ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

3月18日まで、「第54回 京の冬の旅」。~秘められた京の美をたずねて~

2020-02-21 | 歴史・史跡

春を感じながらも、やはり冷え込む京都。毎年、この時期行われる、非公開文化財特別公開の「京の冬の旅」も今年で54回を数えます。
「え~ということは、もう54年間もやってるってこと?」とミモロ。

春の桜、秋の紅葉の時期に集中する京都への観光客。京都市観光協会では、ほかの時期の観光客の落ち込みによる、京都の観光産業への影響を緩和するため、日頃、非公開になっている神社仏閣と連携し、いつもは見られない貴重な文化財をゆっくりと鑑賞できる、魅力的な京の旅を作り上げたのです。

「そう、いつもは見られない場所に入れたり、非公開文化財が見られるから、見逃せないんだよね~」と、京都に住むミモロは、その時期は、計画を立てて、いろいろなところを巡っているのです。

先週、訪れたのは、烏丸今出川エリアにある尼門跡寺院の「三時知恩寺」と「光照院」です。このエリアは、「京都御所」の北西に位置し、御所から歩いても15分弱とご近所という感じ。そこにあるのは、皇女さまたちが暮らした尼門跡といわれる寺院です。
 
まず、「三時知恩寺」は、「旧入江御所」と呼ばれ、室町時代、崇光天皇の旧御所「入江殿」を寺院に改めたのが起こりだそう。門跡寺院は、他の寺院と異なり、皇子や皇女が暮らす場所というだけあって、室内の雅さが際立っています。
「三時知恩寺」にも円山応挙や狩野派の作品など、歴代の天皇から賜った調度品があり、それらが公開されています。

そして、同じエリアに位置するのは、「光照院」でこちらも「旧常盤御所」と呼ばれ、南北朝時代に、後伏見天皇の皇女さまによって創建された尼門跡寺院です。
 
敷地内には、昭和天皇御大典の時の建物を移築した常盤会館が見どころのひとつ。ここにも、美しい調度品があり、それを拝見できます。

今回の「京の冬の旅」の寺院は、内部および庭も撮影禁止の場所が多く、ミモロとしてはお伝えできないのが残念です。

さて、そこから、ミモロは、お友達といっしょに、京都の南東に位置する「泉涌寺」へ出かけました。

「御寺」と呼ばれる「泉涌寺」は皇室の菩提所。お寺のそばには、皇族の墓所である「月輪陵」や「孝明天皇の御陵」があり、歴代の天皇も参拝なさる場所です。
まずは、塔頭のひとつ「新善光寺」へ。
 
ここは、その名が示すように、後嵯峨天皇の勅願により、信濃の善光寺本尊をもした阿弥陀如来立像を本尊として創建されたお寺です。
「だから京都の善光寺って呼ばれてるんだって~ここは、冬の旅初公開なんだよ~」と説明書を見たミモロ。
狩野周信作の襖絵「唐人物図」などが見どころです。

お庭もゆっくりと拝見しました。

そして続いて「泉涌寺」で訪れたのは、特別公開の「霊明殿」という歴代の天皇の位牌を祀る荘厳なお堂です。
 
ここも、撮影はできません。「う~みんなに紹介できなくて残念…」とミモロ。

詳しくは、「京都navi」でみてください。

さて、「京の冬の旅」のミモロのお楽しみは、スランプラリー。訪れた寺院のスタンプを3つ集めると、「ちょっと一服」でお茶とお菓子などを指定の場所で頂けます。
ミモロは、「ここのお菓子美味しいんだ~」と以前も行ったことがある「俵屋吉富」へ。そこで、お抹茶とお菓子を頂きました。
 

「京の冬の旅」は、3月18日まで。(その前に終了する場所もあるので、ご確認ください) 10時から16時が受付時間。
拝観料は、1か所600円です。


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで

京都へ!
コメント

京の冬の旅。非公開文化財特別公開。「妙心寺」の「明智風呂」見学へ。

2020-02-12 | 歴史・史跡

1月から3月18日まで行われる非公開文化財特別公開「京の冬の旅」。
第54回になる今回のテーマは、「京の御大礼 雅な御所文化&明智光秀と戦国の英傑たち」で、15か所が公開されます。
1か所の拝観料金は600円で、受付時間は、10時から16時です。(場所によって、公開時間が異なることもあります)

この日、ミモロがお友達といっしょに自転車で訪れたのは、「妙心寺」です。

臨済宗妙心寺派大本山の「妙心寺」は、約10万坪の広~い境内に46の塔頭を有する京都最大の禅宗寺院。

境内には、立派な伽藍が広がっています。
今回、公開されるのは、重要文化財の「仏殿」。高い天井の建物には、本尊の釈迦如来像が祀られています。まず、そこに参拝した後、ミモロたちは、同じく重要文化財の「浴室」へ向かいました。

 
「ここお風呂なの?なんかこういう雰囲気の温泉や銭湯みたことある~」とミモロ。

屋根の下の蟇股の部分には、見事な彫刻が施されています。そこをよく見ると、波の模様の中に、龍の爪があるのがわかります。

現在の建物は、明暦2年(1656)に再建されたもの。

さて、この「浴室」は、明智光秀の叔父にあたる密宗和尚が、光秀の菩提を弔うために建立されたと言われ、通称「明智風呂」と呼ばれます。

建物の入り口には、位牌が並んでいます。


「浴室」と言っても、ミモロが思うようなお風呂とは異なり、ここではあくまで修行の場なのです。


「これが入り口?」
 
ミモロは、「浴室」の中を覗きます。

「この風呂は、サウナのように蒸気で全体を温める蒸し風呂なんですよ~。お湯に人々が浸かるようになったのは、江戸時代からです」と案内係の方。
もちろん温泉など、自然な湯に入ることは、それが沸く地域ではありましたが、温泉がない地域では、今のようなお風呂は普及していなかったのだそう。

「ここに座るの?なんか狭いね~リラックスできないよ~」とミモロ。

ここでは、横になってリラックスするようなことはないそう。きちんと座り、決しておしゃべりなどしてはいけない修行の場なのです。

「浴室」の裏手には、蒸気を作る場所があります。
窓の外には井戸があり、ここから水を汲んで、中の水槽に…
  

そして、お釜で水を沸かします。

「ここで蒸気の出具合調整するんだ~」広いスペースには、薪が積み上げられて、次々にお湯を沸かすのだそう。


「ゆっくり入らないと湯冷めしちゃうね~今夜は、しっかりお風呂入ろう~」と、冷たい風が吹く京都の町をミモロは、また自転車のバスケットに乗って次の場所に移動しました。


ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで

京都に遊びにきてくださ~い!!
コメント

梅が咲き始めた「世界遺産 元離宮 二条城」の梅林。だれもいない~と、ちょっと寂しいミモロ

2020-02-10 | 歴史・史跡

梅の便りが届き始めた京都の各所。ミモロは、お友達を誘って、「世界遺産 元離宮 二条城」を訪れました。

ここは、外国人観光客の人気のスポットのひとつ。いつも次々に団体ツアーバスが到着し、城内には、大勢の観光客の姿が…。

閉城間近の15時ということもあり、すでに多くの観光客の波は、去った後でしょうか・・・「あれ~人が少ないね~」


現在、本丸御殿は、修復中ですが、春には、梅をはじめ、桜が美しい名所でもあります。

「まだ、咲き始めだって~早すぎちゃったかも・・・来るの~」

さっそく本丸の東側に広がる梅林へと向かいます。

「う~やっぱりまだだね~」一部の枝には、花が見られますが、全体は、まだ先の様子。

「でも、いい香り~」クンクン。と、時折、漂う梅の香りにミモロは、鼻をピクピク・・・甘い梅の香りを目をつぶって楽しみます。

「それにしても人がいない~なんか独り占め・・・」

広~い城内、人影も見えず、冷たい風がミモロの体に吹き付けます。「ブルブル~」

「人が少ないと、よけい寒く感じちゃう~」と、駆け足で戻ってくるミモロ。


じゃ、梅の花、探しましょ…

「あ、この梅キレイ~」と、咲いている枝を見つける遊びを始めました。

「なんか温かくなった~お腹空いた~」と、では、手をアルコールティッシュで拭いて、お饅頭いただきましょ。

これは、先ほど訪れた「北野天満宮」の名物「長五郎餅」。ベンチに座っていただきます。

それにしても、あまりに観光客が少なく、寂しい限り。たくさんいると、混んで大変・・・と思いますが、いなすぎても、大変です。

「いつまでこの状態続くのかな~?」とミモロ。それはだれでも思うこと。桜が咲く3月下旬ごろには、コロナウイルスの騒ぎも終息し、みんなで笑顔でお花見ができるといいのですが…。

「あ、あっちに梅が見えるよ~」内堀の向こうに赤い梅。


「風が冷たいね~毛糸のお帽子かぶってくればよかった~」とミモロ。この次の日の日曜日は、京都に雪が積もりました。


この寒さもあってか、いつも精力的に京都各所をめぐる高齢者も外出を控えているよう。

外国人観光客の来日が急増する前は、京都の2月は、いつもこんな様子だったと思われます。
「混雑してる状態に馴れちゃったのかなぁ~」


「京都が空いてるよ~」というと、東京のお友達が「じゃ、行くね~」と連絡が…。
もちろん、まだコロナウイルスの流行には油断はできませんが、自己免疫力が高ければ、それほど心配しなくても・・・という情報も。

「たくさん食べて、自己免疫力アップさせなくちゃ!」と、ミモロ。それでも外出から戻ると、ちゃんと全身のアルコール消毒も怠りません。

「今のうちに、中国人観光客がいつもいっぱいで、行けない場所に行っとこう~」と考えるミモロでした。



ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで

京都に遊びにきてくださ~い!!
コメント

近江八幡のシンボル。豊臣秀次の居城「八幡山城」。恋人たちの聖地だそう。

2020-01-26 | 歴史・史跡

東京からのお友達と日帰り旅で、滋賀県近江八幡を訪れているミモロ。町のシンボルである「八幡山」の登ります。

豊臣秀次が築いた城で、標高271.9Mの八幡山の山頂に、当時の名残を偲ばせる石垣が続きます。


八幡山の東に見える安土城が落城して3年後に築かれた城で、本丸、二の丸をはじめ、秀次の館など、さまざまな建物が聳えていたはず。
秀次自身が、安土城を目にすることもありませんが、おそらく城から信長へのあこがれを募らせていたかも…。
若い時から、さまざまな戦いの場に出陣していた秀次が、この城にいたのは18歳から4年ほどとも。その後、秀吉の後継者として関白となり、いとこの秀頼が生まれたことで、その職を追われ、ついには、高野山で自害へと追い込まれる悲劇の武将のひとりです。

秀次は、秀吉の姉の子。豊臣家がすごいのは、農民の出ながら、その一族に優れた才能を持つ人物が多かったこと。もともと大名の徳川家とも対等に渡り合えるのは、すごいとしか言いようがありません。

「今年のNHKの大河ドラマは、明智光秀だけど、いつか豊臣秀次の主人公なのが見たい~!」と思うミモロです。彼も、歴史上、その人柄などの伝わり方に問題があると思ってしまうのでした。

秀次が築いた城も10年ほどで廃城になってしまいます。

さて、山頂には、『瑞龍寺」という日蓮宗のお寺があります。

このお寺は、秀次と三条河原で処刑されたその妻子の菩提を弔うために建てたもので、最初は、嵯峨に、そして次は西陣に移転します。それから時を経て、昭和36年に、秀次ゆかりのこの地に寺を移し、現在に至ります。
「きっと、近江八幡は、秀次さんにとって、1番心安らかな、幸せな時間だったかもね~」と思いながら、手を合わせるミモロです。

「あれ?これなんだろ?」石畳に大きな四つ葉のクローバー。

記念撮影スポットでしょうか?

「ここにもネズミさんがいる~」


ここからの眺めも素晴らしく、ミモロは、望遠鏡で眺めます。
 
遠くに光るのは、琵琶湖でしょうか?雄大な眺めにしばし見とれるミモロです。

それから山道にあるお稲荷様にも参拝します。
 

石垣が往時の姿をとどめる道を、ミモロは、トコトコと歩きます。時々石垣に上るのは、ネコらしい行動でしょう。
 

琵琶湖をはじめ、近江を一望する八幡山。「ここにお城築くのは、眺めがよくていいけど、町にお買い物に行くの大変だよね~」とミモロ。


「あれ?ここにもLOVEってオブジェがある~」とミモロ。

実は、八幡山は、「恋人たちの聖地」に認定されているのだそう。「あ、だから幸せの四つ葉のクローバーがあったのかなぁ?」と。

さぁ、そろそろ下におりましょうね。


「お腹空いた~」と言い出したミモロは、頼んでおいたロールケーキをピックアップするついでに、「クラブハリエ」で一休み。
 
近江八幡に暮らした建築家 ウィリアム・ヴォーリズの建物へ。

そこで大好物のイチゴのショートケーキとお友達のスコーンを頂きました。
 
「美味しいね~」と目を細めるミモロ。「すごく楽しかった~ミモロちゃんありがとう~」とお友達。

「さぁ、車に戻ろうね~道渡るとき、気を付けてね~」と滋賀県に多い、交通安全の標識「飛び出し坊や」の前で…

ミモロの日帰り旅案内も、終わりました。



ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで

京都に遊びにきてくださ~い!!
コメント (2)

京都からの日帰り旅。歴史の町、近江八幡へ。まずは美味しいものの確保から

2020-01-25 | 歴史・史跡

東京から京都に来たお友達。すでに何回か来ているので、どこか日帰りで足を延ばしたいと言ってきました。
「う~それなら、やっぱり近江八幡かなぁ~」とミモロ。そこで車で、約1時間半・・・滋賀県琵琶湖の東側にある「近江八幡」に向かいました。
 
「近江八幡」は、豊臣秀次(秀吉の甥)が、若き日に作った町。会うことはなかったけど、たぶん憧れていた織田信長の居城、安土城の町づくりをモデルに、楽市楽座などを行った商業の町。琵琶湖の水運の拠点として、発展し、近江商人発祥の地ともいわれます。

「この町は、それほど大きくなくて、町の中には、歴史的建造物が並ぶ通りなんかもあるの。見どころも多いし、近江牛をはじめ、美味しいものがいろいろあるんだ~。だから、東京の人、連れてくると、すごく喜ぶの」と、すでに何度も京都にくるお友達を案内しています。

ミモロは、「近江八幡」に到着すると、「ここ、先に行っとかないと~」と向かったのは、洋菓子の「クラブ ハリエ」です。

「え~もうお菓子食べるの?」とお友達。「ううん、予約しとくの~」とサッサと店の中へ。
 
まだ、午前中なので、ショーケースには、ケーキがずらりと並んでいます。「わ~まだあるある…」とミモロのお目当ては、ここでしか買えないロールケーキです。「あの~2本ください~。観光してから、また取りに来ますから、キープしといてください~」と慣れた対応。
そう、ここのロールケーキは、毎日、10本くらいしか作られず、夕方前に売り切れになってしまうのです。一度、売り切れに遭遇したミモロは、その時の辛い経験を2度と繰り返さないように…と、心に決めているのでした。

「はい、これで安心~」と、ミモロは、向かい側にある和菓子の「たねや」に向かいます。
 
「こっち~。ここでひと休みしようね~」と、慣れた足取りで、お店の奥へ。
まだ正月飾りがあるスペースは、ここの和菓子が楽しめる場所。ミモロは、たこ焼きのようなこんがりときつね色の小さなお饅頭を頂きます。
お茶のサービスもあり、ちょっと休憩するのに、ぴったりなのです。

「さすがミモロちゃん、よく知っている~」と、お友達はビックリ。「まぁね~」と、鼻を膨らませるミモロです。実は、ロールケーキも焼きまんじゅうも、近江八幡に来ないと味わえない品なのでした。

「え~と、これから、この町の中心である八幡山に上りま~す」とミモロ。店を出ると、山に登るロープウエイの駅を目指します。

「あ、いけない!まず、ここに参拝しないとね~」と、お友達を伴って「日牟禮八幡神社」へ。
昔から、地元の人々に崇敬された神社で、3月中旬に行われる「左義長まつり」が有名です。参拝を終えると、「急いで~」と、ロープウェイ乗り場へ急ぎます。

往復のチケットを購入し、乗り込みます。
「わ~いい景色~遠くまで見えるよ~」と、外の景色に夢中に。


全長543M、高低差157M.約5分ほどで八幡山頂に到着です。

「さぁ、歩くよ~」と、石垣が残る道をさらに上へと昇ります。





ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで

京都に遊びにきてくださ~い!!
コメント