」とミモロ。素敵な家具を見て、まずは、住まいの状態を整えることを思ったようです。

*「英国アンティーク家具 UNO]の詳しい情報はホームページで


<ブログを見たら 金魚鉢をクリックしてね 応援よろしく!ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら 

ミモロオリジナルグッズをぜひ~ご覧ください~

ミモロのウールジャージひざ掛け

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

滋賀県の「高島鍛冶場」での鍛冶屋さん体験。小さな鉈の記念品に感激するミモロ。

2024-05-18 | 体験
「わ~可愛い…これここで作った鉈だって~」と、ミモロが手にする小さな鉈。

訪れている滋賀県高島市の「高島鍛冶場」で、鍛冶師の堀田さんが製作されたミニチュアです。

火入れが行われた後、ミモロたちは、この鍛冶場で仕事をなさる鍛冶師の堀田さんから、お話を伺います。

「鉄に合わせるカーボンの量で、鉄の硬さが変わります。柔らかい鉄を叩いて、形を整えたり、硬くしてゆくんです」と。
「トンカチで、トントン叩く作業だね~」と、ミモロは、「村の鍛冶屋」の歌を思い出します。

「しばしも休まず 槌打つひびき 飛び散る火花よ はしる湯玉 ふいごの風さえ 息もつかず 仕事に精出す 村の鍛冶屋…」ちなみにこの歌は、明治時代の「尋常小学唱歌」で作詞・作曲者は不明だと。

まさにこの歌のモデルは、堀田さんなどの「野鍛冶」という農具など生活用具を作る鍛冶屋さん。刀剣を作る刀鍛冶とは違います。つまり、歌に歌われるほど、野鍛冶は、人々の暮らしの中にあったということ。

さて、話を「高島鍛冶場」に戻しましょう。主を失くし、取り壊されそうになっていた鍛冶場を、なんとか復活させようと動いた地元などの方々。クラドファンディングなどで資金を集め、それらの努力と多くの人の支援によって、昔から伝わる鍛冶師の技術を今に繋ぐ場所ができたのです。

ここでは、ドイツで鍛冶修業をなさり、この地域に移り住まわれた前田さんも作業をしています。

ドイツと日本の鍛冶作業は、やり方は異なるそう。いろいろなやり方もここでは、自由に…。

鍛冶場の中心は、火床(ほど)。その横には、火力を調整するためのふいごがあります。ここでは、電動のものを使用しているそう。そして、熱した鉄を置いて、槌で打つ場所、横には、鉄を冷やす水が…


「ミモロちゃん、落ちないようにね~」と参加者から心配する声が…

そう、ミモロのすぐ後ろは、掘り下げられた場所が…。ここに入ると、作業するのにちょうどいい高さなのだそう。
「なるほど、効率よく作業できるように必要なものが配置されてるんだ~」と感心するミモロ。

鍛冶屋体験をする人は、ここに入って作業します。


「ミモロちゃんもやってみたら…」と言われ、槌を持って、熱せられた赤い鉄を打ちます。

飛び散る火花で焦げないように…見ている方がハラハラです。

ここでは、鍛冶屋体験のワークショップもやって、ペーパーナイフやバターナイフなどが作れるそう。
 
*ワークショップの開催時期は、不明。

ミモロが興味を抱いたのは、今回、お土産に頂いた小さな鉈…

「ミモロサイズだ~こういうの作りたい…」と。いろいろな種類がある鉈。でも、これは堀田さんのオリジナル。

なんか初心者には、むずかしそう…。

「また、機会があれば、いらしてくださいね~」と、堀田さんと前田さん。


「今日は、鍛冶屋さんのお仕事見せてくださってありがとうございました。」とお礼を言って、お別れしたミモロでした。


<ブログを見たら 金魚鉢をクリックしてね 応援よろしく!ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら 

ミモロオリジナルグッズをぜひ~ご覧ください~

ミモロのウールジャージひざ掛け

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

滋賀県高島に復活した古い鍛冶場の火入れ式へ。暮らしを支える鎌や鉈を昔ながらの技術で作る鍛冶場。

2024-05-17 | 滋賀県

「昔ながらの鍛冶屋さんって、興味ある~」と、4月下旬にミモロは、滋賀県高島にある「高島鍛冶場」を訪れました。


いつも京都の山里久多の自然観察や保全活動「ビーバーの山の会」でお世話になっている「カワネズミ」の研究者である堀田典男先生からのお誘いで、湖西線に乗って、「新旭駅」へ。

「久しぶりに湖西線に乗った気がする…」

車窓に見える琵琶湖の景色に、ちょっと旅気分のミモロです。

初めて下りた「新旭駅」

「だれもいない~」京都や大阪へ通勤する人もいるエリアですが、この時間帯は、人影もなく…


駅前のロータリーには、馬に乗った武将の銅像が…

「これ誰?」と思うミモロ。

この銅像は、この地域の氏神である「大荒比古神社」で5月4日に行われる「七川祭」という馬が活躍する勇ましい祭りの姿を映したもの。滋賀県無形民俗文化財に指定される歴史ある祭りです。

「滋賀県って、いろいろな祭りがあるんだよね~」と、その歴史の深さを改めて感じるミモロです。

駅でウロウロしていたミモロを「ビーバーの山の会」の代表の栗原さんが車で迎えに来てくれ、駅から5分ほどの目的の古い建物へ
 

「いらっしゃい~」とそこにいらしたのは、お誘いくださった堀田先生。

「あれ?なんか感じ違う…」とミモロ。実は、堀田さんは、亀岡で修業をなさった鍛冶職人でもあるのです。

鍛冶職人というと、刀剣などの刀鍛冶を思い浮かべますが、同じように鉄を鍛える仕事ながら、堀田さんが従事するのは、野鍛冶という分野。これは、農具の鎌(かま)、鍬(くわ)、鋤(すき)をはじめ、庖丁やハサミなど、暮らしに欠かせない道具を作る鍛冶屋さんです。かつては、集落には必ずいたという野鍛冶職人は、今やその数は、激減…堀田さんは、その技術をもつ数少ない職人さんなのです。

この日は、「高島鍛冶場」9周年記念式典で、火入れを一般に公開。

鍛冶場にある神棚に作業の無事と発展を祈願します。


さて、「今回、9周年記念??ということは、9年前にできたの?」とミモロ。
この鍛冶場の持ち主さんは、お父様が鍛冶職人だった方。そのお父様が亡くなってから、使う人なく放置された鍛冶場で、それを壊そうと…それを聞いた地元の方が、「なんとかこの建物を残そう」と活動を開始。それに賛同した堀田さんらの尽力で、なんとか取り壊しを免れ、鍛冶場として、再び蘇ることに…。
「その活動って、すごいね~」と感心しきりのミモロです。

復活を遂げて9年…今も堀田さんやこの地域に移り住んだドイツで鍛冶修業をなさった前田さんなどと共に槌の音が響くようになりました。


この日、神棚に奉納する蔵のカギのミニチュアを作ります。

近くで作業を見つめるミモロ。


しばらくして、完成した奉納の品。

神棚に向かい柏手を打ち、参拝しました。

「この後、鍛冶屋さん体験できるだって~」と目を輝かすミモロです。

<ブログを見たら 金魚鉢をクリックしてね 応援よろしく!ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら 

ミモロオリジナルグッズをぜひ~ご覧ください~

ミモロのウールジャージひざ掛け

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年の「葵祭」。外国人観光客も多数…沿道を埋め尽くす大勢の見物人。

2024-05-16 | 祭事・神事・風習
5月15日は、京都三大祭(葵祭、祇園祭、時代祭)のひとつ、「葵祭」の行列が町を進む日。

ミモロも、毎年、行列が進むコースのどこかで見物しています。

12時過ぎに「下鴨神社」にやって来たミモロ。すでに斎王代の行列は、本殿方向に進み、糺の森には、それを見物した大勢の人達の熱気だけが残っています。

行列に間に合いないことは知っているミモロですが、「一応、行ってみよう~」と。

そこには、近所の「加茂みたらし茶屋」の出店などがあり、名物の「みたらし団子」が販売されていました。

他にも、双葉葵の葉っぱが茂る鉢なども…


「ここにいても行列見られないね~まずは、腹ごしらえしよう~」と。向かったのは、神社の北側に位置する手作り豆腐のお店「すがい」です。

「こんにちは~」とお店へ…「あ、ミモロちゃん、キャ~凄い!斎王代の装束作ったんだ~」と、店主の菅井さんファミリーに褒められて、「まぁね~」と鼻を膨らまします。

いつもは、定休日の水曜ですが、この日は「葵祭」ということで営業。
「あの~お昼のお食事できますか?」と伺うと、「はい、大丈夫ですよ~」と。ミモロはさっそく2階の食事処へ

お昼の品は、メインの「ゆば丼」1650円。他に、いろいろな豆腐の料理が…

たっぷりゆばが入ったとんぶり…ダシのきいたタレもたっぷりかかっています。お吸い物にもゆばが…
「いいお味~美味しい~」と、目を細めて頂きます。

斎王代の行列が「下鴨神社」を出発するのは2時半ごろ…それまでゆっくり過ごさせていただきました。

「そろそろかなぁ~」と2階の窓から行列が通る下鴨本通をチェック。


まだ、行列が通るまでには、30分以上ありますが、すでに通りでは、交通規制が始まっています。
急いで、行列がそばを通る向かい側に移動…そこで陣取り、行列を迎えることに…


ミモロの周囲には、外国人観光客などが…東京からいらしたご夫婦のそばで待つミモロは、「葵祭」に関するお話などで時を過ごします。「京都に詳しいネコちゃんといっしょでよかったわ~」とおっしゃってくださり、京都観光サポーターとして、ちょっと仕事をした感じ…。

さぁ、いよいよ行列が動き出しました。

行列には、約500人の人たちが関わります。
斎王代の装束のミモロに微笑む方も…


「あのね~行列に参加する人は、8キロ歩かないといけないから、大変なんだけど…その装束を準備したり、着付けたりする人も大勢いるんだよ~」そう、装束の手配、手入れ、また馬や牛の世話などをはじめ、人員の手配、道具の準備など、大きな祭りを行うには、それ相応の時間、費用、作業があることを知って欲しいと思うミモロでした。

「あ、牛車が来た~」

「なんか黒毛和牛さん疲れてるみたい…」と、牛を心配するミモロ。

行列には、華やかな花笠なども登場します。


斎王代の供をする命婦などの雅な行列…


今年、平安時代を舞台にした話題のNKHの大河ドラマの影響もあり、平安絵巻を彷彿とさせる「葵祭」は、観光客が見たい祭りに…。「なんかいつもより見物人多い気がする…」とミモロ。

そしていよいよ斎王代の輿が近づいてきました。行列に参加する子供たちは、学校を休んで参加。京都学校では、特別許可が大きな祭りでは降りるそう。


「あ、斎王代さまだ~」ミモロの憧れの存在…

今年は、壬生寺のお嬢様がその任を果たされています。

いよいよ行列も終盤に…


大きな牛車の姿が現れました。


それを最後に行列は終了…
下鴨本通の交通規制も解除されました。


「終わった~」とミモロ。他の祭りに比べ、行列の長さは短いので、実際に見物に要する時間は短いのですが…。
「なんか疲れちゃった~」と…どうも斎王代の装束が重いよう。双葉葵の葉っぱもすっかりしおれてしまいました。
「お家に帰る~」とミモロの「葵祭」見物は終了。
行列は、下鴨本通から、北大路通を経て、鴨川沿いに北上し、「上賀茂神社」へとさらに向かいます。

<ブログを見たら 金魚鉢をクリックしてね 応援よろしく!ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら 

ミモロオリジナルグッズをぜひ~ご覧ください~

ミモロのウールジャージひざ掛け

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする