とりあえず一口馬主の楽しいこと

気合の出資馬応援と飲み食い! たま~に趣味の話題など。。(^^ゞ

クレッシェンドラヴ : 1/20中山12R 4歳以上500万下(芝2200m)優勝!

【ステラリード】意外に早いぞ! 栗東トレセン帰厩

2012-02-29 22:53:02 | 殿堂馬
ステラリードは28日に栗東トレセンへ帰厩、29日朝には坂路での普通キャンター1本を消化しています。
尚、29日の馬体重は458kgとのことです。

◇日高助手のコメント(抜粋)
「状況次第では、3/11阪神12R 1000万下(ダ1400m)にも投票できるよう今週のうちにトレセンへ。今日跨った感じでは疲れなど感じられませんので、このまま調整を進めて行けると思います。最近は飼葉も食べてくれますし、トレセンで急激に体が減るようなこともなくなってきましたから。もう、昔のように(帰厩から)10日での競馬にこだわる必要はないでしょう。仮に除外になっても今なら対応は可能と見ています。」
-----

連戦の疲れを癒すためにグリーンウッドに放牧に出たのが19日。そして、早くも28日にトレセンに戻ったということは、レースのダメージがほとんど無かったということになりますね。気になる馬体重も短期間で458kgまで回復していますし、最近のステラリードは本当にしっかりしていて頼もしいと思います。

次のレースは早ければ3/11とのことですが、これだけ順調に使えるようなら、早晩このクラスを卒業するのは間違いないのではないでしょうか。(いや、ホントに間違いない気がしてきました(^O^))

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】オゾン療法2回目実施

2012-02-29 22:36:34 | 殿堂馬
大滝ステーブル在厩のブリッツェンは、引き続き、日に30~60分程度の健康運動を消化しているとのことです。

◇大滝代表のコメント(抜粋)
「24日に2回目のオゾン療法を実施。これは馬の血液を抜き、生成したオゾンを加えて再び体内に戻すというもので、高齢馬に特に効果的と言われています。変化はすぐに目に見えないかもしれませんが、今できることをしっかりやってあげたいですね。」
-----

ブリッツェンの場合は、肺出血以外にどこかが悪いわけではありませんので、単純に休ませればいいということではなく、体が緩み過ぎないようなケアの仕方を工夫するのが大事なのでしょう(多分)。
休養の中でも適度な運動をさせながら、そのうえで今できることをしっかりやるというのは意外に難しいことだと思うのですが、とにかくそういう姿勢で接してくれているのは本当にありがたいですね。

正直言って、オゾン療法というものについてはあまり馴染みが無いのですが、何となく効果がありそうに思えますし(笑)、今度戻ってくる時には少し若返ったブリッツェンが見られることを期待したいと思います。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【バシレウス】国枝調教師来場チェック、騎乗開始は5~6月頃。。

2012-02-29 04:09:52 | 引退馬
グローバル在厩のバシレウスは、引き続きウォーキングマシン40分、パドック放牧3時間で管理されています。

◇後藤場長のコメント(抜粋)
「27日に調教師が来場して馬体や脚元をチェック。『走る馬ですから、焦って逆に時間を要してしまう方がイヤ。今秋からの復帰でも構わないぐらいの気持ちで慎重に進めて欲しい』とのことでした。来月からは、ウォーキングマシンの時間を50分に延長し、『騎乗は5~6月からでもOK』との指示。脚元に関しては、極端に熱を帯びることはなく、ごくごくたまに微熱を感じる程度の状況です。」
-----

今月一杯は管理メニューを変更せずにじっくり様子を見る方針でしたが、一応、患部の状態が安定しているのでしょう、3月からは予定通りウォーキングマシン時間を10分延長出来そうです。まあ、屈腱炎は一週間やそこらで劇的に良くなったりしませんから、引き続き粘り強いケアを続けていくしかありません。

それはさておき、国枝調教師が騎乗開始の時期について「5~6月」という目安を明らかにしてくれました。
もちろん、回復具合によって時期の前後はあるでしょうが、人間は(多少遠くても)目標があるほうが頑張りがきいたりするもので(何も目標が無いままジッと待つのはツライ)、その意味でもとてもありがたいコメントですね。

ということで、まずは「5~6月」に騎乗運動が開始できることを祈りつつ、辛抱強く待ちたいと思います!

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【ドーニングストーム’10】満口です\(^O^)/

2012-02-29 03:51:54 | 引退馬
ドーニングストーム’10がついに満口となりました。
思い起こせば、昨年11月の展示会直後は1番人気が当歳募集のダブルネーム’11、2番人気がクリサンセマムとエタンダールの妹ミスペンバリー’10、そして3番人気がドーニングストーム’10でしたから、形としては人気でミスペンバリー’10を逆転したことになりますね。

これは、早期デビューが狙えそうな順調な育成過程に加えて、いざとなったらダートでしぶとく稼いでくれそうな雰囲気、比較的手ごろな価格帯などの条件が重なったためでしょうが、もしかしたら、エタンダールが自己条件を勝ち切れなかったことがミスペンバリー’10の売れ行きに影響してしまった可能性も…(;^_^A

まあ、早く売り切れた馬が良く走るとは限らない(むしろ逆なことも多い…)のがこの世界の難しさなのですが、とはいえ自分の出資馬がきっちり満口になってくれるのは嬉しいものです。
毎度のことではありますが、数多くの出資者の皆さんと一緒に、精一杯この馬を応援していこうと思います(^^)v

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

焼きハンバーグって、こうだったのネ(^O^) 浅草橋ストーン第2弾!

2012-02-28 00:40:00 | うまいもの
『癒されます! 浅草橋ストーンの焼きカレー』で、焼きカレーの紹介をしたストーンさんを再訪しました。
この日のお目当ては、ランチメニューで気になった『焼きハンバーグ』です。
実は、誰が作っても必ず焼いてあるハンバーグにあえて“焼き”をつけるのは一体何故なのか、前回このお店を訪問して以来、気になって仕方が無かったのであります(;^_^A

ということで、こちらがその『焼きハンバーグ(900円)』です。


見た瞬間に、『なるほどねぇ』と思ってしまいました。このお店では、料理を耐熱鍋に入れてチーズをのせ、オーブンでしっかり焼くことを“焼き”と表現するわけですね。
種明かしをされてみるとなんでもないようなことですが、これも実際に確認しないと分からないですからねぇ。

早速、中をあけて確認してみると・・・


鍋の中にはご飯の上にハンバーグが2個。そのハンバーグとドミグラスソースと蕩けたチーズが渾然一体となって、なかなか魅力的な風貌になっています。(焼きカレー同様に卵も入っています!)

早速ひと口食べてみました。(白いものは、半焼けした卵の白身です♪)


フムフムなるほど。このハンバーグは焼きハンバーグ専用ですね。
というのも、普通のハンバーグと違っていろいろなものが混ざっている感じが無く、どちらかというと挽肉をしっかり小判型に固めたもので、“肉を食べている”という印象が前面に出たハンバーグなのです。
つまり、これを普通のお皿で出されたら、ちょっと肉々し過ぎて深みが無いと感じるだろうと思ったのですが・・・。

ところがドッコイ、このハンバーグにドミグラスソースとチーズが絡まると、“ご飯に良く合う洋食屋さんの看板メニュー”みたいな味になるから不思議なんですよねぇ。
決して食べ盛りの若者とはいえない私が、結構なボリュームのあるこの焼きハンバーグをほとんど一気食いのように平らげたのは、きっとこの料理に人を惹きつける何かがあるからなのでしょう(^^)v
(あ、そう言えば、最近ブログを始めた広尾TCの「Mちゃん」さんなどは、きっと大好きだろうなぁ(笑))

これで、ストーンさんでは、焼きカレーに続いて焼きハンバーグを頂いたわけですが、もしもチャンスがあるようならば、次回は焼きロールキャベツとか焼きスパゲティなんかも試してみたくなってきました(^^ゞ


ストーン
台東区浅草橋1-10-12
03-5821-3800

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今週は特別登録なし、出走予定のアタッキングゾーンに期待!

2012-02-27 05:00:37 | 競馬・一口馬主全般
先週はスプラッシュエンドの快勝で盛り上がらせてもらいましたが、今週は出資馬の特別登録はありません。
ですが、何事もなければ3/4中山12Rでアタッキングゾーンが久しぶりに芝のレースに挑む予定になっており、先週の勢いを上手く繋げられれば、結果は別としてかなり楽しめる週末になりそうです。

ということで、アタッキングゾーンをはじめとする各馬の予定は以下のとおりです。

・アタッキングゾーン : 3/4中山12R(1000万下・芝1200m)予定 
・マカハ : 3/10阪神9R ゆきやなぎ賞(3歳500万下・芝2400m)予定
・スプラッシュエンド : アクアマリンS優勝! このあとはミホ分場で休養予定
・エタンダール : ヒルサイドステーブル在厩で調教中
・ステラリード : グリーンウッドで休養調整中
・ブリッツェン : 大滝ステーブルで休養中
・バシレウス : グローバルで休養中
・ドーニングストーム’10 : グローバルで育成調教中
・ダブルネーム’11 : ヤマニンベン牧場で育成中

出資9頭のうち、脚元などに問題を抱えるブリッツェン、バシレウスとデビュー前の2頭は当分出走する目処はありませんので、実質5頭が現在の稼動馬ということになります。
そのうちスプラッシュエンドはご褒美の休養に入ることが決まっていていますから、トレセン在厩馬のアタッキングゾーンとマカハ以外では、エタンダールとステラリードがいつ戻ってきてくれるかが今後のポイントになってきます。

もちろん、あまり慌てるつもりは無いのですが、出来るだけ毎週1頭は出走して欲しい気持ちもありますから、どうしても休養馬が多くなってくると、『早く戻ってきて欲しい…』と思ってしまいますね(^^ゞ

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

トゥザグロ&デイヴィス中山記念惨敗… どうしちゃったのかな?

2012-02-26 17:25:24 | 競馬・一口馬主全般
SANSPO.COM 『【中山記念】フェデラ重賞連勝!トゥザ大敗』
-----ここから引用(抜粋)-----
第86回中山記念(G2、芝1800m)は、蛯名正義騎手騎乗の3番人気フェデラリスト(牡5歳、栗東・田中剛厩舎)が差し切り。中山金杯に続く重賞連勝を飾った。勝ちタイム1分47秒3(重)。
3/4馬身差の2着には大逃げを打った7番人気シルポート、さらに4馬身差の3着には直線しぶとく伸びた4番人気リアルインパクトが入り、1番人気トゥザグローリーは後方追走のまま見せ場なく10着に敗れた。
フェデラリストは父Empire Maker、母ダンスパートナー、母の父サンデーサイレンスという血統。通算成績10戦7勝(うち地方2戦2勝)。重賞は11年中山金杯に続く2勝目。蛯名正義騎手は95年フジヤマケンザン以来2度目、田中剛調教師は初の同レース制覇。
-----ここまで引用(抜粋)-----

1000万→1600万→中山金杯(G3)→中山記念(G2)と、怒涛の4連勝を決めたフェデラリスト。蛯名騎手とのコンビもサマになってきましたし、この調子なら、春の古馬G1戦線での活躍も期待できそうです。

という話よりも、10着と11着に敗れたトゥザグローリーとレッドデイヴィスはどうしちゃったんでしょうね。
単勝1.9倍の1番人気だったトゥザグローリーはドバイへの壮行レースの意味合いがあったはずですし、2番人気のレッドデイヴィスは有馬記念からの距離短縮で、『1800mなら最強説』を証明するチャンスだったのですが…。

内枠有利の中山1800mとか、昨日までの影響が残っていた重馬場とか、シルポートに楽逃げを許す展開とか、実際には様々な要素が絡み合っての大敗なのでしょうが、それにしても今日は2頭とも負け過ぎな気がします。
(脚元などに何も無ければ良いけれど、と思うぐらい。。)
まあ、2頭とも実力があるのは間違いないので、条件さえ揃えばまたいいレースをするのでしょうから、とりあえずは次走以降での巻き返しに期待したいと思います。

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

刺激的な麻婆豆腐 新川崎駅前・味楽でランチ

2012-02-26 08:00:00 | うまいもの
どこの駅前にもありそうな何の変哲も無い中華料理屋さん。
そんなお店でキラッと光る料理にめぐり合うと、何だかとても得をした気分になれます。

この日は仕事の関係で新川崎駅に行ったのですが、駅から1~2分のところにある味楽という中華屋さんの麻婆豆腐はなかなか本格的な刺激を味わえる、お得な料理だと思います。
ということで、麻婆豆腐ランチ(850円)です。


昼間なのでご飯をつけてランチにしましたが、実は、この店の通常ランチメニューに麻婆豆腐は入っていないんですよね。通常ランチには、麺とご飯モノのセットや牛肉の何たら炒めとかがあって、そちらもとても美味しそうなのですが、ここに来たらやっぱり麻婆豆腐が食べたいなぁと思いまして(^^ゞ

色艶もいいし、挽肉もしっかりと入っています


麻婆豆腐定食といえば、オンザライスは定番ですね(^O^)


で、この麻婆豆腐の刺激の元ですが、四川料理独特の山椒がしっかり効いているんです。
どのぐらい効いているかというと、ちゃんと(?)舌が痺れるぐらいで、食べた瞬間はそうでもないのですが、少しずつ食べ進むうちに舌がジーンとしてくるし、冬なのに額に汗が滲んできます。
おそらく本場の四川ではもっと辛い麻婆豆腐を食べていると思うのですが、レベル的には割りとその世界に近いものを感じさせてくれます。(他のお店で本場と同じ辛さのものを作ってもらったことがあるので分かります。)

と、いろいろと褒めてきましたが、実はこのお店のお奨めは、夜になってから食べる陳麻婆豆腐なのです。
もしも機会があればそちらも紹介したと思いますが、ここの陳麻婆豆腐は辛さの上に更に濃厚さが加わって、今まで食べた麻婆豆腐の中でも上位にランクされる素晴らしい料理です。
なんと言いますか、あまり昼間からやりすぎてもいけないのでこの日は「陳」を我慢したのですが、それでも充分以上に美味しい麻婆豆腐が楽しめたと思います。
(こういうのに慣れてしまうと、普通の麻婆豆腐はちょっと・・・、という感じになってしまうんですよね(笑))


味楽
川崎市幸区鹿島田694
044-533-9881

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Hiroo9(Nonet)近況更新、気になる馬たちも順調です(^^)v

2012-02-26 00:11:07 | イベント・募集馬検討
2010年産2頭目の出資に向けての“気になる馬”と“ちょっと気になってきた馬”の近況です。

■ゴールドウインク’10 牡(父ステイゴールド、栗東・小崎憲厩舎)
ウォーキングマシン40分、角馬場での準備運動、坂路でハロン20秒ペースのキャンター1~2本。
馬体重464kg、体高160cm、胸囲186cm、管囲20cm(2/15測定)
◇後藤場長のコメント(抜粋)
「先週来場した調教師も『ひと回り大きくなってきただけでなく、均整も取れてきている』と笑顔。『この時季はまだ速いペースの調教は要らないので、軽いキャンターを念入りに続けておいてください』とのことでした。週2回の坂路2本乗りにも慣れてきたようで、今週は平気で登坂。ここにきて変わり身や成長が見て取れるのは明るい兆しです。」

■ウェルシュステラ’10 牝(父ハーツクライ、栗東・松永幹夫厩舎)
ウォーキングマシン40分、角馬場での準備運動、坂路でハロン20秒ペースのキャンター1~2本。
馬体重514kg、体高160cm、胸囲188cm、管囲21cm(2/15測定)
◇後藤場長のコメント(抜粋)
「坂路で2本乗り(週2回)を始めた後も順調に推移。自分から気分を乗せて走ることに加えて、乗り役の指示に従うこともできる馬。1本目より2本目のほうが走ることに対して積極的な点にも好感が持てます。成長過程も含めて、あらゆる面が良い方向に進んでいる印象です。」

■メジロフランシス’10 牡(父マヤノトップガン、美浦・鹿戸雄一厩舎)
ウォーキングマシン40分、角馬場での準備運動、坂路でハロン20秒ペースのキャンター1~2本。
馬体重498kg、体高163cm、胸囲187cm、管囲20cm(2/15測定)
◇後藤場長のコメント(抜粋)
「当初は太めで武骨な印象もあった本馬。成長が進むにつれてどんどんイメージが変わり、最近は垢抜けてきました。坂路の2本乗りにも問題なく対応してくれているように、丈夫でしっかりしている感じも強みと言えそうです。」

■レフィナーダ’10 牡(父アルデバラン2、美浦・藤沢和雄厩舎)
ウォーキングマシン40分、角馬場での準備運動、坂路でハロン20秒ペースのキャンター1本。
馬体重438kg、体高158cm、胸囲179cm、管囲19cm(2/15測定)
◇後藤場長のコメント(抜粋)
「体つきにいい意味での丸みが出てきており、走ることに対してすごく真面目。これからさらに成長が進み、身のこなしに窮屈なところがなくなってくれば、もっともっとこの馬の良さが際立ってくると思われます。もう22秒ペースでは手綱を抑えるのがツラくなり、自然な流れの中で20秒ペースに移行することができました。」
-----

ということで、どの馬もこの1ヶ月で本当に成長しましたね。
ちなみに馬体重の変化を確認しておくと、以下のようになっています。

・ゴールドウインク’10 : 448kg → 464kg
・ウェルシュステラ’10 : 506kg → 514kg
・メジロフランシス’10 : 490kg → 498kg
・レフィナーダ’10 : 425kg → 438kg

例によってウェルシュステラ’10はこれ以上大きくならない方が良いのですが(笑)、「あらゆる面で良い方向に…」というコメントを見ると、この先のペースアップでどういう変わり身を見せてくれるのかとても楽しみになってきます。
ゴールドウインク’10とメジロフランシス’10は目立った動きは無いものの着実にステップアップをしているようで、こちらも今後の動向に要注目といったところでしょう。

そして、前回近況更新時に“ちょっと気になってきた馬”として紹介したレフィナーダ’10ですが、こちらもなかなかいいですねぇ。前回更新時の想定どおり425kgから438kgにボリュームアップしたのは心強いですし、走ることについて真面目な性格はこれからの成長にとって非常に大事な素質のひとつだと思います。

既に出資をしているドーニングストーム’10はもちろん、今回のように、注目している2歳馬たちが順調に成長してくれているのはとても嬉しいことですね。(本当に大事なのはこれからですが)
こうなると来月以降の近況更新もとても楽しみで、出資馬検討にも益々力が入ってきそうです(^O^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【スプラッシュエンド】みんな嬉しそう(^O^) アクアマリンS優勝の関係者コメント

2012-02-25 18:11:20 | 引退馬
アクアマリンステークスで見事な勝利を挙げたスプラッシュエンドの関係者コメントです。

◇三浦皇成騎手のコメント(抜粋)
「陣営が疲れを残すことなく上手く調整してくれたのでしょう。連闘でしたが今回は状態の良さを感じました。今日は外差しが決まっていましたので、前半は焦らずあの位置から。変に大外を回しすぎて馬が気を抜くのも嫌でしたので、あえて他馬の間を抜けて行きました。うまく前が開いてあとは伸びるだけの展開。この馬の力を出し切る競馬ができました。不良馬場が得意というよりは、時計のかかる馬場が向いている感じでしょうか。倶楽部の今年初勝利を挙げることができて嬉しいです。ありがとうございました。」
◇鹿戸調教師のコメント(抜粋)
「開幕週に加えてこの雨馬場。後方から進めて届くかどうかの不安はありましたが、あの位置から差し切るんですから本当に力をつけていますね。予定通りの連闘策がうまく行ってホッとしました。前走で四位騎手がうまく脚をタメるレースをしてくれましたので、今日も掛かることなくスムーズに競馬ができたのが大きいですし、鞍上もそれをうまく活かしてくれました。力をつけている今ならオープンでもやれるのではないでしょうか。」
-----

やはり、関係者のコメントも負けた時より勝ったときのものの方がいいものですね。
ご本人も仰っていますが、外を回さずに4コーナーで仕掛けたところなど、三浦騎手の今日の騎乗は完璧だったと思いますし、本当にいろいろな要素が上手く噛み合った結果の勝利だったのだと思います。

それから、「オープンでもやれるのでは」という鹿戸調教師のコメントはとても心強いです。私も展開さえ嵌れば結構いい勝負が出来ると思っているのですが、やはりプロの発言は重みが違いますからね(笑)

先々のことはさておいて、このあとは連闘の疲れを癒すために一旦ミホ分場に放牧となるようです。
当初から予定されていた連闘策とはいえ、山城S(3着)→アクアマリンSと本当に力を出し切って頑張ってくれましたので、充分に体のケアをしてゆっくり休んで欲しいと思います。

そして、戻ってきた時にはオープンでの更に厳しい戦いが待っています。
スプラッシュエンドは6歳ですが、今日のレースがまだ20戦目です。単純に考えれば馬体の消耗は比較的少ないでしょうから、今日の勝利に満足することなく更にオープンでの活躍も狙っていきたいところです。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加