とりあえず一口馬主の楽しいこと

気合の出資馬応援と飲み食い! たま~に趣味の話題など。。(^^ゞ

パンサラッサ:2022ドバイターフ 奇跡の同着優勝!!

【ステラリード’21】坂路調教動画!

2023-02-05 05:30:23 | ステラリード’21

ステラリード’21の坂路調教動画です。

 

一年前の同じ時期、テラステラは18秒ペース上限で乗られていました。この動画のあとにペースが上がっていれば別ですが、本馬の方がゆっくり進められているのは確かです。(テラステラはここから一気にペースが上がって3月末には15-15、4月には3F42~43秒に到達しましたが、今年はどうなりますか)

まあ、ペースについては厩舎サイドの作戦もあるでしょうし、馬の個性に合わせて進めて頂けれな良いと思いますが、動画の最初の方で右を向きたがっているように見えるのは若干気になります。これがたまたまであれば良いのですが、(ヴィジャーヤなどが苦労した)口向き云々の話だとしたら、早いうちにしっかり勉強しておきたいですからね。

ステラエージェント’21も本馬もとにかく期待の大きな馬だけに、これからも一喜一憂しながら見守ることになりそうです。

 


*広尾TC様よりクラブ公式HP等からの情報転載許可を頂いています。

Comment (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ステラエージェント’21】坂路調教動画!

2023-02-05 05:16:51 | ステラエージェント’21

ステラエージェント’21の坂路調教動画です。

 

まだ軽いキャンターですが、坂路の動画は今回が初めてですし、元気に調教に取り組む姿が見られて良かったです。進みが早い馬たちは、この時季までに一度は15-15程度までやっているわけですが、本馬に限らず今年の矢作厩舎勢は昨年よりゆっくり目の始動でしたから、まあ、全てはこれからといったところでしょう。

前回(1/13)の近況で「何でもそつなくこなしており、順調に調整が進んでいる」と伝えられた通り、今は順調であることが一番大事ですからね。これからも真面目に調教に取り組んで、いずれGunRunner産駒の真価を見せて欲しいと思います(^^)

 


*広尾TC様よりクラブ公式HP等からの情報転載許可を頂いています。

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[ドバイWCデー]パンサラッサ、バスラットレオンが登録!(キングエルメスも!)

2023-02-04 11:15:47 | 競馬・一口馬主全般

【ドバイ国際競走登録馬発表】ワールドカップはウシュバテソーロ、ジュンライトボルトなど日本馬16頭:スポニチ Sponichi Annex
ドバイレーシングクラブは3日、ドバイ国際競走(3月25日、メイダン)の登録馬を発表した。ドバイワールドカップはウシュバテソーロやジュンライトボルト、テーオーケインズなど日本馬16頭が登録を済ませた。日本馬の登録は以下の通り。

【ドバイワールドカップ=ダート2000メートル、登録171頭】アドマイヤルプス、カフェファラオ、クラウンプライド、ジオグリフ、ハヤブサナンデクン、ジュンライトボルト、ケイアイパープル、ライトウォーリア、ニューモニュメント、パンサラッサ、サクラアリュール、ショウナンナデシコ、スマッシングハーツ、テーオーケインズ、ウシュバテソーロ、ヴェラアズール

【ドバイシーマクラシック=芝2410メートル、登録162頭】デアリングタクト、ドウデュース、エヒト、イクイノックス、ヒシイグアス、イズジョーノキセキ、プラダリア、サンレイポケット、シャフリヤール、ユーバーレーベン、ユニコーンライオン、ウインマリリン、ワンダフルタウン

【ドバイターフ=芝1800メートル、登録247頭】ダノンベルーガ、ダノンザキッド、ドウデュース、エヒト、イクイノックス、ヒシイグアス、イズジョーノキセキ、パンサラッサ、シュネルマイスター、セリフォス、サウンドビバーチェ、ユニコーンライオン、ヴァンドギャルド

【ドバイゴールデンシャヒーン=ダート1200メートル、登録178頭】アドマイヤルプス、アドバンスファラオ、オーロラテソーロ、バスラットレオン、ボイラーハウス、チェイスザドリーム、クロデメニル、コパノマーキュリー、ダンシングプリンス、ディサーニング、ドンアミティエ、ドンフランキー、デュアリスト、エコロアイ、エコロアレス、フロムダスク、グットディール、ハードワイヤード、ヒロシゲゴールド、ホウオウアマゾン、インヒズアイズ、ジャスパーゴールド、ジャスパープリンス、ジャスティン、ケイアイドリー、ケイアイターコイズ、キングエルメス、レモンポップ、ラヴケリー、マニバドラ、メタマックス、ピアシック、ピンシャン、ラプタス、レッドルゼル、リメイク、リュウノユキナ、セキフウ、ウメムスビ

【アルクオーツスプリント=芝1200メートル、登録196頭】アドバンスファラオ、バスラットレオン、クロデメニル、ディヴィナシオン、ドンアミティエ、エコロアイ、エコロアレス、フロムダスク、ホウオウアマゾン、ジャスパージャック、ジャスパープリンス、ジャスティン、キングエルメス、マニバドラ、ピアシック、ピンシャン、サブライムアンセム、テンハッピーローズ、ウメムスビ

【UAEダービー=ダート1900メートル、登録204頭】ラブミーモナコ、トーアライデン、ヨリノサファイヤ、テーオーリカード、ツーエムルーイー、デルマソトガケ、アドバンスファラオ、キュピドン、エコロアイ、エコロアレス、フロムダスク、ジャスパーワールド、ラップスター、マニバドラ、メタマックス、ソラカラノチカラ、ワインワインレッド、フリッパー、リチャ、カレンアルカンタラ、ゴライコウ、ジョウショーホープ、シャーマンロック、ドゥラエレーデ、ルクスフロンティア、オメガタキシード、エクロジャイト、ドンアミティエ、ペリエール、コンティノアール、インヒズアイズ、サンライズジーク、ハードワイヤード、ヒューゴ

【ドバイゴールドカップ=芝3200メートル、登録107頭】アスクワイルドモア、エヒト、メロディーレーン、プリュムドール、シルヴァーソニック、トーセンカンビーナ、ユーバーレーベン

【ゴドルフィンマイル=ダート1600メートル、登録266頭】アドマイヤルプス、バスラットレオン、コパノマーキュリー、ディパッセ、デルマルーヴル、ドンフランキー、ホウオウアマゾン、ジャスパーゴールド、ジャスパーグレイト、ジャスパープリンス、ケイアイドリー、ケイアイパープル、ケンシンコウ、ラウダシオン、レモンポップ、ラヴケリー、ナンヨーアイボリー、ニューモニュメント、ピンシャン、サクラアリュール、セキフウ、ショウナンナデシコ、スマッシングハーツ、ソリストサンダー、サブライムアンセム、ヴァレーデラルナ、ウインカーネリアン

-----

ドバイワールドカップデーの登録馬が発表されました。

注目のパンサラッサは事前に伝えられていた通り、ワールドカップとターフの両睨み。ターフ連覇も魅力的ですが、サウジカップで好走してダート2000mのワールドカップへ…となるパターンも悪くないです。。いや、『サウジで好走=ワールドカップ出走』だとするならば、最初からワールドカップに行く気満々でサウジカップの応援をすべきってことですよね。。σ(゚、。)ん?

そして、バスラットレオンはゴールデンシャヒーン、アルクオーツスプリント、ゴドルフィンマイルの3レースに登録。無難な選択はゴドルフィンマイルの連覇を狙うパターンでしょうが、距離を縮めてG1に挑戦する可能性もありそうですし、こちらも1351ターフスプリントの結果、内容次第になるのでしょう。

それにしても、サウジもドバイも予備登録無料の招待レースなので、登録頭数が半端ないっすね(^^;)

ちなみに、ドバイもサウジに負けず賞金が半端ないっす。。そして賞金を見ちゃうと、どうせならパンサラッサはワールドカップ、バスラットレオンはゴールデンシャヒーンを勝って欲しいとか思っちゃいますね(^^ゞ

あ、キングエルメスもゴールデンシャヒーンとアルクオーツスプリントに登録がありますが、こちらは選ばれたらどうするのかな? 次走まで間隔があるし、アルクオーツスプリントならありかもしれないなぁ。。

 

ドバイ・ワールドカップ(G1)
総賞金: 12,000,000米ドル
1着: 6,960,000米ドル(9億円ぐらい?)
2着: 2,400,000米ドル
3着: 1,200,000米ドル
4着: 600,000米ドル
5着: 360,000米ドル
6着: 240,000米ドル
7着: 120,000米ドル
8着: 120,000米ドル

ドバイ・ターフ(G1)
総賞金: 5,000,000米ドル
1着: 2,900,000米ドル(3億7千万円ぐらい?)
2着: 1,000,000米ドル
3着: 500,000米ドル
4着: 250,000米ドル
5着: 150,000米ドル
6着: 100,000米ドル
7着: 50,000米ドル
8着: 50,000米ドル

ドバイ・ゴールデン・シャヒーン(G1)
総賞金: 2,000,000米ドル
1着: 1,160,000米ドル(1億5千万円ぐらい?)
2着: 400,000米ドル
3着: 200,000米ドル
4着: 100,000米ドル
5着: 60,000米ドル
6着: 40,000米ドル
7着: 20,000米ドル
8着: 20,000米ドル

アル・クオーツ・スプリント(G1)
総賞金: 1,500,000米ドル
1着: 870,000米ドル(1億1千万円ぐらい?)
2着: 300,000米ドル
3着: 150,000米ドル
4着: 75,000米ドル
5着: 45,000米ドル
6着: 30,000米ドル
7着: 15,000米ドル
8着: 15,000米ドル

ゴドルフィン・マイル(G2)
総賞金:1,000,000米ドル
1着: 580,000米ドル(7千5百万円ぐらい?)
2着: 200,000米ドル
3着: 100,000米ドル
4着: 50,000米ドル
5着: 30,000米ドル
6着: 20,000米ドル
7着: 10,000米ドル
8着: 10,000米ドル

 

Comments (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【トリフィス】また一歩前進、ようやくBTC入り!

2023-02-04 07:07:44 | キョウエイカルラ’20

シュウジデイファーム在厩のトリフィスは、1月下旬よりBTC入りを開始しています。

◇石川代表のコメント 「複数の獣医師チェックを受け、定期的に行っているレントゲン検査で問題がないことを確認した上でBTCへ。現在はトラックで軽く乗り、坂路にてハロン23~25秒ペースのキャンターを1本。歩様に異常はないものの、触診の際などにまだ敏感なところを見せますので、様子を見ながら慎重に進めさせてもらっています」

-----

場内でのハッキングを経て、ようやくBTC入りするところまでこぎ着けました。まだ軽いキャンターまでですが、また一歩前に進めたことは良かったですし、後戻りさえなければ何とかなるムードが出てきたと思います。

患部の様子を見ながらなので、2月中にどこまでやれるか分かりませんが、以前の立ち上げ時を思い起こすと、3月中に15-15ぐらいまではイケるのではと…。当時と比べると馬体は明らかに良くなっていますので、このまま着実に前進して欲しいですし、オークスの頃にはデビューの話ができるよう頑張って欲しいと思いますm(_ _)m

 

【シュウジデイファーム在厩のトリフィス:公式HP(2023/1/27更新)より】

 


*広尾TC様よりクラブ公式HP等からの情報転載許可を頂いています。

Comments (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ボンドオブラヴ】何とかなって欲しいのですが(^^;)

2023-02-04 06:56:26 | ハイアーラヴ’20

シュウジデイファーム在厩のボンドオブラヴは、おもにBTCの坂路でハロン17~20秒ペースのキャンター2本を消化。週1~2回の速めを乗り込まれています。

◇石川代表のコメント 「再び速めの時計をまじえて乗り進めており、その後も脚元に問題はナシ。体調管理にも気を遣っている分、この時季でも毛づやが良く、馬体も立派になってきているのですが、まだ非力なところがあるのでしょう。坂路での終いの時計が詰まってこない状況です。坂路よりもフラットコースで時計が出やすいタイプなのかもしれません」

-----

いやぁ、、頑張って欲しいんですけれど、どうなんでしょうねぇ。。ここまで休みを挟みながら速めを継続してきましたが、「坂路での終いの時計が詰まってこない」状況はずっと変わらず…。

石川代表が「坂路よりもフラットコースで時計が出やすいタイプなのかも」と仰っているのは、半ば諦めなのかどうなのか(^^;) 馬体を見ると、とてもそんなふうには思えないのですが、ハイアーラヴの仔は本当に難しいですね。。

速めといってもせいぜい3F40秒前後だと思いますし、そこから先に進めないとなると、「坂路よりもフラットコースで時計が出やすいタイプ」であることを祈るしかないのかもしれません。

もう3歳の2月になりましたし、何とか状況が変わって欲しいのですが、何とかなるのかなぁ…

 

【シュウジデイファーム在厩のボンドオブラヴ:公式HP(2023/1/27更新)より】

 


*広尾TC様よりクラブ公式HP等からの情報転載許可を頂いています。

Comments (9)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【パンサラッサ】香港とは調整パターンを変えて!

2023-02-03 05:46:03 | パンサラッサ

栗東トレセン在厩のパンサラッサは2日朝、坂路で52秒台を計時しています。

  • 23.02.02 助 手 栗東坂良 1回 52.5-37.8-24.5-12.3 馬ナリ余力

◇矢作調教師のコメント 「今回はいい意味で元気の良さが目立ち、馬体も最近の中ではふっくらとした印象。寒い時季の方が体調も良い馬なのかもしれませんね。このあとは9日に検疫厩舎に入り、16日に出国する予定。前回の香港の時は出国前の調教を軽めにし、現地における調教で負荷をかけて仕上げましたが、今回はそれを反省材料にして、日本で仕上げていくイメージで来週、再来週としっかり追い切る方向で考えています。レースは2月25日(土)サウジアラビア・キングアブドゥルアジーズ競馬場 サウジカップ(G1・ダ1800m)。日本のダートでは結果が出ませんでしたが、日本と現地のダートとでは質が違いますし、先行有利の舞台、ワンターンの左回り1800mはベストですからね。やってみないと分からない部分もありますが、現地のダートがフィットするようであれば面白い挑戦になると思っています」

-----

9日に検疫厩舎入り、16日に出国する予定は当然ながらバスラットレオンと全く一緒です。パンサラッサが遠征好きで、輸送や環境変化に強いことは既に知られていますし、今回もそちら方面での心配は全くしていません。

状態面に関しては、チャンピオンヒルズでは『バスラットレオンより一歩遅れているかな?』でしたが、帰厩後初の坂路でサラッと52.5-37.8-24.5-12.3秒を出すあたり、さすがに『やれば比較的簡単にデキてしまう』パンサラッサらしいですし、国内であと2本しっかり追い切れば、(ドバイを視野に入れつつ)ちょうど良い仕上げになりそうです。

そんな中、注目すべきは「香港の時は出国前の調教を軽めにして現地で仕上げましたが、今回はそれを反省材料にして日本で仕上げていくイメージで…」という部分ではないでしょうか。。香港では期待を裏切るかたちで10着に敗れましたが、当然、陣営としてもその時その時で最善な方法を模索していくわけで、少なくとも前走香港のような、直前追い切りでの『猛時計デモンストレーション』は行われないことになりそうです。(以前も書いたことがありますが、個人的には香港の最終追いがオーバーワーク、ガスの抜け過ぎにつながった可能性はあると感じています)

ということで、いつものように全てはパンサラッサと厩舎の皆さん、そして吉田豊騎手にお任せするとして、あとは「現地のダートがフィットするようであれば」、夢の一攫千金が期待できるのではと気楽に考えています(^^ゞ

ちなみに、その後サウジカップにはクラウンプライドも出走を表明しましたので、なんと日本からパンサラッサ、ジュンライトボルト、ジオグリフ、ヴァンドギャルド、カフェファラオ、クラウンプライドの6頭が出るという…。なんだかスゴイことになってきましたが、少なくともこういう馬たちとは、フェブラリーSでやるよりサウジカップの方が戦いやすい気がしますm(_ _)m

 

【チャンピオンヒルズ在厩時のパンサラッサ:公式HP(2023/1/26更新)より】

 


*広尾TC様よりクラブ公式HP等からの情報転載許可を頂いています。

Comments (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【バスラットレオン】9日に検疫厩舎入り、16日に出国予定!

2023-02-03 05:28:38 | バスラットレオン

栗東トレセン在厩のバスラットレオンは、1日からコース入りして調整されています。

  • 23.02.01 助 手 栗東坂良 1回 59.3-43.2-27.7-13.5 馬ナリ余力
  • 23.02.01 助 手 栗東B稍 半哩 60.4-44.1-13.7(6) 馬ナリ余力

◇矢作調教師のコメント 「このあとは9日(木)に検疫厩舎に入り、16日(木)に出国するスケジュール。2月25日(土)サウジアラビア・キングアブドゥルアジーズ競馬場 1351ターフスプリント(G3・芝1351m)に向けて、来週の水曜日か木曜日に1本、出国前日に1本やって現地入りする予定です。向こう2週間で馬のコンディションをしっかりと見極め、良い状態で送り出してあげられればと思います」

-----

トレセンでの事前調整、検疫から出国、そして現地での最終調整に至るまで、矢作厩舎は全ての流れを手のうちに入れているので心強いです。バスラットレオン自身もこれが三度目(中東は二度目)の海外遠征、加えて今回は遠足大好きパンサラッサ先輩と一緒ですから、海外遠征だからと言って余計な心配がいらないのは助かります。

仕上げに関しては、3/25のドバイまでを考慮した内容になるかもしれませんが、それでも十分戦える状態には仕上がると思います。昨年の阪神カップ後はチャンピオンヒルズ在厩時からずっと好調が伝えられてきましたし、個人的には昨年、ゴドルフィンマイルを勝った時以上のデキで出走してくれるのでは?と期待しています!

まだ1351ターフスプリントの出走馬は確定していませんが、日本馬だけを見てもラウダシオン、レシステンシアといった強豪が出てきます。(ソングラインは出否微妙?… ソングライン サウジ遠征見送りも…右前球節外側の腫れ:スポニチ Sponichi Annex) 当然、簡単には勝たせてくれないわけですが、それでも『大いにチャンスあり』だと感じていますm(_ _)m

 

【2022/12/24阪神11R 阪神カップ(G2/芝1400m)でのバスラットレオン:公式HPより】

 


*広尾TC様よりクラブ公式HP等からの情報転載許可を頂いています。

Comments (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【プライムライン】二週前追い切り消化、目標は2/18播磨S!

2023-02-03 05:09:09 | プライムライン

栗東トレセン在厩のプライムラインは、1日、坂路で時計をマークしています。

  • 23.02.01 助 手 栗東坂良 1回 55.5-40.6-26.5-13.0 馬ナリ余力
    ラミアストラーダ(三未勝)馬ナリを0.5秒追走同入

◇田中克調教師のコメント 「1日に坂路を併せ馬で、帰厩後1本目の追い切りを消化しました。それほど長い放牧期間ではありませんでしたが、いつもほど硬さもないですし、リフレッシュできている様子ですからね。これから進めていく中で状態が上がってくるものと思われます。目標レースは2月18日(土)阪神10R 播磨ステークス(3勝クラス・ダ1400m)、鞍上は引き続き坂井瑠星騎手の予定です」

-----

プイライムラインは29日にトレセン帰厩、早速1日に坂路で時計を出しています。

目標レースの播磨ステークス(2/18阪神)から逆算すると、1日の坂路は二週前追い切りになりますので、馬なり併せ馬で55.5-40.6-26.5-13.0秒なら『上々の滑り出し』と言って良いのではないでしょうか。

それも含めたプライムラインの状態面について、田中克先生は、「いつもほど硬さもなくリフレッシュできている」と前向きですし、早々に坂井瑠星騎手の確保ができているのもプラスポイントでしょう。3勝クラスともなると相手関係も楽ではないですが、少なくとも前走の『6番人気10着』が実力ではないことを証明したいところです。

 

【チャンピオンヒルズ在厩時のプライムライン:公式HP(2023/1/26更新)より】

 


*広尾TC様よりクラブ公式HP等からの情報転載許可を頂いています。

Comment (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【セントアイヴス】大きな疲れなく12日東京2Rへの続戦検討

2023-02-03 00:28:24 | セントアイヴス

 

美浦トレセン在厩のセントアイヴスは、まずはレース後の様子見が行われています。

◇中舘調教師のコメント 「2日朝から跨っており、3日から馬場入りする予定。競馬の後も大きな疲れはなく元気そうですよ。興奮するような馬ではなく、競馬場に行っても平常心でいてくれますが、あまり器用なタイプではない分、レース運びが上手な方ではないですかね。その辺もあって前走では4コーナーで押し込まれることにもなりましたから…。このまま順調に立ち上げていけるようであれば、2月12日(日)東京2R 3歳未勝利(ダ2100m)へ。最終週は混み合うことが予想されますので、来週から投票していこうかと思っています。鞍上はこれまでの経緯を分かっている吉田豊騎手の予定です」

-----

29日の未勝利戦は、道中のモタつき、勝負どころでの反応、不器用な立ち回り、といった課題を感じさせる内容での7着でした。ただし、それらはトレーニングと実戦の繰り返しにより改善可能な部分でもありますので、レース後も「大きな疲れはなく元気そう」であり、「中一週での続戦検討」となったのはありがたいです。

問題は12日の東京2Rに入れるかどうかですが、こればかりは当週になってみないと何とも言えません。最終週に比べれば落ち着きそうとは言え、29日のレースが除外馬3頭だったことを考えると、さすがにフルゲート割れは考えにくく…

と、今からそれを心配しても仕方がありませんので、こちらとしては出るつもりでしっかり準備をしておくしかないですね。。中舘先生は状況に応じて続けてレースを使ってくれますし、吉田豊騎手が続けて乗ってくれるのもありがたいですから、出走を重ねるごとに少しずつでも実戦慣れをし、次につながる何かを掴んで帰ってきて欲しいと思いますm(_ _)m

 

【2023/1/29東京2R 3歳未勝利(ダ2100m)でのセントアイヴス:公式HPより】

 


*広尾TC様よりクラブ公式HP等からの情報転載許可を頂いています。

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【テラステラ】成長が進み腰がグッと入ってくれば (o´艸`)ムフ

2023-02-02 05:35:20 | テラステラ

チャンピオンヒルズ在厩のテラステラは、現在は、おもに周回コースで軽いキャンター2000m、フェルトダート坂路でハロン18~20秒ペースのキャンター1本を消化しています。

◇小泉厩舎長のコメント 「先週末もコンドロイチン注射でフォロー。先週水曜日と土曜日に降った雪の影響により、現在は普通キャンターの調整ですが、今週末からまた58秒程度を乗っていく予定になっています。これから成長が進むにつれて腰がグッと入ってくるようになれば、もう一段パワフルなレースができるのではないでしょうか」

-----

昨年末にチャンピオンヒルズに移ってから約一ヶ月、コンドロイチン注射でのフォローは継続しているとのことですが、11月から年末にかけて中一週で3連戦した疲れはもう気にならないようです。写真で見る馬体にはハリとボリュームが感じられますし、レース経験を積む中で、しっかり成長してくれているのは心強いです。

小泉厩舎長は、「これから成長が進むにつれて腰がグッと入ってくれば、もう一段パワフルなレースができる」と仰っていますし、あと一ヶ月半で少しずつでもその領域に近づいていけば、次走予定のファルコンS(3/18中京)は言うに及ばず、大目標(になるであろう)マイルカップ(5/7東京)でも好勝負ができるかもしれません。

もちろん(長い目で見れば)3歳春に頑張り過ぎる必要はないのですが、重賞だろうがG1だろうが、レースに出る以上は(直近3走がそうだったように)次につながる何かを掴んで帰ってきて欲しいですからね(^^)

 

【チャンピオンヒルズ在厩のテラステラ:公式HP(2023/1/26更新)より】

 


*広尾TC様よりクラブ公式HP等からの情報転載許可を頂いています。

Comments (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする