4月 1日

2014-03-31 23:15:10 | Weblog
               ( エイプリルフール・四月馬鹿・萬愚節 )


四月馬鹿一日古書を入れ替ふる             栗田やすし


病院の帰りカツ買ふ四月馬鹿                沢木欣一


エイプリルフールに非ず入院す               荒川あつし


唇のうすき女や四月馬鹿                  入船亭扇橋


荒縄の灰の結び目萬愚節                  片倉麦夫


母の死を報すエイプリルフールの日             湯川雅


四月馬鹿五右衛門風呂を空にして              長谷川かな女


銅像の片手の巻物萬愚節                  中村草田男


四月馬鹿大嘘つきのひよこ売り               本庄登志彦


けふよりの禁酒禁煙四月馬鹿                富永晃翠
















コメント (6)

3月 30日

2014-03-30 09:57:09 | Weblog
                  ( 蒲公英・鼓草・白花たんぽぽ )


アイガーに向けたんぽぽの絮飛ばす          栗田やすし


蒲公英や石垣匂ふ海のふち               沢木欣一


しあはせに短かたんぽぽ昼になる           細見綾子


蒲公英や日傘ころげて仰向けに             川崎展宏


踏切の音たんぽぽを叩き過ぐ               森川光郎


蒲公英や空より戻る観覧車                佐藤幸子


遠景の野に失ひし鼓草                  稲畑汀子


母坐すたんぽぽ百を従へて               山田みづえ


野火止の岸の荒れにし鼓草               七田谷まりうす


蒲公英の絮吹いてすぐ仲好しに             堀口星眠











 癌の疑いの入院から一ヶ月 大好きだった従兄弟が亡くなった
      66歳 仕事もお酒も教わった 悔しいと思うばかり
      




コメント (2)

3月 28日

2014-03-28 01:39:45 | Weblog
               ( 花辛夷・辛夷の花 )


雨上がりたる本陣の花辛夷               栗田やすし


本を見て作る料理や花辛夷               細見綾子


夢の世と思ひてゐしが辛夷咲く              能村登四郎


辛夷咲く峡の水勢まつしぐら               石原八束


辛夷咲き薩摩切子はくれなゐに              野見山ひふみ


風摶つや辛夷もろとも雑木山               石田波郷


牛に餌をはこぶ辛夷の影を踏み              大串章


大空に万の合唱大辛夷                  塚田恵美子


紬織る手機の音や花こぶし                小島千鶴


辛夷咲く空へ嬰児の掌を開く               有馬朗人


山辛夷ぱらりと咲いて田ごしらへ             飴山實





コメント

3月 26日

2014-03-26 01:20:14 | Weblog
              ( 桜 )


へそ小さき風神雷神桜舞ふ               栗田やすし


乱世にあらずや桜白過ぎる               沢木欣一


桜咲きらんまんとしてさびしかる             細見綾子


いちにちのはじまる冷えの初桜              岡本眸


大仏殿いでて桜にあたたまる               西東三鬼


一切を桜のせゐにしてしまふ               夏井いつき


甲斐駒を風雲の抜く桜咲く                石原八束


桜咲く駅に喪の人婚の人                 林 照江


貨車の牛ゆつくりと過ぐ遠桜               上田京子


嬰の匂ひある家桜咲きにけり               能村登四郎


石棺は湯舟のふかさ夕桜                 鍵和田釉子


寺町に寺の託児所桜咲く                 宇佐美こころ










コメント (4)

3月 25日

2014-03-25 01:22:43 | Weblog
              ( 馬酔木の花・あせび・あしび )


人遠し馬酔木の下のくぐり水                細見綾子


中尊寺道白珠の馬酔木咲く                 秋元不死男


花あしび左千夫の墓に垂れにけり             下村梅子


花馬酔木小暗き奈良の骨董屋               鎌田和子


つくばへる石より低く花馬酔木               富安風生


百済観音背高におはし花あしび              鈴鹿野風呂


小鈴みな鳴り出しさうな花馬酔木             馬詰 敏恵


白足袋の若き和尚や花あせび               田中冬二


山の子の風切る遊び馬酔木咲く              橋本 榮治


極楽をわらふ生徒ら花あしび                鍵和田釉子














コメント

3月 24日

2014-03-23 10:47:24 | Weblog
                ( 花大根・諸葛菜. 紫花菜. 大紫羅欄花 .大根の花 )


大根の花咲く十坪ほどの庭                栗田やすし


大学の庭の大根花咲けり                 沢木欣一


春雷を二三日して大根花                 細見綾子


諸葛菜いつまでを子に仰がるる              福永 耕二


新聞のたまるはやさよ諸葛菜                片山由美子


海暮れて捨て大根の花ざかり                空林美恵子


潮騒の聖堂低し花大根                    水原春郎


足もとに点るむらさき諸葛菜                 草間時彦


もぐら穴どこへ抜けても花大根                藤原喜久子


大根の花に埋もれて猫の墓                  溝口 直


脱藩の道と知りけり諸葛菜                  野口弘子


















コメント (4)

3月 22日

2014-03-22 01:34:04 | Weblog
                 ( 卒 業 )


外套の裾ほころびて卒業す              栗田やすし


卒業の金髪少女日本の名               沢木欣一


太陽ヘボールを蹴つて卒業す              片山由美子


卒業の歩幅に母は追ひつけず              今瀬剛一


潦あれば日があり卒業す                秋元不死男


鉛筆で指す海青し卒業歌                寺山修司


声変りしきらぬこゑの卒業歌              三村純也


卒業やモンペの並ぶ古写真               大塚とめ子


寄せ書きに大志を競ひ卒業す              萩原ふみを


卒業歌をとめらの帯胸高に               三井あきを


肩寄せて落書きを消す卒業子             村田和佳美









コメント

3月 21日

2014-03-21 00:58:24 | Weblog
                  ( 春分・彼岸・中日 )



地下鉄で席譲らるる春彼岸               栗田やすし


彼岸婆々容れて大家根避雷針              沢木欣一


ぜんまいをねんごろに煮て彼岸入り           細見綾子


雨着透く春分の日の船の旅                秋元不死男


山寺の扉に雲遊ぶ彼岸かな                飯田蛇笏


杉山の切り株濡るるお中日                大木あまり


春分の湯にすぐ沈む白タオル               飯田龍太


春分の田の涯にある雪の寺                皆川盤水


鰻屋の俎板干せるお中日                 武山愛子


仏前で太刀の値踏みや彼岸寺               上杉和雄







コメント

3月 20日

2014-03-20 01:16:43 | Weblog
                ( 木蓮・白木蓮・紫木蓮 )


伊豆晴れて白木蓮に雨しずく             栗田やすし


木蓮や熊野路に入る一つ星              沢木欣一


北国や田水にうつる白木蓮              細見綾子


木蓮の夕暮れてゆく白さかな              中濱信子


白蓮の一茎高し泥の上                  田村梛子


戒名は真砂女でよろし紫木蓮              鈴木真砂女


木蓮や塀の外吹く俄風                  内田百間


夕木蓮縫ひ納む針光らせて               中川千鶴


老い知らぬピカソも逝きぬ紫木蓮             林 翔


木蓮の力みなぎる開花どき               山下美典


紫木連吉祥天に開き初む                中川幸子


得度式白木蓮の風匂ふ                 後藤暁子









コメント (2)

3月 19日

2014-03-19 01:32:52 | Weblog
             ( 春風・春の風 )


春風に足浮かせたる観世音                 栗田やすし


春風につい置きしほどの寺門かな              細見綾子


泣いてゆく向ふに母や春の風                 中村汀女


春風を入れて停車の二分間                  星野椿


寺町は花見て通る春の風                   岩田由美


春風や鹿がうばひし奈良の地図                大島民郎


三方に開く文庫車春の風                   山田弘子


春風の石叩ゐる蘆の先                    山本洋子


ひとつづき春風渡す風船売                  佐藤和夫


種牛の桃太郎にも春の風                   大石悦子



コメント