世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2010年もお世話になりました。

2010-12-31 00:00:00 | Weblog
今日で2010年も最後です。今年はアクセス数の面で昨年よりわずかな上昇となり、その面では安定期に入ったと思います。主に物理・数学、囲碁・将棋のカテゴリー、無銭飲食の法律関係で大きなアクセスがあり、それに関心のある読者に必要とされ嬉しく思います。

思えば、このブログをはじめた頃は1日のアクセス数が50以下で、ほとんど誰も見ない状況でしたが、今では1000位以内がランクインするgooアクセスランキングに載ることもしばしばとなり、個人ブログとしては人気を獲得したと思います。皆様のおかげだと思います。

今年も1年間ありがとうございました。

世界変動展望 著者

2010.12.31

問題の解答・解説記事作成について

2010-12-30 00:00:00 | Weblog
最近は「愛知県公立高校入試問題 解答」、「和算に挑戦」というキーワードでのアクセスが増えている。今月は「愛知県公立高校入試問題 解答」が多い。私のブログは解答、解説を公開しているから、アクセスされるのだろう。

しかし、私の解答・解説はそんなにいいものじゃない。なぜなら、たいして検討せずに作成してるから、よい解法ではないものも多い。なんせ、問題を解いて、解説を作るのに全部で1時間くらいだから、手間をかけてないんですよ。

今年の3月は愛知県の受験生がたくさんやってきて、私の解答を見ていったが、3月公開という即時性の価値はあっても、今ではあまり価値のある記事ではないと思う。本屋で売ってる解答・解説を見た方が、よほど有益です。ネットで無料で見れるところに価値があるのだろうか?

それにしても、12月になって公立高校入試のキーワードが増えるところを見ると、中学生は今頃過去問をチェックするのだろうか?おそすぎる。もっと前から見るべきですよ。入試は約3ヵ月後なんですよ!?

入試の時期や和算に挑戦の時期になると、愛知県の受験生や和算に挑戦の挑戦者がよく訪れるので、解答・解説以外に何か有益な情報を伝えられないかと考えている。勉強に役立つこととか、数学の面白さとか、いろいろと。普段それはやっていることなのだが、訪問者が解答・解説のページしか見ず、そういうページに誘導できないところが難しいところだ。かといって、解答・解説のページに上のことを書くと、記事の趣旨がはっきりせず、わかりづらい文章になるし。

最近、問題の解答・解説ページを作ることに疑問を持っていて、やめようかと思っている。確かに、多くの人に読まれ、それは私のブログの目的なのだけど、記事の質が書店の本に勝てるわけではないし、私の解答・解説記事に本当に価値があるのか疑問だからだ。

解答・解説をせずに、問題に対する講評や学習の方法論などを述べた方が読者にとって有益ではないかと思う。
コメント (2)

ハイカラさんとは?

2010-12-29 00:00:00 | Weblog
NHKで放送された「坂の上の雲」を見たら、秋山季子(石原さとみ)らが女学生の格好をして出てきた。それを見た知人と以下の会話をした。

A「あれはハイカラさんの格好だ。」
B「え?あれのどこがハイカラなの?」
A「ああいうのをハイカラさんっていうんだよ。」

明治時代の女学生や卒業式の女子大生の格好を俗にハイカラさんというらしい[1]。しかし、こんなの現代では全然ハイカラじゃないと思う。こういうのをハイカラさんというのは「はいからさんが通る」(1975年、原作・大和和紀)の影響じゃないか。

なぜ参考[1]のような格好を現在ハイカラでないと思うかというと、高い襟でないし、全然西洋的でもないし、流行的でもないからだ。着ているものは袴と着物だし、日本的な服装だと思う。国語辞書によると、

--
ハイカラー 【high collar】

1 「ハイカラー」に同じ。(丈の高い襟。)
(中略)
2 《明治31、2年ごろの議会で、1を着用していた洋行帰りの議員たちを、「万朝報」がハイカラー党とからかって書き立てたところから》西洋風を気どること。流行を追ったり、目新しいものを好んだりすること。また、そういう人や、そのさま。
3 西洋風に結った髪。ハイカラ髪。日本髪に対していう。

デジタル大辞泉より

--

原義のハイカラは西洋紳士の格好だろう[2]。19世紀の西洋女性の服装は参考[3]である。いずれも参考[1]とは全然違う。明治時代は参考[1]の格好でも目新しいため、その意味(流行的、目新しい)でハイカラなのかもしれない。しかし、それは正確にはトレンディ(trendy)又はファッショナブル(fashionable)だと思う。

少なくとも現代においては、上でも述べたとおり、明治時代の女学生のような格好は高い襟でもないし、西洋的でもなく、流行的でもないため、全くハイカラではない。現在このような服装をハイカラとよぶのは間違っている。参考[1]の服装はハイカラというより、日本的な服装だ。現代では、正確にはトラディッショナル(traditional)だろう。

参考
[1]明治時代の女学生の格好の
[2]西洋紳士の服装の
[3]19世紀の西洋女性の服装の

クイズ王はすごい!

2010-12-28 00:00:00 | Weblog
すごいと思う人に、クイズ王がある。クイズ王決定戦の番組を見たことがあるが、よくあれだけ幅広く知識を得ているものだ。

Q「新聞を広げたとき、対角線の長さは約何センチ?」
A「約99センチ」

そんなこと普通知りませんよ。こういうことは通常どうでもよいことで、知識を得る利点がないため、多くの人はクイズの知識を得ることを無益で苦痛だと思うだろう。クイズ王が他の人と違う点は、普通の人には無益で苦痛なことを、苦もせずやり続けることだ。また、すごい記憶力だと思う。

だから、若者じゃないとクイズ王は無理だ。
コメント (2)

マジシャンはすごい!

2010-12-27 00:00:00 | Weblog
すごいと思う職業の一つにマジシャンがある。マジシャンの魔法のような行いは本当に驚くが、それ以上にマジックを考え出す知恵が素晴らしいと思う。マジックのたねを公開した番組を見たことがあるが、その知恵に感動した覚えがある。

マジシャンの叡智はすごい。
コメント (4)