3月 1日

2014-02-28 15:10:44 | Weblog
               ( 三月・弥生 )


萩の筆買ふ三月の雨強し                    沢木欣一


三月やモナリザを売る石畳                   秋元不死男


いきいきと三月生まる雲の奥                  飯田龍太


妻の荷を解く三月の雪の中                   林 徹


酒場には紙の桜の弥生かな                   吉屋信子


残り餅焼く三月のくらき炉火                  能村登四郎


金魚田のはやなまぐさき弥生来ぬ                澤田緑生


三月の甘納豆のうふふふふ                   坪内稔典


弥生なほ年縄のこす武家構                   下村ひろし


三月の風は移り気花売女                    草間時彦


朝の来る愉しさに覚む弥生かな                 大石悦子


コメント (2)

2月 26日

2014-02-25 20:32:37 | Weblog
              ( 小綬鶏・こじゅけい )


小綬鶏に呼び起こされし寮泊まり         栗田やすし


小綬鶏の妻恋ひ節のちよつと来い          沢木欣一


小綬鶏に呼ばれどほしや昼の酒           矢島渚男


小綬鶏や朝日うつろふ旅の膳            下村ひろし


はけの径小綬鶏の声せはしかり           佐久間俊子


小綬鶏もわれも子連れや連休日           橋本 榮治


小綬鶏の声に張りあり森の朝            乗田眞紀子


小綬鶏のこゑ露座仏の膝下より           太田 嗟


杜鵑花をめづる朝な小綬鶏大声に          瀧 春一


はけの径小綬鶏の声せはしかり           佐久間俊子


小綬鶏の森へ海より日が差して           佐藤鬼房



コメント

2月 25日

2014-02-25 01:38:26 | Weblog
               ( 土筆・つくづくし・筆の花 )


土筆摘む土手揺るがして汽車過ぐる            栗田やすし


山姥の目敏く土筆見つけたり                沢木欣一


いにしへの道に短きつくし出づ               細見綾子


せせらぎや駈けだしさうに土筆生ふ             秋元不死男


ぬき出しものより摘まれつくづくし              木内怜子


土筆生ふ酒祝ひたる炉の址に                加倉井秋を


つくづくし筆一本の遅筆の父                中村草田男


光まみれ土筆まみれよ転びし子              今瀬剛一


遥かなる青天を指しつくしんぼ               仙田洋子


まゝごとの飯もおさいも土筆かな              星野立子


滑り台土筆一本つづきけり                 加藤楸邨





コメント

2月 23日

2014-02-23 09:03:24 | Weblog
                ( 芹・根白草・根芹 )



芹摘みし籠を舳先に渡し舟              栗田やすし


長城やみんなみさして芹の水             沢木欣一


川底に日がとゞき芹芽ぶきけり            細見 綾子


田芹摘む鵜山の裾の水明り              下里美恵子


摘みかさねても一握の母の芹             福永耕二


芹洗ふ流のなかが暖かし               中村汀女


芹匂ふオモニは風の中に立つ             夏井いつき


芹つむや光あそべる橋の裏              正木浩一


踏み込んで芹の青さのせめぎあふ           今瀬剛一


根元まですきとほる水芹を摘む            荒井英子











コメント (2)

2月 22日

2014-02-22 00:10:14 | Weblog
              ( 蕗の薹・ふきのたう・蕗の芽・春の蕗 )


蕗のたう屈みて摘めり石道寺              栗田やすし


蕗の薹見つけし今日はこれでよし             細見 綾子


まだ風の色にまぎれて蕗の薹               今瀬剛一


包み紙しつとり濡らし蕗の薹               能村登四郎


塵取に入れて戻りぬ蕗の薹                鈴鹿野風呂


ふきのたう雨に光れり琴よ鳴れ              鍵和田釉子


蕗の薹のせてピアノの蓋くもる               林 徹


指されしを摘むや笠置のふきのたう            大石悦子


大富士の夕かげ持ちぬ蕗の薹               深見けん二


朝市や客も跼みて蕗のたう                 有働 亨


蕗の芽の石動かせる野路なりき              横光利一










コメント (4)

2月 20日

2014-02-19 20:42:21 | Weblog
             ( 雛飾る・雛人形・雛祭・古雛 )


二年生雛飾らんと爪立ちに             栗田やすし


雪の底眼を病む母や雛祭              沢木欣一


古雛が古き顔して春に逢ふ             細見綾子


厨房に貝があるくよ雛祭               秋元不死男


雛飾がらんどうなるものばかり            神野紗希


仕る手に笛もなし古雛                松本たかし


部屋中が匙に映りぬ雛祭               正木ゆう子


男手をちよつと借りたる雛飾る            石田郷子


浅草に曳き船の音雛祭                皆川盤水


古雛の唇と笛とのあはひかな             奥坂まや











コメント

2月 18日

2014-02-17 21:11:07 | Weblog
               ( 残雪・日陰雪・残る雪 )



残雪や松掘れば土新しき               栗田やすし


天城嶺の残雪斧のかたちなす             沢木欣一


敷き藁に米粒ほどの雪残る              細見綾子


熊穴を出で残雪を踏みゐたり              滝沢伊代次


残雪の山ひとつづつふるさとへ             飯田龍太


残る雪馬酔木のかげに退きぬ              富安風生


雪残る汚れ汚れて石のごと               松本たかし


残雪やおほきくしぼる壺の口              黒田杏子


神杉の太根を頼み雪残る                 林 翔


日陰雪待伏せのごと残りをり              矢島渚男











コメント

2月 16日

2014-02-16 01:15:41 | Weblog
             ( 木瓜の花・草木瓜・更紗木瓜 )



木瓜咲くや怠け教師として終る             栗田やすし


木瓜燃ゆるところ杜国の細き墓             細見綾子


木瓜咲きぬ歯と飯茶碗欠けもせで             秋元不死男


木瓜挿して壷中の闇をつらぬけり             中嶋秀子


木瓜を見てをれば近づきくる如し             石田 波郷


木瓜咲いて天日近き山家あり               大峯あきら







草木瓜





更紗木瓜


母を訪ふひととき明し更紗木瓜              山田みづえ


腹空けばそのことばかり更紗木瓜             八木林之助


降りつつむ雨の明るし更紗木瓜              水原秋櫻子





コメント

2月 15日

2014-02-14 18:16:11 | Weblog
               ( 菫・花菫・壷すみれ・一夜草・三色菫・パンジー ) 


東京は朝からの雪です 立春を過ぎての雪にせめてブログの俳句と写真で春を
感じていただければ良いのですが



神宿る小さき棚田や花すみれ          栗田やすし


石山の裾の微風に花すみれ           沢木欣一


屋根替への萱束干して山すみれ         細見綾子






日時計のパンジー咲いて刻告げる         阿部朋子


三色菫厚き一瓣少女噛み             能村登四郎


すみれ踏みしなやかに行く牛の足         秋元不死男


熔岩にまだ火の色残る花菫            松崎鉄之介


三色菫黄ばかりが咲き憔悴す           福永耕二


パンジーの花びらめくれ風のまゝ         安藤 寿胡


かたまるとなくかたまりて花すみれ        片山由美子


宇陀の日は暈著やすくて菫草           大峯あきら


看とるとは見守ることか花すみれ         中嶋秀子














           
コメント (2)

2月 10日

2014-02-11 01:18:01 | Weblog
             ( 建国記念の日・建国祭・建国の日 )


雪山へ鉄路消えゆく建国日            鍵和田釉子


建国の日なり榊の弓も見し             百合山羽公


画廊守の老女は花に建国祭             伊丹公子


勾玉は胎児のかたち建国日             合屋多久美


草の根に日のゆきわたる建国日           三田きえ子


轟々と建国の日の滝こだま             吉田銀葉


庭の木の芯まで濡れて建国日            片山由美子


建国の日や高千穂に日が昇り            加藤貞一


少年工建国祭の鐘打てり              山口草堂


空高く風音はしる建国祭              太田鴻村



コメント