11月 30日

2017-11-30 04:31:39 | Weblog
               (  落葉・落葉焚・落葉山  )



音立てて踏む子規庵の柿落葉        栗田やすし



頬杖の卓屋根滑る夜の落葉         沢木欣一



朴落葉少しの風に遠く飛ぶ         細見綾子



平家谷くるぶしまでの朴落葉        佐藤とみお



トンネルの奥の奥まで椎落葉        丹羽康碩



城跡へ踏むたび匂ふぬれ落葉        岸本典子



朴落葉はりつく雨後の石畳         伊藤範子



夕風に落葉急なる桶狭間          坪野洋子



柿落葉散り込む耶蘇の隠し井戸       廣島幸子



桂落葉甘き香ほのと関所跡         桜井節子



堆き銀杏落葉の明るさよ          武藤光晴



はけに沿ふ小径に乾く柿落葉        藤本いく子



幇間の碑の辺落葉の吹き溜まり        こころ



ニコライの鐘の愉しき落葉かな        石田波郷



夫見舞ふけふを限りの落葉道         石田あき子

コメント

11月 29日

2017-11-29 04:35:51 | Weblog
               (  枯蟷螂・蟷螂枯る  )



手を合はせ行き所なき枯蟷螂        細見綾子



疑えば卓の蟷螂褐色に           沢木欣一



一条のみどり残れる枯蟷螂          横山房子



逆しまにポストをのぞく枯蟷螂        尾沼チヨ子



枯れてゆく蟷螂すがる指の先        栗田せつ子



蟷螂の枯れて日向に仁王立ち        伊藤旅遊



つまみあぐ枯蟷螂のみどりの目       武山愛子



荒壁に夕日浴びゐる枯蟷螂         掛布光子



枯蟷螂俳聖殿に斧かざす          林 尉江



枯蟷螂ふるれば斧をふり上ぐる       垣内玲子



枯蟷螂落ちても構ふ石の上          山口草堂



枯蟷螂日のある方へ動き出す         守谷順子




コメント

11月 28日

2017-11-28 04:24:45 | Weblog
               (  鳰・にお・一丁潜り・かいつむり  



首ふつて浮巣に遠きかいつぶり         栗田やすし



世の寒さ鳰の潜るを視て足りぬ         沢木欣一



水底の日暮見て来し鳰の首            福永耕二



一条の洩れ日を鳰のふり返り           能村登四郎



巣を転ぐ親指ほどの鳰の雛           都合ナルミ



城囲む碧き流れや鳰の声            利行小波



鳰潜り逆さ伊吹の濃くなれり          中川幸子



鳰の子のはぐれて小さき声あげぬ        牧野一古



にほどりの鳴くたび湖面暮れゆけり       坪野洋子



鳰二つ寄りて伊吹の影乱す           清水弓月



潜りては鳰の番の離れゆく           森靖子



鳰の影薄暮にまぎれ潜りたる          飯田蝶子



漂へるものと遊びて鳰             大石悦子



鳰鳥や池の底より大あぶく           橋本榮治
コメント

11月 27日

2017-11-27 04:18:32 | Weblog
                (  柊の花・ひひらぎの花・花柊  )



柊の花を見し目や眼帯す           細見綾子



父とありし日の短かさよ花柊          野澤節子



花柊散る静かさの水屋窓            石川桂郎



花柊匂ふ如安庵の躙り口           角田勝代



ひひらぎの香れる朝子は母に         若山智子



花柊匂ふ夕べや雨兆す            白鳥光枝



柊の花こぼれ継ぐ窯場径           幸村志保美



赤子見に花柊の路地ぬくる          武田稜子



柊の花一枝挿し第九聴く           谷口千賀子



花柊術後の息をそつと吸ふ          金原峰子



柊の花も蕾も銀の粒              橋爪巨籟



柊散る障子越しなる尼の声           吉野義子


コメント

11月 26日

2017-11-26 05:07:36 | Weblog
             (  時雨(しぐれ)・村時雨・小夜時雨・時雨傘  )



赤多き加賀友禅にしぐれ来る        細見綾子



しぐるるや窓を掠むる鳥つぶて       沢木欣一



時雨るるや駄菓子に染みし粗き紅      栗田やすし



山際の空が明るし朝時雨          梅田 葵



補陀落へ陽をこぼしたりしぐれ雲      矢野孝子



伊賀しぐれ茶屋の柱に刀傷         佐藤とみお



しぐるるや蓑虫庵の石竃          下里美恵子



江戸独楽の漆の艶や時雨くる        栗田せつ子



夕時雨ショパン流るる美容室        谷口千賀子



花嫁の白無垢にさす時雨傘         辻江けい



時雨るるや淡き五彩の京干菓子       伊藤旅遊



山低き上総の里やしぐれ雲         武藤光晴



しぐるるや螺鈿の鳥のあをびかり       鍵和田釉子



しんかんと時雨るゝ松や蚶満寺        寺田寅彦



しぐるるや切られて白き蛸の肌        鈴木真砂女






コメント

11月 25日

2017-11-25 04:20:10 | Weblog
                (  日向ぼこ・日向ぼっこ・日向ぼこり  



耳遠くなりしと母の日向ぼこ           栗田やすし



かたまつて同じ事務服日向ぼこ           岡本眸



日向ぼこ頬杖といふ杖もあり            村越化石



クッキーのかけらが膝に日向ぼこ         梅田 葵



榾を焚く煙まとひて日向ぼこ           上杉和雄



棒切れを咥え新鵜の日向ぼこ           倉田信子



繕ひの針の手休め日向ぼこ            太田滋子



膝の子の乳の匂ひや日向ぼこ           熊谷タマ



掃除夫の日向ぼこする能舞台           松原和嗣



みどり児に頬撫でられて日向ぼこ         横井正子



参拝者見下ろし猫の日向ぼこ           古田富美子



木目浮く有楽の縁に日向ぼこ           山下智子



だんだんに人でなくなる日向ぼこ          奥坂まや



日向ぼこせる中一人卵売り             太田土男

     



          今日25日は三島由紀夫の忌・憂国忌

三島忌や造花の薔薇に棘のあり           内田美紗



松籟の闇にたかまる憂国忌             鷲谷七菜子



憂国忌冬の金魚のみじろがず             こころ
コメント

11月 24日

2017-11-24 03:57:08 | Weblog
                     (  マスク  )



宝くじ売場にマスクして並ぶ           栗田やすし



咳こぼすマスクの中の貌小さし           吉田鴻司



修道尼澄める瞳もてるマスクかな          森田峠



マスクして少年切に漫画読む            石塚友二



白マスクはづして母の咳き込める         丹羽康碩



マスクして立ち読みしたる古本屋         与後玲子



桃色の大きなマスク遅刻生            河原地英武



マスクして駅長の目のよく動く          漆畑一枝



マスクしてマスクの人に近づかず         小長哲郎



挨拶をマスクの二人目で交はす          中山敏彦



眉と目の賢く見ゆる児のマスク          服部富子



福耳を引つぱってゐるマスクかな          下村非文



アメヤ横丁マスクの客に混み合へり         こころ
コメント

11月 23日

2017-11-23 03:56:35 | Weblog
                 (  一葉忌  )



荷札小さき古本届く一葉忌            栗田やすし



廻されて電球ともる一葉忌            鷹羽狩行



霧の香のなかの菊の香一葉忌           飯田龍太



一葉忌折目を六ツに薬包紙            秋元不死男



一葉忌暗き三和土のしみ抜き屋          矢野孝子



百円で甘酒飲めり一葉忌             栗田せつ子



竹筒に禿びたる小筆一葉忌            佐藤とみお



一葉忌すとんと暮れて飯が噴く          鈴木みや子



売薬の薬入れ替ふ一葉忌             荻野文子



水仙のやはらかに伸ぶ一葉忌           鈴木みすず



衿替の絹糸弾く一葉忌              尾関佳子



包丁で削る鉛筆一葉忌              荻野文子



頼まれし妻の足袋買ふ一葉忌           福永耕二



惜しまれて消ゆる銭湯一葉忌           吉田京子



一葉忌母にまだある糸切り歯            こころ




コメント

11月 22日

2017-11-22 04:20:30 | Weblog
                 (  冬薔薇・冬の薔薇  )



待つ人あり睫毛の影と冬の薔薇          沢木欣一



冬薔薇日の金色を分かちくるゝ          細見綾子



戴いてその日咲ききる冬の薔薇           池田澄子



問診の女医は教へ子冬薔薇            櫻井幹郎



農学部冬薔薇束で売られをり           太田滋子



日時計の影の薄さや冬の薔薇           渡辺慢房



グラバー園茎たくましき冬薔薇          矢野愛乃



保育器の嬰が微笑めり冬薔薇           横井美音



下町や都電の柵に冬の薔薇            武藤光晴 



寒の薔薇一輪挿しに開ききる           中山敏彦



四季咲きの薔薇の小さき冬の色           今井千鶴子



冬薔薇や仕事で逢ひて好きな人           岡本 眸



冬の薔薇抱くマネキンの細き腕           こころ





コメント

11月 21日

2017-11-21 04:33:03 | Weblog
               (  冬帽子・毛糸帽  )



富士見ゆる窓辺に置けり冬帽子         栗田やすし



突堤の一番先きの冬帽子            細見綾子



冬帽のやはらかなるを鷲掴み           鷹羽狩行



冬帽に耳すつぽりと追試受く          河原地英武



毛糸帽癌と闘ふ友に編む            岸本典子



蚤の市太子の像に冬帽子            生川靖子



カンツォーネチップの冬帽回り来し       高橋ミツエ



海軍壕出て冬帽を深かむる           福田邦子



川下る舟に忘れし冬帽子            小島千鶴



父は亡しロシア帰りの冬帽子          澤田正子



冬帽子被れば祖父に似てきたる         上杉和雄



遊ぶ子にはなれて母の冬帽子          片山由美子



目をあぐるたびの浮雲冬帽子          鷲谷七菜子




六地蔵菩薩揃ひの冬帽子             こころ
コメント