9月 30日

2011-09-29 23:51:54 | Weblog
            ( 葛 )



葛の蔓ひたすら垂れて地を探す        沢木欣一


かくれゆく旅のごとしや葛の谿        能村登四郎


水の上定家葛の種吹かれ            飴山實


古るままに葛がくれなり岩魚小屋        水原秋桜子


駅柵を越えて大和の真葛原           岡崎淳子







草牡丹


かんがふる一机の光九月尽            森澄雄


雨降れば暮るる速さよ九月尽           杉田久女


九月尽机の端に手紙かな             高浜虚子











コメント (2)

9月 29日

2011-09-28 22:24:45 | Weblog
            ( 秋明菊・貴船菊 )


僧房の月の秋明菊の畑            黒田杏子


干傘が秋明菊をこぼしけり          高田洋子


秋明菊ゆふべ黒髪おそろしき         鍵和田釉子






観音の影のさまなる貴船菊          阿部みどり女


長雨の皆下向きに貴船菊           寺田順子






を聞きてよりしみじみと貴船菊        片山由美子


鄙なれど風は雅に貴船菊            三木彬郎


夕月に細き首のべ貴船菊            関木瓜








コメント (6)

9月 28日

2011-09-28 00:39:22 | Weblog
             ( 棉 )



照り続き棉のこぼれんばかり吹き          堀内順子


山風に棉ふき出でてましろけれ           太田鴻村


棉吹いて大空の晴れ祝ぐごとし           石川冬扇


棉車驢馬を気儘に歩かする             太田土男





7月初旬 棉の花

陽関を出で西の方棉の花              沢木欣一


棉の花音といふものなき所             細見綾子




コメント (2)

9月 26日

2011-09-26 00:32:47 | Weblog
              ( 茜草 )


蔓引けば花の応へて茜草            福永耕二


茜草あかねを染めて花は黄に          野沢 純


雨冷えの白花をつづり茜草           高槻弘文





段菊が盛りとなりました


コメント (2)

9月 25日

2011-09-25 00:53:38 | Weblog
              ( 嫁菜 )

若菜摘みの嫁菜、嫁菜飯などは春の季語、花期は秋の季語、写真の嫁菜は関西近在にしかなく
下の写真の関東嫁菜は食用にはしないようです



長篠の雨に嫁菜の花ひそと           立半青紹


市振やはらはら雨の嫁菜菊           福島小蕾


嫁菜咲く磯に遊びし今津の子          吉岡三枝子






野菊より嫁菜の花はかじけたる         正岡子規


蘆垣に嫁菜花さく洲崎かな           泉鏡花


隠家や嫁菜の中に残る菊            服部嵐雪





紫苑




友禅菊





野紺菊









コメント (6)

9月 24日

2011-09-23 21:05:17 | Weblog
               ( 秋の蝶 )



秋蝶の黄を強くせり土俗舞            細見綾子


草にある午前のしめり秋の蝶           鷲谷七菜子




クロアゲハと彼岸花

秋蝶の驚きやすきつばさかな           原石鼎


行く我をひとめぐりして秋の蝶          星野立子




コミスジと藍の花

萱原を萱の葉ながれ秋の蝶             長谷川櫂


欠けそめし日にとびかくれ秋の蝶          高橋淡路女



コメント (2)

9月 23日

2011-09-23 00:38:52 | Weblog
             ( 茶の花 )


茶の花にほのとゆくての夕がすみ         飯田龍太


茶の花のころがつてをる甃            富安風生


茶の花のしべを見せたる盛りかな         高橋淡路女



願成就院まで茶の花の匂ふ道           下里美恵子

コメント (3)

9月 20日

2011-09-19 23:55:11 | Weblog
             ( 秋彼岸の入り )



地の罅によべの雨滲む秋彼岸           岡本眸


秋彼岸濯ぎ慣れたる川瀬あり           友岡子郷


秋彼岸詣り合はせてみな親し           深見けん二






寂光といふあらば見せよ曼珠沙華         細見綾子


ダム開くや吹きすさぶ白彼岸花          渋谷道


つきぬけて天上の紺曼珠沙華           山口誓子


陶窯の火色より濃き彼岸花            下阪淑峰











コメント (3)

9月 19日

2011-09-19 00:21:58 | Weblog
             ( 白山菊 )

今日19日は敬老の日、東京西永福の大宮八幡の秋祭り、菊被綿(きくのわたきせき)の吟行句会に
参加できず残念
http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/hachimangu/info/original-event.shtml


雀来て敬老の日の雨あがり            吉田鴻司


理髪屋の鏡のなかの敬老日            永井友二郎


敬老の日の眉長き師にまみゆ           福永耕二


敬老日長寿の象が愛でらるる           塩路五郎



コメント (4)

9月 18日

2011-09-18 01:13:55 | Weblog
              ( 燕去る )


今日18日は二十四節気,白露の末候「燕去る」です



四阿に石の円卓燕去る            沢木欣一


燕去る鶏鳴もまた糸のごと          飯田龍太


絶壁に波打つ別れ燕去る           池内友次郎


安房一島置きざりにして燕去る        佐川広治


むらさきの山河残して燕去る         鷹羽狩行




コメント