世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年もお世話になりました!

2007-12-31 02:07:30 | Weblog
今年も今日で最後ですが、みなさんにとってどのような年だったでしょうか。

本ブログのこの1年はブログ移転のために現URLでは7月からの開催でしたが、前ブログの期間を含めれば無事1周年を迎えられました。これも読者の皆様のおかげです。この場を借りて感謝の意を称します。

7月以降の記事をほぼすべて振り返ってみると、時事問題が多く、事実内容等は新聞記事と重なる部分も多かったですが、それでも自分の考えや意見を十分に紹介することができて満足しております。

来年もまた今年以上に”世界”の変動について自分なりの考え方を紹介していきたいと思います。

今年は皆様ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

世界変動展望 著者
2007.12.31

年末・年始は寒波

2007-12-30 23:57:51 | 社会
 年末・年始は寒波であると予報されている。日本海側などは雪でたいへんかもしれないが、みなさんによい年末・年始となるとよい。

浅田真央優勝、フィギュアスケート・全日本選手権

2007-12-29 03:56:23 | スポーツ・芸能・文芸
 フィギュアスケート全日本選手権最終日は浅田真央が優勝し連覇を達成した[1]。若いのにすごいことだ。他の選手は20歳前後くらいだが、浅田真央はまだ17歳である。この人は名古屋出身だが、同じく名古屋出身で有名なスケート選手は伊藤みどりさんがいる。1992年のアルベールビルオリンピックで金メダルを期待されていたが、残念ながら銀になってしまった。
 女子フィギュアスケートでは浅田真央ら有望な選手が多いので、かなり注目されているが日本代表として世界選手権でもがんばってもらいたい。

よい文章を書くには

2007-12-28 10:53:26 | 社会
 よい文章を書くにはどうすればよいかと悩むことがしばしばある。よい文章とはいったい何か。谷川俊太郎の文章を読んで文章を書くことが一種の芸術的活動の一面があると思わされた[1]。谷川俊太郎によれば、個人に固有の身体的なリズムや豊かな人生経験や考えに裏打ちされた言語の質が文章を書く上で重要な要素である。彼は文章を、自分に内在する考えを言語という手段で表現する芸術だととらえているのだろう。
 そう考えると、高齢者ほどよい文章が書けるということになるかもしれない。思えば、画家等の芸術家も有名者は高齢である。60歳で初めて一人前、70代から有名になるというのだから非常に遅咲きの印象をうける。それは、芸術が人間の内面性の表現であり、表現に豊かな人生経験や考えが必要だからなのだろう。
 とすると、私の悩みは解決しがたい。良い文章を書くには非常に長い時間が必要だということになるからだ。日々の生活で物事に対する豊かな見識を磨いておかなくてはいけない。とても2,3年で解決するような問題ではない。まさに一生の問題となる。
 ただ、私は物書きになるつもりはない。だから、文章の芸術家にならなくてもよいし、彼らほどよい文章が書けるようにならなくてもよい。もっとも、文章を書くことはこれから先たくさんあるだろう。だから、文章を書く基本くらいは意識して書きたい。手紙のように特定の人に向けた文章は自分のいいたい事が伝わるだけではなくて、相手を思いやる文章を書きたい。不特定の人に向けた文章も推敲して、できるだけわかりやすく書きたい。書き出し、展開、まとめという構造くらいはおさえておきたい。

参考
[1]谷川俊太郎:"言語から文章へ" 「文学3 言語」 1976

羽生善治、棋王戦挑戦者に!

2007-12-27 20:40:02 | 囲碁・将棋
 棋王戦の挑戦者決定戦で羽生善治が阿部隆を降して挑戦者になった。羽生のタイトル挑戦は久しぶりである。今年は佐藤康光棋王(棋聖)-羽生善治二冠の対戦だ。おもしろい対戦が見られるだろう。