8月 31日

2011-08-30 23:57:37 | Weblog
            ( 小紫・小式部 )


ものゝ芽のこは真紫小紫             星野立子


いとほしや人にあらねど小紫           森澄雄


小式部も成れの果てなる御所を出て        佐々木六戈






露はしる紫式部白式部               和田祥子


白式部風の過ぎゆく墳一つ             斎藤一骨


雨粒の磨かれてゐる白式部             山口啓介



コメント

8月 30日

2011-08-30 00:11:59 | Weblog
            ( 紅花ぼろ菊 )


いつもの散歩コースの植物園にも秋の草花が目立つようになりました
掲載の紅花ぼろ菊も段菊も残念ながら例句がありませんので
今日は接近中の台風の例句を抜粋しての掲載です
吟行に行かずともそちらから近寄って呉れる台風さえも句種にしてしまう俳人の逞しさ
大いに見習わなくては・・・


ビヤ樽に台風前の雨ぎつしり           秋元不死男


台風の前ぶれに涌く海つばめ           福永みち子


台風を告ぐる港の拡声器             大島民郎


台風を迎え討つ気の豚舎なり           加藤あきと








段菊


台風一過小鳥屋の檻彩とび交ふ           大串 章


台風の駅を出てゆく豚の貨車            林 民子


台風の大き夕日を残しけり             塚原静枝



コメント (3)

8月 29日

2011-08-28 23:51:14 | Weblog
             ( 南蛮煙管 )



日の崖に南蛮煙管羅宇伸ばす           斎藤朗笛


鉢植ゑの南蛮煙管筒まちまち           深野カツイ


照り翳り南蛮ぎせるありにけり          加藤楸邨


跼み見るものに南蛮煙管かな           山崎ひさを




蓮華しょうま


コメント

8月 28日

2011-08-28 00:20:22 | Weblog
              ( 藍の花 )


ひとふでのゆの字たっぷり藍の花           白石みずき


藍の花織子泣かせし門構               坂本淳子


藍の花長者屋敷の井戸暗し              大頭美代子






沈みたる一蝶白し藍の花               星野高士


綾子忌の風に穂をあぐ藍の花             鈴木千恵子





コメント (2)

8月 27日

2011-08-26 23:42:50 | Weblog
             ( 浜菊 )


浜菊に海嘯は古き語り草            富安風生


浜菊の白一色のいさぎよし           八牧美喜子


浜菊や流人小屋めく鵜捕り小屋         嶋崎専城






浜菊や瀬戸の渦潮激ち合ふ            河本好恵


浜菊や座れば舟と並ぶ肩             岩淵喜代子




コメント

8月 26日

2011-08-25 22:35:28 | Weblog
            ( 磯菊 )


磯菊や釣人あまたゐる日和           山口富美子


磯菊が蕾めり安房の舟溜            阿部宵人


島抜けの跡磯菊に日の薄し           磯崎兼久


磯菊のくさや臭ふによく育つ          岡田透子


磯菊やわづかな魚を板に干し          松岡隆


コメント (2)

8月 25日

2011-08-25 00:18:44 | Weblog
             ( 綿の花 )


絆とは入日にしぼむ綿の花           福田甲子雄


綿の花大地太陽噴上ぐる            上野さち子


塔二つ遠くに見えて綿の花           鈴木 灰山子


物忘れ多くなりけり綿の花           我妻文雄





露のあち知らぬふり也綿の花           正岡子規






コメント

8月 24日

2011-08-23 23:52:15 | Weblog
             ( 藪蘭 )



藪蘭のうすむらさきに長命寺             山尾玉藻


藪蘭の花こぞりたる上梓かな             阪本謙二


門までの藪蘭につぶやいてゐる            折井紀衣





竜の髭


ながき日やちる花やどす竜の髭            久保田万太郎


竜の髭の花いとほしめ庭男              籾山梓月


一日のほんの日当り竜の髭               角 光雄


竜の髭兄亡き後の家事の煩               村山古郷






コメント (4)

8月 23日

2011-08-22 23:52:42 | Weblog
             ( 沢桔梗 )


むらさきの山気そのまま沢桔梗           渡辺恭子


ひとところ水まつすぐに沢桔梗           高橋悦男


沼の辺の踏み場なかりし沢桔梗           小路紫峡






水櫛はをとこもすなる沢桔梗             鈴木鷹夫


あめつちのどろりと昏るる沢桔梗           古舘曹人







コメント

8月 22日

2011-08-22 00:11:14 | Weblog
             ( 吾亦紅 )



吾亦紅ぽつんぽつんと気ままなる            細見綾子


吾亦紅夕日といへど眼に痛し              福永耕二


生まれたるままの身がよし吾亦紅            福田甲子雄


綾子の忌壷に高きは吾亦紅               滝沢伊代次







朝の散歩に見つけた烏瓜の花
昨夜来の雨に花を閉じきれなかったそれとも咲ききれなかったのか
夜の妖艶さに比べ清楚な姿でした


烏瓜の花に夕べの雨重し
コメント