12月 31日

2010-12-31 01:18:08 | Weblog

              ( 大晦日 )

このブログを見て下さっている皆様、今年も沢山の応援ありがとうございました
開設から1953日目の「ころころの毎日が俳句」、来年も宜しくお願いします

仲見世の裏の月影大晦日               深見けん二

 

重ね鳴る寺鐘も京の大晦日               桑原まゆ子

 

年越しの奥に奥ある京の宿                               森澄雄

 

ふるさとの出湯に年越し蕎麦すすり                    臼田亜浪

クリックすると新しいウィンドウで開きます

  独り言 
 今年の俳句一年は素晴らしい年になった。力以上の評価を得、俳句を通じて素晴らしい人達
 との出会いと再会もあった。鎌倉・江ノ島の吟行会・8月の山形・秋田への旅・10月の名古屋 での全国俳句大会。同じく旧友とともに行った大垣の芭蕉奥の細道・結びの地、関ヶ原、伊吹山
への旅どれもこれからの俳句人生の思い出に深く残るだろう。その時々にお付き合い頂いた
連衆に友人に先生に心から感謝します。来年もまた健康で俳句が楽しむ事ができますよう
心よりお祈りいたします。 皆さん 良い年をお迎えください 

              寺町の鐘の八重なる除夜詣       

     

コメント (4)

12月 30日

2010-12-30 00:31:39 | Weblog

           ( 小晦日 )

声高な露店の地割り小晦日              川澄祐勝

 

地平線見たくて旅の小晦日               土屋草子

 

筆仕舞ふあとははかなし小晦日                         赤尾兜子

 

瀧上の水のうつろや小晦日                               宮坂静生



 

コメント (2)

12月 29日

2010-12-28 23:58:17 | Weblog

           ( 水仙 )

水仙を背負ひて海に降り来たる             細見綾子

 

水仙の夜は荒星のつぶて打ち              岡本 眸

 

水仙や束ねし花のそむきあひ              中村汀女

 

水仙は密に挿しても孤なる花               大橋敦子



コメント (2)

12月 28日

2010-12-28 00:15:35 | Weblog

           ( 数え日 )

数へ日の猫たむろせり先斗町             牧野一古

 

数へ日や昼の木立に子の遊び             岡本眸

 

数へ日の百の障子の日のにほひ            辻桃子

 

数へ日となりて傾くカレンダー               相馬沙緻



コメント (3)

12月 27日

2010-12-26 22:46:32 | Weblog

          ( 日記 )

吾のみにわかる印や日記果つ            平木寿枝子

 

今年わが虹を見ざりし日記了ふ            福永耕二

 

日記買ふ癒ゆるなき身をはげまして                   朝倉和江

 

日記買ひ一誌と歩みゆく月日                            山田弘子


コメント (2)

12月 26日

2010-12-25 23:50:12 | Weblog

          ( 煤払い )

昨日は今年最後の句会も朝から熱っぽく休む。連衆ともお会いしたかったが残念。
今は平熱もダルさが残っています

煤払い屋号おろして久しかり             柴野悠庭

 

作務僧の煤払いいし格天井              山王堂正峰

 

吊鐘の中掻きまはす煤払                吉岡句城

 

けふばかり背高からばや煤払                           千代尼

    独り言 
25日は一日中、ダラダラと過ごす。今年の結びの句会に参加できなかった
ことを後悔しつつ、朝から8度3分の熱がただの風邪ならよいが
インフルエンザなら、連衆に迷惑が掛かると思ってのこと・・仕方ない
夜になって平熱近くまで下がったので,一安心
「山ゆり句会」の皆様 ごめんなさい 

先日、伊吹嶺関東支部の新年句会の清記表が送られて来た
1月11日の句会までに選句を済ますようにとの事・・熱があってもプリントアウトして予選をする
兼題が出ていないので、季語も幅広く,実感としての季感での選が中心となってしまう
予選で8句(115句中)を頂けた 力作も多いが頭中作の句もある。そういう作品も否定は
しないが伊吹嶺での選句となると外すほか無いだろう,いくら具象と言えど景色が見えすぎて
しまう句もある。この辺が私も苦労したところ。言葉、漢語に頼った句もある やはり感動を
頼りとしなければ鑑賞者に届き難いのも確かである
他人の句には何とでも言えるが、自分の句はいかに?であろう




コメント (6)

12月 24日

2010-12-23 23:33:01 | Weblog

        ( クリスマス・イブ )

八人の子供むつましクリスマス            正岡子規

 

犬の脚人間の脚クリスマス                神野紗希

 

クリスマス馬小屋ありて馬が住む                          西東三鬼

 

働いて来し手の組まれ聖夜ミサ                             小谷伸子

 

抱きしめし児は手に余り聖夜かな                            加藤英津子

    泣き虫が星の子となる聖夜劇

    厨から母のハミングクリスマス                 ころころ                   





 


 

コメント (2)

12月 23日

2010-12-23 00:20:59 | Weblog

           ( 冬薔薇・天皇誕生日 )

天皇誕生日その恋も亦語らるる             林 翔

 

冬薔薇金色の日を分ちくるゝ               細見綾子

 

冬薔薇反逆の白崩れゆく                 伊藤 梢

 

銀座には銀座の生活冬薔薇                高木晴子



コメント (5)

12月 22日

2010-12-21 23:30:39 | Weblog

          ( 寒の入り )

きびきびと万物寒に入りにけり            富安風生

 

柚子湯沁む無数の傷のあるごと            岡本眸

 

わが露路でつまづく寒に入りにけり          菖蒲あや

 

をみなごのひとりあそびし柚子湯かな         川崎展宏


コメント (2)

12月 21日

2010-12-21 18:26:10 | Weblog

         ( 冬の月 )

月が完全に地球のかげに入る皆既月食が今夕北海道、東北地方では見られた
ようです。

月食下焔をはこぶ焼薯屋                田川飛旅子

 

街尽きてここ遍路みち冬の月              深見けん二

 

夜々高き冬の月あり母と住む              森田 愛子

 

舌熱くジャスミン茶ふく冬の月              輪島淳子


コメント (2)