5月31日

2008-05-31 05:49:19 | Weblog

    ( 佃島 近影・佃小橋から高層マンション群 )

 

海風や佃膨らむ祭りまえ     小平 湖

 

浅蜊煮て西日呑み込む佃島    町田しげき

 

佃祭よそ者に路地ゆきどまり    鈴木真砂女


コメント (3)

5月30日

2008-05-30 01:52:32 | Weblog

      (しゃりんばい・車輪梅)

 

咲きのこりつつ惻々と車輪梅     河合凱夫

 

乙字生家黒実つぶらな車輪梅     八牧美喜子

コメント

5月29日

2008-05-29 06:31:26 | Weblog

     ( ブラシの木 )

 

オーストラリア原産の金宝樹、その形からブラシの木と呼ばれる

白い花も有るそうだが見たことが有りません

コメント (3)

5月28日

2008-05-28 00:12:42 | Weblog

      ( 待宵草 )

 

朝の間の待宵草に雨ありし      西村和子

 

鵜捕り場に待宵草の吹かれをり   町田しげき

コメント

5月27日

2008-05-27 00:40:20 | Weblog

     (黄水仙)

 

黄水仙家の中まで水照りてきて     下鉢清子

 

母にだけ言ふ悲しみや黄水仙      野島禎子

 

 

☆娘の湯上りを待っていたらこんな時間になってしまった

 う~暑い・・・

 このごろはわが髪敏し扇風機

コメント (2)

5月26日

2008-05-26 05:23:17 | Weblog

    (京鹿子・きょうがのこ)

 

日が差せば命のいろに京鹿子     小松崎爽青

コメント (8)

5月25日

2008-05-25 00:47:41 | Weblog

     ( しゃくやく ・芍薬 )

 

芍薬の芽のほぐれたる明るさよ     星野立子

 

芍薬の花の大輪らしからず       高濱年尾

 

今朝は鶯の鳴き声に目覚める、まだ?ホー・・ケキョ (がんばれ!)

私の住いの板橋には樹木が多くそのお蔭で野鳥の類も多い

先週まではツバメの舌打ちのような鳴き方が気になっていたが

今朝は来ていないようだ

こうしてPCに向かっている今もオナガの甲高い声が一閃通りすぎる

花はじっと咲いてくれるからカメラにも収まってくれるが鳥たちは

そうはいかない  俳句にするにも難しい

また ホー・・ケキョ    もう夏だね 鶯君

これは老鶯(夏うぐいす)なのだろうと勝手に俳句人は括る

 

老鴬を聴く暇珠とあたたむる      西村和子

 

老鴬や山の明るき雨に合ふ       斉藤ひさし

 

老鴬や眼鏡の端のうすぐもり   




 


 

コメント (11)

5月24日

2008-05-24 00:15:28 | Weblog

      (しゃくなげ・石楠花)

 

石楠花を隠さう雲の急にして    阿波野青畝

 

石楠花の瑞枝に山雨到りけり    石井桐蔭

 

事務の人石楠花の花隠れなる    依光陽子


コメント

5月23日

2008-05-23 00:45:32 | Weblog

    (カルミア・花笠しゃくなげ・アメリカ石楠花)

 

多くの方にお祝いのお言葉をかけて頂き有難うございました

これに慢心することなく精進するつもりです

 

      五月雨をくぐりて心海にあり

 

ころころ26歳の時いかにも拙い句ですが初めて飯田龍太の選に

入った思い出の句です

コメント (10)

5月22日

2008-05-22 00:57:43 | Weblog

      (紫蘭)

 

司書の眼をときどきあけて紫蘭咲く     富安風生

 

雨を見て眉重くゐる紫蘭かな         岡本眸

 

大かたは打伏す梅雨の紫蘭かな       中道政子


コメント (3)