ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

金運・くじ運アップの東京日本橋にある「福徳神社」。「宝袋」でご利益もアップ

2018-01-21 | パワースポット

ちょこっと東京旅に出たミモロ。「わ~久しぶり~東京は、ミモロの故郷だもんね~」と東京生まれのミモロは嬉しそう。今回もいろいろなお友達に会ったり、お買い物をしたり、東京旅を満喫したミモロが、「ここいいね~」と、ぜひ東京に行ったときのおすすめの場所としてご紹介したいのが、日本橋の「福徳神社」です。
 
三越百貨店や三井ビルなどが聳える日本橋エリアは、近年開発が進み、東京の観光地の中心地のひとつになっています。

ビルが聳える通りからひとつ南側の通りに行くと、そこには日本文化や食を楽しめるエリアなどが広がっています。
「こんなところに神社がある~」
そう、そんなビルの間に、朱塗りの鳥居が立っている場所が…。「なんの神社かな?」とさっそくお詣りへ。
「外国人観光客も参拝してる~」
ミモロも、まずはお詣りを…。ところでここはどんな神社かというと…。

創建の年代は不明ながら、清和天皇の時代、貞観年間(859~876)には、すでに鎮座されていたそう。ご祭神は、五穀豊穣の神様の倉稲魂命(うかのみたまのみこと)。もともとは、武蔵野の村である福徳村のお稲荷さまとして祀られ、その地名からその名が…。「武蔵野にあったのに、こんな都会に移ったんだ~」とミモロ。その由縁は、よくわかりませんでした。

ともかく江戸時代には、家康も参拝したそう。2代将軍秀忠が参拝したときに、鳥居の皮付のクヌギから芽が吹き出ていたのを見て、「芽吹稲荷」と名付けられたとのこと。
なので、この神社は、「福徳神社 芽吹稲荷」というのだそう。

江戸にあるだけに、武将の信仰が厚く、お守りも勝運や出世運などに関わるものが揃っています。
 

また社殿の脇に気になる看板が…
「当選祈願だって~選挙の候補者のための祈願なの?」と不思議そうなミモロ。
社務所の方に伺うと、「この神社は、江戸時代、富くじを扱うことが認められていた神社なんです。ですから、宝くじや懸賞などに当選するようにご祈願なさる方が多いんですよ」とのこと。「え~くじ運アップするの~」と福引が大好きなミモロ。でもいつもハズレ・・・「くじ運アップさせた~い」と。でもご祈願までする時間がないので、
「あ、これなんですか?」と社務所にあった金色に輝く袋を見つけました。
「宝袋だって~」表には、富くじを射止めた図柄。金色に輝いて見えたのは、生地全体に小判が散りばめられていたのです。「きゃ~かわいい~!それにすごくオーラ感じる~パワーありそうだよ~」とすっかり気に入ったミモロ。「あの~これお守りなんですか、それにしては大きいけど~」と聞くと、「これは宝くじを入れておくもの。でも貯金通帳や自分の大切な宝物をしまってもいいんですよ。ご自分の宝物いれてください」とのこと。

なかなかしっかりとした作りで、なんとその袋の中には、宝船の絵も描かれていて、ありがたさもいっそう。

「あの~効き目あるんですか?」と、なんともストレートな質問。「はい、よくお礼詣りにいらっしゃいますよ~」とのこと。「これ、ください!」と、ミモロはお小遣いからこの宝袋を求めました。「はい、1300円です」
「これでお小遣い増えるね~」と
さっそく宝袋の中に、千円札を納めたミモロ。「どうぞお友達たくさん連れて来てください~。そうだ、宝くじ買って入れよう~」と。

さらなるご利益アップを願い、再度お詣りを…。さっきより、いっそう気合いがこもります。
「おみくじもやろう~」

「どれが大吉かな?」ミモロ、そんなに覗いてひいちゃだめでしょ。


ここは、稲荷神社ということで、絵馬はキツネの顔もありました。
「キツネさん、よろしくね~」
「ミモロのくじ運と金運アップさせてね~」と、すり寄ります。

ビルの間に鎮座する神社は、かつては、別の場所にあったそう。そこには、小さな社が残っています。
そこにもお詣り・・・

神社の事務所は、モダンなビルの中に。


新しい社殿ができたのは、なんでも3年ほど前だそう。この辺りは、三井不動産が開発したエリアで、この社殿の建設にも深く関わっているそうです。日本橋を訪れる外国人観光客にとっては、絶好の観光スポットになっています。

ミモロは、それから会う友達にこの宝袋を見せて、「こんな宝袋見つけちゃった~知ってた?」と聞くと、「え~知らなかった~。その宝袋欲しい!今度、お詣りにいく~」と誰もが口をそろえて…。

実は、ミモロもこの神社の存在を今まで知らなかったのです。
こんな都会の真ん中に、金運アップの神社があったなんて…。
でも日本橋は、日本銀行や造幣局、また各銀行や証券会社の本店がある日本の金融の中心地。そこにある神社ですから、ご利益も期待できそう。

ぜひ、東京に行ったら、この「福徳神社 芽吹稲荷」に参拝し、「宝袋」をお手元に・・・。
金運、くじ運アップのご祈願に・・・


*「福徳神社 芽吹稲荷」の詳しい情報はホームページから





人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね よろしく~ミモロより

ミモロへのお問い合わせ・ご要望はmimoro@piano.ocn.ne.jp、まで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

女性の守り神として人気。商売繁盛のご利益も「市比賣神社」

2018-01-06 | パワースポット

今年のお正月は、東京のお友達と一緒。そこでミモロは、京都らしいお正月を楽しんでもらおうと、大晦日から案内しています。元旦に向かったのは、「松尾大社」そして、もうひとつ五条大橋のそばにある「市比賣神社」です。
「ここだよ~」
「あれ?マンションの中にあるの?」とお友達。「違うよ~マンションの奥に神社があるの」とミモロ。
神社入口の門の上は、マンションになっていて、夜は、その門が閉じられるのです。

「女人厄除祈願所って書いているよ~。女性のための神社なの?」と東京のお友達。「うん、ご祭神は、みんな女性の神様だから、女性のことよくわかってるんじゃないの」とミモロ。ご祭神は、多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)をはじめ、5人の女神さまが鎮座していらっしゃるのです。

でもそもそもこの神社は、その名前の文字から推察できるように平安時代に京都の市場の守護神として、当時左大臣だった藤原冬嗣公が祀られたと伝えられます。そして秀吉により現在の場所に移転されたのだとか。
「だから商売繁盛のご利益もあるんだよ」とミモロ。

まずは、手水でお清めを…

そのそばに「なんかモダンなオブジェがある~」とお友達。
「これオブジェじゃないの!これカードの神様をお祀りしてるとこ」とミモロ。
なんでもこの神社は、市場の守護神として市場に祀られていた時代、市場に入る人の鑑札を発行していたそう。それに由来し、現在は、カードへの感謝を行う神社になっているのです。「ここには、カード型お守りもあるんだよ」と説明。

さぁ、本殿に参拝しましょ。
「今年もどうぞお守りください~」と女の子のミモロは、真剣に祈ります。

「これ天之真名井(あめのまない)っていう洛陽の名水のひとつなの」とひしゃくで水をちょっと飲みます。

その井戸のそばには、赤い小さなお人形がいっぱい。

「これ姫みくじっていうの。中におみくじが入っていて、その後、ボディにお願いごと書いて納めるんだよ」と。

「あ、そうなんだ~。どこでおみくじ買えるの?」とお友達、「あっちの社務所」とミモロはお友達を案内します。

「こんにちは~。前にも伺ったミモロです」と挨拶。「はい、いらっしゃい」
「ここにあるよ」

そしてこの神社で有名なのが「おとう鈴」というトイレのお守りです。
昔、トイレは、家や建物の東にあって、寺では「東司」と書かれているのがトイレです。なんでも宮中では今もトイレを「おとう」と呼ぶとか。トイレは、御不浄ともいわれていた時代が長くありました。今は、明るくて、温かくて、ときどきお父さんが個室替わりに本を持ち込みのんびりする快適な場所ですが、汲み取りの時代は、臭いなどから家の母屋から離れた場所にあり、行くのが怖いというものでした。そこ清潔にたもつことが運気アップのポイントと風水でも言われています。
「トイレの神様って歌もあったよね~」とミモロ。

この「おとう鈴」は、清らかな音色で不浄を清める鈴。トイレの中に飾ります。

「いろんなお守りがあるね~」とお友達。京都のお寺や神社には、それぞれ特徴的なお守りなどが多く、それを参拝後いただくのも楽しみのひとつです。

「ここには、破魔矢もあるんだ~」とその書き方を学ぶミモロ。絵馬も用意されています。
 

「ところで御朱印は?どこ?」と今や大人気の御朱印。それは神社からちょっと離れた河原町通沿いでいただけます。


「御朱印は、参拝者の印だから、参拝しないきゃダメだよ」とミモロ。
実は、最近は、御朱印集めに夢中で、参拝しない人も目立ちます。
神社やお寺では、御朱印を求める人の長い列が…。「ここ何年か、御朱印ブームなんだよね~」と、御朱印集めをしていないミモロ。

御朱印は、神社もお寺も1つ300円というのが相場。20ページ綴りの御朱印帳をいっぱいにすると、6000円かかります。
でもこの御朱印ブームは、お寺や神社にとってはとてもありがたく、その収益で、修復などが盛んに行われるようになりました。拝観料を取らない神社やお寺にとって、おみくじとお守り、そして御朱印は、大切な収入源。「お賽銭10円だと、1万人参拝者があっても10万円にしかならないもの」

「御朱印ブーム、ずっと続くといいね~」とミモロ。きっとお寺や神社もそう祈っていることでしょう。

*「市比賣神社」の詳しい情報はホームページから




人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね よろしく~ミモロより

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

「夜の貴船神社」。暗闇の中を進む・・・静寂の中に神宿る、神霊スポット

2017-08-09 | パワースポット

夜の「貴船神社」は、静寂の闇に包まれています。ミモロとお友達は、その中を「七夕笹飾りライトアップ」が8月15日まで行われている本宮から、結社へと向かいます。
「ミモロちゃん、本当に行くの?」とお友達。「うん、お詣りしなくちゃ~」と本宮の石段を下り、縁結びで知られる「結社」へと進みます。
 
木々の間から、光って見えるのは、貴船川。

途中の山から流れる滝もライトアップされ、闇に浮かんでいます。
[怖い~」とお友達。「大丈夫だよ~付いてきて~」とミモロは、お友達の前を歩きます。

貴船は、夏になると川に、川床を作り、涼を求める人たちが、その上で食事を楽しむところです。
「なんかいい匂いがする~」道沿いの料理屋さんから、鮎を焼く香ばしい匂いが、ミモロの鼻を刺激します。「お腹空いちゃったなぁ~」とミモロ。すでに19時半を廻る時間。予約してないミモロたちは、川床料理を食べるのは無理。「今度来るときは、予約しなくちゃね~」と4お友達。「うん…」と空いたお腹をさすります。

「結社」に着きました。
「ここには、笹飾りのライトアップがないから、さっきよりもっと暗いね~」とお友達。「うん…そうだね~」とミモロ。暗い足元・・・つまずかないように注意しながら、参拝します。

「じゃ、次は、奥の宮行くよ~」とミモロ。「え~まだ行くの~」とお友達。「うん…」

横目で、川の流れを見ながら、トコトコと奥の宮への坂道を進みます。

「わ~大きな杉~」とお友達。「御神木の杉…これもライトアップされてるんだ~。もしライトアップされてなかったら真っ暗だね~」とさすがのミモロもちょっと怖気づいてきました。

「あ、鳥居」奥の宮の参道の始まりです。
実は、ここから先が真っ暗。道の両脇に灯篭が並んでいますが、その光は弱く、足元や周囲を照らすにはいたりません。「なんか怖くない?」とお友達。「大丈夫だよ~」というミモロもお友達の手を握っています。

「ひとりじゃ、とても来れないね~」とさすがのミモロもお友達にピッタリ寄り添っています。「ミモロちゃん、ネコだから暗いところ得意なんじゃないの?」といわれ、「うん…でも、いつも早く寝てるから…」とよくわからない言い訳。

「ところで、ここ心霊スポットなんじゃないの?」とお友達。「え~違うよ。ここは神霊スポット。神様のいらっしゃる神聖な場所だよ」とミモロ。そう、この神社は、水の神様をお祀りする清めの神社。そして、気を蘇らせるパワーがあるといわれています。

「だから怖くないんだよ」と…。でも、参道には、灯籠の光で影がながく伸びています。「キャ~」とミモロは、お友達の手を強く握ります。「なんだ~ミモロたちの影だったんだ~」

やっと奥の宮の門に到着。


一番の奥にある社に参拝します。周囲は、真っ暗。そこだけが闇に浮かび上がっています。
ブルブル・・・どうしたわけか写真のフレームも曲がってしまいました。「昼間、ここは、すごくいい気が流れているんだよ~。今も、そうだと思うけど…」とミモロ。このお社の下には、龍神さまが住んでいる龍穴があるのだそう。

「あれ、なんのテントだろ?」奥の宮の境内にテントがあって、お兄さんが2人待機しています。その脇を二人連れの人が、山の方へ入ってゆきます。「え~あっちにこんな時間に行くの?」と不思議がるミモロ。「もしかして肝試ししてるのかもよ」とお友達。「そうなんだ~」とミモロ。

ミモロたちは、参拝を済ませると、「早く帰ろうよ」と、足早に坂道を下ります。それは、暗闇が怖いというより、「お腹空いた~」から。


「う~また美味しそうな匂いがする~いいなぁ~」と川床料理店の横を通りながら…。
川床からは、料理を味わい、美酒に酔う人たちの楽しげな笑声が響きます。


*「貴船神社」の詳しい情報はホームページで




人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより


ミモロの通販ショップは[ミモロショップ」からどうぞ~


ミモロへのご要望やお問い合わせは、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで
コメント

鞍馬山を越えて「貴船神社」へ。縁結びのパワースポット。水占いや絵馬も人気

2017-04-18 | パワースポット

「鞍馬寺」から山道を経て、ミモロとお友達は、「貴船神社」に到着しました。

「ここは水の神様をお祀りしているパワースポットなんだよ~」とミモロ。「さぁ、本殿に参拝しよう!」
「うわ~」「ここにも石段…」
まだまだ石段が続いていました。「ヨイショ!」と山道を経ていながらもミモロは元気いっぱい。さすがパワースポット。

本殿に参拝。そばの神水でもお浄めを行います。
 
「ホント、キレイなお水ね~」とお友達。「あのね~ここには水占いがあるんだよ~」と前にやったことがあるミモロ。「え、やってみたい!」とお友達。社務所で占いの紙をいただき、それを水に浮かべます。
  
すると、あら不思議・・・何も書かれていなかった紙に文字が浮かび上がります。

「ここの絵馬も素敵でしょ!」青もみじを象った絵馬。「もみじって、紅葉もいいけど、青葉も清々しくていいね~」

清流の貴船川にそって、ミモロたちは縁結びで知られる「結社」に向かいます。
 「ここだよ~」
ここでは、結び文に願い事を書いて、社の前に結びつけます。
 
薄緑色の結び文は、まるで木のよう。「周囲の景色によく馴染んで、いい感じ~」とミモロ。
最近のおみくじや絵馬は、その神社やお寺の雰囲気に合うようなものが工夫されています。

そこから、最後の目的地「奥宮」へと向かいます。
「やっと着いた~」

「貴船神社に来たら、ここまで来ないとね~」とミモロ。境内には、他とはどこか異なる気が流れています。
 
「この石垣なぁに~」とお友達。「これは、ここのご神体の玉依姫命が、乗って来られた黄色船を隠してるんだよ」とミモロ。そう、黄色い船でここに来たことから「きふね」が、「貴船」に。

「あのね~この社に下に「龍穴」という穴があるんだって…。でもだれも見ちゃいけないんだよ~」とミモロ。

社は、平成23年に新たに建て直されました。その下から、龍脈という強い運気の流れが、都へ通じているのだそう。

 
「さぁ、そろそろお家に帰ろう・・・」とミモロ。

「なんか喉渇いちゃった~」と、ずっと歩き続けたミモロは、ちょっと休憩することに。

「ここすごくおしゃれな感じ~」と、入ったのは川床料理で知られる 「兵衛」のカフェ。
 
ここは、素敵なゲストルームもあり、広々したお部屋が宿泊客を迎えます。

「あの~カフェオレください~」とミモロ。
 
香ばしいコーヒーをいただきながら、疲れを癒すミモロです。

ひと休みしたミモロたちは、そこから叡山電車の「貴船口駅」を目指して歩き始めました。
「バスもあるみたいよ~」とお友達。「でも、ずっと下りだから歩くの楽だよ~」と、バスに乗らず歩き始めました。ところが、思ったより距離があり、「え~こんなに駅まで遠いと思わなかった~」とミモロ。そう、いつも貴船神社には、車で来ていて、駅までの距離の実感がなかったのでした。
「え~まだ~」と、途中、泣きべそをかき始めたミモロ。「大丈夫…きっともう少しだから…」とお友達に励まされる状態に。「ごめんね~こんなにたくさん歩かせちゃって~」と、疲れているだろうお友達をさらに歩かせたことが、申し訳なく思うミモロだったのです。「私は大丈夫だよ~」とそんなミモロに気遣うお友達。

なんと貴船神社から、電車の貴船口駅までは、2キロもあったのでした。

次第に夕暮れが迫る山道を、必死に下るミモロでした。

この日、お友達がつけていた歩数計は、2万歩近くに。ミモロの足ならその4倍というところでしょうか。

*「貴船神社」の詳しい情報はホームページで


ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jp へご連絡くださいませ。


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント

「鞍馬寺」の「奥の院参道」へ。牛若丸が天狗に剣術を習った場所。パワーの強い魔王殿へ

2017-04-17 | パワースポット

鞍馬は、昔から霊場といわれ、自然や宇宙のエネルギーがあふれるパワースポットとして、多くの人が訪れる場所。

いつも「鞍馬寺」の金堂で参拝を終えるミモロですが、東京からやってきたお友達と一緒に、初めて貴船へと続く「奥の院参道」へと進むことに。
桜が咲きはじめた本堂をへて、深い山へと入るのです。
「ここから~」

「うわ~ずっと山道続いてる~」ミモロの目の前に続く山道。「さぁ、がんばろう!」
鞍馬寺の金堂から、貴船神社側の西門までは、約1600メートル。徒歩45分ほどの行程です。
距離的には、さほど長いものではありませんが、なんせ山道。アップダウンが激しく、歩きやすい服装と靴が必須です。

「あ、お水がある~」と立ち止まったミモロ。「ここでお浄めして山に入ろう~」
 
「義経の息つぎの水」です。牛若丸が深夜、天狗に剣術を習うために山に入ったとき、この湧水で喉を潤したというところ。ミモロもちょっとお水を口に含んで、いざ山へ。


「ふ~まだまだ」
ずっと続く石段や山道。ミモロは額に汗を滲ませながら、頑張ります。

山道にある標識。「まだ400mも歩いてないんだ~」そう、まだ半分にも来ていません。

  
山の参道には、随所にお堂などがあり、ここは「義経の背くらべ石」と。
7歳から鞍馬に預けられた牛若丸。成長し、平家が父の仇と知り、奥州平泉の藤原秀衡を頼り、鞍馬の山を下りる決心をします。その折、鞍馬との惜別を思い、この石で背くらべをしたと伝えられています。
「でも、あんまり大きな石じゃないね~」とミモロ。もしかしたら土に埋まっているのかも…。
また義経(牛若丸)はそれほど大きな体ではなかったようで、身軽さから戦いでも船を何艘も飛び越えています。
鞍馬を出発するときに背くらべをしたのは、きっとここまで大きく育ててくれた鞍馬に感謝したのではないでしょうか。

この辺りは、大杉の根が張る「木の根道」。
「う~ヨイショ」
これは、この辺りの地盤が固く、杉が根を地下に伸ばすことができないために地表を這うように伸びたところです。ミモロにとっては、かなり歩きにくい場所。

そんな杉の道で見つけた杉の葉を、ミモロは背中につけて…「天狗みたいに軽やかになるように…」とか。
でもあまり効果はなかったようで、しばらくしたら地面に返していました。

「え?あっちに行くの…」石の標識が行く先を指さします。「E.T~]と指を合わせるミモロ。


標識に従い、山道を進みます。杉に覆われた山は、昼でも陽射しが弱く、時折、聞こえる野鳥の声にビックリ。


次に現れたポイントは、「義経堂」です。
 
ここは、奥州で兄、頼朝の兵により非業の死を遂げた義経の御霊を納めたといわれるお堂。「義経さん、育った場所に戻れたんだ~」と、ミモロは静かに手を合わせます。平家討伐を目指し、意気揚々と旅立っていった義経。恋しい家族である兄、頼朝との再会も夢見ていたことでしょう。平家討伐は果たせたものの、兄との再会は拒否された絶望感はいかばかりかと。その上、兄の軍勢に追い詰められて、命を落とす・・・なんとも悲しいお話です。

このお堂の辺りは、牛若丸時代に、天狗と兵術のトレーニングに励んだ場所。
 大きく聳える杉の木を、天狗に習い飛び回っていたのかも…。苦しいトレーニングながら、心には希望があった時期なのです。
「え~い」とミモロもネコの本性を蘇らせてジャンプ。
ボトン・・・あれ?落ちてる…。太めのミモロは、杉の木に飛び移れずに落下。「イテテ~」

さて、そこから奥の院参道のクライマックス「魔王堂」に到着です。
  
「鞍馬寺」のご本尊のひとつ「護法魔王尊」は、650万年前に金星からこの地に舞い降りたとされています。
その降臨された場所がここ。「他とは、空気が違うね~」とミモロ。お堂の中には、静かに参拝者が祈りをささげています。ミモロも、しばらく静かにそこに座り祈ります。

「なんかすごーく、体が軽くなったみたい…」たくさんパワーを山から頂いたのでしょう。

そこから山道を下り、参道の西門。貴船側へと降り立ったミモロです。
 


ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより


*ミモロへのお問い合わせ・ご要望は「ミモロ」まで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント