8月 31日

2017-08-31 04:00:51 | Weblog
              (   狗尾草、えのころ草、猫じゃらし  



渡し舟待つや岸辺に猫じやらし           栗田やすし



空き地の子ゑのころ草をまぶしめり         細見綾子



捨自転車狗尾草に沈みをり              舘岡沙緻



草刈機ゑのころ草を噛みにけり            辻 桃子



空濠はゑのころ草の野となれり           国枝洋子



晴れ渡る登呂に赤毛のねこじゃらし         矢野愛乃



夕暮の風と遊べり猫じやらし            太田滋子



やちむんの里背丈越すねこじやらし         只腰和子



猫じやらし手をつなぐ子のよく跳ぬる        内田陽子



猫じゃらし触れてけもののごと熱し          中村草田男
コメント

8月 30日

2017-08-30 04:12:56 | Weblog
             (  秋茄子  )



秋茄子の尻錆びてゐし翁寺           栗田やすし



窯神に秋茄子供へ茶碗市            奥山比呂美



秋茄子や嫁の両腕たくましき          古賀一弘



秋茄子の紺俎板に移りけり           久野和子



秋茄子や程良き距離に新世帯           戸村和子



その尻をきゅっと曲げたる秋茄子         清崎敏郎



看護婦の手さげの中も秋の茄子          高橋栄子



笊に採るどれも小振りの秋茄子         丹羽康碩



秋茄子の素揚げの肌の光りたる         石原進子



秋茄子の尻キチキチと塩の中           長谷川秋子
コメント

8月 29日

2017-08-29 04:27:24 | Weblog
            (  蓼の花、穂蓼、桜蓼、大犬蓼  )



蓼の花少し残りて野川かな              細見綾子



減りもせず稗田百戸や蓼の花              水谷芳子



師の句帳よりはみ出せり桜蓼             小島千鶴



陶土掘る泥にまみれし蓼の花             武田稜子



花蓼や水凹ませて風渡る               矢野孝子



降り出しの雨が弾けり蓼の花             服部鏡子



手を借りて越ゆる溝川桜蓼              武山愛子



越の海照りかげりして蓼の花              舘岡沙緻



蓼の花鍋釜も日にあたたまる              大峯あきら
コメント

8月 28日

2017-08-28 03:11:35 | Weblog
               (  色鳥  )


色鳥や父母の墓ある雑木山             栗田やすし



鷹の道色鳥藪で騒ぎけり              細見綾子



色鳥やむかしかがひの御幸原             沢木欣一



色鳥や読書も縫ふも縁先に              福永みち子



色鳥の声降り来たり神ノ島              小柳津民子



色鳥にふくらむ杜の大樹かな             栗生晴夫



色鳥や音立て乾く蛇の目傘              小原米子



色鳥や一夜に晴れし神の山              深見けん二



色鳥や間伐材の椅子のつや              中川幸子



色鳥の一羽につゞく七八羽              上野 小百合
コメント

8月 27日

2017-08-27 06:23:23 | Weblog
              (  残暑、秋暑し、残る暑さ  )



秋暑しガラスケースに木偶の首           栗田やすし



木槿残暑日にさらされし顔ばかり          細見綾子



秋暑し鏡少なき工学部                市川結子



刃物みな錆びて残暑の関所趾             島谷征良



一畳の船頭小屋や秋暑し               菊池佳子



秋暑し番茶に塩をひとつまみ            武山愛子



負け牛の涎秋暑の地へ垂るる            倉田信子



座りても立ちても残暑離れざる           梅田 葵



三四郎池のとろりと残暑かな            都合ナルミ



尾道の坂に杖つく秋暑かな             谷口千賀子



甲冑の口に闇あり秋暑し               兼松 秀



水かけてビル解体の街残暑             奥山ひろ子



  ☆  残暑お見舞い申し上げます     ころころ
コメント

8月 26日

2017-08-26 17:10:24 | Weblog
               (  秋桜・コスモス  


咲きのこる白コスモスに山の風           栗田やすし



コスモスの白が終わりのやうに咲く         細見綾子



枯るるまで風に従ふ秋桜              西村和子



黒潮を越えて嫁くる秋ざくら            栗田せつ子



幼子の声コスモスの迷路より            上杉美保子



こきりこの里やコスモス色冴ゆる          金田義子



コスモスの花ゆるがせて鼓笛隊           大河原一石



コスモスの花の上行く肩車             大高時子



江ノ電に手を振る子等や秋桜            花村登美子



蛸壺にコスモス活くる漁師宿            志知祥子



コメント

8月 25日

2017-08-25 02:47:38 | Weblog
           ( 蟷螂・いぼむしり・斧虫・鎌切 )



かまきりをもんぺにつけて越後農婦          細見綾子



疑えば卓の蟷螂褐色に                沢木欣一



蟷螂の怒るほかなき青全身              加倉井秋を



いぼむしり這ふ結願の遍路笠             都合ナルミ



剪り落とす枝に孕みしいぼむしり           磯田なつえ



弥陀の松より蟷螂の転げ落つ             下里美恵子



首塚に鎌をかざしていぼむしり            小田実希次



生れてすぐ考へる貌子かまきり             関根牧草



いぼむしり国宝の塔よぢ登る             平松公代



かまきりと遊びて夕餉遅れたる            中川幸子
コメント (2)

8月 24日

2017-08-24 02:50:21 | Weblog
            (  蜩・ひぐらし・かなかな  



ひぐらしや竹串焦げし五平餅        栗田やすし



降るやうに蜩が鳴く粟畠          細見綾子



蜩や佐渡にあつまる雲熟るる        沢木欣一



父のなき母の歳月夕かなかな         近内ひさ子



かなかなや夕日の沈む箱根山        太田滋子



ひぐらしが鳴き初む青岸渡寺の裏      栗田せつ子



蜩や木々の匂の通り雨            有路みち代



かなかなをひねもす聞けり能登の旅     山崎文江



ひぐらしや出作り小屋に煙立つ       村瀬さち子



ひぐらしや上杉廟の杉襖           こころ



コメント

8月 23日 (処暑)

2017-08-23 03:51:54 | Weblog
               (  紫苑・しをに・鬼の醜草  )



紫苑晴れあれが伊吹と指させり         栗田やすし



味噌蔵へ行く道雨の紫苑かな          細見綾子



紫苑高し山田につづく製材所           渡邊千枝子



紫苑刈る浅間の雲の中に入り           宮坂静生



奥美濃の雨に紫苑の弓なりに          丹羽康碩



紫苑咲く棚田の畦の行き止まり         国枝洋子



紫苑晴底まで透きし飛鳥川            宇野美智子



紫苑咲く奈良井の寺にマリア仏         青木しげ子



城址より遠き街見ゆ紫苑晴           清水弓月



古寺の多き湯の町紫苑咲く           中村修一郎









コメント

8月 23日

2017-08-22 16:57:48 | Weblog
              (  秋明菊、貴船菊  )



とぎ汁を秋明菊に注ぎやる           栗田やすし



観音の影のさまなる貴船菊            阿部みどり女



干傘が秋明菊をこぼしけり            高田洋子



湯治場や秋明菊の白まぶし           菊池佳子



秋明菊咲く鷹城の野面積            熊澤和代



秋明菊群れ咲く一茶位牌堂           中根多子



名を聞きてよりしみじみと貴船菊         片山由美子



鄙なれど風は雅に貴船菊             三木彬郎









コメント