5月 31日

2017-05-31 18:15:59 | Weblog
             ( 竹煮草 ) 



竹煮草揺らして雨の本降りに           下里美恵子



竹煮草夕べ湯気あぐ湯の川は              大野林火



背のびして目立ちたがりの竹煮草            川下かつえ



吹く風の葉裏へばかり竹煮草              井沢正江



これが竹煮草かと四五人を先へやる           細見綾子


コメント

5月 30日

2017-05-30 15:14:19 | Weblog
             ( 桐の花 )



うす暗き母の病棟桐の花           栗田やすし



2月末に母を、3月末に義父を立て続けに亡くす

母の棺には母が大好きだったこの桐の紫色の着物を納めた

母の自慢の一つに亡くなる92歳まで一本の入れ歯も無く

自分の歯で好きなものを食べられていた事がある


一葉忌母にまだある糸きり歯    こころ


だいぶ前の句だがこれは母自慢



栗田先生にもお母様を詠まれた多くの秀句があるが末っ子である私は


毛糸編む母にまつはりゐたるかな      栗田やすし

この一句に引き寄せられる

ほんとうはいつまでも まつはりゐたい 

母の逝去は子にとって特別なものと実感する







コメント