とりあえず一口馬主の楽しいこと

気合の出資馬応援と飲み食い! たま~に趣味の話題など。。(^^ゞ

ディメンシオン : 8/11新潟9R 三面川特別(1000万下・芝1800m)優勝!

【スプラッシュエンド】爪の状態良化、来週から騎乗開始へ!

2012-05-31 05:26:23 | 引退馬
ミホ分場在厩のスプラッシュエンドは、引き続きウォーキングマシン60分を消化しています。

◇松林担当のコメント
「爪の状態が馴染んできており、休ませている間に全身の疲れも取れてきた様子。流れは着実に良い方向にむかっていると思います。装蹄師と相談の結果、『来週の装蹄の際に蹄鉄を履かせ、それから乗り出しを開始する』ことになりました。」
-----

スプラッシュエンドもようやく良い流れに乗ってきた感じがします。
実際に騎乗運動をはじめてみないと分からない部分はあるでしょうが、このまま来週から再スタートが切れるようなら、目標の夏競馬には何とか間に合う態勢が作れそうです。
まあ、ぬか喜びになってはいけませんので、まずは来週の近況報告を待ちたいと思います(^_^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comments (2)

【アタッキングゾーン】少しずつ前進している…みたいです(;^_^

2012-05-31 05:16:54 | 引退馬
大滝ステーブル在厩のアタッキングゾーンは、おもに角馬場でのダク・ハッキング40~60分、トラックでのハッキング4000mを消化しています。

◇大滝代表のコメント(抜粋)
「時間をかけて専念している効果でしょうか、角馬場では頭を上げてコントロール不能になるケースが減り、当初よりも人間の指示に耳を傾けてくれるようになった気がします。走路ではまだ行きたがる面を見せますが、バクシンオー産駒からそれを引いては良さも半減ですから…。個性は個性で大切にしながら、引き続き教え込んでいきたいと思います。」
-----

以前、二ノ宮調教師が仰っていましたが、「コントロールし易い馬を作ることと速く走る馬を作ることはイコールではない」のが辛いところ、人間の指示に従うことと引き換えにスピードを失っては元も仔もありません。
そのあたりは素人には分からないさじ加減なのでしょうが、とにかく“まともにレースが出来るレベル”までは何とか頑張ってもらいたいところです(;^_^A

アタッキングゾーンも次は500万下からの再スタートになりますし、この休養期間のトレーニングをきっかけに、もう一度上昇気流に乗って欲しいと思います。
(素質的にはこんなところでもたつく馬ではないはず…ですので。。)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment

【ブリッツェン】涼しい北海道で立て直しを

2012-05-31 05:07:29 | 殿堂馬
ブリッツェンは、先週末に大滝ステーブルを出発。27日にファンタストクラブ内木村牧場へ移動しています。

◇川嶋担当のコメント
「調教師から『6月いっぱいはこちらで安静に』との指示。早めの移動は避暑目的のようです。まずはウォーキングマシン60分と騎乗常歩運動40分で体調を整え7月からペースアップを図り、『秋に備えていく』予定になっています。」
-----

予定通り北海道へ移動しましたが、行き先はグローバルではなくファンタストでした。
ブリッツェンはもともとはグローバル調教馬ですが、昨夏はファンタスト内木村牧場で過ごしており、今回もそのパターンでいくことになったようです。(まあ、いろいろあるのでしょう…)

いずれにしても、これからは涼しい北海道でゆっくりと過ごして、秋競馬での復帰を目指すことになります。
ブリッツェンも6歳になっていますが、今までそれほど無理使いもしていませんし、ここでしっかり立て直すことが出来れば、まだまだ活躍してくれるはずです。
なので、こちらも期待しつつ気長に復帰を待ちたいと思います。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment

【マカハ】来月からは騎乗運動を開始

2012-05-30 05:32:53 | 殿堂馬
グローバル在厩のマカハは、ウォーキングマシン60分、パドック放牧5時間のメニューを継続しています。

◇後藤場長のコメント
「23日に調教師、週末には五十嵐助手が来場して現状を確認。だいぶ元気を余すようになってきたことから、『今後はエサを増やし、乗りながら体をフックラさせていく』ことになりました。『もっと体が増えてもイイくらい』というのが2人の共通した見解。来月から跨って行っての変化にも注目したいと思います。」
-----

もともと期待が大きい馬だけに調教師の要求レベルも高いようですが、とにかく元気が出てきたのは嬉しいことです。この調子で無事に過ごしてもらって、なるべく早めの回復と成長を期待したいところです。
春先まではクラシック好走馬とも互角以上に戦っていたとはいえ、マカハはまだ1勝馬。場合によっては秋まで休養ではなく、夏の北海道で2勝目を狙うこともありますからね(^_^)

そういえば、このまま順調に回復&成長が進んだとして、マカハは今後どの路線で勝負をしていくことになるんでしょうねぇ。さすがに菊花賞っていうタイプではないでしょうし、いきなりダートというのも無くはないのでしょうが…。
あ、確か何かのイベントに小崎調教師が参加されるはずだし、そのときに聞いてみようかな?(^O^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment

【バシレウス】一歩ずつ着実に。。

2012-05-30 05:20:56 | 引退馬
グローバル在厩のバシレウスは、ウォーキングマシン60分、パドック放牧3時間に加え、30日より午後のマシン運動をスタートさせる予定になっています。

◇後藤場長のコメント
「脚元への負担軽減にもつながりますので、今後は午前・午後の常歩運動でダイエットを図り、体のラインを整えてから騎乗開始のタイミングを窺っていく構え。2~3週間ほど様子を見たうえで、調教師からゴーサインをもらう形で良いでしょう。」
-----

エコー検査の結果が良かったことを受け、少しずつ運動量を増やす段階に入ってきました。
ただ、当然ながら、ここで慌てて何かあったら今までの苦労が水の泡ですから、騎乗開始に際しては、慎重の上に慎重を重ねて進めていくことになりそうです。

まだまだ先は長いですが、騎乗開始時期を心配できるところまで回復したのは嬉しいことですから、この先も秋の復帰に向けて、一歩ずつ着実に前進して欲しいと思います。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment

【ステラリード】まだ元気がありすぎて。。

2012-05-30 05:13:52 | 殿堂馬
グローバル在厩のステラリードは、引き続きウォーキングマシン60分、パドック放牧5時間を消化しています。

◇後藤場長のコメント(抜粋)
「まだ放牧時に動き回っていることが多く、隣の馬に釣られて一緒になって飛んだり跳ねたり。もう少し気持ちが抜けてくれてもイイですかね。馬体のほうは順調にフックラしてきていますので、この調子でリラックスさせてあげられればと思います。」
-----

今のところ、まだ元気があり余っていて、芯からリラックスとはいかないようです。
まあ、ステラリードの場合は大きな心配があって休養に入ったわけではありませんし、そのあたりは時間が解決してくれる範囲の話なのでしょう。(多分…)

当面は復帰目標を定めずに管理されると思いますので、こちらも気長に見守る体勢に入りたいと思います。
あ、それとも森先生のことですから、何か仰天プランを考えていたりして(^^;;

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment

ついつい引き寄せられて… ばんからの東京豚骨

2012-05-29 05:53:03 | うまいもの
そんな気はさらさらなかったのに、つい気の迷いで食べてしまうラーメンって、経験ありますよね?
ちなみに私は結構頻繁にそういう場面に遭遇します(笑)

ということで、いつもの慣れ親しんだ風景です。


ギトギト系濃厚豚骨が売りの、ばんからラーメンです。(これももうお馴染みですね)


この日はギリギリのところで特大角煮は思いとどまったので、肉はデフォルトのチャーシュウのみです。


麺はいつものように黄色い中太縮れ麺。濃厚スープをしっかり受けとめてくれます。


相変わらず体に良さそうな要素を全く感じないラーメンですが、お酒を飲んだあとにこの店の前を素通りするのは、私にとってなかなか難しい作業になっています。
ならばいっそ、この店の前を通らずに帰ればいいのですが、その道筋には別の誘惑が待っていたりするわけで(ラーメン屋さんはどこにでもありますし…)、そうそう世の中甘くないんですよねぇσ(^_^;)

ちなみに味はいつもの通り、甘みを感じる濃厚醤油豚骨スープはインパクト抜群です。
きっと嫌いな人もいるでしょうが、そういう方には是非ともベロベロに酔っ払った状態で、もう一度だけ試して欲しいと思わせる、そんな傍若無人なラーメンです(笑)


東京豚骨拉麺 ばんから 新橋店
港区新橋3-13-5
03-3438-3700

 ←応援クリック励みになります!
Comment

【エタンダール】一夜明けて、東京優駿レース後関係者コメント

2012-05-28 05:45:32 | 引退馬
昨日の余韻がまだ残っていますが(お酒の話じゃありません)、今日からちゃんと会社に行きます。
ですが、その前に東京優駿(日本ダービー)で8着になったエタンダールの関係者コメントチェックです。

◇松岡騎手のコメント(抜粋)
「結果論になってしまいますが、先行勢が止まらなかったし、もう少し前に行っててもよかったかな…。先生からは『この中間は脚を溜めて終いを伸ばす調教をしている』と聞いていたので、あまり行かせすぎても良くないかなと思っていたんです。それでも6、7番手くらいで流れに乗っていくイメージを持っていたんですが、いざゲートが開いてみたら前が流れそうでしたし、本馬も多少掛かり気味だったこともあり、それならもう少し控えても…と思ったわけです。直線で中を突いたのは、朝に馬場をチェックしたら、芝が硬く刈り込まれていて外差しは決まらないように感じたから。その点は意識して上手く乗れたんですけどねえ。もう一列前の位置ならどうだったのだろうという気持ちはありますが、まだ完成途上の体つきながら、馬は最後まで諦めずに頑張ってくれていました。秋にはもっと良くなってくるはずですので楽しみにしていてください。今日はありがとうございました。」
◇藤原調教師のコメント(抜粋)
「ダービーを走らせる仕上げにはもっていけたのですが、現時点では上位との力の差を埋めるには至りませんでした。もう少しリラックスして走らせてあげたら、また結果も違っていたのかもしれませんが、これも競馬。馬はダービーに向けた厳しい調教にも耐え、よく頑張ってくれたと思います。また秋に向けて仕切りなおしましょう。」
-----

こういうコメントを見ていると、再び昨日の感動がよみがえってきますねぇ。
松岡騎手のコメントにもあるように、『1、2着馬の位置取りでレースを進められれば掲示板もあったかなぁ…』と思わないではありませんが、それはやっぱり結果論。同じ位置取りだったワールドエースやゴールドシップの上がり3Fが33.8秒に対して、エタンダールが34.0秒というのが今の力の差なのでしょう。

でも、良く考えれば、世代トップの争いに成長途上の段階で参戦し、これだけの差(勝ち馬と0.6秒)しかないというのは本当に素晴らしいことですよね!
もともと藤原調教師は「菊花賞が楽しみな馬」と仰っていましたし、ひと夏越えてさらに逞しくなったエタンダールがどんな活躍をしてくれるのか、益々期待が膨らんだ東京優駿だったのは間違いないと思います。

エタンダールと関係者の皆さん、お疲れ様&ありがとうございました。
まずはゆっくり休んで頂き、秋には再び大舞台にチャレンジする姿を見せて欲しいと思います。
これからもよろしくお願い致します!
m(_ _)m

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comments (2)

【エタンダール】ありがとうm(_ _)m 感無量の東京優駿(日本ダービー)8着

2012-05-27 16:38:28 | 引退馬
東京優駿(日本ダービー)に出走したエタンダールは8着となりました。
着順は8着ですが、その内容は見事なものであり、今の実力を出し切ったいい競馬をしてくれたと思います!

【レース内容】
スタートは互角。行けば行けそうな状況でしたが、あえて先行馬を行かせて中団後方の位置取り。
向こう正面でもピタリと折り合い、ゴールドシップ、ワールドエースの両馬をマークする形で3~4コーナーへ。
直線入り口の勝負どころで有力各馬が追い出されると、エタンダールも松岡騎手の叱咤に応えて追撃を開始、馬場の真ん中を進んでなかなかの脚を見せましたが、先に抜け出した馬たちもさすがに強く、結果8着での入線となりました。
-----

私、感動しました!
なんか、感動で泣きそうです(/_\;)

ということで、レースについての感想やアレやコレやについては、ちょっと落ち着いてからにしたいと思います。
ただ、本当に良いレースを見せてくれたエタンダールにはもう一度感謝の気持ちを表しておきます。

本当にありがとうございましたm(_ _)m

さあ、今日の夜は東京競馬場現地応援の皆さんと飲み会です。
お酒を飲みながら、改めて感動に浸りたいと思います!
(^^)/▽☆▽\(^^)

■5/27東京10R 東京優駿(日本ダービー・G1・芝2400m)・良
【着順 予想 馬番 馬名(性齢) 斤量 騎手 タイム】
 △ 10 ディープブリランテ(牡3) 57.0 岩田康誠 2.23.8
 △ 11 フェノーメノ(牡3) 57.0 蛯名正義 2.23.8
 △ 14 トーセンホマレボシ(牡3) 57.0 C.ウィリアムズ 2.23.9
 ▲  ワールドエース(牡3) 57.0 福永祐一 2.24.0
 ○  ゴールドシップ(牡3) 57.0 内田博幸 2.24.0
 ◎  エタンダール(牡3) 57.0 松岡正海 2.24.4

 ←応援クリック励みになります!
Comments (4)

【エタンダール】運命の時、東京優駿(日本ダービー)発走まで1時間!

2012-05-27 14:33:39 | 引退馬
■5/27東京10R 東京優駿(3歳G1・芝2400m) 15:40発走
【予想 馬番 馬名(性齢) 斤量 騎手 馬体重(増減) 単勝オッズ(14:28時点)】
◎  エタンダール(牡3) 57.0 松岡正海 436(+6) 76.6
○  ゴールドシップ(牡3) 57.0 内田博幸 500(+2) 3.3
▲  ワールドエース(牡3) 57.0 福永祐一 446(±0) 2.8
△ 11 フェノーメノ(牡3) 57.0 蛯名正義 490(-2) 14.0
△ 14 トーセンホマレボシ(牡3) 57.0 C.ウィリアムズ 504(+6) 14.1
△ 17 グランデッツァ(牡3) 57.0 池添謙一 496(+12) 14.1
△ 10 ディープブリランテ(牡3) 57.0 岩田康誠 496(-6) 8.5
△  ヒストリカル(牡3) 57.0 安藤勝己 426(-8) 11.7

東京優駿(日本ダービー)発走まで1時間となりました。
2009年に生まれた7500頭のサラブレッドの中から選ばれた18頭の闘い…。
このような特別なレースに参加できるのは本当に名誉なことです。私をこの場所に連れてきてくれたエタンダールと関係者の皆さんには、改めて感謝をしたいと思いますm(_ _)m

我がエタンダールは、新馬戦快勝のあとの2勝目が思いのほか遠く、一時は『ダービー出走が難しいのでは』という時期もありました。が、3月末に休養から戻ったエタンダールの成長ぶりには目を瞠るものがあり、青葉賞の激戦を見事に乗り越えてようやくダービー出走に漕ぎ着けることが出来ました。
私自身は出資者として応援をしていただけではありますが、それでも2012年のクラシックロードにエタンダールを通して少しでも関われたことは、私の一口馬主生活の中でも特別な経験だったと思います。

何だかもうレースが終わったような文章になってきましたが(笑)、エタンダールの晴れ舞台はこれからです!
今日は心配していた馬体重もプラス6kgで出てきてくれましたし、藤原厩舎が施してくれた渾身の仕上げとエタンダールの成長力、そして何よりも彼の強運を信じて、いつものように目一杯声援をおくりたいと思います!

 ←応援クリック励みになります!
Comments (4)