夢の人

心はいつまでも子供のまま。生活感無き こだわり人は、今日も夢を追いかけて多忙です。

続・ウイルス ニモ 負ケズ

2020-07-13 03:23:55 | Weblog

 大阪府に於ける武漢ウイルスの陽性者数が、「たこ焼きと爪楊枝」だったのは丁度1ヶ月前だった。

 府は昨12日、32人の感染を確認したと発表し、“大阪モデル”に基いて警戒を呼び掛ける“黄色信号”が初めて点灯した。

 緑色に輝いていた通天閣が期間終了により消灯したばかりであったが、此度でその通天閣も残念ながら黄色に点灯、府内への注意を再び喚起することとなった。

 

 《吉村洋文知事は「いわゆる夜の街関連、若者の間で感染が広がってきている。震源地はある程度分かっているので、ピンポイントで抑えていく」と表明した。 特定の業種への休業要請や外出自粛の要請はしない方針である。 府によると、6月中旬から7月11日までに感染が分かった209人のうち、居酒屋やバー、キャバクラなどの関係者や滞在者が70人》(《》内は産経新聞デジタルより引用)

 依然として自分の周辺で感染したという情報は皆無なのだが、相変わらず武漢ウイルスとの長い戦いが続くだろう。 上の記事にある夜の街感染以外で、ぼつぼつと経路不明の感染が増えているのも事実だから、侮らず注視してゆくべきなのは充分理解している。

 長梅雨の中でも時おり蝉の声が聞こえ始めた先日、知人が素足にサンダルで出掛けてあちらこちらで用事を済ませたら、どこかでノミに足指を噛まれたと話した。 たった1ヶ所噛まれただけなのに痒くて堪らないとのことだった。 いったい何処でノミにやられたのか見当がつかないらしい。

 ウイルスとノミを同列に語るのは変かもしれない。 ただ、明らかに三密を満たしたであろう場所へ行ったとか、「あの時以外は外出していない」と確信が持てる場合とかでなければ、潜伏期間も鑑みて何れのタイミングで感染したか単純には判断不可能ではないだろうか。

 経路が判明しておれば良いわけでもなく、集団感染は殊更に防がなければならない。 全く厄介なウイルスを世界が背負い込まされたものだ。 で、諸悪の根源は……

 

コメント

手にして立ち尽くす

2020-07-02 01:33:42 | Weblog

 2020年7月1日の産経新聞(関西版)朝刊の一面。

 関西版と関東版は体裁がやや異なるが、内容は同じである。

 法施行は知っていた。

 しかし、このインパクトが今更ながら胸に深く突き刺さった。

 私が見た昔日の香港は、もう無い。

 

コメント (3)

あまりに喜ばしきことであるがゆえ

2020-06-24 01:14:00 | Weblog

 非常に遅まきながら拙ブログにも記載しておこう。

 理化学研究所と富士通は22日に、共同開発した新型スーパーコンピュータ「富岳(ふがく)」がスパコンの計算速度の世界ランキング・トップ500で1位になったと発表した。

 「富岳」は演算速度、シミュレーション計算、AIの学習速度、ビッグデータの処理性能の4部門で首位を獲得した。

 日本のスーパーコンピュータがトップに立つのは「京(けい)」以来、約9年ぶりの快挙となる。 スパコンは半導体など多くの先端技術が開発に必要で、自然科学や産業分野で研究開発の原動力である。 武漢ウイルス征圧への手掛りとなる計算や、地震等の自然災害発生時の避難経路予測計算なども担う。

 研究者の方々へ、おめでとうございます。 そして、ありがとうございます。

 2位じゃダメなんです!

 

コメント

Happy birthday,Paul!

2020-06-18 21:58:00 | Weblog

 6月18日はポール・マッカートニーの誕生日、今年で78歳になる。

 今日は終日の雨模様で、家にてポールの『UNPLUGGED』というアルバムを流してみた。 これは1991年にロンドンのテレビスタジオで行なわれたMTVの「アンプラグド・ショー」というライブを収録したものである。 アンプラグドの名のとおり、ポールのアコースティック・ギターが中心で、バックバンドを従えてビートルズ時代のナンバーや彼にとって好物の懐メロを演奏している。

 ライブを楽しめるが渋めの内容になっているので、こんな梅雨最中にゆったりした気分で聴くのにお勧めする。

 20年程も前のライブ盤ということは、ポールが57、8歳で愛妻のリンダが傍でキーボードを弾いていた。 残念ながらリンダは1998年に泉下の人となってしまったが、ポールは紆余曲折を経て現在のナンシー夫人とめぐり合い、今も元気で活躍している。

 ポール、お誕生日おめでとうございます。 いつ如何なる世の中であっても、私たちファンに音楽とメッセージを届けて下さい。

 

コメント

ウイルス ニモ 負ケズ

2020-06-12 02:48:00 | Weblog

 梅雨空が鬱陶しいこの頃だが、我が国に於いても武漢ウイルスの鬱陶しさはしぶとい。

 幸いなることに、筆者本人はもちろん友人知人の誰もが罹患した話が無く、聞き伝えにもそれらしき兆候は無い。 無症状で既に罹った後なのかもしれぬが、それならそれで日々に流されながらも感染症対策の基本中の基本を守って生きてゆくしかあるまい。

 大阪府の感染者数は、このところ落ち着いている。 どこかで例えを読んだが

「たこ焼きに爪楊枝」

 である。 すなわち、1日に0人か1人という意味だ。

 ただ、東京都や北海道、他に数県がチョロチョロと感染者を出し続けている。

 諸外国の惨憺たる状況に比べれば、現時点での日本は抑え込みに成功しつつあるかに見えるが、夜の街及び院内感染といったクラスター発生の最たる場所を何とかしなければ不安の払拭に程遠いであろう。

 さらに、空港検疫でみつかる例に今後注視する必要性は高い。 外国籍がかなりの割合を占めているという事実が、それを充分に裏付けている。

 ウイルスにも負けず、未曾有の国難を乗り越える心構えを皆に持って頂きたい。

 そして、この代償は発生地であるパンダ国に必ずや払わせる。

 

コメント

五月晴れの東京上空に舞ったブルーインパルス(2020. 5/29)

2020-05-31 03:15:00 | Weblog

「ブルーインパルスによる感謝飛行、終了しました。
全国で、新型コロナウイルス感染症の対応にあたっている医療従事者等の皆様をはじめ、多くの方に、改めて、敬意と感謝の気持ちを込めて!」

「ブルーインパルスは任務を終え、帰ってきました!展示飛行の実現にあたり、ご尽力を頂きました国土交通省の皆様、応援して頂いているファンの皆様、全ての方々に感謝いたします。ありがとうございました。そして、早く平穏が訪れますように」

 ―航空自衛隊 松島基地 (@matsushimabase)

 

 感謝の気持ち、素直な有難さを表すこと、この国難を一緒に乗り越えようという志や願い、希望、夢、勇気、活力……

澄み渡った青空に白いスモークで、それらのメッセージを届けてくれたブルーインパルスは美しく気高かった。

 

コメント

【速報】緊急事態宣言 解除

2020-05-25 18:37:41 | Weblog

 安倍晋三首相は本日、首相官邸で記者会見し、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき5都道県で継続していた緊急事態宣言について「全国で解除する」と表明した。

 尚、現在の時刻は記者との質疑応答の中継の最中である。

 

コメント

侮らず、臆せず

2020-05-14 04:12:20 | Weblog

 昨年5月はクイーンのトリビュート・バンドを堪能していた時期、その時は勿論ここまでの変化が世界規模で起きようとは知る筈もなく……

 我が国は中国武漢ウイルスに対して、抑え込みの目途がついてきた地点にいると思う。 多大な犠牲を払いつつも、ひとまずの収束へ僅かながら近づいている。 遅ればせながらだった対策と迅速な措置とを双方含みながら、日常を取り戻す方向へ再始動するであろう。

 残念ながら規制が緩和されると “リバウンド”が起きるのは否定し得ないが、それでも生活が停滞したままで今年の後半を迎えることなど不可能だ。 インフルエンザ同様、武漢ウイルスが季節性の定着をしてしまうという可能性も考えておかねばならない。 以下に流行初期に或る方が述べられたコメントを、部分引用する。

「インフルエンザの15倍の遺伝子情報があるのでコピーミスが頻繁に起きやすいのが特徴です。 潜伏期間の短い個体はすぐに発見、淘汰され、潜伏期間の長く感染性が高い、検査をすり抜ける偽陰性の個体が残っていく可能性があります。 今迄のウイルスは人に免疫が出来て流行が収まっていく傾向にありましたが、変異が早いために何度も罹患する可能性もあり、ワクチンによる撲滅も難しいウイルスであることから、インフルエンザと同じで慢性化することも考えなければいけないと思います」

 決して侮ることなく、尚且つ臆して逼塞することなく、前を見据えて歩み続けよう。 途中で道草を食うのも悪くない。 困難あれど明るい道は必ず開けると筆者は信じている。

 以前に当ブログ記事内で書いた言葉を再度記す。

「日本国民は国難と必死に戦っているし、世界全体の戦でもある。 国家がまとまらなくては端から負け戦に向かうことになる」

 真面目な事ばかり並べたが、ここで付け加えておこう。

 腹が減っては戦にならぬというが、歯列が悪い筆者は頬内側を咬んでしまい、口内炎を起こして数日間食事に支障をきたした。 結果、自粛太り気味が元の痩せ体型に戻った。 また、マスクをしていると笑っても不正咬合が見えない利点あり。

 

コメント (4)

こどもの日にいかが?

2020-05-04 18:19:10 | Weblog

 自宅から自転車で少し行った所にある、唐揚げキッチン『ここはな』。

 そこの “ここはな御膳弁当”を先月29日に持ち帰ったことを記事に書いたのだが、予定数を上回る注文が来て一旦終売となった。 原因は武漢ウイルス流行の影響で、テイクアウトが主流となった今、同じ弁当容器が手配できなかったこと。

 そこで、店は上の画像の新しい弁当容器で “ここはな御膳弁当”を作り、6日迄販売している。

 蓋を開くと

 惣菜4品、ソースチキンカツ、コーンのかき揚げ、野菜と鶏の甘酢がけ、春巻き、えびフライ、野菜の唐揚げ、唐揚げ2つ、2色ご飯という内容で、別添容器に野菜サラダという豪華さである。

 明日は端午の節句、こどもの日にいかがですか?

 

コメント

GW初日夕食 家弁当

2020-04-29 22:14:30 | Weblog

 近鉄南大阪線「北田辺」駅西側に、築85年超えの古民家をリノベーションした唐揚げキッチン『ここはな』があり、いつもは坪庭を眺めながら昼食や夕食を楽しむのだが、この御時世で持ち帰り弁当の注文が押し寄せていた。

 ほぼ通常営業しているのでランチタイムに訪れたら、席はすっかり空いていたが、持ち帰り弁当を待つ方が数人居られて電話注文も頻繁に掛かってきていた。

 手軽なランチセットを頼んで早々に食し、ついでに家人との夕飯用にと弁当を予約して夜に受取りに行った。

 “ここはな御膳弁当”、5月6日迄の期間限定である。

 惣菜4品、かつおとり天、コーンのかき揚げ、野菜と鶏の甘酢がけ、春巻き、えびフライ、野菜の唐揚げ、唐揚げ2個、3色ご飯、さらに野菜サラダが別添になっている。 質、量ともに納得で大満足の内容。

 テイクアウト・メニューを貰って帰っているので、他の弁当も試してみたいと思う(次回は電話予約の予定)。

 巣籠りで様々なマイナス面が多いなか、どんな小さなプラスでも探したい。 出来れば大きなプラスを目指したい。 実質的にも思考的にも、また志向的にも。

 

コメント