4月 1日

2019-03-31 14:54:56 | Weblog
               四月馬鹿・エイプリルフール・万愚節




     四月馬鹿一日古書を入れ替ふる         栗田やすし




     上官を殴打する夢四月馬鹿            沢木欣一




     また一つ増えし薬や四月馬鹿           国枝隆生




     万愚節妻の返事が母の声             中山敏彦




     四月馬鹿監視カメラへ投げキッス         中野一灯




     百円で売る全集や四月馬鹿            坂本操子




     家計簿の帳尻合はす四月馬鹿           岡島溢愛




     警官にあいさつさるる四月馬鹿          片山浮葉




     母の夢つづきが見たし四月馬鹿          太田滋子




     さりげなく切り出す話万愚説           伊藤旅遊


 




          



     万愚節踊る埴輪は口ひらく             鍵和田釉子


     糶られゐる魚の真顔や万愚節            片山由美子


     建替へに二度の引越し四月馬鹿           毛塚静枝


     万愚節半日あまし三鬼逝く             石田波郷
コメント

3月 31日

2019-03-30 17:40:27 | Weblog
              花豌豆・豌豆の花・蚕豆の花・豆の花




     鉄線にからみ豌豆花奢る             沢木欣一




     町裏は川のはかなさ花豌豆            細見綾子




     放哉さんと島人呼べり豆の花           下里美恵子




     オカリナのまろき音色や豆の花          国枝洋子




     神主の小さき農園豆の花             武藤光晴




     幼子の泣きまね上手豆の花            渡辺かずゑ




     支柱ごと揺るる一畝花豌豆            市原美幸




     落人の住みつきし里豆の花            八尋樹炎




     口べたに活きて八十路や豆の花          朝比奈照子




          



     朝富士へ蚕豆の花目をひらき            林 徹


     すがるもの風に探して花豌豆            豊田邦和


     そら豆の花に大きな月上がる            小川軽舟


     そら豆の花の黒き目数知れず            中村草田男


     菜圃の土乾きそら豆の咲きそろふ          村山故郷
コメント

3月 30日

2019-03-29 13:32:33 | Weblog
                紫雲英・れんげ・げんげ田・れんげ草




     首塚の裏一枚は紫雲英畑            栗田やすし




     紫雲英田に入りて黒牛喰み初む         沢木欣一




     主婦といふ職業が好きれんげ草         都合ナルミ




     げんげ田に寝転んで見る飛行船         伊藤旅遊




     日ざしごとれんげを摘んで母見舞ふ       若山智子




     紫雲英畑見ゆる夢二の窓小さし         渡辺かずゑ




     田起しの土傾きてげんげ咲く          服部冨子




     富士望む棚田の畔や蓮華草           山本法子




     落柿舎の前にひろがるれんげ畑         小石峰通子




     首飾りに編みし日のこと蓮華草         武藤けい子




          



     睡る子の手より紫雲英の束離す          橋本美代子


     げんげんの花のさかりに関の雨          阿波野青畝


     げんげ田の電柱どれも傾ぎたる          岡本眸


     げんげんをむしりて蔽ふ魚籠の鮒         富安風生
コメント

3月 29日

2019-03-28 15:36:59 | Weblog
              雪柳・小米花・こめやなぎ・えくぼ花




     雪柳花みちて影やはらかき         沢木欣一




     墓にさせば早やも散りけり小米花      細見綾子




     暮るるほど白濃くしたり雪柳        櫻井幹郎




     咲き満ちて揺れやまぬなり雪柳       下里美恵子




     青竹に雪柳挿す勝手口           佐藤とみお




     窯垣の小径ここより雪柳          神尾朴水




     ジョギングの膝に触れたり雪柳       奥山ひろ子




     降り出しの雨に匂へり雪柳         平松公代




     道沿ひにこぼれんばかり雪柳        長澤和枝    




          



     雪柳ふぶくごとくに今や咳く         石田波郷


     月うるむ地にただようて雪柳         石原八束


     雪柳怺へ性なく散り急ぐ           西村和子


     忌の近し触れてひえびえ小米花        鍵和田釉子


     雪柳いま満開の重さかな           田中一生   
       
コメント

3月 28日

2019-03-27 15:31:19 | Weblog
                  耕(たがやし)・春耕・耕人




     桑畑の春耕長き立ち話            細見綾子




     山口の小石捨て捨て耕せり          沢木欣一




     春耕や伊吹の裾に光満ち           河原地英武




     耕人に日暮れて強き一つ星          下里美恵子




     春耕の土湯気立てて目覚めけり        福田邦子




     耕しの一鍬ごとに日の躍る          梅田 葵




     ゆつたりと津波を語り耕せり         都合ナルミ




     鍬をまづ水に浸して春耕す          藤田岳人




     家康の駈けし狩場を耕せり          牧野一古




     春耕の畝を啄む山鴉             中山ユキ




     耕しを待つ田に大き牛ねまる         市川克代




          



     朝ひらき人と耕馬の髪みどり          秋元不死男


     耕馬の顔よごれいよいよ悍馬めく        永田耕一郎


     春耕の田や少年も個の数に           飯田龍太


     月山の雪振り向かず耕せり           吉田鴻司
コメント

3月 27日

2019-03-26 15:28:23 | Weblog
                   杏の花・花杏




     杏咲き北国人にかぶさる屋根           細見綾子




     花杏アルプスに向け画架立つる          磯田なつえ




     杏咲く信濃の地震観測所             高橋 毅




     花杏仔牛に角の生え初むる           上杉美保子




     あんず咲く村に小さき消防車           鈴木みすず




     校庭の声空に抜け花あんず            金原峰子




     母なくて庭に杏の花満つる            谷口千賀子




     花杏ラッパ吹き来る豆腐売り           伊藤登美江




          



     オリオンの星座ただしく花杏            山口青邨


     一村や杏の花にうもれ住み             星野立子


     石屋根の崩れきつたる花杏             加藤秋邨


     北国の雨に風添ふ花杏               森澄雄
コメント

3月 26日

2019-03-25 15:26:05 | Weblog
                   枝垂桜・糸桜・紅枝垂・しだり桜




     杉間より流るる枝垂桜かな          沢木欣一




     高麗の里枝垂桜が紅潮す           細見綾子




     二胡の音に枝垂れ桜の揺れやまず       横井美音




     枝垂れたる桜に触れし車椅子         河井久子




     つくばひに枝垂桜の枝浸す          青木信子




          



     枝垂桜垂れて疎水の水にまで          山口誓子


     まさをなる空より枝垂桜かな          富安風生


     枝垂桜地に触るる枝は舞ふごとし        古賀まり子


     歌塚や枝垂桜に人声す             角川源義


    ☆ 上の写真は数年前に訪れた浅草伝法院の庭園からスカイツリーに向けた写真です
      通年ならば3月中旬から5月初めまで一般に開放されますが今年は庭園整備工事のため
      中止となっているようです



          


    ☆ 埼玉の大宮公園に行って来ました写真は今日の桜です
      園内には千本余の桜の大樹ほとんどが3~5分咲きです
      平日なのに多くの露店がしつらえてありました
      満開の見ごろは27~30日でしょう


      



    
          
コメント

3月 25日

2019-03-24 12:30:18 | Weblog
             花・花埃・花明かり・花見・花衣・花筵




     繭倉の裾を流れて花の水         細見綾子




     朝靄に前山けぶる花の宿         栗田やすし




     ラケットの破れ繕ふ花の雨        河原地英武




     足湯して眠気兆せり花の昼        国枝隆生




     新聞紙拡げ二人の花見席         岸本典子




     花の雨巫女玉砂利を小走りに       小島千鶴




     西行の老いの木像花あかり        清水弓月




     寝そべつて土の湿りの花筵        関根切子




     廃校となりし母校や花の雨        太田滋子




     花の昼雅楽かそけし衣装展        櫻井幹郎




     花疲れ読まずにしまふ凶みくじ      中斎ゆうこ




     ぬり絵する母の真顔や花の雨       山本光江




     花疲れ柱に凭れ足袋を脱ぐ        矢野孝子     





                    
コメント

3月 24日

2019-03-23 14:07:41 | Weblog
                   山桜・吉野桜 




     遍路笠脱ぎて仰げり山桜            沢木欣一




     山ざくら一樹一樹の夕日かな          細見綾子




     木の鈴を買ふ四分咲きの山桜          栗田やすし




     トンネルを抜けてトンネル山桜         平松公代




     夕風に山桜散る露天風呂            滝沢昇二




     山桜散り敷く無人発電所            満田きよ子




     山桜後円墳を包みをり             澤田正子




         



     七つ滝七つに照りて山ざくら           能村登四郎


     咲き残りいよいよ白し山桜            清崎敏郎


     男童も女童も羅漢山桜              山口青邨


     鳶老いて高音張りけり山桜            小川軽舟


     山桜奥千本の迷い道               白石みずき
コメント

3月 23日

2019-03-22 13:15:41 | Weblog
               桜・桜月夜・桜吹雪・夕桜・夜桜




     墨堤の桜を見むと傘さして           細見綾子




     吊り橋を揺らし淡墨桜見に           栗田やすし




     ため息を咎められたり夕桜           河原地英武




     島桜咲き初む風葬ありし村           下里美恵子




     夜桜に五重の塔のまぎれなし          井沢陽子




     大いなる瘤を重ねし根尾ざくら         雨宮民子




     二三輪切り株に咲く桜かな           大原悦子




     医学部の桜しろじろ暮れ残る          谷口千賀子




     上げ潮の川のさざ波夕桜            中川幸子




     夜桜に五重の塔のまぎれなし          井沢陽子






         



     寺町に寺の託児所桜咲く 
コメント