ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

「粟田神社」の大祭。境内で奉納された式庖丁。秋が日々深まってゆく京都

2019-10-17 | 祭事・神事・風習

10月15日は、東山蹴上の「粟田神社」の例大祭。これは、神社本来の御祭礼です。
ミモロは、10時過ぎに境内に到着。まずは、抹茶の接待を頂きます。
 
「キャーお菓子とお抹茶~いただきま~す」。ここを訪れた参拝者を無料でもてなしてくださいます。

11時、本殿で「例大祭」が始まりました。宮司様の祝詞奏上など、次々に神事が執り行われます。
 

やがて、拝殿では、「庖勝一條流」の式庖丁の奉納が始まりました。
参拝者は、みんな拝殿の周りに…ミモロはまだ座っています。

「ミモロちゃん、近くでみないの?」「うん、まだいいの~」と静かに式庖丁が進むのを待っています。
実は、ミモロは、すでに何度も式庖丁の奉納に立ち会っています。

参拝者の多くが、近くで拝見する中、例大祭に参列する来賓の方々も席で見守っていらっしゃいました。
実は、この場所は、所作が見える位置。ミモロは、ちょっと顔を前に出すと、所作を見ることができました。

「庖勝一條流」の御家元は、ミモロがよくお昼に伺う「京料理 白川 京とみ」のご主人。
「毎回、式庖丁拝見するけど、カッコイイ~」と思うミモロです。
式庖丁は、平安時代、宮中に行われたもの。素材に一切手を触れず、庖丁とお箸だけで、美しく切り分けてゆきます。
まるで舞のような所作

今回の素材は、アワビです。それを神様に奉納します。見事に切り分けられたアワビです。
 
「きっと神様の大好物だよね~。ミモロも大好物だけど…」

そして、例大祭は、玉串の奉納へ進みます。
「はい、どうぞ~」
ミモロも一枝いただいて、神様へ捧げます。

宮司様のご挨拶で無事に例大祭は納められました。
 

「なんか粟田神社のお祭りが終わると、秋が深まって、年の暮れが近づく感じがする~」とミモロ。

10月26日は、「時代祭」が行われます。今年は、22日は、天皇のご即位のパレードに重なるために、26日に日程変更されました。鞍馬の火祭は、22日に行われます。

「ミモロちゃん、ほらキレイな実…」「あ、ホントだ~」
境内には、色づいた実が落ちていました。
「食べられるかなぁ~」と見つめるミモロ。きっとお腹が空いているのかも…。

例大祭に参列した人たちは、皆、台風19号の被害を受けた方々へ、心を添わせ、復興を祈願しました。


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、まで
コメント

「粟田神社」の神幸祭.りっぱな神輿、そして剣鉾・・・氏子町は、祭りムードに包まれます。

2019-10-16 | 祭事・神事・風習

10月14日は、東山蹴上の「粟田神社」の「神幸祭」。ミモロが、京都に暮らし始めたから、ずっとお付き合いしている氏子さんたちのお祭りです。

この祭りは、一千年の歴史があり、室町時代に祇園祭が斎行できなかったときには、この祭りをもって代わりにされたと伝えられます。

「神幸祭」は、神輿に先駆け剣鉾が、氏子町を巡行し、町を浄めてゆきます。そして、それに続き、神輿が町を巡ります。

ミモロも神輿会の方に作っていただいた半被を着て、神輿のそばに。
すでに何年も祭りに参加しているミモロは、神輿の担ぎ手の方々にも知られる存在。
 
みんなと一緒の半被姿で進みます。
「あ、ミモロちゃん~今年もがんばってるんだ~」と、顔馴染みの神輿の担ぎ手の方々。
 「まぁね~」と、鼻を膨らませて答えます。

京都は神社が多く、つまり祭りもたくさんあります。特に、春と秋は、各所で週末に祭りが行われ、神輿の担ぎ手は大忙し。神輿を担ぐには、100名以上の人が必要。そのため、氏子町だけでは、担ぎ手が足らず、京都各所から担ぎ手が協力しあって祭りを斎行するのです。

京都に暮らす人たちは、祭りを通じ、付き合いを深めます。子供のころから参加して、年長のお兄さんや怖そうなおじさんたちといっしょにすごすことで、子供達は、社会を学んでゆくことができます。親以外の人に怒られたり、褒められたり…そういう縦関係を学ぶ素晴らしい機会が祭りだと思います。

京都は、よそ者に閉鎖的な町と言われますが、京都人は、いっしょに行動を共にして、その人の人柄を見極めておつきあいしてるのだと感じます。一度、親しくなると、本当にやさしい京都人。ミモロも多くの方に可愛がっていただいています。

さぁ、神輿が境内を出て、氏子町を巡りはじめます。

巡行の行列で馬にのる「粟田神社」の佐々貴宮司様。
夕方まで、神輿と共に進みます。

神輿が巡行する範囲は、明確に決まっていて、他の神社の氏子町には、決して入ることはありません。


神輿を先導する太鼓を載せた車は、女性たちが担当。「ミモロも乗りた~い」とちょっと乗せてもらいました。


神輿がめぐる町には、いろいろなおもてなしも。
「ミモロちゃん、お餅どうぞ~」と。「え~まだ、ミモロなんにもしてないから後でね~」と遠慮するミモロ。


神輿が通る沿道には、京都でさまざまな体験ツアーをおこなっている「まいまい京都」の方の姿も。ミモロの何度も参加したことがある楽しいツアーです。この日は、「粟田神社の祭りを体験するツアー」で、20人ほどの方が参加されていました。
「ミモロちゃんのブログもよく見てますよ~」と。京都の有名な祭り以外にも、魅力的な祭りを巡るツアーは、人気です。「ほかにもすごく興味深い京都ツアーがあるんだ~、でも最近人気で、なかなか参加できないの~」とミモロ。そう、現在は、申込み多数の場合が多く、抽選になっています。

「あれ?今日は、御神輿担がないの?」と、沿道でバッタリ出会った前原議員に伺うミモロ。
「すぐに東京戻らないといけないから…」と。国会が開催してるために、とんぼ返り。でも、京都の地元の祭りを大切にする前原さんです。

ミモロは、神輿と共にしばらく歩いた後、「剣鉾も応援しなくちゃ~」と急ぎ、剣鉾装束に着替えます。
「あ、来た~」三条通にカ~ンカ~ンと鈴の音が響きます。

神社の境内で練習を重ねた差し手たちが、見事にさし上げる剣鉾です。
 

ミモロは、剣鉾の装束で、一緒にしばらく歩きます。

ミモロは、「大燈呂」「剣鉾」「神輿」の3種類の装束を着替えて参加。「すごく忙しい~」と。当たり前です。全部に参加している人はいませんから…。

「あ、たっちゃんお兄ちゃん~」「お、ミモロちゃん、ここにいたんだ~」
背広姿のお兄ちゃんは、ミモロが京都に暮らし始めてからのお友達。「もう祭りの役員さんになったんだ~」と、時間が過ぎたことを痛感。祭りを斎行するためには、若手の役員の存在が不可欠です。どうしても高齢化してゆく祭りの役員。次の時代に受け継ぐためには、さまざまな年齢層の人の参加を促しています。

「あ、まだお餅ある~頂いちゃおう~」とミモロは、お餅をひとつ食べてから、また祭りを追いかけてゆきました。



ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、まで
コメント

京都東山「粟田神社」の大祭。13日は、神仏習合の祭事「れいけん祭」と「夜渡神事」

2019-10-15 | 祭事・神事・風習

10月13日は、京都東山の「粟田神社」の大祭です。前日の12日に予定されていた境内での夜店や石見神楽の奉納、お楽しみくじ引きなどの「神賑行事」は、台風19号の接近のため、中止になりました。京都への台風の影響は少なかったものの、関東、東北など、広範囲の地域に多大の被害をもたらした巨大台風。ミモロたちは、テレビの報道を見るたびに、心を痛めています。「先月の千葉だけじゃなく、またいろんな場所の人たちがお家に住めない状態になってる~心配~」と。

13日は、台風が去った京都は、秋らしい涼しい夜を迎えました。

ミモロは、18時すぎに「知恩院」の黒門への参道に到着。「あ、もう『れいけん祭』始まってる~」と急いでそばへ。
 
この「れいけん祭」は、「粟田神社」と「知恩院」の神社とお寺が合同して行う神仏習合の祭事です。
「黒門」の前にある「瓜生石」のそばに設えられた祭壇。その前には、「粟田神社」の神職そして「知恩院」の僧侶がズラリを並んでいます。

「わ~今年の知恩院さんのお坊さんたち、みんなすごく体が大きい~それに体格が揃ってる~」とミモロ。
そう、今年は、がっちりとした体格のお坊さんたちが揃って、なかなかの迫力。「ラグビーの選手みたい~」と思うミモロでした。

「粟田神社」の神職によるお祓いや祝詞の奏上、玉串奉納などが行われ、「知恩院」の僧侶による般若心経の読経など行われ、まさに神仏習合の祭事です。

ミモロは、じっとその祭事を見守ります。

そもそも「粟田神社」と「知恩院」の山は地続き。この「れいけん祭」は、400年以上前に、当時、「青蓮院」の門内になった「瓜生石」に「粟田神社」の名の入った金札が現れたことから、始まった神仏習合の祭事と言われます。

催事の最後は、祭壇の周りを、神職・僧侶・地元の人たちが輪になって、3周します。


それが終わると、「知恩院」の僧侶たちは、しずしずと黒門へと向かいます。

ライトアップされた石段をゆっくり上る姿は、まるで極楽浄土にのぼる仏様の行列を思わせます。

「あ、もうお寺に入っちゃう~」その姿を見守るミモロ。思わず手を合わせています。

門が閉まると、ライトが消され、そのあたりには、再び夜の闇が包みます。

さて、「れいけん祭」がおさめられると、いよいよ「大燈呂」が氏子町を巡行する「夜渡神事」が始まります。
 
青森のねぶたのルーツと言われる「大燈呂」。室町時代からその様子は記録される歴史ある祭事です。
「あ、あのねずみの大燈呂、氏子の人たちといっしょに作ったのだ~」と、この夏、ミモロもお手伝いした大燈呂づくりです。

「さぁ、いよいよ出発しますよ~」この神事に関わる氏子町のみなさん。
 
夜19時から21時過ぎまで、氏子町をめぐります。

「あ、ミモロちゃんでしょ?わ~会えてうれしい」と声をかけてくださったのは、東京からこの祭りを楽しみやってきた方。
ずっとミモロのブログを見てくださっていて、ミモロに会えるのを楽しみにしてくださっていたそう。
「わ~い、会えたね~」と、うれしくて思わず飛びつくミモロでした。

「大燈呂」、そして神輿の鳴り管、そして「阿古陀鉾」「地蔵鉾」の2基の剣鉾がめぐる夜。
 
氏子町は、この夜ばかりは、夜遅くまで、祭りの音が響きます。
「遅くまでご苦労様です~」と、役員の方々にご挨拶。
ミモロの仲良しのタッチャおにいちゃんも、今年から役員で、背広姿です。

ミモロは、神輿が鎮座する「粟田神社」へ。
明日は、神輿が巡行する「神幸祭」です。

「明日は、晴れるね~」満月が照らす氏子町です。



ブログを見たら、 金魚をクリックしてね~ミモロより

人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで
コメント

東本願寺の「渉成園」。石川丈山作庭の広~い「池泉回遊式庭園」。

2019-10-14 | 寺社仏閣

京都駅から徒歩10分。「東本願寺」の東側から少し離れた場所、飛地境内地である「渉成園」は、京都でも有名な名園のひとつです。
「すごく広いんだね~見どころいろいろあるみたい~」
園内のマップを見ながら、散策コースを確認するミモロです。

ここは、徳川家光から「東本願寺」に寄進された土地。歴代の退職した宗主の隠居所となります。

現在ある建物は、蛤御門の変で焼失後に再建されたもの。京都に来られた明治天皇のご休憩所になったことから、『大玄関」は、大宮御所の車寄せが移築されました。

大きな建物の「ろう風亭(ろうふうてい)」は、庭に面した大広間があり、また畳を外せば能が演じられるようになっているそう。


約1万600坪の敷地には、大小2つの池があり、その周りには、茶室が点在しています。
池泉回遊式庭園は、「詩仙堂」を開いた石川丈山の作庭と伝えられます。

文政年間に、ここを訪れた儒学者の頼山陽は、この庭の美しさを「渉成園十三景」として賞賛しています。

園内には、四季折々の花々が彩り、春の桜、秋の紅葉の名所でもあります。
「今は、紫式部がキレイ~」

「ほら、京都タワーも見えるよ~」


広い園内をトコトコ進むミモロ。
池にかかる「侵雪橋」を渡ります。「ここ雪が積もると、キレイなんだって~」と解説書を読むミモロ。
「池を一望できる~」「印月池」を眺めます。東山から上る月を水面に映して楽しむ池。

池にかかる橋では、必ず立ち止まって景色を眺めるミモロです。

池の水は、琵琶湖疏水から分流しているのだそう。「え~ここのお水、琵琶湖と同じなんだ~ビワマス飼えるかなぁ~」と。

池の北大島にある茶室の「縮遠亭」は、明治17年に再建されたもの。
東山の遠景が、縮図のごとく見えたことから、名づけられたそう。

そこから岸には、屋根付きの木橋の「回棹廊(かいとうろう)」が結びます。
 

そこから北側の岸は、楓の木が植わる渓谷のような景色が楽しめる「丹楓渓(たんぷうけい)」が続きます。
「紅葉になったら、また来よう~」と思うミモロです。

「わ~京都タワーよく見える~あ、2本あるね~」

先程渡った「侵雪橋」越しに京都タワーの姿が池に映っています。

「ここにもお茶室がある~」
楼門づくりの「傍花閣(ぼうかかく)」で、春には周囲の桜が彩るのだそう。


そのそばにあるのが持仏堂である「園林堂(おんりんどう)」。ご本尊を祀る、この園の中心的建物です。


「こっちにも建物があるよ~」
「臨池亭(りんちてい)」と「滴翠軒(てきすいけん)」です。どの建物も池の景色と美しく調和するもの。
今は、庭の外には、ビルの姿が・・・。昔は、もっと趣ある景色が眺められたことでしょう。

「また、紅葉になったら来ようね~。春もいいよね~きっと」


「ホント、見ごたえあるね~。京都駅に近いから、新幹線に乗る前に寄るのもいいんじゃない?お友達に教えてあげよう~」


最後に、「高石垣」の前を通って、園を後にします。

「どうやって、この石垣作ったんだろ?」と不思議に思うミモロ。

石垣は、さまざまな石造りの建造物を再利用して作られることも。石臼があったり、石灯籠の礎石があったり、ここもいろいろな石材を使っています。
「どういうコンセプトで作った石垣なんだろう?今度、東本願寺の方に聞いてみよう~」とミモロ。

わかったら、お伝えします。

ぜひ、紅葉の時期、訪れてはいかがでしょ。


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで
コメント

今日が正念場。ラグビーワールドカップ。日本チームの決勝戦進出を祈願するミモロも力が入ります。

2019-10-13 | 京都

台風19号が、日本全国に大きな被害をもたらしました。ミモロは、12日は、ずっとテレビをつけて、台風の様子を心配そうに見ていました。

翌日の13日は、台風一過で、天候も回復。日本中が楽しみにしている「ラグビーワールドカップ」の日本VSイングランドの試合が行われます。

アイルランドがサモアに大勝したので、早々、決勝進出を決めたアイルランド。「ということは、残りの決勝進出枠は、1つしかないんだ~」と、ミモロ。つまりイングランドに勝利するか、引き合わけないと行けません。
宿的と言われるイングランド、強敵で、今まで日本は苦い経験ばかり。
今回こそは、とリベンジを狙います。

「わ~こんな大変な試合・・・ミモロ、下鴨神社行ってくるね~」と、朝、まだ台風の爪痕が残る境内を、真剣な顔つきで進むミモロです。


ミモロがまっしぐらに向かうのは、ラグビーの神さまと言われる「雑太社」です。



日本のラグビーの初の練習試合をしたという、ここ糺の森に創建された社です。




ミモロは、日本チームの試合の前に必ず勝利祈願に参拝をしています。
「だって、これくらいしか応援できないから~」と。


「今日は、日本チームの正念場なの~。神さまご存じだと思うけど、どうしても決勝戦に行きたいんです~。どうぞお願いします~」と、いつもより、いっそうパワーを込めて祈ります。

「あ、そうだ~お社のまわり回って祈願しよう~」と社のまわりを3回回っては、祈願するミモロ。
 
なんかお百度詣りのよう…。それだけ真剣なミモロです。

「どうぞ日本チームにパワーをお授けください…」何度も何度もお願いしました。

「きっと大丈夫~神さま守ってくださるよ~」

今晩のラグビーワールドカップの試合を楽しみにするミモロです。



がんばれ!ニッポン!



そして・・・ついに試合が始まりました。最初に台風で被災した方々への哀悼がささげられました。
本当に広範囲に被害をもたらした巨大台風19号でした。
日本チームは、被災した方を励ます意味も込めて、戦います。


「キャ~日本勝った!」そう、13日のイングランド戦は、28対21で、日本が勝利し、決勝トーナメントへ念願の進出!
 
「ちょっとハラハラしちゃったけど~」そう、とても素晴らしい試合で、ハラハラドキドキのミモロでした。

「下鴨神社の神様、お願い聞いてくださったんだ~。ありがとうございます」と手を合わせます。

日本が試合をする限り、ミモロは、そのつどお詣りにいくつもり。
小さなサポーターが、応援しています。次は、南アフリカとの試合です。

「ずっとお詣りしたい~。何度でも行くよ~」と心に決めているミモロでした。


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.cpmまで
コメント