うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 






今回は、クリント・イーストウッド監督、南アフリカのマンデラ大統領を描いた「Invictus インビクタス/負けざる者たち





ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


クリント・イーストウッド作品にハズレなしを、また証明した作品。
主演は「ミリオンダラー・ベイビー」でもイーストウッド作品に出演した、ハリウッド黒人俳優の重鎮モーガン・フリーマン。
僕は、この人の作品では、狂気のジャック・ニコルソンと対峙した「最高の人生の見つけ方」が一番好きだ。
共演は、「インフォーマント!」でぶよぶよの中年デブで、ハゲで、性格の壊れた男を演じたマット・デイモン。
彼は「ボーン」シリーズのように体を絞って、筋肉をつけて、自由自在の体作りが出来るらしい。

舞台は南アフリカ。
アバルトヘイトへの反対運動で27年間投獄されていたネルソン・マンデラが、1990年に釈放され、1994年に黒人も含めた全国民が参加した選挙で、南アフリカ初の大統領に選ばれる。
アフリカって、どう考えても黒人の国々、大陸なのに、1990年代まで法律による差別が布かれていたとは、イギリスの我侭放題の植民地化の傷跡だ。

マンデラ大統領の当選で、少数だが経済の支配階級の白人と、大多数の貧困黒人の間に、今までにない緊張感が生まれる。
白人は、新しい黒人の権力に憤り、そして彼らからの復讐に怯え、黒人はアパルトヘイトへの仕返しで士気が高まる反面、マンデラ大統領の暗殺という手段も含めた、白人からの逆襲に疑心暗鬼している。
マンデラ大統領が初めて官邸に入ったシーンで、それまで白人大統領に仕えていた職員に対して、彼らの恐怖を拭い去る演説をする。そして、出来れば今後も新しい政権で仕事をして欲しいと訴える。
そして自分の警護にも、白人のスタッフを加える。

マンデラ大統領自身は、自分を30年近く投獄し、黒人を差別虐待していた白人を許し、国の経済の中枢にいる彼らと共に国の復興させようとするが、簡単には2つの社会の溝が埋まりそうにない。

それを象徴したのが、南アフリカ代表のラグビーチームとイギリスの試合だった。
南アフリカでは、ラグビーは白人のスポーツで、代表チームとそのユニフォームは、アパルトヘイトの象徴でさえあった。大半の黒人はそのルールすら知らない。大統領自身もラグビーの知識はなかった。
その試合では、白人は自国を応援して、黒人は相手国を応援していた。
このラグビーを知らないというエピソードは、たぶんラグビーを知らない大半のアメリカ人に対する脚本のような気がする。

大統領は、1995年に自国で開催されるラグビーのワールドカップで南アフリカチームが優勝することで、国の士気を一つに高めることが出来ると確信し、チームのキャプテンであるマット・デイモン演じるフランソワに面会する...


30年近く、狭い牢獄に監禁され、来る日も来る日も、石切り場のようなところで作業させられる。何の罪もないのに。
そんな過去を背負った人が、その国の長になった。
でもその人が最初にした事は、過去を許すということ。
その人は、許しが自分の持っている最強の武器だと強く信じていたためだ。

“Forgiveness liberates the soul. “(許しは魂を解放する)
“It removes fear. “(許しは恐怖を取り去る)
“That is why it is such a powerful weapon.”(だから許しは強力な武器なのだ)

アパルトヘイトが、恐怖と怒りを作り出した。
マンデラ大統領は、全く反対を実践した。
強力なリーダーシップと、強い信念で。
残念ながらアメリカは、この10年間、この人とは正反対の事を、自国、他国に対し実践した。
金と暴力で築いた、疲弊しきった今のアメリカは、当時の南アフリカの白人たちかもしれない。
クリント・イーストウット監督の静かだが、強烈なメッセージが伝わってくる。
前作の「グラン・トリノ」と共通したメッセージだ。
同じ「チェンジ」を掲げた、オバマ大統領が2000年代のマンデラになれるのか。

前作は、ラストで驚かされ、一瞬に鳥肌が立つほど感動させられたが、この作品はラグビーの決勝戦を通して、クライマックスが描かれ、ここは一般的なスポーツ物の展開。
ただ、ラグビーのシーンは序盤のダメチームのシーンと最後だけで、あとは静かなストーリーが続く。

徹底的にマンデラ大統領の仕草や話し方を研究したというモーガン・フリーマンは、元が似ているのもあって、まるでマンデラ大統領本人。
そして、彼の一つ一つの台詞に哲学がある。

マット・デイモンは、少し抑え目の演技で、マンデラ哲学を学んで成長していくラグビーのキャプテンを演じている。
彼がワールドカップの決勝戦のチケットを、家族に渡す時のエピソードは、とても印象的で、思わずぐっとなった。
そして、試合終了、エンディング、流れてくる「ワールド・イン・ユニオン」、じわじわと感動が込み上げてきて、涙がこぼれてきた。
ラグビー好き、クリント・イーストウッドファンには、たまらない作品。
そして偉大な世界のリーダーの生き様に触れられる作品だ。


インビクタス/負けざる者たち - goo 映画
インビクタス/負けざる者たち - goo 映画


トリビア
過去に、ネルソン・マンデラは、自分を演じられるのはモーガン・フリーマンしかいないと言っていた。

モーガン・フリーマンは、ネルソン・マンデラの自伝「Long Walk to Freedom」を元にして、何年も映画を作ろうしてきたが、何十年にもわたるその生涯を作品化するのは無理だった。

モーガン・フリーマンは、撮影を開始する前に実際にネルソン・マンデラに会い、作品の内容を説明して理解を得ようとした。
面会で、「マディバ、私たちは何年間もこのプロジェクトをすすめてきましたが、ネルソン・マンデラの核心を伝えることが出来ると思うストーリーを読みました...」、説明を終える前に、マンデラ自身が「ああ、ワールドカップのことですね」とコメントした。
これで、絶対の自信をつけて制作を開始した。

決勝戦でドロップゴールを決める選手は、クリント・イーストウッドの実の息子のスコット・イーストウッド。但し、不倫相手の子供。


Twitter
http://twitter.com/invictusotoko


原作の書評
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100131/bks1001310824013-n1.htm


この音楽が流れてくると、涙が出てくる。


コメント ( 10 ) | Trackback ( 42 )


«  プチ同窓会 »
 
コメント
 
 
 
こんにちは♪ (yukarin)
2010-02-02 13:33:27
コメントありがとうございました。
バラバラだった人々の心がラストにひとつになった時はとても感動しました。
イーストウッド作品にはハズレなしですね。
あのゴールを決めた選手は息子だったんですかー。
ちゃんと見とけば良かった~っ。
 
 
 
こんばんは^^ (KLY)
2010-02-03 01:41:54
『最高の人生の見つけ方』これも良かったですよねぇ。モーガンフリーマンてホント素晴らしい俳優だと思います。今回も私は彼につきます。彼がスクリーンに出てきた瞬間から引き込まれましたから。
あまりにも素晴らしい魂の演技ですよ。マットも良い役者さんなんです。でもまさしくマンデラ大統領とフランソワがお茶をするシーンそのもののように見えました。(笑)
 
 
 
かめさんこんにちは (mig)
2010-02-03 12:05:14
TBコメありがとうございます★


いい映画でしたけどわたしにはそこまでピンとこなかったんですよね、
もう少し時代背景知ってたり、スポーツみるのが好きだったらもっと良かったのかもです。
それにしてもアカデミー賞にこの作品やイーストウッドはノミニーならずで
キャスト2人だけでしたね~
 
 
 
こんばんは。 (えい)
2010-02-04 22:14:34
マンデラ大統領を映画化するとしたら、
普通、その苦難の道のりの方に焦点が当たりそうなところを、
イーストウッドは、彼が成し遂げた「チェンジ」についてスポットをあてる。
やはり、目の付け方が違う。
それで、いて、
ラストの音楽の使い方のように、
描き方はストレート。
ほんとうに、緩急を心得た映画だったと思います。
 
 
 
yukarinさん、 (かめ)
2010-02-06 04:43:06
こんにちは、
僕も後から、息子さんだと知りました。
見逃してしまいました。
 
 
 
KLYさん、 (かめ)
2010-02-06 04:45:05
こんにちは、
モーガンフリーマンには引き込まれますね。
品と風格が自然に漂って、魅せられます。
 
 
 
migさん、 (かめ)
2010-02-06 04:47:05
こんにちは、
イースト・ウッドは、賞に絡みすぎて、かえって敬遠されているのですかね。
僕は、ラグビーが好きなので、それもこの作品に魅せられた理由です。
 
 
 
えいさん、 (かめ)
2010-02-06 04:51:16
こんにちは、
やはり、題材の見つけ方が一味違いますね、イースト・ウッドは。
「グラン・トリノ」でも、廃れた自動車産業の街と、アメリカが生み出した難民のモン族、暴力に対するけじめ等を上手く表現してましたが、今回も参りました。
 
 
 
こんばんは (ノラネコ)
2010-03-01 23:30:42
フリーマンとマンデラって別に顔は似てないのですけど、きっとこんな人なんだろうなという説得力が圧倒的でした。
やはりイーストウッドは役者の立て方が抜群に上手いですね。
ラストはググッと込み上げるものがありました。
 
 
 
ノラネコさん、 (かめ)
2010-03-22 22:23:00
フリーマンは、何かのり移っていたようでした。
ジワジワと感動させられました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
インビクタス/負けざる者たち One World~( '∇^*)^☆Love~♪ (労組書記長社労士のブログ)
☆ パラオの記事、島さんたちに貰った写真加えたり、内容を加筆修正したりしていますので、お暇なら再び見てみてくだせ~ ☆ 【 {/m_0167/}=4 -3-】 不思議なもんだ、パラオでは一切見なかった仕事の夢、帰ってきた日の夜は「組合役員との議論の夢」、昨夜は「労使交渉...
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち (試写会) (風に吹かれて)
国を一つにするために公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus2月5日公開実話に基づいたヒューマンドラマ監督: クリント・イーストウッド原作(原題:Play
 
 
 
インビクタス 負けざる者たち / INVICTUS (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click クリント・イーストウッド監督、記念すべき30作目{/ee_3/} スポーツものってあまり好きじゃないし、(「少林サッカー」みたいのは別 {/warai/})。 タイトル...
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち (とりあえず、コメントです)
クリント・イーストウッド監督&モーガン・フリーマン主演の話題作です。 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったマンデラ大統領の困難に立ち向かう姿と ラグビーのワールドカップを通して一つになっていく国民の熱気を 迫力ある試合のシーンと共に描いていました。
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:INVICTUS公開:2010/02/05製作国:アメリカ上映時間:134分監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターンひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。Story: 1994...
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち (まぁず、なにやってんだか)
1月27日、科学技術館の「インビクタス/負けざる者たち」の試写会に行ってきました。 以前WOWOWで「マンデラの名もなき看守」を観て、ネルソン・マンデラを尊敬し、興味を持っていたので、ぜひ観たいと思っていた映画です。 ネルソン・マンデラを演じるのがモー...
 
 
 
インビクタス 負けざる者たち (LOVE Cinemas 調布)
『チェンジリング』、『グラン・トリノ』と素晴らしい名作を世に送り出し続けているクリント・イーストウッド監督の最新作。アパルトヘイト撤廃後のラグビー南アフリカワールドカップを巡りマンデラ大統領を中心とした実話を映画化したヒューマンドラマだ。主演はマンデ...
 
 
 
■映画『インビクタス/負けざる者たち』 (Viva La Vida!)
2010年度、最初に紹介する映画はクリント・イーストウッド監督がネルソン・マンデラ大統領を描いた映画『インビクタス/負けざる者たち』。 2010年1本目の紹介でありながら、Cheese的には既に2010年度ベスト10映画の中には必ず入れると決めた感動の一作。 それどころ...
 
 
 
『インビクタス 負けざる者たち』 (ラムの大通り)
(原題:Invictus) あけましておめでとうございます。 ----いやあ、元旦からブログなんて えいも暇だニャあ。 「まあ、たまにはそういう年があってもいいんじゃない」 ----だけど、まだお屠蘇が残っているじゃニャい。 なのに、クリント・イーストウッド監督作品だっ...
 
 
 
インビクタス 負けざる者たち(試写会) INVICTUS (まてぃの徒然映画+雑記)
南アフリカ共和国でアパルトヘイトが廃止された後の初代大統領にして素晴らしきリーダー、ネルソン・マンデラと、南アが誇るラグビーのナショナルチーム『スプリングボクス』の物語。実は私、ラグビーをやってまして、南アで開催された第3回ラグビーワールドカップもリア...
 
 
 
映画:インビクタス Invictus 開始5分で既に号泣(笑) これまた強烈な1発にノックアウト! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
昨年は「チェンジリング」で、まずファースト・ダウン。 続いて、ヤバイかもと身構えたにもかかわらず、ぶっ飛ばされた超魔球「グラントリノ」 そして今日、 三たびふっ飛ばされノックアウト! ナゼここまで書くかというと..... 過去触れているように、私はずっと「イ...
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち/Invictus(映画/試写会) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワードインビクタス/負けざる者たち(原題:Invictus)キャッチコピー:ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。製作国:アメリカ製作年:...
 
 
 
『インビクタス/負けざる者たち』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:INVICTUS監督・製作:クリント・イーストウッド原作:ジョン・カーリン出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>19...
 
 
 
劇場鑑賞「インビクタス負けざる者たち」 (日々“是”精進!)
「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラック「インビクタス負けざる者たち」を鑑賞してきました「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワール....
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち (Akira's VOICE)
期待の目にみごと応える爽やかな秀作。  
 
 
 
試写会「インビクタス/負けざる者たち」 (流れ流れて八丈島)
“我が運命を決めるのは我なり、我が魂を征するのは我なり”素晴らしい映画でしたさすが、クリント・イーストウッド監督です今日の午後は3月1日からの新しい職場(西国分寺)へ出張してたんだけど、無理やり定刻で終わらせて、中央線で中野へダッシュして中野サンプラザ...
 
 
 
奇跡のゴール~『インビクタス/負けざる者たち』 (真紅のthinkingdays)
 INVICTUS  1990年、27年間に渡って投獄されていた南アフリカの指導者、ネルソン・マン デラが解放された。初めての全国民投票によって...
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち(2009) (銅版画制作の日々)
 原題:INVICTUS ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 あのクリント・イーストウッド監督の最新作ということで、楽しみにしていた作品です。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ネルソン・マンデラと言えば、2007年公開の「マンデラの名もなき看守」を思い出し...
 
 
 
「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム (はらやんの映画徒然草)
タイトルにある「invictus」とは聞き慣れない英語だと思ったら、「不屈」を意
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち (だらだら無気力ブログ)
『チェンジリング』『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド監督が アパルトヘイト撤廃後の南アフリカで開催されたラグビーW杯をめぐって 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラとその周囲の 人々の感動の実話を描く。 原作は、ジョン・カー...
 
 
 
『インビクタス/負けざる者たち』が必要なときは? (映画のブログ)
 ネルソン・マンデラと長年の友人である俳優モーガン・フリーマンは、長いあいだマンデラの人生を映画化することに取り組んできたという。 ...
 
 
 
インビクタス 負けざる者たち (充実した毎日を送るための独り言)
・インビクタス 負けざる者たち (2月5日公開 クリント・イーストウッド監督 モーガン・フリーマン,マット・デイモン主演)「あなたは自分を傷つけた人たちを許すことができますか?」 南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と自国で開催された主将のフランソ...
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち/INVICTUS (いい加減社長の映画日記)
ちょっと地味な感じもして、どうしようかと思ってたんだけど。 クリント・イーストウッド監督でモーガン・フリーマン、マット・デイモンなら、はずれはないだろう、ということで、「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとし...
 
 
 
『インビクタス/負けざる者たち』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、  ...
 
 
 
「インビクタス/負けざる者たち」の感想を追記しました。 (MOVIE レビュー)
2月に観る映画をピックアップしています。まずは2月5日(金)公開の「インビクタス/負けざる者たち」です。監督がクリント・イーストウッド、主演がモーガン・フリーマンとマット・デイモンと言われれば、もう期待するしかないのですが・・・、内容のキーワードが「南...
 
 
 
映画「インビクタス/負けざる者たち」 (FREE TIME)
映画「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。
 
 
 
胸が熱くなる・・・。『インビクタス/負けざる者たち』 (水曜日のシネマ日記)
南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラとラグビー代表チームの姿を通して国民の変化を描いた作品です。
 
 
 
インビクタス 負けざる者たち (yanajunのイラスト・まんが道)
『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、ジョン・カーリン原作の小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。主演であるモーガン・フリーマンさんは製作総指揮も務めました。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
 
 
 
★「インビクタス/負けざる者たち」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
最近、話題作ばかり作ってるクリント・イーストウッド監督作。 ラグビーというアメリカでは???系のスポーツを題材に、 でも実は人種差別問題を抱えた南アフリカ大統領ネルソン・マンデラもの。
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち (小部屋日記)
Invictus(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン/マット・デイモン/スコット・イーストウッド/ラングレー・カークウッド/ボニー・ヘナ ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 クリント・イーストウッ...
 
 
 
「インビクタス 負けざる者たち」やっぱり、イイな~。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード  “クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)。南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな~!イーストウッド監督。  南アフリカ...
 
 
 
映画:インビクタス Invictus についてPart 2  現代に、この話を映画化する意義。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
開始5分で既に号泣(笑) なんてあとで読み返すと、恥ずかしいアップをしてしまったのだが、実際そうだったので。。。。。 このインビクタス Invictusの感想への反応もトラバでけっこういただいていることもあり、このへんをも少し。 ちゃんと説明したいと思う。 8...
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち / INVICTUS (勝手に映画評)
実話を下にした映画。1994年、南アフリカの歴史上初めての全人種が参加した大統領選挙に置いて大統領に当選したネルソン・マンデラ。政治的実権も握った圧倒的多数の黒人に対し、実権を失った少数派の白人側は戦々恐々としていた。そんな状況を見ていたマンデラは、翌1995...
 
 
 
インビクタス/負けざる者たち (Movies 1-800)
Invictus (2009年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン 1995年、南アフリカで開催されたラグビー・ワールドカップに秘められた実話を描いたドラマ。 27年にも及ぶ投獄生活から解放...
 
 
 
『インビクタス/負けざる者たち』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、  ...
 
 
 
[映画『インビクタス/負けざる者たち』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆うーん、面白かったですねえ。  『グラン・トリノ』に続いて、テーマは、民族の「融和」であった。  前作の町内レベルから、国家レベルへと、テーマがスケールアップしている。  アパルトヘイト下、27年間を「テロリスト」として獄中で過ごしたマンデラ氏が、南...
 
 
 
「インビクタス/負けざる者たち」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 今やハリウッド有数のヒットメイカーとなった名監督・クリント・イーストウッドの最新作は、南アフリカ初の黒人大統領となった”英雄”ネルソン・マンデラ氏と、「国の恥」とまで評された弱小ラグビーチーム・スプリングボクスによってもたらされた、1995年ラグビー...
 
 
 
【映画】インビクタス/負けざる者たち (新!やさぐれ日記)
▼動機 テレビ版CMの出来の悪さに反って興味を持った ▼感想 鑑賞後に色々と興味を持てる材料が残るところがよい ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領とな...
 
 
 
インビクタス 負けざる者たち / 85点 / INVICTUS (ゆるーく映画好きなんす!)
前作で個の在り方を問うたイーストウッドが今度は国と世界の在り方を問う 『 インビクタス 負けざる者たち / 85点 / INVICTUS 』 2009年 アメリカ 134分 監督 : クリント・イーストウッド 脚本 : アンソニー・ベッカム 出演 : モーガン・フリーマ
 
 
 
インビクタス (映画的・絵画的・音楽的)
 『インビクタス/負けざる者たち』を渋谷のシネパレスで見ました。  クリント・イーストウッド監督の作品については、これまでも随分とおつきあいをし、昨年だけでも『チェンジリング』と『グラン・トリノ』の2本を見ているので、この作品もぜひと思って映画館に出向...
 
 
 
『インビクタス/負けざる者たち』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。  その人の名はネルソン・マンデラ。南アフリカの大統領だったと言えば、遠い存在だと思うだろうか。けれども、彼の起こした“奇跡”に触れれば、あなたの中で、きっと何かが変わる――。
 
 
 
日米豪華共演のハリウッド版「SF忠臣蔵」etc (Poyonの映画予告編ブログ)
Mandela: Long Walk to Freedom <群像ドラマ> 【監督】ジャスティン・チャドウィック 【出演】イドリス・エルバ     ナオミ・ハリス     ロバート・ホッブス 関連 The Counselor <スリラー> 【監督】リドリー・スコット 【出演】ブラッド・ピ...