ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

秋の京都岡崎。市電のボランティアと「無鄰菴」への紅葉狩り

2018-12-01 | 京都

[さぁ、今日も岡崎公園の市電の案内所のボランティアがんばるんだ~」と、朝、自転車で岡崎公園へと向かったミモロ。
「準備しなくちゃ~」
到着すると、お客様のために資料を揃えたり、お掃除したり、準備を始めました。
「今日はどんなお客様が来るかな~」とワクワクしながら待っています。

この日も、家族連れなどが、京都の見どころマップなどをもらいに来たり、また、市電が懐かしいとおっしゃる方々が次々に。その中で、「あの~ここで写真撮影していいですか?」というのは、大分から来た修学旅行生です。
「はい、今、だれもいないから、どうぞ~」とミモロ。

「市電に乗って、急ブレーキかけてビックリしてるような場面にしようよ~」など楽しそう。
「ミモロもいっしょにやりたい~」と仲間に入れてもらいました。

修学旅行で京都に来る修学旅行生は、昔のように団体バスに乗っていろいろな名所を回るとは異なり、グループ行動をします。自分たちで行動プランを立てて、バスなどを利用して見学してゆきます。

東山エリアを見学してゆくプランなのでしょう。「たくさん素敵な思い出ができるといいね~」と思うミモロです。
「バイバイ。いい旅してね~」と手を振ってお別れ。「ミモロのこと、また思いだしてくれるとうれしいなぁ~」
「行っちゃった~」
ほんのわずかな出会いながら、また誰もいなくなって、ミモロは、ちょっと寂しそう。
誰もお客さんが来ない市電。「ちょっと公園で遊んでこよう~」と、ミモロは、市電から離れてすぐ前の公園へ。ここならお客様が来てもすぐに戻れます。

図書館のそばの市電の前にある児童公園は、今、イチョウが黄色いじゅうたんのよう。
「滑り台やろう~」
ミモロは、滑り台の上に登ると、周囲の景色を楽しんで、勢いよく滑ります。
「行くよ~ビューン」と独り言。
ひとりで遊ぶ滑り台。下では誰もミモロを捕まえてくれません。滑り終わって体についたイチョウの落ち葉をはらいます。

ほかの遊具に乗ったり、いつもは子どもたちが待って乗るブランコもすぐに乗れる誰も遊んでいない公園。ミモロはブランコに飛び乗ると、「動かない…」そう、だれもブランコを押してくれません。
 
動かないブランコにじっと座っているミモロです。

「イチョウの木、黄色でキレイ~」イチョウの木をブランコに乗りながら眺めます。

しばらく、ブランコにいたミモロ・・・
「ただいま~」市電に戻ってきました。「やっぱりいっしょにお仕事する~」と再びカウンターに。
楽しかった?公園・・・「うん、でも・・・今度、いっしょに行ってね~」とポツリ。

ボランティアのお仕事が終わり、ミモロは、トコトコ歩いて琵琶湖疏水のそばの「無鄰菴」に行きました。
 
「ここ、きっと紅葉キレイだよ~」と。ミモロの予想通り、以前訪れたときより、紅葉が進んで庭全体が秋の彩りに包まれていました。


「わ~きれい~」と景色を眺めるミモロ。


京都の紅葉は、12月初旬までというところでしょうか。「赤い葉っぱが落ちると、冬が来るね~」


そう、もう冬の足音が聞こえ始めている京都です。



ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
ミモロカレンダーいよいよ売り切れ迫る~「お早目にね~」byミモロ
コメント

3年ぶりに京都南座で興業される恒例の「顔見世」。高麗屋三代襲名披露も話題に

2018-11-19 | 京都

祇園エリアも紅葉が進んだ京都。
 
ミモロは、着物を着ておでかけです。「だって、今から南座の顔見世、見に行くんだもの~」と。

多くの人出で歩くのも大変な週末の四条通。特に四条大橋そばの「南座」の前は、たくさんの人垣が。
 
そう、11月から始まった京都の風物詩にもなっている「吉例 顔見世興業」が、12月末まで行われます。
2016年の1月から耐震補強工事のためにすべての興業を中止していた「南座」が、今年、その工事を修了し、再び「顔見世興業」が行われるとあって、今年は、さらに注目を集めているのです。

「チケット予約するの大変なんだよ~」。でも、ミモロは、ラッキーなことにゲットできました。
ワクワクしながら館内に・・・

11月25日に千秋楽を迎える「顔見世興業」は、二代目松本白鴎、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎という高麗屋三代揃っての襲名披露が行われることでも、話題に。「これってすご~く珍しいことなんだって~」


昼の部は、歌舞伎18番の「毛抜」、幸四郎と染五郎親子による「連獅子」などが人気に。そしてミモロが行く夜の部は、お正月のめでたさを表すために江戸時代からこの時期に演じられるという「寿曽我対面」。そして襲名披露の口上が見どころ。さらに歌舞伎18番の「勧進帳」などが行われます。


「歌舞伎見るの久しぶりだね~」とワクワク。まずは、改修工事が行われたという館内をキョロキョロ。
 
「エレベーターができたんだって~。う~他は、どこか新しくなったのかよくわかんない~」と。

「南座」の復活と顔見世興業をお祝いする品々も会場内に見られます。
 

「お弁当買わないと~」と、席に着く前に、お弁当とイヤホンガイドを用意します。

「これ、ここだけの限定品なんだって~」と「とらや」のお菓子をはじめ、ここ限定の品々もいろいろあります。
ミモロ、急いで、もうすぐ開演時間よ~「え?もう~お土産見る時間ないね~」と後ろ髪をひかれながらも、座席に急ぎます。

客席もリニューアルされ、座席も新しくなったそう。「うん、確かにシートキレイになってる。でも、あんまりスペースの狭さは変わんない感じ…」。1000席ほどの「南座」は、リニューアルでも劇場自体の大きさを増やすことはできなかったと見えて、前後の席の間隔は映画館のように広くありません。
和服姿の観客が多いため、奥の席から通路に出るのは、大変なのです。それは以前とあまり変化はありませんでした。

「やっぱり顔見世は、南座で見るのがいいよね~」とミモロ。昨年は、「ロームシアター京都」で開催されたのでした。もちろんそこも広く、素晴らしい劇場ですが、やはり独特の雰囲気のある「南座」での歴史ある顔見世を望む人が多いのです。「座席の間、狭くても、やっぱり南座だよね~」

今年、舞台には、襲名を祝う「祝い幕」が下がっています。

ちなみに以前高麗屋3代襲名披露が行われたのは、37年前。そして今、歌舞伎界で、三代揃って襲名できる家は、残念ながらしばらくないといわれます。
それだけに貴重なもの。「高麗屋さんってすごいね~」と思うミモロです。

「ミモロの席ここ~」そう、今回、花道のすぐ横のお席がゲットできました。


花道脇の席は、初めてのミモロ。役者さんがすぐ近くで見え、その息づかいや目の輝きなどが迫力と共に伝わってきます。
「すごい~」ともう目を丸くして見つめます。

「顔見世興業」のチケットは、ほとんどが1等席2万5000円で、わずかに2等席1万から1万2000円、3等席8000円、4等席6000円です。「1等席以外予約するの、すごく大変なんだよね~」チケット発売日の初日に30分以上電話してゲットしたという話も多く聞きます。ほとんどが1等席のため、同じ価格でも、どこの席かで楽しみにも違いが生まれるのはしかたないことです。ミモロがゲットした花道脇という席は、本当にラッキーなのでした。

「わ~愛之助さん素敵~」と、花道を通る曽我五郎役の愛之助さんの姿にポ~と見惚れるミモロです。

「寿曽我対面」が終わると、15分の休憩。その間に花道の上に置かれた板を外す作業が…

そして、いよいよ夜の部の見どころ「高麗屋三代襲名披露」の口上が舞台で。
「これって、歴史的に今年しかないんだ~。見られてよかった~」とミモロ。裃姿の3人。幸四郎さんの衣装は、かつて白鴎さんが、染五郎さんの衣装は、幸四郎さんが、37年前の襲名披露で着ていたものだそう。


8代目市川染五郎を襲名する松本金太郎くんは13歳。「すごくしっかりしてるよね~。ちょっと前まで小学生でしょ。」
高麗屋の御曹司としての自覚あふれた少年です。なんと、この顔見世興業のために1か月学校をお休みして出演しているのだと、父である幸四郎さんが…。

口上の後は、30分の休憩、「ここでお弁当食べるんだよね~」と、あらかじめ購入しておいたお弁当を席でいただきます。
 
「なだ万」の1800円のお弁当。「わ~いろんなものが入ってる~美味しいね~」と、味わいながらいただきます。


それから始まったのは、歌舞伎18番の「勧進帳」。高麗屋三代が舞台に揃います。弁慶役の幸四郎さんの熱演。それを見守る富樫役の白鴎さんの思いが伝わる舞台です。そして、義経役の染五郎さんの初々しさが光ります。

「感激しちゃった~」とミモロ。言葉にしない心の動き・・・それが伝わる舞台です。

「歌舞伎って、動いている人より、じっと動かないでいる人が多いんだ~。でも動かないからこそ、表現できることがいっぱいあるんだね~」と思ったミモロ。

最後は、ちょっと笑いもある「雁のたより」という演目でした。

「すごく感激しちゃった~」といいながら、興奮さめやらぬ面持ちで「南座」を後にしたミモロです。



ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
2019年ミモロカレンダー、残り少なくなっています。お早目に~


コメント

「京都府立植物園」。秋の花々とそろそろ紅葉が見ごろの園内。

2018-11-14 | 京都

「きっとここも紅葉キレイかもね~」と、久しぶりにミモロは、「京都府立植物園」に出かけました。
 
「わ~お花いろいろあるよ~」真っ赤なサルビアやコスモスがお出迎え。
「あの~今、見ごろなものってなんですか?」と入口でスタッフの方に伺うと、
「そうですね~。コスモス花盛りですよ~。菊の花も見事に咲いてますね~。紅葉なら池のまわりがキレイです」と教えてもらいました。

そこでミモロは、何度も訪れている園内をなれた足取りで奥へと進みます。
「あ、バラも咲いてる~なんかいい香り~クンクン」。バラ園に来ると、ほんわりと甘い香りが漂ってきます。
 
「まだバラみられるんだ~」今年最後の花かも…

「あ、ここだ~すごい~」とミモロが驚いたのは、コスモス。

噴水のそばに、コスモスが花盛り。
 

「わ~ここもキレイだね~」カンナを中心にした秋の花の寄せ植え。
  
今は、いろいろな場所が、鮮やかな秋の色に彩られています。

「あ、菊のお花どこかな?」そう、秋といえば菊。「北山門」の近く、春のボタン園のそばに「菊花展」が行われていました。
 
「うわ~見事だね~」丹精込めた菊の花、その姿は見事です。


他にも秋の花がいろいろ。
 

「こんなにお花があるって知らなかった~」と感激するミモロです。

ところで紅葉は?「あ、お池のまわりって言ってた~」とミモロは、森を抜けて、池へと向かいます。
途中、台風で倒れたのでしょうか大きな木が・・・。その切株でひと休み。

今年の台風で植物園も大きな被害が。しばらく休園していた期間もありました。

池のそばに到着。「わ~きれいだね~」

色づいた木々が池の面に映り込んでいます。

「いい感じ~」

しばしその景色に見惚れるミモロでした。

秋の午後、植物園には、のんびり散策する人の姿が…。
四季折々の花が咲く植物園は、ミモロのお気に入りの場所。「もっと紅葉が進んだら、また来よう~」と。
そう、年間パスポートを持っているミモロなのでした。


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
ミモロカレンダー発売中
コメント

鞍馬二ノ瀬の「白龍園」。庭を愛する人たちが守り、育てる美しい景色

2018-11-13 | 京都

鞍馬二ノ瀬の「白龍園」を訪れているミモロ。

「ここ一番見晴らしがいいんだ~」と、お気に入りのスポットで、ゆっくり景色を眺めます。

「今年もキレイ~」
「あんなに大きな台風が来て、被害いっぱいあったはずなのに~」と、去年と同じように整った庭を見て、不思議に思うミモロです。

実は、山を彩る紅葉は、今年も色鮮やかな景色にみえますが、鞍馬地区だけでなく、京都じゅうの紅葉には、今年の夏の猛暑で紫外線に焼けてしまった葉っぱなども混ざっています。

そして鞍馬地区に多大な被害をもたらした台風。鞍馬寺などでも、山の木々は倒れたり、枝が折れたり・・・その被害の様子は今も残っています。

台風では、長く停電にも見舞われた鞍馬地区。住民の暮らしにも不自由な時が続きました。

線路などに被害を受けた叡山電車は、10月27日まで、鞍馬と貴船の間は不通に。紅葉シーズンを前にやっと全線が開通したのです。

「いろんなことがあったけど、ホントにここのお庭すごくキレイ~。紅葉も見事だよね~」と思うミモロ。

特に苔の美しさは、いつもより際立っている感じです。
「あ、石碑も苔の帽子かぶってる~」
う、細かいところに目が行くミモロでした。

そう、『白龍園」は、春は桜、夏は青葉、秋は紅葉、冬は雪景色が美しいと評判の場所。
春から秋にかけて、苔の美しさも、訪れる人を魅了しています。

「フワフワの絨毯みたい…」

ミモロは、軽いので、特別苔の上に立つことが許可されましたが、来園者は苔を踏んではいけません。飛び石の上を歩きましょう。

苔の上に舞い落ちる紅葉。風情のある景色ですが、あまりに多いと…

「あの~なにしてるんですか?」と、苔のそばで、黙々と作業している人が。

「落ち葉、取ってるんですよ~」と。「え~みんな手で取るの?」とミモロ。「そう、苔が傷つかないようにね」と。
一晩経てば、苔の上には落ち葉がいっぱい。風が吹けば、さらにその量は多くなります。

園内の苔は、本当にきれいで、その上にはほとんど落ち葉がありません。

「おかしいと思ったんだ~だって石段のとこには、落ち葉たくさんあったのに、苔の上だけにないなんて~」

そう、訪れる方たちに美しい庭を見てもらうために、スタッフの方々が落ち葉を拾っていたのです。
 
美しい庭を維持するために、多くの方の力がそこに・・・。「本当にみんな、このお庭が大好きなんだね~」と思うミモロです。

秋の公開を前に、お庭を管理、維持するスタッフをはじめ、ここを所有する「青野株式会社」の社長をはじめ、社員の方々が、台風で荒れた庭の修復に力を尽くしたのです。
そもそもこの庭は、現在の社長のおじいさまが山を整備して作り上げたもの。それには、社員とその家族、また地域の人たちが少しずつ作業を進めていったのです。青野社長も子供のころ、庭づくりのお手伝いをなさったそう。
できる限り専門業者を入れず、自分たちの力で整備した庭だけに、そこに関わる人たちの庭への愛情もそれはそれは深いのです。

「だから何度も訪れても、すごく居心地がいいの~。みんなの愛情いっぱいのお庭だから…」とミモロ。

さて、美しい景色と、もうひとつの楽しみが、庭の向かい側にあるお休み処の「河鹿荘」での善哉です。
「ミモロちゃん、いらっしゃいませ~」といつもやさいい笑顔で迎えてくださる社長の奥様。
「また、善哉ね」「はい、そう・・・」毎回、ミモロは善哉をいただきます。

江戸末期の建物の中で、外の景色を眺めつついただく善哉は、ミモロの楽しみ。ほかにお菓子とお抹茶などもあるのですが、「だって善哉美味しいんだもの~」と。

「お餅2個入りだよ~」自家製の善哉です。

小豆がゴロゴロ入った善哉の美味しい一品。

「あ、いろいろ商品増えてる~」売店には、オリジナルのグッズやTシャツが。
 

何度訪れても、心安らぐ場所です。

 

ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
「限定100部だけのミモロのカレンダー。ぜひおそばへ~」

コメント

12月2日まで、秋の鞍馬二ノ瀬の「白龍園」の特別公開。・ウエディングの写真撮影に人気

2018-11-12 | 京都

毎年、紅葉の時期に訪れているのが、鞍馬二ノ瀬の「白龍園」です。ここは6年前から1日100人限定で一般公開された、子供服メーカー「青野株式会社」が、所有する庭園です。
 
今年も、見事な紅葉が、山を彩っています。

「こんにちは~。またお邪魔します~」とミモロは、青野社長にご挨拶。
「ミモロちゃん、よくいらっしゃいました~」と笑顔で迎えてくれました。
「今日のお洋服も、青野さんの子供服のハギレで作ったの~素敵でしょ」とミモロ。「はい、よく似合いますね~」
そう、ミモロのお洋服の生地を時々送っていただいています。良質の子供服の生地だけに、とても着やすいのだそう。

「そうだ、ミモロちゃん、今日は、ここで結婚式の前のカップルの撮影やってるんですよ~。ちょっと紹介するね~」と青野社長。「花嫁さんいるの?」とミモロは嬉しそう。

素敵なお庭を背景に結婚するカップルの写真撮影は、今や一般的、京都でもいろいろな場所で、白無垢やウェディングドレス姿の撮影が行われています。

ここ「白龍園」でも、提携しているウエディング写真を得意とする「STUDIO TVB京都」のロケーションプランで撮影が行われています。

「ここ、1日限定100名しか入園できないし、撮影する場所としては最高だね~」とミモロ。そう、よく祇園や琵琶湖疏水など観光客の多い中でも撮影が行われていますが、結構、気を使いそう。でもここなら、リラックスして撮影できます。
 
ミモロは、カメラマンさんのそばで撮影を見ていました。にこやかなカメラマンさん。緊張するカップルも、リラックスして撮影が進みます。

「わ~素敵な雰囲気だね~」とカメラを覗くミモロ。


ミモロは、ちゃっかりお二人のそばへ。ミモロ、お邪魔しちゃダメでしょ。「すごくしあわせはパワー感じるんだもの」
 

この日は、晴天に恵まれ、絶好の撮影日和。12月に結婚式を挙げるお二人。結婚式では、ドレスを着られるので、その前に白無垢で撮影したかったのだそう。「お嫁さんキレイですね~」とミモロ。「そう、すごくキレイですね~」と花婿さんは、すごくうれしそうに答えます。

「ここは、人が少ないので、緊張せずに撮影できて、ここを選んでよかったです」と。素敵な写真が撮影され、きっと生涯の宝物になるはずです。

さて「白龍園」での特別公開で1日限定100名の当日券1600円で入園できるのは、10時~12時半。それから14時までは、往復ハガキによる事前予約観覧4320円で1日限定50名です。また、14時以降16時まで貸し切りでの利用も可能になりました。お茶会などでの利用も。詳しくは「白龍園」のホームページで 

「では、お幸せに~」というと、ミモロは、園内の散策へ。すでに何度も訪れているので、馴れた道です。

まずは、一番奥の「白龍神社」にお詣りします。
「ここって、気の流れが違うんだよね~神聖な感じ~」とミモロ。

ミモロは、そこから、石段を上がってゆきます。
「わ~真っ赤~落ち葉の階段だ~」と言いながら、見晴らしのいい上へと進みます。
 

山の中腹にある東屋からは、園内や向かい側の山々の紅葉が目の前に迫ります。

ミモロの体も赤く染まるような鮮やかな紅葉です。

ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより


人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら 
「2019ミモロの京都暮らしカレンダー」限定100部で発売中

コメント