9月 30日

2017-09-30 04:24:55 | Weblog
            (  むかご・零余子  )



蔓引けば顔に落ち来しむかごかな         細見綾子



ふだん着の師より給はる零余子飯         栗田やすし



露膨れむすびこぼるゝ零余子かな          阿波野青畝



初むかご供へて句碑に語りかく          倉田信子



師の忌日こぼさぬやうに零余子摘む        長江克江



朽葉ごと袋にもらふ零余子かな          河原地英武



大かたは取りこぼしたる零余子かな        菊山静枝



山城の堀切り跡や零余子蔓            山本悦子



父のこと母と語るや零余子飯           辻江けい



山盛りの零余子艶やか道の駅           小里育湖




零余子蔓絡む陣馬の馬防柵            服部鏡子


コメント

9月 29日

2017-09-29 03:32:30 | Weblog
            (  栗・毬栗・虚栗・栗拾・笑栗  )


満願寺仔猿飼はれて栗食めり          栗田やすし



頂上に子と来て若き栗のいが          沢木欣一



家裏の栗落つ音の昔のまゝ            細見綾子



山びこのひとりをさそふ栗拾ひ          飯田蛇笏



笑栗を置けば艶めく綾子句碑          梅田 葵



毬入れて武蔵の栗の届きたり          松本恵子



一袋焼栗買へり夜の駅             河原地英武



毬栗を掌に転がせて句碑訪へり         国枝洋子



毬栗の青きまま落つ不破の関          清水弓月



栗飯や村の名消えし父の郷           菊池佳子



近づけば城の隠るる栗拾ひ           櫻井幹郎



毬栗や冠者顔して木曽に入る          吉田鴻司



山栗や少年の日の土の橋             鷹羽狩行


コメント

9月 28日

2017-09-28 03:41:47 | Weblog
           (   秋の灯・秋灯・灯下の秋  )



啄木の間借りの二階秋ともす          栗田やすし



愛情や秋灯いずれも格子中           沢木欣一



秋の灯のほつりほつりと京の端          日野草城



秋灯や行李の底に母子手帳           武田稜子



秋の灯に影あはあはと女身仏          国枝隆生



紅型の栞のぬくみ秋ともし           伊藤範子



背を丸め日記書く子や秋灯下          太田滋子



紅殻の格子より漏る秋ともし          武藤光晴



秋灯生涯学ぶ側にゐて             櫻井幹郎



秋ともしガレの花瓶のまろき肩         鈴木みすず



古書店の床板きしむ秋燈下           河原地英武



訪ふ人に子規堂秋の灯を入るる          轡田幸子



声かけてともす秋燈母は亡き           古賀まり子
コメント

9月 27日

2017-09-27 03:30:13 | Weblog
             (  木犀・金木犀・銀木犀  )



金木犀風の行手に石の塀              沢木欣一



木犀の匂へる宿の能登飯田             細見綾子



木犀の風やはらかし産着干す            玉井美智子



金木犀ほろほろこぼる通学路            遠藤斎子



板塀を越えてこぼるる銀木犀            小島千鶴



金木犀かをる町屋の奈良格子            石川紀子



薬師寺を出て木犀の香を浴ぶる           二村満里子



木犀の風吹き抜くる杓子庵             矢野愛乃



木犀の散り敷く薩摩義士の墓            角田勝代



木犀や夕じめりたる石だたみ            芥川龍之介



山麓の百年の家銀木犀                坪内稔典




銀木犀


コメント

9月 26日

2017-09-26 05:02:59 | Weblog
             (  萩・白萩・こぼれ・萩の宿・萩の花  )


   9月16日~10月1日まで向島百園では萩まつり開催中です
   園内では茶会(野点)、俳句、短歌の投句、草笛教室、新内流し などのイベントがあり
   秋の七草を園内ガイドとともに堪能できると思います



暗がりに子規の小机萩咲けり             栗田やすし



驟雨来て瑠璃岩盤に萩散りぬ             沢木欣一



白萩の触るるたび散る待ちて散る            細見綾子



大寺の渡り廊下や萩の風               鈴木みすず  



筆となる鹿毛の温み萩の花              栗田せつ子



岸突いて出る棹舟やこぼれ萩             八尋樹炎



西行の井戸のにごりや萩の雨             矢野孝子



丹波いま萩咲く頃か空青し              下里美恵子



湯田中へ通ひし一茶萩の花               伊坂壽子



幾重にも山車の轍や萩の辻               高橋悦子



白萩のまことに白き師の忌日              長江克江



風抜けて萩のトンネル膨らみぬ             こころ



コメント

9月 25日

2017-09-25 04:01:45 | Weblog
             (  稲刈り・田刈、収穫・稲車・稲束  )



風生れて大和の稲田刈り急ぐ          栗田やすし



水漬く稲陰まで浸し農婦刈る          沢木欣一



山水を引きて稲刈鎌をとぐ           細見綾子



稲を刈る母の鎌音確かなる           幸村志保美



稲刈つて輪中の空のがらんどう         国枝隆生



堂守の稲刈りゐたり渡岸寺           中村たか



田を刈りし足跡深き千枚田           小田智子



稲を刈る畦にいびつの大薬缶          大橋 良



稲刈って鳥入れかはる甲斐の空         福田甲子雄



降り止まぬ雨に重たき稲を刈る         瀬戸 十字



稲束を抱き学童に声をかけ           西村和子
コメント

9月 24日

2017-09-24 03:32:05 | Weblog
                (  草紅葉  )



御嶽の噴煙はるか草紅葉            栗田やすし



良寛の辿りし峠草紅葉             沢木欣一



草もみぢ一図な道を火口湖へ          細見綾子



草紅葉七戸の守る平家村            奥山比呂美



草紅葉燃ゆ長瀞の岩畳             坂本操子



草紅葉ヤクのチーズを吊し売る         井沢陽子



馬つなぐ石は真ん丸草紅葉           江口ひろし



ぼた山の形変らず草紅葉            齋藤真人



草もみじ碧の句碑の字読み切れず        神尾朴水



貝塚に火を焚きし跡草紅葉           荻野文子



湖の波寄せて音なし草紅葉            深見けん二



晴天や水の中まで草紅葉             今瀬剛一
コメント

9月 23日 (秋分)

2017-09-23 02:43:12 | Weblog
             (  芋・衣被・里芋・芋の秋・芋畑・芋水車  )



粒選りの子芋ばかりを届けらる          栗田やすし



里芋の赤芽大吉丹波から              大石悦子



芋水車水を叩いてよく廻る             野見山朱鳥



洗ひ場の程よき流れ芋洗ふ            磯田なつえ



衣被つるりと妻に言ひ負けて           櫻井幹郎



衣被指三本で押し出せり             兼松 秀



菊坂の露地の一隅芋育つ             石川紀子



芋洗ふ水車のひびき山暮るる           中本紀美代



故郷の土の匂ひの衣被              渡辺慢房



穏やかな峡の日差しや芋洗ふ           山本法子



忘れたる頃に汽車来る芋の秋           大峯あきら



芋の露連山影を正しうす             飯田蛇笏
コメント (2)

9月 22日

2017-09-22 04:12:29 | Weblog
               (  無花果  )



まだ青き無花果に触れ田舟過ぐ        栗田やすし



家探す薄暮無花果小指ほど          沢木欣一



いちじくの家に急ぐに雨降り来        細見綾子



無花果を手籠に旅の媼どち          飯田蛇笏



口中に解ける無花果大夕日          山 たけし



窓越しに庭の無花果祖父に見す        工藤まみ



無花果の匂ふ路地来て朝のミサ        玉井美智子



無花果の風や仔牛の耳動く          鈴木真理子



葉にのせていちじくを売る朝の市        八巻絹子



うつくしき無花果むざと割りくるる        辻桃子



無花果や八百屋の裏にまだ青し         正岡子規



コメント

9月 21日

2017-09-21 04:06:39 | Weblog
             ( 藪からし・貧乏蔓  )



藪からし枯れてゆく時みやびやか         細見綾子



月の出て蔓先潤ふ藪からし            岸田稚魚



藪からし振り捨て難く村に住む          百合山羽公



猫多き陶器の街や藪枯らし            田畑 龍



藪枯らし絡む陣馬の馬防柵            服部鏡子



孔子像の裾に茂れり藪枯らし           武藤光晴



生垣の貧乏かづら引きおろす           竹中和子



木喰の里静まれり藪からし            石原進子



筏師の小屋にすがれり藪からし          鈴木真理子



藪からし石切の棲む石の谷             下田稔



古池のはたと日暮るる藪からし           上林孝子
コメント