折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

馬上の男

2009-08-22 19:40:28 | 猫を探しています
風が、猫探しの旅の行く手を遮った。
砂嵐が激しく視界を塞いで、平坦な道を恐ろしいこの世のものとは思えない道に変えていた。
「3日待ちましょう」
胸の中で小人がつぶやき、僕はそれに賛成した。
3日の間、地下世界に潜伏し、缶詰を叩いてドラムの練習をしたが、ドラムなどまるで叩いたことがなかかったため、それは思うようにいかず、僕を尚更深く沈ませた。音楽の先生は地下世界には不在で、代わりにいるのは幸福に肥えたネズミばかりだ。僕は鉢植えに水をあげた。
「太陽はどこ?」緑の生き物が僕を見上げ、言った。
3日が経ち、僕は再び猫探しの旅に出発することとなった。

あの恐ろしい風は、完全に止んでいた。
僕は、順調に猫探しの旅に戻ってきた。そうだ、あの音を聞くまではそうだった。

7キロの道を歩いたところで、僕はあの強風の音を聞いた。
奴がきた。再び奴がきた。
僕は、再びこの猫探しの旅が中断することを憂い、またあの地下世界の生活の日々を思い出した。

「暑い時に、熱いものを食べるのもまたよし」
馬上の男は、ラーメンをふーふーしながら、口に放り込んでいた。

ふーん。そういうことか。僕は怒りに指先を震わせた。


「広告機構に訴えてやる!」
コメント   この記事についてブログを書く
« おやすみなさい | トップ | ゆずるの裏返し »

コメントを投稿