とりあえず一口馬主の楽しいこと

気合の出資馬応援と飲み食い! たま~に趣味の話題など。。(^^ゞ

ディメンシオン : 8/11新潟9R 三面川特別(1000万下・芝1800m)優勝!

【マグナムインパクト】ダービーの頃には勝っておきたい

2016-03-31 05:58:30 | 引退馬
吉澤ステーブルWEST在厩のマグナムインパクトは、週明けより乗り始めており、現在は周回コースでのハロン20秒ペースのキャンター2000mを消化しています。

◇山中場長のコメント
「まずはフラットコースで両手前の周回を。もう脚捌きの窮屈さは気になりませんし、煩いくらいに元気にしていますが、ショックウェーブやレーザー照射で(右前肢の中でも特に今は)橈骨や深管をケアしながらになりますので…。『あと2週間ほどは現在のメニューで様子を見』(厩舎陣営)、4月中旬頃からペースアップを図り、徐々に速めの本数を重ねていくスケジュールを検討中です。大きく反動が出る前にこちらにやってきただけあって、回復も早いように思われます」
-----

放牧に出て一週間ちょっとが経ちましたが、回復自体は順調のようです。
ただし、脚元の関係は結構難しいようですし、簡単に2戦目に向かう雰囲気ではないっすねぇ(^_^;

本馬に関しては、勝ち上がりの心配を全くしていないとはいえ、脚元の問題が絡むと面倒なことも多く、やはり最初のひとつだけは早めに勝っておきたい気持ちになってしまいます。
逆に言えば、脚元さえ問題なければ、次走が芝だろうがダートだろうがキチンと結果が出るはずで…
そうですねぇ、『ダービーの頃にひとつ勝つ』、そんな感じのスケジュールで進んでくれればありがたいです(^^ゞ

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)

【ベイビーティンク】中央、地方に関わらず…

2016-03-31 05:48:08 | 引退馬
UPHILL在厩のベイビーティンクは、現在は周回コースでのハロン20秒ペースのキャンター4000mを消化しています。

◇木村マネージャーのコメント
「まだトモがパンとしきれていないこともあって、それが背腰への負担につながり、今は全体的にお疲れ気味のようですが、飼葉喰いは落ちておらず、精神的に滅入っている感じでもありません。こうやって周回コースで軽く乗っているうちに回復が進んでくれるものと思われます。機を見てまた坂路に入れていきましょう」
-----

前走後に放牧に出ていますが、長く休むという感じではなさそうですね。
正直なところ、JRAの未勝利戦ではスピードが不足気味ですので、砂の深い地方交流戦出走を狙うのはいいと思いますが、果たしてこちらの望むタイミングで出走できるのかどうか、やはり不安は付き纏います。

ただ、現状で考えられる作戦としては、地方狙いも致し方ないところかと…
いずれにしても、ひとつ勝ってからでないと先々の事も落ち着いて考えられません。 中央、地方に関わらずコンスタントに出走を重ねつつ、少しずつ勝ち上がりに近づけるよう頑張って欲しいですm(_ _)m

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment

【ルックオブラヴ】ようやく少しずつペースアップ

2016-03-31 05:36:01 | 引退馬
森本スティーブル美浦エリア在厩のルックオブラヴは、おもに周回コースでの普通キャンター3500~4000m、週2回坂路での軽いキャンター1本を消化しています。

◇川俣マネージャーのコメント
「脚元への冷却ケアは欠かせませんが、ここにきて大分テンションが落ち着いてきましたので、今後は坂路調教の頻度やペースもジワジワと上げていきながら全体の調教量を増やし、一旦470kgまでフックラさせた馬体を引き締めていければと思います。調教師によれば、『急に攻めすぎるとまだダメージがくるかもしれないので、まずは慎重に立ち上げて欲しい』とのことでした」
-----

今週からは、坂路調教が週2回になっていますね。
今回の休みがちょうど良い成長促進期間になったかどうかは、これからのルックオブラヴの動き次第。 全てが都合良くは行かないでしょうが、黒岩調教師からもっと前向きな評価がもらえるようになって欲しいと思います。

「急に攻めすぎるとまだダメージがくるかもしれない」のは確かにその通りですが、この先の飛躍のためにはトモを中心としたパワー不足の解消が必要で、まずはハードトレーニングに耐えられる強さを身につけて欲しいです。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (4)

【レトロクラシック】4月ペースアップで復帰戦はおそらく5月

2016-03-31 05:24:28 | 引退馬
ジョイナスファーム在厩のレトロクラシックは、先週同様、おもに周回コースでのハッキング1400m、ハロン18~20秒ペースのキャンター2100mを乗り込まれています。

◇古谷社長のコメント
「先週末に再び来場した調教師から、『4月に入ったら少しずつ進めていこう』との指示をもらいましたので、29日は試験的に終い1Fのみ15~16秒程度で。午後そして30日と特に問題なくきていることから、今度は週末に3F15-15を乗ってペースアップにつなげていければと思います。少し動かしてみた後も飼葉喰いは良好ですし、牧場レベルで爪を気にする様子は一切ありません」
-----

本格的なペースアップ前とは言え、爪も含めて状態がだいぶ良くなってきたようです。
そして、「4月に入ったら少しずつ進めていこう」、とのことですから、これは、5/15東京のテレ玉杯(牝・芝2000m)での復帰が濃厚になってきたかもしれません。。 (これで6月復帰とかは無いと思うんですけれど…)

と、あまり慌てても仕方がないですが、本馬には鼻血事件以来ずいぶん待たされた気もしますので、出来るだけ早く(つまり、5月か6月であれば5月に)元気な姿を見たいものです(^^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment

【エンパイアブルー】そろそろターニングポイント?

2016-03-31 05:13:20 | エンパイアブルー
競走馬総合研究所・常磐支所在厩のエンパイアブルーは、おもに騎乗運動30分の後、周回馬場でのダク800m、ごく軽いキャンター1200~1600m、整理運動として常歩400m、ウォーターウォーキングマシン15分を消化しています。

◇小林支所長のコメント
「1ヶ所の軽微な除去手術ならともかく、本馬の場合は複雑な2ヶ所でしたから。こちらでの調教レベルとしては最も重要なタイミングを迎えていることもあり、まだ週を追うごとにどんどん負荷を上げられるほどの状況ではなく、あくまでも少し進めては様子を見ての繰り返しになり、どうしても時間を要してしまいます。目標としては、4月中には他の育成牧場へ。調教師によれば、『もう少し進められるようになったところで、吉澤ステーブルWESTあたりへ移動させる』とのことでした」
-----

膝の状態はいい意味での平行線ですから、まだしばらくは今の状況が続くということでしょう。
そんな中でもトレーニングメニューはキチンとこなしていますし、多少の行きつ戻りつがあったとしても、全体的にいい方向なのは間違いないでしょう。(と言いますか、きっとそのはずです(^^ゞ)

ま、無理が禁物なのは当然として、引き続き“それなりに”意欲的な調整をして頂き、その結果として来月中に吉澤ステーブルWESTに移動できたとしたら、そこからがいよいよ復帰をめざす調教の本番です。
何となく難しい局面が続きますが、前向きに乗り越えて欲しいと思いますm(_ _)m

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment

【マカハ】4月中旬にトレセン帰厩

2016-03-31 05:02:14 | 殿堂馬
UPHILL在厩のマカハは、現在は周回コースでのウォーミングアップ後、坂路でのハロン16~18秒ペースのキャンター1本を消化しています。

◇木村マネージャーのコメント
「特に競馬によるダメージは感じられず、ほどなく騎乗をスタート。年齢を重ねるにつれて鈍くなってくる馬もいますが、本馬の場合は半年くらい前からいい意味で小うるさいというか、かえって気を前に出すようになっています。まだまだ闘争心は失われていないということでしょう。いつもの調整で『4月中旬の帰厩』(厩舎陣営)に備えます」
-----

先週の近況で2回東京開催が目標とありましたので、まだ暫くはゆっくり休めそうですね。
ちなみに、次走をダートにするなら開幕週(4/23)の鎌倉ステークス、芝で行くなら翌週5/1の晩春ステークスあたりと思っていましたが、帰厩が4月中旬なら晩春ステークスが復帰戦で決まりですかね。

木村マネージャーもコメントしておられますが、マカハは7歳になってもまだまだ元気ですし、脚元をはじめとして健康面でも問題が無いですから、オープン入りの野望を捨てるのは全然早いと思います。
着順がメンバー次第、展開次第なのは仕方がないとして、いい状態でレースに向かえばチャンスはあるはずです!(^^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment

ホントに美味しい沖縄料理 @天元・大森

2016-03-30 05:33:48 | うまいもの
大森にある沖縄料理が売りの居酒屋、天元さんはその筋では有名なとても美味しいお店です。
“その筋では有名”と書きましたが、いわゆる行列系の人気店ではなく、地元の人たちプラスアルファ程度の狭い範囲の人気店で、一般的にはあまり知られていない“穴場的なお店”と言って良いでしょう。

では、早速料理の紹介です。
まずはミミガーと島ラッキョウです。




ミミガーもなかなかですが、島ラッキョウが特別に美味しい。
酸味は抑え目でクセが少なく、これは誰が食べても驚くのではと思います。
鰹節がかかっているのもポイントで、結構旨みがあるんですよね。 はい、ラッキョウ観が変わると思います(^^)

続いて海ぶどう。


これまた本物の海ぶどうで、他の店で食べるものとは大違いです。
島ラッキョウもそうですが、「所詮、海ぶどうでしょ?」的な感覚でこれを食べると、「え? 何これ?? 海ぶどうってこんなに美味しかったっけ???」といった衝撃を味わうことになります。(やや大げさか…)
味の説明は難しいのですが、ツブがしっかりしていてプチプチ感が強く、濃厚な甘みがあるんです。
まあ、これはもう一度食べてみるしかないですね(^^)

沖縄と言えば欠かせないのがラフテー。




これは王道中の王道でした。
色でわかるように醤油味がしっかりついていて、それでいてあまりしつこくないのが不思議な感じ。
脂っぽさも程良くて、ボリュームの割りには簡単に食べられてしまいます。

豆腐やゴーヤが入ったサラダ。


これは鉄板、普通に美味しいサラダです。
野菜もシャキッと新鮮だし、ゴーヤの苦味がいいアクセントになっています。
やはり、健康のためにはこういうのも食べなくちゃいけません(^^)

これは“ウッピー”。 要するに、生ピーマンの肉詰め。


想定以上に美味しくて驚いたのが、この生ピーマン肉詰め。
そもそも普通はですよ、ピーマン肉詰めは全体に火が入っているじゃないですか。 最初はちょっと違和感があるのですが、とにかく、こちらのウッピーは、ピーマンが本当に生なんです!

それがですね、肉の味付けがいいのもあるでしょうが、生のピーマンが実にいい仕事をしているんです。
パリッとした食感、ほんのり青臭い苦味と甘み、まさにこの料理はピーマンが主役と言っていいレベル。 沖縄ではこれが定番なのかどうかがわかりませんが、正直な感想として、「ピーマン肉詰めのピーマンは生に限る!」と、私はこの日以来思っています(^^ゞ

ゴーヤチャンプル。


これはもう問答無用ですね。
ゴーヤチャンプルは、東京でもすっかり珍しくなくなりました。 逆に慣れ過ぎて面白みがないと感じる人もいるかも。
でも、沖縄屋さんに来たらこれを食べないと落ち着かないかなぁ(^^)

チキンバラバラという名前がついていますが、鶏のから揚げです。


沖縄だからなのか、普通に見える唐揚げにも、やはり特徴がありますね。
味は醤油ベースのしっかり味。 衣が少し厚めについていて、ジューシーな鶏肉を優しく包み込んでいます。
先日食べたタオさんの唐揚げとは違い、鶏肉+醤油のシンプルさが印象的でした。

ポテトサラダ… はさすがに普通でした(^^ゞ


沖縄焼きそばの塩味。(他にケチャップ味があります)


沖縄そばを使った焼きそば。
スパムが入っているのが沖縄の定番ぽくてイイ感じ。
とてもシンプルな焼きそばですが、沖縄そばにはこういう味付けがとても良く合っています。
お手軽で美味しいところがいかにも南の料理で、次回はケチャップ味も試してみたいなぁと思いました(^^)

ざざっと紹介してきましたが、天元さんには本当に美味しい料理がたくさんあります。
これが正真正銘沖縄料理なのかは別にして、変なクセがないので、頻繁に食べてもきっと飽きが来ないでしょう。
本当のことを言いますと、私はそれほど沖縄料理好きでもないのですが、安くて美味しくて何となくハードルが低い天元さんはイイと思うなぁ…。 沖縄料理云々を別にして、天元さんにはたまに行きたい、自然にそう思っています(^_^)


天元
大田区大森北1-11-10
03-3762-8131

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (4)

無難にまとまってます(^_^) @魚錠・八重洲&ひさご・秋葉原

2016-03-29 05:23:23 | うまいもの
最近食べたランチの写真です。
最初に紹介するのは、東京駅八重洲北口から程近い、海鮮居酒屋さんの定番ランチです。


定番ランチと言っても内容は日によって変わるようです。
変わらないのは、焼き物、揚げ物、お造り、サラダ、汁、ご飯といった内容をお弁当っぽく出してくれるところ。 手軽にいろいろなおかずが食べられますし、サラリーマンランチとしては健康的で、食べやすい構成になっていますね。

この日はさばのみそ焼き、


サーモンのフライ、


刺身はアジとかんぱち、タコ、


そしてツナサラダでした。


一品一品がものすごく美味しいかと言うとそうでもないのですが、どのおかずもソコソコのレベルはクリアしてくれていて、この立地でドリンクバーがついて1000円ならば何の不満も感じません。
いや、むしろお刺身などは結構いい線いっていましたし、これなら夜に遊びに来てもいいかもしれません。

考えてみれば、八重洲もちょっと中に入ると実に様々なお店がありますからね。
あまりおかしな料理を出していると、そういう店はすぐにやっていけなくなるわけで、特に最近は、料理や飲み物の平均点が高くなっているのかもしれません。 つまり、「この店大丈夫かな?」とか、あまり心配しなくて良い気がします…
という事で、今度は夜の魚錠さんにも行ってみようかな(^^ゞ

魚錠 八重洲店
中央区八重洲1-4-21 共同ビル1F
*何と、ついこの間行ったばかりなのに、現在閉店中らしいです!(^_^;


今日はもう一箇所、秋葉原UDXビルにある「ひさご」さんのランチも紹介します。
こちらがUDXビルの天ぷら屋さん、ひさごのランチ天丼です。


ふたを開けるとなかなかの迫力。




この天丼は海老づくしというヤツで、車えびの他に、芝海老を串に刺してあげたもの、海老の掻き揚げなどがところ狭しとご飯の上にのっています。 当たり前ですが、海老が苦手な人は絶対に頼んではいけません!
みたいな冗談はさて置いて…

個人的に、天ぷらはプロと素人で非常に差が大きく出る料理のひとつだと思っていますが、こちらの天ぷらはさすがにプロの仕事です。 天ぷら油の香ばしい香り、サクッとした衣とネタのハーモニー、少しおつゆがしみたご飯。
いずれも天ぷら屋さんならではの完成度で、家ではなかなか真似が出来ないレベルだと思います(^^)

先ほどの魚錠さんもそうでしたが、ランチでこのぐらいのパフォーマンスが出せるなら、ここも夜に遊びに来たら楽しいでしょうね。 お好みで揚げたての天ぷらをつまみながら、ちょいと一杯ひっかけるなんて、何となく大人な感じがしますし!
(ただし、一杯、二杯で綺麗に終わればの話ですが…)

海鮮居酒屋にしろ天ぷら屋にしろ、こういうランチをきっかけに夜の世界を想像するのは結構楽しいです。
実際に夜に訪問しようとなると、結局、いつもの焼き鳥屋さんに行ってしまったりで、なかなかハードルが高いのですが、ランチをきっかけにした新規開拓は有効な手段ですから、いつの日かチャンスをものにしたいと思います(^^ゞ

天ぷら ひさご
千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル3F
050-5869-4746(予約専用)
03-3252-3051(問合せ専用)

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)

今週末、ドゥオーモがアザレア賞に出走!

2016-03-28 05:34:10 | 競馬・一口馬主全般
先週は出資馬の出走はありませんでした。
今週末のハイライトは、何と言ってもドゥオーモのアザレア賞挑戦です。
野中調教師は、「勝っても負けてもダービートライアルへ」と仰っていますが、当然、勝って堂々とトライアルに進みたいわけで、是非とも1着を取りに行く競馬をして欲しいと思います。

この世代3強と言われているサトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズはもちろん、ダービーに出てくるのは強い馬ばかり。 現時点でドゥオーモを比較するのは可哀相ですが、ダービーをめざすという事は、そういう強い馬たちを意識するという事。 アザレア賞の相手も弱くはありませんが、『こんなところで引っかかってはいられない…』、そういう気持ちになるのも致し方ないでしょう(^^ゞ

湾岸S出走に向けて準備が進んでいるゴッドフロアーは、今週が一週前追い切りになります。
先週の近況報告で調子はとても良いと伝えられていますし、今度は自己条件での競馬です。 あと2本の追い切りの動き次第では、目標を掲示板からさらに上方に修正したいと思っています(^^)

外厩にいる馬たちの中では、レトロクラシックとルックオブラヴ、この2頭の動向が気になります。
両馬ともに、すぐに復帰云々ではない状況ですが、段々といい方向に向かっているのは間違いなさそうで、ここでしっかりと『回復→良化→トレセン帰厩』の流れを作っておきたいところです。
レトロクラシックは5月か6月の復帰とわかっていますが、ルックオブラヴはそれほど悠長に構えてはいられません。 同世代ではベイビーティンクが勝ち上がりに苦労をしそうですが、ルックオブラヴには、次走のパフォーマンスで安心させてほしいです(^_^;

その他では、マグナムインパクトの状態がどうなのか…
こちらは、勝ち上がりに苦労するムードではないですが、思った以上に成長していないというか、持って生まれた素質が開花していない中でのデビュー戦だったようで、想定外にダメージが残ってしまった印象です。
普通に復帰してくれば勝つのは難しくないはずですから、まずは回復具合を確認したいです。

<出資馬の状況>


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment

【ドゥオーモ】4/2阪神9R アザレア賞・特別登録

2016-03-27 21:47:35 | ドゥオーモ
ドゥオーモがアザレア賞に登録しています。
登録馬は13頭ですから、今年もフルゲートに満たない頭数でのレースになります。

中一週での毎日杯出走をパスし、中二週となる自己条件のアザレア賞出走を選択したのは、野中調教師のコメントによれば、ドゥオーモ自身の馬体回復を優先したからとのことでした。
実際、ドゥオーモの状態がどうなっているかは分かりませんが、今日、栗東坂路で57.1-13.4秒を乗られていますので、来週のレースに向けて準備が整いつつあるのは間違いないでしょう。
実戦を一度使った上積みも期待できますし、流れはコチラに来ているような気がします。

登録馬の中には、ライバルになると考えていたヴァンキッシュラン、ジュンヴァルカン、ナムラヘイハチロー、レヴィンインパクトといった名前もありますが、毎日杯のスマートオーディンのような強烈な馬はいません。 なかなか難しいところでしたが、経験不足のドゥオーモにとって毎日杯の回避は妥当な判断、つまり、自己条件の方が戦い易かった…という事になりそうです。

いずれにしても、来週のアザレア賞でどんな競馬をしてくれるのか、ダービー挑戦への道が開けるのかどうか、ドゥオーモの2戦目のパフォーマンスがとても楽しみです。

■4/2阪神9R アザレア賞(3歳500万下・芝2400m)登録馬


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (8)