とりあえず一口馬主の楽しいこと

気合の出資馬応援と飲み食い! たま~に趣味の話題など。。(^^ゞ

ディメンシオン : 8/11新潟9R 三面川特別(1000万下・芝1800m)優勝!

【ゴッドフロアー】8/1札幌 阿寒湖特別・出走確定

2015-07-31 06:10:44 | 引退馬
ゴッドフロアーは、8/1札幌12R 阿寒湖特別に四位洋文騎手で出走します。

-調教時計-
15.07.29 助 手 函館W稍 5F  - -69.3-54.7-40.5-12.8(9) G前一杯追

◇松永調教師のコメント
「雨続きでウッドが重たくなっている中、これくらい動けていれば及第点。デキは相変わらずイイですし、叩いた上積みも見込めそうですよ。乗り替わりも検討しましたが、ジョッキーとの相性が悪いわけではなく、このコースも慣れたもの。ここはもう一度、巻き返してもらいたいですね。前走よりも積極的な騎乗で、うまく流れに乗ったレース運びを期待します」
-----

ゴッドフロアーの阿寒湖特別出走が確定しました。
登録段階からわかっていたように、北海ハンデキャップからの馬がゴッドフロアーを含めて6頭います。 しかも、この6頭の中でも着順は結構変わりそうな感じで、全体的には混戦ムードの一戦と言って良いでしょう。
ゴッドフロアーとしては、休み明けを一度叩いた上積みに加え、積極的な競馬で大きな前進を狙いたいところです。

展開、位置取り頼みなのは仕方が無いとして、少なくとも4コーナーで外を回る形の方が、ゴッドフロアーには向いていると思います。 その分、早めに仕掛ける事にはなりますが、それはもう、そういう馬なんですから。
自分の形で競馬をして、それでダメなら仕方が無いですからね。
着順はもちろん重要ですが、まずは力を出し切ること、それさえ出来れば必ずや前進をしてくれると思います(^_^)

■8/1札幌12R 阿寒湖特別(1000万下・芝2600m)出走馬


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment

【ゼロレボルシオン】次走はどこへ? それが悩ましい…

2015-07-31 05:52:59 | 引退馬
美浦トレセン在厩のゼロレボルシオンは、まずは運動のみでレース後の疲労回復を促しています。

◇尾関調教師のコメント
「前走は勝たなければいけないレースだっただけに悔しい2着。時計のかかる盛岡の芝なので対応できましたが、本質的に芝向きかというと決してそうではありませんから。中央の芝のメンバーやタイムでは正直ちょっと厳しいかとも思いますので、このままトレセンで様子を見ながら、慎重に次走を考えていきたいと思います。札幌の芝だと基本2000mになってしまい距離が長め。それであればむしろ短距離へとも思いますが、今のレースぶりでは追走に苦労しそうですし、新潟ダート1800mという馬でもなさそうですから…。一発を狙うのであれば、深いダートでも門別の交流戦。消去法で考えれば、出走回数や相手関係に恵まれそうな札幌のダート1700mでしょうか。パドックでの落ち着き、最後まで頑張って走ってくれたレースぶり、ブリンカー効果、これらが次につながってくれればと思います。もう少し深めのブリンカーを装着するのも一考。左右の周回に関しては、二の次でもよいでしょう。」
◇前田助手のコメント
「輸送をまったく苦にしなかったのは収穫です。ひとまずレース後も大きな反動はありません。」
-----

月曜日のエメラルド賞で2着となったあとも、厩舎にとどまっています。
未勝利戦終了までにあまり時間がない中で、当然、贅沢は言えないものの、バシッと次走の条件が決まらないのはツラいですね。 尾関調教師がアレコレ考えてくれているのはありがたいですが…。

少し厳しい状況になってきましたが、ここで慌てても仕方が無いということでしょうか。
今はとにかくレースの疲れを取って、出走機会を窺いつつ調子を整えるしかありません。 あえて現実的な選択を考えるのであれば、出られるなら門別の交流戦、新潟よりは札幌の1700mといった感じでしょうか。


【7/27盛岡 エメラルド賞でのゼロレボルシオン : 公式HPより】
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)

【エタンダール】一週前追い切り消化

2015-07-31 05:39:52 | 引退馬
美浦トレセン在厩のエタンダールは、普段は坂路での普通キャンターを2本。30日朝、吉田豊騎手を背に速めを登坂しています。

-調教時計-
15.07.30 吉田豊 美南坂良 1回 54.8-38.7-25.6-12.8 末強目追う

◇中舘調教師のコメント
「今回は牧場で意識的にやってきた分、460kgと絞れて戻ってきましたし、その分、息の感じもイイですね。スナップが利く分だけ、脚元に負担がかかりやすい馬ですが、意欲的に乗り込んで行っても何とか辛抱してくれています。これで週末と来週に微調整を図り、8/8新潟10R 阿賀野川特別に向かいましょう。鞍上は吉田豊騎手を予定しています。」
◇小板助手のコメント
「プールと坂路で調整しており、脚元はむしろ前回よりも落ち着いているくらい。フットワークの良い馬ですね。決して大人しくはありませんが、走ることに対して後ろ向きではないですし、色々と分かっている感じです。」
-----

エタンダールの一週前追い切りは、坂路で54.8秒の内容でした。
単純に時計だけの問題ではなく、終いを追われてしっかり駆けてくれたようで良かったと思います。

ですが、本当に大事なのはここからです。
週末、来週と2本の速め、それと通常のトレーニングを組み合わせてどこまで身体と息を作っていけるか。 今回は中舘調教師も気合が入っていますから、きっとスッキリ仕上がった馬体で復帰してくれるのではないでしょうか。
そして、そこまで行けばレースは結果ですからね。 こちらも一生懸命応援するだけです(^_^)


【美浦トレセンでのエタンダール : 公式HP(7/30更新分)より】
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)

【ハイアーラヴ’13】どんどん成長してください (^_^)

2015-07-31 05:24:38 | 引退馬
森本スティーブル美浦エリア在厩のハイアーラヴ'13は、おもに周回コースでのハロン20~22秒ペースのキャンター3200m、週2回、坂路でのハロン18~20秒ペースのキャンター1本を消化しています。

◇川俣マネージャーのコメント
「走りが綺麗な馬ですので、その良さを存分に活かせるように、夏場はじっくりと基礎トレーニングに励み、本馬の成長曲線に合わせた調教を。何しろこの暑さですから、当面は疲れを溜めないように成長を促し、体にピシッと芯が通ってくるのを待ってあげたいです。この調子で入念に馬を動かしながら、うまく夏を越していければと思います。」
-----

申込みを済ませたばかりのハイアーラヴ'13ですが、早速、近況が更新されました。
内容に関しては、「まあ、そういうことですよね」、なのですが、こうやって通常更新のサイクルに乗ってくると、また1頭出資馬が増えたんだなぁという実感が湧いてきます。
(こんなに簡単に増やしちゃっていいのか?という疑問はしばらく封印です(^^ゞ)

ちなみに、この夏を基礎トレーニングと成長促進に充てるのは、マグナムインパクト、ドゥオーモのディープインパクト産駒2頭と同じですが、キングズベスト産駒のハイアーラヴ'13も血統的なスケール感では負けていません。
ということで、じっくりと成長を意識しながら進める以上、打倒ディープインパクト産駒!ぐらいの気持ちで目標設定をしたいところです。 で、例によって目論見が外れたら、それはその時にまた考えましょう(^_^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)

【ベイビーティンク】調子上昇、来月入厩へ

2015-07-30 06:03:59 | 引退馬
UPHILL在厩のベイビーティンクは、おもに坂路での普通キャンター2本を消化。ふたたび週1回、ハロン13~14秒ペースで乗り込まれています。

◇木村マネージャーのコメント
「二度目のペースアップとなるだけに、前回よりも楽な動き。この暑さの中、元気を余すくらいなのは良い傾向ですし、食欲がまったく落ちないのも有利に働きそうです。まだ腹回りなどが太めに映るものの、今の段階では、むしろゆとりがあるくらいの方が先々まで進めやすいのではないでしょうか。登坂時に軽く仕掛けてみた時の反応も良かったものですから、来月中には(入厩に関する)何らかの動きがあると思われます。」
-----

一時的に疲れが見られたという先週の報告から、今回は一転して調子が上がってきた様子が伝えられています。
具体的な入厩目標についても、8月には何らかの動きが…とのことですから、あとはとにかくアクシデントなどが無いよう、引き続き慎重に進めて頂ければと思います。

この馬に関しては、気性面も含めて基礎的なところでの課題がありませんので、ゲート試験などもおそらくすんなり通過してくれるでしょう。 となると、興味はやはり速めを乗られた時の動きがどうなるかです。
多少気が早いとは思うのですが、『仕掛けた時の反応が良い』などという話を聞いてしまうと、トレセンに入ったあと、真っ先にそれを確認したくなってしまいますね。
いずれにしても、うまくいけば9月後半にはデビューでしょう。 面白くなってきました(^_^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)

【ポノイ】3F40秒(馬なり)を目標に

2015-07-30 05:49:48 | 引退馬
ノーザンファーム天栄在厩のポノイは、周回コースでの軽いキャンター2400m、週2~3回坂路で速めを乗り込まれています。7月中旬測定の馬体重は509kgです。

◇木實谷担当のコメント
「おもに火・木・土曜日に速めを乗っており、ここまで継続してやれていることから、体力面は及第点に近づきつつあるものの、現状ではスピード面において課題を残す状況。こちらの坂路で3F40秒を持ったままで登坂できるかどうかが入厩のひとつの目安となってくる中で、まだ鞍上が促さないといけない感じですから。それでもこちらに来た当初に比べれば、だいぶ成長はしていますので、さらに馬がピリッと前向きになってくるのを待ちたいところです。将来的に速い時計でも動ける素養はありそうですから、あとは調教師がどのタイミングから動かしていくかだと思います。」
◇国枝調教師のコメント
「今は坂路で3F41秒程度。首が太く、緩さを残す馬体ゆえ、全身を使ってうまく走れない分、手応えがひと息になりがちですし、息遣いについてもまだこれからといった様子。もう少しトモがしっかりしてバランスが取れるようになれば、印象も変わってくると思います。引き続き様子を見ながら、成長を見守りたいです。」
-----

このところモヤッとした評価が続いていましたが、なんか、今回はハッキリとしたコメントでいいですね。
もちろん、現時点でスピード不足、前向きさ不足と言われるのは嬉しいことではないですが、それでもしっかりトレーニングをこなしつつ、ポノイなりに前進をしてくれているのは確かですから、きちんと現状を認識したうえで、“入厩時期にはこだわらずノーザンファームで引き続き鍛えていく”、そういう方針でやっていけばいいのではないでしょうか。

とにかく、血統的にも早熟傾向とは思えませんし、今後の伸び代は大きいはずですから(願望込み!)、当面は、『3F40秒を馬なりで…』を目標に、地力強化に取り組んで頂ければと思います。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)

【エンパイアブルー】馬の温泉って、どんなところ?

2015-07-30 05:37:29 | エンパイアブルー
競走馬総合研究所・常磐支所在厩のエンパイアブルーは、引き続き舎飼により、リハビリ開始のタイミングを窺っています。

◇石川支所長のコメント
「術後の状態が落ち着くのを待って、今週末もしくは来週から、引き運動を始めていく予定。まずは日に15分ほど慎重に体を動かし、その感触に応じて、脚部を冷やしながら常歩が可能となるウォーターウォーキングマシン入りへの移行を考えていく流れです。」
-----

競走馬総合研究所・常磐支所=馬の温泉での療養生活が始まっています。
馬の温泉施設については、もうだいぶ以前に何かの報道で知ったのですが、自分の出資馬、エンパイアブルーがお世話になるに当たり、改めて自分なりに(ちょこっとだけ)調べてみました。
*JRA競走馬総合研究所 常磐支所

JRA競走馬総合研究所 常磐支所、いわゆる馬の温泉は福島県いわき市にあり、今まで数多くの馬たちが、この施設で療養、リハビリを行ってきたことはよく知られています。
主なところをザッと調べただけでも、オグリキャップ、トウカイテイオー、ミホノブルボン、オフサイドトラップなどなど、超一流の名馬たちがここを利用したのち、競馬に復帰して活躍をしているんですね。
最近では、阪神JFを勝った二ノ宮厩舎のショウナンアデラもこの施設で療養をしていたようです。

主な設備としては、温泉浴施設、調教プール、ウォーターウォーキングマシーン=ウォータートレッドミル、逍遥馬道などがありますが、中でも温泉を馬の治療に活用する方法が、独自の研究成果として有名になっています。
確か何かの番組で、馬が気持ち良さそうに温浴しているところを見た記憶がありますが、その時の馬が、本当にリラックスしたいい表情だったのが印象的でした。(その馬、確かオグリキャップだったと思います… 歳がバレますが(^_^;))

ちなみに私が期待をしているのは、療養というより効果的なリハビリでありまして、エンパイアブルーのような脚元に問題がある馬を、トレセンでのトレーニングに耐えられる状態まで持っていくプロセス、その部分でウォータートレッドミルやプールなどが大活躍してくれるのではと思っています。
脚元に注意しながら負荷をしっかりかけていく、そのバランスは難しいと思いますが、こういう設備を活用することで、復帰後のトレーニングが進めやすくなればありがたいです。

そして、何と言っても休養中の精神面のケアが非常に重要なポイントなのですが、温泉浴によるリラックス効果、逍遥馬道の活用による無理のない運動などは、馬の温泉が最も効果を発揮する部分でしょう。
バランスがとれた運動と温泉によるリラックス効果の組み合わせが、きっとエンパイアブルーの早期復帰を後押ししてくれると思います。

うーん。。 何だかいろいろと書いていたら、エンパイアブルーが復帰した後に、先に挙げた歴代名馬のような活躍をしてくれるのではと、妙な勘違いをしそうになってきました(^^ゞ
そんな簡単な話は世の中に転がっていないはずですが、そうですねぇ、屈腱炎のような深刻な怪我でもないのに、藤原調教師がわざわざこの施設を療養場所に選んだ事には、それなりの意味があるようにも思います。

これは単なる想像ですが、エンパイアブルーには歴代名馬の活躍に少しでも近づくよう頑張って欲しい、藤原調教師もそんな事を考えているのでは…と勝手に思っておきます(^_^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment

【レトロクラシック】もっと成長による変わり身を!

2015-07-30 05:09:17 | 引退馬
ノーザンファーム天栄在厩のレトロクラシックは、周回コースでの軽いキャンター2400m、週2会派坂路での14-14前後を乗り込まれています。

◇国枝調教師のコメント
「この中間より3F40~41秒を織り交ぜながら。競馬を使ってきている馬だけあって、それなりに動けてはいましたが、まだ右トモが微かに気になる感じですので、そこに疲れを溜めないよう、よく気をつけて乗り進めてもらっています。順調に馬体重は増えているものの、見た目は今以上にボリュームがあってイイくらい。もっともっと成長による変わり身を見せて欲しいところです。トレセン帰厩は8月中旬頃。詳しくは、番組が発表になってから決めていきましょう。」
-----

9月の復帰戦に向けて、だいぶペースが上がってきました。
仕上げは当然、トレセンに戻ってからになりますが、現時点でも3F40秒台まで時計を出していますので、全体的には帰厩の準備も順調に進んでいると思ってよいでしょう。

ちなみに、前回近況で馬体重が500kgを超えているとの報告がありましたが、国枝調教師としては、『もっと増えて欲しい、そして成長による変わり身を見たい…』ということのようで…(^_^;
何だかどんどんハードルが高くなりますが、それもレトロクラシックに対する期待の高さゆえですからね。

こちらとしても、期待感を持ってビシビシやって頂けるのはありがたい限りです。
が、とりあえずの話で言えば、先週、厩舎サイドから出ていた、「復帰戦をプラス10kg程度でむかえられるのでは…」という話、まずはそれを実現してもらうだけでも、私の妄想は簡単に全開マックスになっちゃいますけどね(^_^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment

【マカハ】猛暑の中でもリラックス

2015-07-30 04:52:27 | 殿堂馬
島上牧場在厩のマカハは、現在は、ウォーキングマシン90分の調整です。

◇幣旗マネージャーのコメント
「今日なんかは、まだ過ごしやすい方ですが、ここ最近は厩舎に取り入れているミストが揮発しないくらいの蒸し暑い毎日。その割には夏バテの兆候もなく、元気にしてくれています。日が暮れると馬房内に敷き詰めてあるチップが冷たくなるようで、それが気持ちイイのか、夜になるとよく寝転んで好きなようにしています。」
-----

このところの猛暑にも負けず、島上牧場でのんびりと過ごしてくれているようです。
まあ、マカハぐらいのベテランになると、休養するのもレースをするのもどちらも慣れたものですからね。 もうあまり特別なことは必要ありませんので、ゆっくり休養、そしてじっくり調整をしてもらえれば何の問題も起きないでしょう。
まだ夏休みは始まったばかり。 宿題は最後にパパッとやっちゃえばイイんです!
(ホントはそれじゃあ、ダメなのかな…(^_^;))

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment

【ダブルミッション】中央再転入ならず… 引退へ

2015-07-29 23:48:24 | 引退馬
◇クラブからのコメント
地方2戦目以降、レース当日のイレ込みや闘争心の欠如が徐々に顕著になり始め、中間は馬体維持を気遣いながらの調整を強いられ、実戦における内容に進展が窺えない現状から、門別・齊藤正弘調教師ならびに再登録先である美浦・二ノ宮敬宇調教師と今後の見通しについてあらためて協議。その結果、JRAが定める条件を満たすことは容易でなく、仮に再登録が叶った場合でも、中央の500万条件でコンスタントに出走を重ね、善戦につなげていくことは困難であるとの見解で合意に至り、29日付けで地方競馬における競走馬登録を抹消、再登録を取り下げることになりました。
なお、以前の出資会員の皆様には、詳細を書面にてお送りいたしますので、到着まで今しばらくお待ちください。これまでの皆様からのご支援に対しまして、心より感謝申し上げますとともに、再ファンドを選択しておきながらも望ましい結果が残せませんでしたこと、深くお詫び申し上げます。ご声援、誠にありがとうございました。
-----

現時点では出資馬でないので、このブログでもあまり大げさにフォローせず、密かに見守る形にしていたダブルミッションについて、クラブから引退決定のアナウンスがありました。
再ファンドを前提とした地方転籍から4ヶ月。 転籍初戦こそ逃げ切って勝利を飾りましたが、その後は気性面の問題から思うように力を出すことが出来ず、結果的に出走のたびに惨敗を繰り返してしまいました。

4歳馬の再転入条件は1年以内に3勝と決して低くないハードルですし、中央500万条件ではさらに厳しいレースを強いられることになるわけで、ここでの引退の判断は致し方ないところでしょう。
本馬に関しても、元出資者には書面が届くとのことですが、一区切りの記事は前回も書いているとおりで、それなりの覚悟はしていましたので、今はとにかくお疲れ様という気持ちだけです。
それにしても、気性というか、内面の問題というヤツは、本当に難しいですねぇ。。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment